水中 人工 物 恐怖 症。 恐怖症の一覧

大自然と人工物: だんとろ

水中 人工 物 恐怖 症

水恐怖症に悩む人の中でも恐怖を感じる水の量は様々で、プールや海、湖に恐怖を感じる人もいればお風呂の量でも耐えられない人、 重症の場合はシャワーに対しても症状が表れる例が確認されています。 前述の通り水を怖がるのは狂犬病の症状の一つですが、 狂犬病ウィルスへの感染が確認されない場合がほとんどなので、恐水病や恐水症とよばれる狂犬病とは全く別のものに区別されます。 水恐怖症の原因と症状 水恐怖症は幼少期の溺れた経験がトラウマになる事が多いですが、過去に溺れた経験もないのに大人になってから水恐怖症になる場合もあります。 その場合、原因が不明なケースも確認されています。 他にも海や湖などに恐怖を覚える例としては大量の水に飲み込まれそうになる感覚に陥るといった例もあります。 大量の水の中に飛び込むのは人間の本能として警戒する事なので、それが起因している場合もあります。 重症の場合はお風呂やシャワーでも恐怖を感じるので、日常生活にも支障をきたす可能性のある恐怖症と言えます。 水恐怖症の症状としては極度の不安や逃避行動、硬直があり、重症の場合はパニック発作もあり、引きこもってしまう原因にもなってしまいます。 またシャワーに対しても恐怖を感じる場合はなどのも併発する危険性も指摘されています。 水恐怖症への対処、克服法や注意点 水恐怖症と自覚できている場合は恐怖を感じる量の水を回避できますが、今まで大丈夫だった湯舟で急にパニック発作が起きた場合などは非常に危険です。 水の量に関わらず、周囲への告知と理解をあらかじめ得るようにしましょう。 幼少期のトラウマが原因の水恐怖症は成長するにつれて軽減される例が多いようですが同じく周りは注意が必要です。 克服へ向けた治療法としては認知行動療法が主に実践されますが、場合によっては薬物療法が併用されるケースもあります。 恐怖の対象が水だという特性上、自分自身で克服しようとする事は危険なので、必ず医師やカウンセラーの指導の下で実践して下さい。 なお、克服できる可能性が比較的高いとされる恐怖症なので完全克服も見込める恐怖症ですが、克服までの期間が比較的長くなる傾向があるのでじっくりと取り組む必要があります。

次の

どうやら俺は巨大物恐怖症らしい その他6つの恐怖症

水中 人工 物 恐怖 症

ダム穴はほとんどの環境下では常時見なければならないという事はなく、避けて生活する事は比較的容易でしょう。 ダム穴恐怖症に悩む人の数は少ないながらも 完全克服は比較的難しいとされ、ほとんどは軽減に向けた治療となります。 多少なりとも旅行先の選定や職業選択に不自由をきたすものの、症状が軽ければ放置される事が多いのですが、これが他の 恐怖症を誘発する原因になるという発表もあるので注意が必要です。 ダム穴恐怖症の原因と症状 ダム穴は人工物ですが、 地球に穴が空いているようにも見えます。 この景色が非現実的に感じて恐怖を感じるという例が多く報告されています。 実際にあの穴に落ちてしまう事を想像すると恐怖感を覚えるので、人間の 本能が強く表れた恐怖症だという見方が大半でしたが、近年ではその説に変化が見られています。 大量の水が吸い込まれていく姿に「死」を意識してしまう例や「地獄」を連想してしまったり、異次元の入口と感じて症状を発する事例が分かっていて、このケースでは宗教が関係するやとの合併が疑われています。 当然とも強い関連を持つと考えられており、欧米では活発な研究がすすめられています。 また、とも何らかの関連があるのではと指摘されています。 症状としては動悸や心拍上昇、吐き気などがあり、重症化すると嘔吐やパニック発作も確認されています。

次の

大自然と人工物: だんとろ

水中 人工 物 恐怖 症

私も軽い海恐怖症ですよ。 海は昔からよく行っていまして、潜ることは出来るのですが、近くに誰かいないと物凄く不安になってしまいます。 特に足が付かない場所や、底が見えない場所です。 サメが来たり、何か得体の知らないモノが来るという不安に襲われてしまいます。 湖も同じですね。 1人では泳げません。 これも何か得体の知らないモノがいるかもしれないという不安です。 不思議なことに、誰か側にいると泳げますし、潜れます。 しかし、人の姿が見えなくなると、急に不安になります。 最近、海恐怖症というものを知り、今までの謎が解けた気分です。 程度は、人によって色々らしいですよ。 画像を見ただけでもダメという人もいますし、私のようなタイプの人もいます。 その感覚は正常です。 にんげんは、水の中で生きるようにはなってません。 体に重りをつけて、鼻が出ない深さの水に放り込まれたら、オリンピック選手でも死にます。 訓練すれば、何キロとか、プールで泳げるようになる可能性は否定はできませんが、 いろいろ死にそうな目にあった経験から言えば、 息が出来ないのほど、死を近くに感じることもありません。 痛さでは、人間は死なないのです。 あなたの感覚は、生物として当たり前です。 なお、 高所恐怖症とかも、 感じない方が変です。 普通の人は、階段から転げ落ちただけでも怪我をします。 2m の高さからいきなり落ちたら、足や、ついた手を折る可能性があります。 人間は猫や小鳥ではありません。 地上で生きる生き物です。 危険なことを恐れる気持ちがなければ、生き残ることはできません。 不注意な男の妻は、大抵、未亡人になる。 …ある国のことわざです。

次の