地震予知 タグページ。 地震予知・前兆現象を見逃さない!無料アプリや掲示板を!

地震を予知できる?同性愛行動が存在?意外と知らない猫の豆知識|@DIME アットダイム

地震予知 タグページ

猫は「地震を予知できる」って本当? 何千年も前から、「猫は地震を予知できる」と言われ続けています。 最初の記録は、なんと紀元前373年。 犬や猫をはじめとする動物たちがギリシャのヘリケという都市から逃げ出し、その数日後に地震が起こったというのです。 その後も世界中で、「地震の数時間前に猫が姿を消した」「落ち着きをなくし、興奮状態になった」という報告があります 1975年、中国の海城市では、猫など多くの動物が奇妙な行動をしたため、住民が避難したことがあります。 すると数日後、マグニチュード7. 3の地震があったというのです(もともと地震の多い地域だったので、役人たちが猫たちの行動を見て経験的に、避難を指示したのだとか)。 地震だけではありません。 1942年、イギリスのエクセターという都市で、突然猫たちが街を脱出するという出来事がありました。 その数時間後に、ドイツ軍による大規模な空襲があったのです。 東日本大震災後の調査では 東日本大震災の後、ある研究チームは700人を超える猫の飼い主、約1200人の犬の飼い主にアンケート調査を実施しました。 すると地震前の数日間に見られた動物の異常な行動は、猫の飼い主の約16%、犬の飼い主の約18%に見られたとのこと。 異常行動に気づいた飼い主の30%は「地震の数時間前だった」とのことで、「落ち着きがなくなった」「大声で鳴いた」「隠れた」「子猫を外に出し、消えてしまった」などの行動があったそうです。 また地震前6日間にわたり、震源地に近いところにいた乳牛の群れは、その近辺の地域の乳牛の群れを調べたところ、震源地に近い群れは牛乳の採取量が減っていたことがわかりました。 このような報告がほかにも多くあり、米国地質調査所(USGS)は動物の行動と地震の関係について、調査を行っているそうです。 なぜ犬や猫が、地震を予知できるのでしょう こうした現象には、科学的にいくつかの推論が発表されています。 ひとつは「猫は地中の振動に敏感である」ということ。 地震があるときは、その数時間前に複数の地震の波が地殻を通ります。 最初はP波と呼ばれる圧力波が起こりますが、動物はこのP波や静電気の急激な増加、地球の磁界の変化などを感知できるので、危険を連想し、地面が揺れ始める前に行動を起こすというのです。 でも、地震の数日前に起こる異常行動については、まだ不明のまま。 地面に起こる微妙な変化(亀裂などで起こる振動)、地下水の変化、電離層の変化などを察知するのでは、という仮説があるだけです。 ちなみに、わが家の場合は… わが家の愛猫は、地震の前にも何の変化もなく、地震が起こるとびっくりしてオロオロするだけでした。 もとは保護猫なので、それなりに野生の本能もあるはず、と思っていたのですが…。 ただ、地面に起こる微妙な変化や気圧の変化などから変化を感じるのであれば、締めきったマンションの上の階に住みなれていると、勘が働かなくなるのかもしれません。 そして何はともあれ、犬や猫のこんなすぐれた予知能力が使われるようなことが起こらないよう、心から願っています…。 犬猫の知って得する雑学、爆笑動画、感動記事は「PETomorrow」で配信中。

次の

地震予知、予言、前兆で信頼できるサイト13選|村井、早川は絶対見逃さないで

地震予知 タグページ

このnoteでは、2020年に月関連の天文現象や天体配置などや、視える人々の予見・予言などによって、大地震・火山噴火・水害などの災害が起こりやすい期間を予測します。 そのため、「この期間は要注意」としている時期でも、それは絶対的なものではなく、過去にそのような「傾向」があったために今後も同様になるかもしれないと捉えてください。 7、犠牲者20人以上。 直近では2018年秋(11月)に発生し2019年夏(6月)に終息したので、2020年夏(6月)頃までは大きな地震が起きる恐れがある。 過去には同じ結果の年に、東日本大震災、北海道胆振東部地震、令和元年台風15号・19号により甚大な被害が出ていた。 0以上の地震は下記の3回発生しているだけだ。 5 近年は、世界でM7. 0以上の地震は1年間に23回の割合で発生していて、現在は世界的に大地震の静穏期といえる。 静穏期の後では、巨大地震など大規模な地震が相次いで発生することもあり、注意が必要。 5以上のものを掲載。 更に月食と惑星集合(4個)が重なるため要注意。 7、犠牲者20人以上。 とくに、1月中旬~2~3月 6~7月に注意が必要とのこと。 マリアさんは、特に2月27日に注意という。 【結果】1月から中国・武漢市のコロナウイルスによる新型肺炎の猛威が、上記の一つだったようだ。 マリアさんによると、2月末頃までには新薬などによって収束するのではないかとのこと。 3月には対応する大地震が起きていないため、2020年3月になる可能性がある。 ・ヒプノセラピストマリアさん:「2020年は春先、夏あたり、災害を感じてます。 マリアさんの他にも、公開はできないが3月に大きな地震が起きるかもしれないと言っている人が複数人いる。 9、最大震度1 【考察】いずれも小規模だが近場の内陸の地震が3件重なったため強めの体感となった。 5、最大震度5強 【解説】下記ブログ記事で書いたように、しばらくは日本海側の「日本海東縁ひずみ集中帯」で大きな地震に注意が必要。

次の

地震予知、予言、前兆で信頼できるサイト13選|村井、早川は絶対見逃さないで

地震予知 タグページ

動物が地震を予知するのかどうか、昔から解けていない問題だ。 「正統派」の地震学者は、このテーマを避け続けてきた。 動物の行動の異常が「必ず」来るべき大地震に結びつくのか分からないし、地震がないときにも動物の異常がある。 これらが本気で取り組まなかった理由である。 だが、このほど正統派の地震学者ではないドイツにあるマックスプランク鳥類学研究所が、動物の地震予知研究に乗り出した。 ドイツには地震がないから、欧州の地震国イタリアでの動物の地震予知を研究している。 イタリア中部では2016年8月に大地震があった。 300人以上が犠牲になり、中世以来の石造りの建物も壊れた。 地震が起きたすぐの場所には牧場があり、そこに飼われている動物に「タグ」をつけた。 動物は多種類にわたり、羊、牛、ウサギ、七面鳥、ニワトリのそれぞれ数頭に取り付けた。 飼っているイヌにまで取り付けた。 大地震のあとの10月のことだった。 このタグには、動物の動きの向きや動く速さが記録される。 このほか、動物のいた位置や高度、それに温度や湿度も記録される。 タグは取り付けた太陽電池から電力を供給される。 つまり、動物がなにかの行動を起こせば、それがコンピューターに記録される仕組みだ。 タグをつけてから、いくつもの地震があり、その前に動物の異常な行動があったと担当の科学者は言う。 しかし、データは解析中で、まだ論文にはなっていない。 「正統派」地震学者には、突っ込みどころがある。 イタリア中部では、8月の地震の余震が続いていた。 つまり、動物が「来るべき地震を予知して」行動したのではなくて、ごく微小な余震での揺れや微弱な地電流や地磁気の変化を感じて「余震を受けて」行動した可能性を排除するのは難しいからだ。

次の