シノアリス ハーフ ナイトメア。 【シノアリス】ハーフナイトメア一覧と入手方法

アリス/傲獅のハーフナイトメア

シノアリス ハーフ ナイトメア

初心者が困らないためのブログを作ろうと思っていたにもかかわらず、全然初心者向けの記事が無かったため、これからも思いついたものから初心者のための情報をまとめていこうと思う。 ということで今回はジョブについての基本的なことをまとめていくことにする。 ジョブとは? まず一番基本的なことからになるが、このゲームにおけるジョブとは何かについて話していく。 このゲームのジョブというものは基本的にはキャタースキンのようなものである、といえばわかる人にはわかるかもしれない。 というか自分はまず初めにこのシステムについて理解したとき、以前良くプレイしていた対戦型ののことを思い出した。 キャタースキンとは、馴染みのある人にはわかるだろうがキャターの見た目を変えたりする要素であり、シノアリスのジョブというものもキャターの見た目をジョブをつけることで変える、というイメージがピッタリだと私は思っていた。 他のゲームでは強いキャターを手に入れてそれを育てればそれで完結する場合もあるが、シノアリスではジョブ毎に多少の特色 これについては後述する はあれど、装備しているジョブを変えることで能力値が上がったりということはない。 故に他のによくある最強キャターなどは存在しない。 装備セットを作る際にまずジョブを選択することになるが、ここで所持しているジョブの中からその装備セットを使う際のキャタースキン、見た目を決めるといった感じだ。 もちろんジョブを変えることは見た目にだけ影響を与えるものではない。 ジョブの種類によって装備できる武器種に違いがあったり、またジョブ毎に特色のあるパッシブスキル そのジョブ使用中に自動的に効果が発揮されるスキル がつけられている。 そういったスキルの違いが基本的なジョブの違いである。 画面の見方については後述する。 ジョブの見方 ジョブが大まかにどんなものか理解出来たら、次は実際にジョブの詳細画面をみて、どの項目がどういう意味を持っているのか解説したい。 ちなみにブレーは刀剣が得意武器のジョブである。 手に入れた直後はレベル1の状態であるが、一の熟練度というポイントを割り振ることでジョブのレベルを上げることが出来る。 この熟練度というものはモノやコロシアムでSPを消費するたびに一獲得できる様になっている。 基本的な入手手段としては上記のものしかないのだが、ほかにも『序の書』などの熟練度アイテムを使用することで獲得することもできる。 ちなみにスキルを習得する以外にジョブレベルを上げることでの変化はないので注意。 装備可能武器種はそのジョブで装備できる武器種を表す。 基本的には前衛ジョブであれば刀剣、打撃、射出、長柄といった前衛武器4種を、後衛ジョブであれば楽器、魔書、魔具、祈祷の4種の後衛武器を装備できるようになっている。 前衛武器を装備できるのは前衛ジョブだけ、後衛武器を装備できるのは後衛ジョブだけ、という風になっている。 また限界突破についてだが、武器とは違いジョブの場合はジョブレベルを最大 初期状態であればLv10 まで上げた後に、アルカナと呼ばれる特殊なアイテムを消費することで限界突破が出来る。 限界突破後はジョブレベルの上限が上がり、習得可能なスキルが増える。 またアルカナは現在『アルカナLv1』と『アルカナLv2』の二種が存在しており、アルカナLv1のものはまだ限界突破していないものに、アルカナLv2は限界突破を一度したジョブのレベルを上限まで上げてからでないと使用できない。 念のため解説しておくが、例えば「JLv2」という記述がある上から二つ目のスキルはジョブレベルを2に上げることで習得できるスキルである。 ジョブレベルを上げることで習得できるスキルには大きく分けて『ジョブスキル』と『共通スキル』2種類が存在する。 であれば刀剣武器を使用した際の威力が10%上昇する。 といった意味になる。 このスキルの場合はモノだけでなく、コロシアムなどでも発動するため、スキルの説明をしっかり読んで把握してほしい。 もう一つの種類である『共通スキル』は のアイコンが表示されているもので、これを習得した場合、このジョブを使っている時以外でも永続的に恩恵を受けることが出来るスキルである。 ジョブを増やせば着実に成長できるので、ジョブを集めることがこのゲームではかなり重要な要素となっている。 最後にまとめると、 『ジョブスキル』はそのジョブを使っている間のみ効果 基本的に威力上昇系 があるもので、 『共通スキル』はそのジョブを使っている時でなくても効果 基本的にステータス上昇系 があるスキルである。 ちなみにスキルの効果は単純に合計されて計算される。 このようにエリアに合わせて使うことで飛躍的に武器の威力が上がったりするため、ストーリーやイベント、討伐などではそのエリアに合わせたキャターを持っていくことが攻略する上で重要になったりする。 そのジョブにまつわりそうな話が書かれているため、シノアリスのストーリーや設定を考察する上で非常に重要な要素だったりするかもしれない... ? 正直言ってよくわからんポエムも多いが時々重要そうなことが書かれている。 ジョブの種類について 現在ジョブは様々な種類が増えているので、初心者の方へどういったジョブがあるのか軽く説明していきたい。 ・基本ジョブ まずは基本的なジョブ8種から紹介したいと思う。 シノアリスでは刀剣、打撃、射出、長柄、楽器、魔書、魔具、祈祷、の8つの武器種が存在することはほかの記事などを見てもらってもわかるだろう。 そしてそれぞれの武器種を得意武器としたジョブが基本的なものとして存在する。 刀剣武器が得意なブレー、打撃武器が得意なクラッシャー、射出武器が得意なガンナー、長柄武器が得意な、楽器武器が得意なトレル、魔書武器が得意な、魔具武器が得意なメイジ、祈祷武器が得意なである。 画像編集とかほとんどしたことないからこんなのでも作るのに苦労した... また共通スキルで伸びる能力値はそれぞれ異なることには注意しておくこと。 そしてこれら基本的なジョブ以外にもいくつかの特殊なジョブが存在する。 ・イベントジョブ これらのジョブは主にコラボや季節イベントなどで実装されたジョブであり、名称以外は通常ジョブと基本的には変わらない。 得意武器の表記などをしっかり見れば特に問題なく扱えるだろう。 ・ これらのジョブについては、あまり詳しく書くとメインストーリーのネタバレになりかねないので軽く説明するに留めるが、メインストーリーの現実編でのアリス達主人公の姿をかたどったジョブであり、ジョブスキルに関しては通常ジョブと同じように、それぞれ得意武器があり対応したエリアでさらに得意武器の威力が上昇するといった感じであるが、共通スキルに関しては通常ジョブよりもステータスを大きく強化できる傾向がある。 現実編とはいったいなんなのか... 続きはメインストーリーを進めて君の目で確かめて欲しい。 ・ハーフナイトメア ハーフナイトメアは少々特殊なジョブであり、定期的に開催される『グランコロシアム』という特殊なコロシアムイベントで得ることが出来る「グランメダル」でメダル交換することで手に入る。 それぞれ得意武器を使う際に絶大の威力を発揮するが、得意武器以外に威力にマイナス補正がかかる苦手武器が存在する。 ーーーー〈追記〉ーーーー 2019年1月13日現在、さらに2種類のハーフナイトメアが追加された。 ーーーーーーーー これらのジョブは通常のジョブとは違い、ジョブレベルをあげてスキルを習得することで、それぞれの得意武器の威力をかなり引き上げることができる。 ただし、ハーフナイトメアは2つの苦手武器種を備えてしまっている。 ハーフナイトメアを使用時に苦手武器を使うのはコロシアムでも討伐でも御法度。 苦手武器はほとんど有効な効果が得られないのにspはしっかりと消費するためデメリットしかないと言っても過言ではない。 赤い字で書かれているのはデメリットを受けるスキルだ。 これらのジョブは装備する武器種を厳選しなければ運用できないが、しっかりと装備を揃えることさえできればかなり強力な存在だ。 始めたばかりでは難しいだろうが、後々はハーフナイトメアを使えるようにある程度慣れてきたら武器種を1つに絞って集中的に集めるのもお勧めだ。 ・禍の精霊ジョブ 一周年記念に新しく実装されたジョブシリーズ。 正式名称は不明だが、今後これらのジョブに関わる精霊イベントなるものの実装が予定されているらしいのでここでは便宜上精霊ジョブと呼ぶことにする。 ーーーー〈追記〉ーーーー 公式がこれらのジョブを 「禍の精霊ジョブ」と呼称していることを確認できたため追記修正しました。 ーーーーーーーー これらの精霊ジョブは通常のジョブとは違う点がいくつか存在する。 また赤字のスキルをみればわかると思うが、特定の属性の武器を使うとペナルを受けることがわかるだろう。 これらは特定の武器の特定の属性を扱う場合に通常のジョブよりも高い威力を発揮するが、属性によるペナルティ等が存在するため現状かなり扱いづらいジョブである。 正直言ってコロシアムで使うにはメリットが少なく、また属性縛りもあるため現状では廃課金の方々だとしてもあまり有効活用はできないだろう。 ハーフナイトメアやこれらの精霊ジョブは得意と不得意が極端に分かれた特殊なジョブである。 そのためもしこれらを使おうとする場合はまず、しっかりとスキル欄を読み、このジョブで使えない武器が何かなどを理解するようにしてほしい。 回復だけ行うのであればまだ使う価値はあるが、強化や弱体化もしたいのであれば通常のジョブを使用するほうが有効であろう。 初心者以外でもこれをやってしまっている人をたまにみるため、より効率よく攻略できるように、このようなジョブ選びでの失敗をしないですむ人がこの記事を読んで増えてくれれば、と思う。 ・ジョブの武器威力補正まとめ(モノ篇) まだまだジョブスキルによる武器の威力補正について理解できていない方が多くいる印象を受けたため、それぞれのジョブがどれだけ武器の威力を高めてくれるのか簡単なまとめを作った。 モノでのエリアに合ったキャターのジョブであればエリアキャラの項目を、エリアキャラではない場合は非エリアキャラの項目を見てもらえばどれだけ威力に補正がかかるかわかるようになっている。 またここに書かれている補正はジョブレベルを最大まで上げた場合のものであるため、もしレベルを上げきれていないようであればここにある補正が適用されてない場合もあるため注意すること。 またコロシアムでのジョブスキルによる威力修正については、基本的に非エリアキャラの項目が適用されている。 ただし禍の精霊ジョブの武器威力補正に関して、下記の図の数値はモノでのものになっており、コロシアムでは特定属性の得意武器の威力が 15%増加となっているので注意してほしい。 まとめ 今回もだいぶ長い記事になってしまったが、私が初心者に詰め込みたかったジョブに関しての知識はだいぶ詰め込めたとは思う。 何時間もかけて作ったこの記事をどれだけの人が最後まで読んでくれるかはわからないが、いつか誰かの役に立てればと思ってとりあえず伝えたいことは伝えさせてもらった。 正直この長さの記事を書いていると週一くらいの投稿がやっとになってしまいそうなので今後はもう少しコンパクトな記事をもっと短いスパンで定期的に投稿していけるように努力してみようとおもう。 angelgamertenshi.

次の

精霊ジョブの使い方

シノアリス ハーフ ナイトメア

もくじ• 今回は、 昨日のアップデートで実装された、新しいハーフナイトメアを中心にまとめていきます~。 Cinderellaエリアで射出30%UP Lv2. 物理防御+500 Lv10. 魔法攻撃+500 Lv12. これは決して安くはないのですが・・・ ヒーラーにとって防御は回復力に直結する大切なパラメータ!! 私は今回のグランコロシアム報酬のグランメダルを真っ先に注ぎ込む予定です。 ハフメアのアルカナLv1は交換する?? アルカナLv1はグランメダル 75枚必要です。 ・・・高いっ!! グランメダルは、今現在グランコロシアムの報酬と配当メダルとの交換でしか入手できません。 しかも、グランメダルと交換できる景品はどれも魅力的なものばかり・・・。 使い道はしっかりと考えなくては後悔すること必至です! それを踏まえて考えると、 私は シンデレラのハーフナイトメアのアルカナは・・・しばらく交換しない(できない)かなぁ。 理由は大きく、以下の二つです。 私の前衛武器、全部スキルレベル1なのですよ・・・。 もう、本当になまくらです。 討伐のときもモノガタリの時ですら、攻撃はフレンドさんに完全にお任せ!本当にフレンド様様です。 ピンクと黒(茶色?)で、なんだかチョコレートでできているみたい。 名前は、 卑劣の黒銃、炎属性で、コストは19です。 スキルは、攻上の魔氷IIIに魔力供給壱がのっていますね~。 敵1体に魔法大ダメージ+自身の魔法攻撃力を小UPです。 これが強いのか弱いのかの判断は・・・ごめんなさい!私にはできません!! ただ、 攻撃範囲が 1体確定なので、ダメージはしっかり出すことができるでしょうし、 討伐やコロシアムの時に ターゲット以外の敵を倒しちゃった!ということはないはずです。 そういう点でメリットを感じられるのであれば、 グランメダル70枚と交換してみてくださいな~。 ただ、 もし私が射出武器が欲しい前衛さんだったら・・・先に 無限進化の虚妄のコウガイを交換して育てる・・・かな。 それでは、今日はこの辺で。 また遊びに来てくれたらうれしいです。 またね~!.

次の

【シノアリス】ナイトメア一覧

シノアリス ハーフ ナイトメア

キャラクターズ• 一周年記念に登場した新シリーズジョブのハーフナイトメア。 上記理由によりキャラクターエリアの指定がない、かつ風属性のナイトメアしか出現しない防具イベントには非常に有効。 コロシアムでの使用はオススメできない。 モチーフ武器「 傲慢ノ禍剣 シンウチ 」はクエストクリア報酬で1本入手、残り4本はメダル交換で最大まで限界突破可能。 特効武器ではないので獲得メダル数は増えない。 前回から変更点はなし。 ストーリー 物語世界、ライブラリ。 ここにはまれに物語の狭間から転落して 迷子になってしまう者がいる。 この美しい少女も、その一人だった。 ある日、少女は獅子のような姿をした精霊と出会う。 元の世界に帰りたいと嘆く少女に、精霊はある取引を求めた。 少女が条件をのむと、精霊は不思議な力で元の世界へ連れて行く。 トランプの女王に、帽子屋。 そこは不思議な世界だった。 喜ぶ少女に、精霊は約束通り力を受け取るように告げる。 少女は精霊の力を授かった。 やがて時が経ち、少女はその力で次々と世界の住人を殺し始めた。 殺して壊して森を燃やしていく。 自我が蝕まれ失われていくのに精霊の力を手放せない。 いつしか禍々しい姿に成り果てた少女の前に、少女と猫が現れる。 「私が私を殺しに来た!」少女だった化け物は声を上げて笑った。

次の