輸入 ピル。 ヤーズフレックスを飲んでみて気付いたこと

ヤーズフレックスを飲んでみて気付いたこと

輸入 ピル

Contents• 個人輸入代行サービスについて 個人輸入代行サービスを利用する前に、まずは仕組みやメリット・デメリットを正しく理解しましょう。 個人輸入代行サービスとは まず個人輸入とは【海外の製品を個人で使用することを目的に、海外の小売店やメーカーから個人が直接購入すること】です。 そして、個人輸入代行サービスとは、海外からの個人輸入時に発生する 関税などの多くの手続きを代行してくれるサービスのこと。 日本で医薬品を購入するためには医師の処方箋が必要ですが、海外からの個人輸入でしたら、多くの医薬品が 処方箋なしで購入できます。 しかし、個人輸入は完全などの多くの手続きが必要で、個人で行うには手間が掛かりすぎてしまいます。 そのため、海外から簡単に医薬品を購入できるサイトを利用する方が多くなってきています。 要するに個人輸入代行サービスは、 『海外から個人で輸入するとめんどくさいから、そのめんどくさい部分を代行してくれるよ』というサービスです。 このサービスによって、個人でも気軽に海外の商品を、楽天やAmazonの通販のように 簡単に購入できるようになります。 個人輸入代行サービスで購入するメリット では個人輸入代行サービスを利用するメリットとは何でしょう? 個人輸入代行サービスのデメリット ・購入はすべて自己責任 ・輸入禁制品は購入できない ・信頼できるサイトで購入しないと不良品の場合がある ・商品を購入してから到着までに10日以上かかる場合もある 通販のように気軽に購入でき、かなりお得に購入できる反面、購入した商品についてはすべて自己責任となります。 また、安心して購入できる優良サイトの見極めが難しく、不良品が届いた事例もあります。 ピルの購入前の注意点 ピルの購入前に病院の検査を 個人輸入代行サービスを利用するとピルもお得に購入できます。 しかし、ピルの購入前には必ず 医師の診察を受ける必要があります。 それはどうしてでしょうか? まず第1に、 ピルの服用できる体質かを検査して確認するからです。 ピルの副作用には、頭痛や吐き気、不正出血等がありますが、これらはピルによってホルモンバランスが安定しはじめたらほとんどが解決します。 しかし、ピルを服用をすると、が少し上がってしまいます。 1万人に1人程度の確率と言われていますが、もともと血栓症体質の方や喫煙者の方は血栓症になる確率が上がってしまいます。 第2に、 医師から処方されたピルを1度服用することを推奨しています。 人によって体質が違うように、ピルの種類によって、その人に合う合わないがでてきます。 『このピルは副作用が強くてつらい。。 でもピルの種類を変えてみたら頭痛がなくなった!』こんな事例も多々あります。 まずは医師から処方されたピルをしばらく服用してみることを推奨します。 しかし、ピルの継続的な服用は 費用がかなりかかってしまうことも。 病院代もばかにできません。 自分にあったピルが見つかったら個人輸入代行サービスを利用して同じピルをお得に購入する女性が増えてきています。 ピルを含めた医薬品の転売や譲渡について 個人輸入代行サービスを利用する上で最も気を付けておきたい項目の1つに、転売や譲渡があります。 特に医薬品の転売や譲渡は禁止されています。 ご自身が使用する分だけ購入することは問題ありません。 通販で人気のピルランキング 通販でピルを購入する際は、世界中で使用されていて安心できるものを選びましょう。 やはり、聞いたことがない品名のピルを服用することは不安につながります。 日本で承認されているピルのジェネリック医薬品を選ぶと安心して使用できるはずです。 例としては、低用量ピルであるや、アフターピルであるが代表的です。

次の

【ピルが購入できる通販サイト2選】個人輸入代行サービスで購入前に知っておいてほしいこと|ピルの通販なび

輸入 ピル

シンガポールの個人輸入代行であれば正規品やジェネリック品のみを取り扱っているため、中国製など怪しい偽造品やコピー品の心配がありません。 ピルに関していうと、トリキュラーなら 12シート(12ヶ月分)まとめて購入すると1シートごとに買うより数分の一の値段で購入でき、6,500円ほどですので、クリニックでピルを買うのと比較して格安です! 繰り返しますが、 ピルの製造コスト(海外で製造)は非常に安く、ピルが薬局で買える欧米などではピルは日本の数分の一の値段で売っています。 個人輸入もピルを海外から輸入するので低価格で買えるわけです。 女性クリニックは本当はもっと安くピルを処方できますが、相当な利益を載せて販売しているのが現実です。 個人輸入でトリキュラーなどが低価格で通販できる今、クリニックも薬価を再検討すべきでしょう。 個人輸入するピルは安全? シンガポールの実績のある個人輸入代行は 正規品やジェネリック薬のみを厳選して取り扱い、薬剤師を抱えた医薬品サプライヤーとの取引があるため、安全性に問題はありません。 個人輸入代行がピルを低価格で海外から販売できる理由はピルの原価が非常に安いからです。 通販のためクリニックのような人件費も節約でき、その分ピルを安く提供できるのです。 低用量ピルは毎日飲むホルモン剤のため、切れないようにお得にまとめ買いがおすすめです。 今でもクリニックでピルを処方してもらっている女性はかなりピル代を節約できますので、いままでもピルに浪費するのは卒業しましょう! やはりするなら、ピル1番人気トリキュラーがお得だと思います。 日本で一番処方量が多い、いわゆる人気の低用量ピルと言えばトリキュラーですね。 まだ多くの女性がクリニックでトリキュラーを1シートごとに処方して購入してるのではないでしょうか。 処方箋も不要ですし、 避妊以外にも女性のPMSや月経困難、ニキビなど女性の悩みの改善にもピルが使われるので、沢山の女性が使うホルモン薬です。 低用量ピルのマーベロンも個人輸入が断然お得です! トリキュラーに次いで人気の低用量ピルと言えばマーベロンですよね。 もちろんマーベロンも個人輸入で通販すると節約できますが、個人輸入ならジェネリックも購入dきます! マーベロンは原価がトリキュラーよりも高いので個人輸入でも結構な値段がするので、ジェネリックのフェミロンがおすすめです。 ジェネリックなので成分も効果効能も同じピルで、マーベロンジェネリックとして販売されています。 値段の比較はこんな感じです。 【製薬会社】• 【トリキュラー詳細】• 【成分】レボノルゲストレル(黄体ホルモン)30mcg、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)125mcg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 【特徴】長い実績を持つ処方量の多いピル• 日本で処方のピルでホルモン量が最も低い低用量ピルなら! 有名な低用量ピルののジェネリック(後発薬)で含まれるホルモン含有量が非常に低いためピル特有の副作用や血栓症などのリスクも少ないピル。 成分はエチニルエストラジオールとデソゲストレルで排卵、受精を阻止して避妊します。 生理不順やPMS、卵巣がんなどの防止効果も!• 【製薬会社】オルガノン社(オランダ)• 【成分】レボノルゲストレル0. 15mg、エチニルエストラジオール0. 03mg• 【効果】避妊、月経不順、月経困難、子宮内膜症の予防や改善、生理日の変更、PMS 月経前症候群 改善、ニキビや多毛症の改善、更年期障害の改善、卵巣がん、子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防等。 【特徴】ホルモン含有量が低いため副作用が少ないピル• ヤスミン トリキュラーの製造メーカー、ドイツのバイエル社が開発した副作用を抑えた低用量ピル! 日本では「」というピル名で販売されています。 避妊効果以外に月経困難症、月経不順やPMS、ニキビ治療にも!ヤスミン(ヤーズ)の成分ドロスピレノン(黄体ホルモン)は第3世代でむくみやニキビなどが軽減。 抗アンドロゲン作用が抑制されたピルです。 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】ドロスピレノン3mg、エチニルエストラジオール0. 03mg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 【特徴】副作用の低さ、ニキビやむくみにも• ダイアン35 ドイツの大手製薬バイエルが開発したアジア人の体型にカスタマイズされた低用量ピル! 美肌(ニキビ改善)やムダ毛の改善にも。 他のピル同様にPMS(月経前症候群)の緩和も!特にイライラやむくみ、吐き気などを改善。 美肌アンチエイジング効果が高く、ニキビや多毛症の改善、女性に嬉しい豊胸効果(バストアップ)や肌トラブルの改善など避妊以外の効果が!• 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】酢酸シプロテロン2mg、エチニルエストラジオール0. 035mg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 マーベロンジェネリック フェミロン オランダ製薬大手オルガノ社が開発した低用量ピルマーベロンのジェネリック! 更にホルモン含有量が低くピルの副作用を極限まで軽減されており通常のマーベロンでも副作用が気になる女性へ。 日本で処方されているピルで最もホルモン量が少ないマーベロンよりさらに低用量!避妊効果以外にも生理痛や生理不順、PMSなどの改善、卵巣がんの予防など副効能も高い超低用量ピル。 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】デソゲストレル0. 15mg、エチニルエストラジオール0. 02m• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 マイクロギノン トリキュラーと同等 人気No. 1の低用量ピル「トリキュラー」や「ダイアン」などの製造メーカーとして有名なドイツのバイエル社が開発した低用量ピル! レボノルゲストレル(黄体ホルモン)、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)が疑似的に妊娠しているような状態を作り上げ妊娠を回避します。 避妊以外の効果にはPMSや月経不順、月経痛などの緩和、子宮内膜症や卵巣がんなどの予防効果も。 避妊効果を主な目的とした低用量ピルには、いくつかの製薬会社からさまざまな種類が発売されています。 その中でも、日本で一番処方されている量が多く、経口避妊薬としてメジャーとされているのがバイエル薬品株式会社「トリキュラー」です。 よく耳にするOCとは、英語の「Oral Contraceptives」の略で、「低用量経口避妊薬」つまり低用量ピルのことで、同じものを指しています。 OCには合成された黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が含まれていて、簡単にホルモン剤という呼び方をする人も少なくありません。 錠剤の含まれる黄体ホルモンの種類や、卵胞ホルモンとの配合量などによって区別され、微妙な違いがあります。 人によって薬剤との相性や飲み合わせもありますので、医師と相談しながら自分に一番あったタイプを見つけることが大切ですね。 低用用ピルについて婦人科の先生が詳しく動画で解説していますのでご覧ください。 トリキュラー服用について ほぼ一定の時間に、1日1錠ずつすることによって、確実な避妊効果があります。 4週間・28日周期を1セットとして、最初の3週間は毎日服用し、最後の4週目は休薬期間 この休薬期間中に月経があります です。 特に食後の服用の必要はなく、朝昼夜どの時間帯でも構わないのですが、飲み忘れの無いように自分の生活サイクルに合わせた時間設定が望ましいですね。 トリキュラー成分と避妊メカニズム 女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を含んでおり、正しく服用することによって、排卵を抑える効果があります。 服用により血液中を卵巣ホルモン 黄体ホルモンと卵胞ホルモンを合わせて呼びます が巡回し、脳の排卵中枢部分 脳下垂体 が血液中に十分な濃度のホルモンがあると認識するために、卵巣を刺激して排卵する必要が無いと判断します。 血中の卵巣ホルモン濃度が妊娠状態に似ているので、妊娠中だと脳が勘違いして排卵の必要は無いと卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑えて、排卵を抑制するのです。 つまり、トリキュラーの服用によって『疑似妊娠』を脳が感じ取り、母体を守ろうとして排卵は不要だという指令を発するわけですね。

次の

ピルは原価が安いですよね。オオサカ堂は個人輸入のサイトでは...

輸入 ピル

シンガポールの個人輸入代行であれば正規品やジェネリック品のみを取り扱っているため、中国製など怪しい偽造品やコピー品の心配がありません。 ピルに関していうと、トリキュラーなら 12シート(12ヶ月分)まとめて購入すると1シートごとに買うより数分の一の値段で購入でき、6,500円ほどですので、クリニックでピルを買うのと比較して格安です! 繰り返しますが、 ピルの製造コスト(海外で製造)は非常に安く、ピルが薬局で買える欧米などではピルは日本の数分の一の値段で売っています。 個人輸入もピルを海外から輸入するので低価格で買えるわけです。 女性クリニックは本当はもっと安くピルを処方できますが、相当な利益を載せて販売しているのが現実です。 個人輸入でトリキュラーなどが低価格で通販できる今、クリニックも薬価を再検討すべきでしょう。 個人輸入するピルは安全? シンガポールの実績のある個人輸入代行は 正規品やジェネリック薬のみを厳選して取り扱い、薬剤師を抱えた医薬品サプライヤーとの取引があるため、安全性に問題はありません。 個人輸入代行がピルを低価格で海外から販売できる理由はピルの原価が非常に安いからです。 通販のためクリニックのような人件費も節約でき、その分ピルを安く提供できるのです。 低用量ピルは毎日飲むホルモン剤のため、切れないようにお得にまとめ買いがおすすめです。 今でもクリニックでピルを処方してもらっている女性はかなりピル代を節約できますので、いままでもピルに浪費するのは卒業しましょう! やはりするなら、ピル1番人気トリキュラーがお得だと思います。 日本で一番処方量が多い、いわゆる人気の低用量ピルと言えばトリキュラーですね。 まだ多くの女性がクリニックでトリキュラーを1シートごとに処方して購入してるのではないでしょうか。 処方箋も不要ですし、 避妊以外にも女性のPMSや月経困難、ニキビなど女性の悩みの改善にもピルが使われるので、沢山の女性が使うホルモン薬です。 低用量ピルのマーベロンも個人輸入が断然お得です! トリキュラーに次いで人気の低用量ピルと言えばマーベロンですよね。 もちろんマーベロンも個人輸入で通販すると節約できますが、個人輸入ならジェネリックも購入dきます! マーベロンは原価がトリキュラーよりも高いので個人輸入でも結構な値段がするので、ジェネリックのフェミロンがおすすめです。 ジェネリックなので成分も効果効能も同じピルで、マーベロンジェネリックとして販売されています。 値段の比較はこんな感じです。 【製薬会社】• 【トリキュラー詳細】• 【成分】レボノルゲストレル(黄体ホルモン)30mcg、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)125mcg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 【特徴】長い実績を持つ処方量の多いピル• 日本で処方のピルでホルモン量が最も低い低用量ピルなら! 有名な低用量ピルののジェネリック(後発薬)で含まれるホルモン含有量が非常に低いためピル特有の副作用や血栓症などのリスクも少ないピル。 成分はエチニルエストラジオールとデソゲストレルで排卵、受精を阻止して避妊します。 生理不順やPMS、卵巣がんなどの防止効果も!• 【製薬会社】オルガノン社(オランダ)• 【成分】レボノルゲストレル0. 15mg、エチニルエストラジオール0. 03mg• 【効果】避妊、月経不順、月経困難、子宮内膜症の予防や改善、生理日の変更、PMS 月経前症候群 改善、ニキビや多毛症の改善、更年期障害の改善、卵巣がん、子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防等。 【特徴】ホルモン含有量が低いため副作用が少ないピル• ヤスミン トリキュラーの製造メーカー、ドイツのバイエル社が開発した副作用を抑えた低用量ピル! 日本では「」というピル名で販売されています。 避妊効果以外に月経困難症、月経不順やPMS、ニキビ治療にも!ヤスミン(ヤーズ)の成分ドロスピレノン(黄体ホルモン)は第3世代でむくみやニキビなどが軽減。 抗アンドロゲン作用が抑制されたピルです。 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】ドロスピレノン3mg、エチニルエストラジオール0. 03mg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 【特徴】副作用の低さ、ニキビやむくみにも• ダイアン35 ドイツの大手製薬バイエルが開発したアジア人の体型にカスタマイズされた低用量ピル! 美肌(ニキビ改善)やムダ毛の改善にも。 他のピル同様にPMS(月経前症候群)の緩和も!特にイライラやむくみ、吐き気などを改善。 美肌アンチエイジング効果が高く、ニキビや多毛症の改善、女性に嬉しい豊胸効果(バストアップ)や肌トラブルの改善など避妊以外の効果が!• 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】酢酸シプロテロン2mg、エチニルエストラジオール0. 035mg• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 マーベロンジェネリック フェミロン オランダ製薬大手オルガノ社が開発した低用量ピルマーベロンのジェネリック! 更にホルモン含有量が低くピルの副作用を極限まで軽減されており通常のマーベロンでも副作用が気になる女性へ。 日本で処方されているピルで最もホルモン量が少ないマーベロンよりさらに低用量!避妊効果以外にも生理痛や生理不順、PMSなどの改善、卵巣がんの予防など副効能も高い超低用量ピル。 【製薬会社】バイエル社(ドイツ)• 【成分】デソゲストレル0. 15mg、エチニルエストラジオール0. 02m• 【効果】避妊、月経困難症、月経不順、子宮内膜症の予防、改善、生理日をずらす、PMS 月経前症候群 、ニキビや多毛症、更年期障害などの予防、卵巣がんや子宮外妊娠の予防、子宮体がん予防など。 マイクロギノン トリキュラーと同等 人気No. 1の低用量ピル「トリキュラー」や「ダイアン」などの製造メーカーとして有名なドイツのバイエル社が開発した低用量ピル! レボノルゲストレル(黄体ホルモン)、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)が疑似的に妊娠しているような状態を作り上げ妊娠を回避します。 避妊以外の効果にはPMSや月経不順、月経痛などの緩和、子宮内膜症や卵巣がんなどの予防効果も。 避妊効果を主な目的とした低用量ピルには、いくつかの製薬会社からさまざまな種類が発売されています。 その中でも、日本で一番処方されている量が多く、経口避妊薬としてメジャーとされているのがバイエル薬品株式会社「トリキュラー」です。 よく耳にするOCとは、英語の「Oral Contraceptives」の略で、「低用量経口避妊薬」つまり低用量ピルのことで、同じものを指しています。 OCには合成された黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が含まれていて、簡単にホルモン剤という呼び方をする人も少なくありません。 錠剤の含まれる黄体ホルモンの種類や、卵胞ホルモンとの配合量などによって区別され、微妙な違いがあります。 人によって薬剤との相性や飲み合わせもありますので、医師と相談しながら自分に一番あったタイプを見つけることが大切ですね。 低用用ピルについて婦人科の先生が詳しく動画で解説していますのでご覧ください。 トリキュラー服用について ほぼ一定の時間に、1日1錠ずつすることによって、確実な避妊効果があります。 4週間・28日周期を1セットとして、最初の3週間は毎日服用し、最後の4週目は休薬期間 この休薬期間中に月経があります です。 特に食後の服用の必要はなく、朝昼夜どの時間帯でも構わないのですが、飲み忘れの無いように自分の生活サイクルに合わせた時間設定が望ましいですね。 トリキュラー成分と避妊メカニズム 女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を含んでおり、正しく服用することによって、排卵を抑える効果があります。 服用により血液中を卵巣ホルモン 黄体ホルモンと卵胞ホルモンを合わせて呼びます が巡回し、脳の排卵中枢部分 脳下垂体 が血液中に十分な濃度のホルモンがあると認識するために、卵巣を刺激して排卵する必要が無いと判断します。 血中の卵巣ホルモン濃度が妊娠状態に似ているので、妊娠中だと脳が勘違いして排卵の必要は無いと卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑えて、排卵を抑制するのです。 つまり、トリキュラーの服用によって『疑似妊娠』を脳が感じ取り、母体を守ろうとして排卵は不要だという指令を発するわけですね。

次の