ユニオン ペイ と は。 中国銀聯(ユニオンペイ)とは?中国発の勢いある国際ブランド

銀聯カード(ユニオンペイ)、中国の銀行口座貯金の換金方法について。私は中国...

ユニオン ペイ と は

中国の銀行連合「銀聯」 銀聯カードの「銀聯」とは2002年に中国政府主導で、中国人民銀行が中心となる形で設立された金融機関の連合、銀行間の決済ネットワークで、本部は上海に設置されています。 中国人民銀行は中国の中央銀行(日本の日本銀行に相当)で、中国銀行ではないことに注意してください。 銀聯が設立されるまでは、中国の銀行決済システムは各行バラバラのものを採用していたため、銀行間の送金や、同じ銀行でも省が違うと送金がうまくいかないなどの問題がしばしば発生していました。 そこで、システムやルールを統一することで銀行間の決済をスムーズにしようと設立されたのが、「銀聯」です。 銀聯設立の際に、銀聯加盟銀行が発行するキャッシュカード・クレジットカードには「銀聯」マークが付与されるようになり、銀聯カードを受け付ける商店にも同じく銀聯マークを掲示するようになりました。 銀聯カードとは? そんな歴史的な経緯から、中国で発行されたほとんどのキャッシュカード(デビットカード)・クレジットカードにはほぼ必ず「銀聯」マークがついています。 国際的な取り決めにより、銀聯カードの先頭2桁は「62」と決められています。 カード番号が「62」以外で始まるカード(銀聯+VISAのダブルブランドカード等)は、国外で利用する際は海外ブランドカードとして扱われることになっています。 銀聯は世界7大カードの1つ 世界のクレジットカードブランドには、7大クレジットカードブランドと呼ばれるものがあります。 7大クレジットカードブランドに含まれるのは、ビザ(VISA)、マスターカード(MasterCard)、JCB(ジェーシービー)、アメリカン・エキスプレス(American Express)やダイナース(Diners Club)、ディスカバーカード(Discover Card)、そして中国の「銀聯」です。 実は世界第2位のカードブランド 実は、銀聯カードはカードブランドとしては世界で第2位の規模(1位はVisa)となっています。 銀聯カードの発行枚数は既に10億枚を超え、銀聯加盟店も125の国や地域に1,000万店舗(そのうち海外加盟店は700万店舗)以上と、確かにかなりの規模のカードブランドとなっていることが伺えます。 特に中国では外貨の持ち出しに規制がかけられているため、中国の富裕層が買い物をするには銀聯カードが必須とも言える状況となっています。 そんな事情もあることから、中国人旅行者が多い香港、マカオ、シンガポールではほとんどすべてのクレジットカード取り扱い店で銀聯カードが使えるようになっています。 銀聯カードのほとんどはデビットカード 中国人ならみな持っていると言っても過言ではない銀聯カードですが、中国ではクレジットカード審査(与信)の制度がまだあまり整備されておらず、クレジットカードを持つことのできるのは一部の富裕層に限られています。 そのため、銀聯カードのほとんどはデビットカード(買い物にも使えるキャッシュカード)として発行されています。 photo by 中国のスーパーなどに行くと多くの人が銀聯カードで買い物をしている様子を見ることができますよ。 銀聯の電子マネー「闪付」 中国銀聯では数年前から非接触ICカードを利用した電子マネー(日本のSuicaやnanacoに相当)の「闪付」サービスを開始しています。 この電子マネーは中国銀聯独自の規格を使用しているため、海外ではまだ加盟店がほとんどないようですが、今後利用できるお店が増えていくかもしれない、要注目のサービスです。 日本で銀聯カードが使えるのは 日本で銀聯カードが使えるATMには、、、、、三菱UFJ銀行、、みずほ銀行、の他に京都銀行やなどがあります。 また、最近では空港の売店、大手百貨店や大型ショッピングモール、家電量販店、ドラッグストアなどを中心に、日本でも非常に多くの店舗が銀聯カードでのショッピングに対応するようになっています。 日本の銀聯カード 銀聯カードは中国人が持っている、という印象が強いかもしれませんが、実は日本人でも作ることができます。 中国ではVisa, Master, JCBなどの海外ブランドのカードを受け付ける店舗が少ないため、中国旅行・中国出張・中国への赴任などの際に銀聯カードを作っておくと便利です。 日本の銀聯クレジットカード 日本で作れる銀聯クレジットカードには、以下の5種類があります。 日本の銀聯プリペイドカード 日本の銀聯プリペイドカードは以前にはトラベレックス銀聯カードなどがありましたが、現在はクレディセゾンが発行するの1種類のみとなっています。 ただし、ようなので、利用には少し注意が必要です。 日本の銀聯デビットカード さらに、ちょっと変わったところでは中国銀行や中国工商銀行の日本国内支店に口座を開くと、そのキャッシュカードには銀聯マークがついています。 このキャッシュカードは銀聯デビットカードとして、日本でも中国でも銀聯マークのついたお店での買い物に使うことができます。 日本人が中国で銀聯カードを作ることもできます 他にも、中国の銀行では外国人でも口座を比較的簡単に開くことができるので、もれなく銀聯キャッシュカード(デビット・カード)を発行してもらえます。 ただし、中国発行の銀聯カードを日本でも使いたい時は必ず銀行窓口で、磁気ストライプのついたカードに交換してもらいましょう。 銀聯カードの注意点 銀聯カードにまつわる注意点についてまとめてみました。 1.磁気ストライプのない銀聯キャッシュカードは日本で使えない 2015年以降に発行された銀聯デビット・カードには磁気ストライプ(カード裏面の黒い帯)がないものが多くあり、それらのカードは現在のところ日本では使用することができません。 2.銀聯カードの暗証番号は6桁 銀聯カードのセキュリティはかなり強く、暗証番号は他のクレジットカードやキャッシュカードと異なり6桁です。 また、ショッピング時には暗証番号の入力だけでは承認されず、必ず暗証番号の入力に加えてサインをする必要があります。 また、最近では海外加盟店にて銀聯カードの「サインのみ」決済が可能になってきているとのことです。 対応しているカードは銀聯カードでも一部のカードに限られていますが、必ずしも暗証番号の入力が必須ではなくなってきているようです。 2016年1月現在、制限額は1日1万元/年間10万元となっています。 4.銀聯カードを日本のATMで使う時には手数料がかかる 銀聯カードを使って日本のATMで引き出す場合、日本側のATM手数料の他に中国側銀行も「境外手続費」を徴収します。 銀行によって0円~2000円と幅が広いので頻繁に利用する方は注意が必要です。 日本側手数料• 1回あたり無料~110円 主な中国側手数料(詳しくは以下の関連記事をご参照ください)• 定額制:中信銀行 15元 、民生銀行 15元 、光大銀行 15元 、ハルビン銀行 15元 、華夏銀行 0元 、浦発銀行 18元 、北京銀行 15元 、興業銀行 16元 等• 定率制:中国銀行 0. 参考までに、コンビニエンスストアチェーンのローソンが発表したによると、ローソンの平均客単価は600円なのに対し、銀聯カード決済を導入した店舗では平均客単価が3000円以上となんと5倍以上になっているとのことです。 最近ではほとんどのカード決済会社が銀聯カードに対応していますから、一度POS会社やカード決済会社に相談して、銀聯カード対応が可能かどうか、尋ねてみると良いでしょう。

次の

STICPAYでプリペイドカードの発行開始!ユニオンペイカード

ユニオン ペイ と は

中国の銀聯カード ユニオンペイ とは何か 世界最大のクレジットカード発行会社である 中国のユニオンペイ。 銀聯カードのロゴは日本でも店舗で見かけた事がある方は多いかもしれません。 ただその内容は知らない人のほうが多いでしょう。 中国で50億枚以上が発行されている銀聯カードは、クレジットカードとデビットカードの2種類があります。 ただし、 出回っているカードの大半はデビットカードのほうとなります。 デビットカードとは。 紐づいている銀行口座の預金の範囲内で利用できるカードになります。 カードを使うと自動的にリンクしている口座内の預金も減少します。 預金を超えて利用できるクレジットカード機能を備えたものもありますが、 最大の利用者である中国人は審査にほぼ通らないので基本的に流通しているのはデビットカードのほうになります。 最近、仮想通貨業界でもこの銀聯カードの名前をよく目にします。 仮想通貨の預金に紐づいたウォレットなどではVisaやマスターカードと契約が難しいため、銀聯カードを使うパターンです。 例えば、BTCNEXTや、SB101。 他にもありますが割愛します笑 VISAが非常に契約が難しくなっており、CPAYその他も仮想通貨系のプロジェクトはガンガン契約を解除されていっているので、今後も仮想通貨業界では銀聯カードとの提携が加速していくと思っています。 観光地などに行って、飲食店に入った時に銀聯カードに対応させていない店舗がありますが、これ非常に勿体ないなといつも思っていますw 私のブログを見ている店舗運営などの方で、中国人客が多いところは必ず対応させておく事をお勧めしますw 彼らは対応しているかどうかで入る店を選んでたりしますので.

次の

銀聯決済(ユニオンペイ)とは?特徴から導入すべき業種まで詳しく紹介

ユニオン ペイ と は

安定したユーザー数が見込める• インバウンド以外の利用者も期待できる• 専門のカスタマーサービスへ誘導できる• 中国人以外の利用者も集客可能 旅行者による一時的な利用だけではなく、国内の中国人労働者による利用も見込めるのが銀聯決済(ユニオンペイ)の特徴です。 厚生労働省が発表した資料によると、平成30年時点で登録されている外国人労働者の割合は中国人が最も多く、全体の3割近くを占めていました。 短期・長期の差はありますが、数日のみの旅行者だけではなく住人による継続的な利用が期待でき、旅行者向け以外の業態でも銀聯決済(ユニオンペイ)導入のメリットがあります。 また、日本は銀聯決済(ユニオンペイ)が多く利用される地域として、国内ATMとの提携による現金引き出しサービスやカスタマーサービスが提供されています。 仮に顧客とのトラブルが起こっても、「国内の専門カスタマーサービスに相談してください」と誘導できる安心感があります。 中国に本社を置く銀聯決済(ユニオンペイ)ですが、日本人でも国内の大手銀行やクレジットカード会社(三井住友銀行など)を介してカードを発行することができます。 海外出張や旅行の多い日本人もターゲットとなるため、他の国際ブランドと同様、銀聯決済(ユニオンペイ)の導入は幅広いユーザーを取り込めます。 銀聯決済(ユニオンペイ)を使うことによるデメリットはある? 中国国内だけでも、カードの発行枚数(クレジット・デビットの合計で)60億枚を超える銀聯決済(ユニオンペイ)は、VISAカード以上の所有率を誇ります。 そのため中国人をターゲットに想定したサービスでは必要不可欠といえるカードブランドですが、以下のようなデメリットも加味して導入を検討しなければなりません。 決済手数料がサービス会社ごとに異なる• 対応できる決済代行サービス会社が限られる• AliPayやWeChatPayのほうがサービス提供会社が多い 決済代行サービス会社は、クレジットカードのブランドによって手数料を分けている場合があります。 具体的な数字を公表している決済代行サービス会社の多くが、VISAやMastercardは3. 24%に設定しているのに対し、銀聯決済(ユニオンペイ)は3. 74%前後に設定しています。 JCBなど同様の決済手数料となっているカードブランドもありますが、決済手数料を重視する方は、カードブランドごとに決済手数料を設定しているサービス会社に注意してください。 中には銀聯決済(ユニオンペイ)の手数料を安く設定しているロボットペイメント(3. 2%~)のような決済代行サービス会社もあるため、複数の決済代行サービス会社を比較しましょう。 ただし、銀聯決済(ユニオンペイ)に対応できる決済代行サービス会社は限られていることから、選択肢はけして多くありません。 インバウンド向けの決済方法では手軽なQRコード決済のAliPayやWeChatPayのほうが多く導入されており、対応サービス会社も多いのが現状です。 銀聯決済(ユニオンペイ)もQRコード決済を導入していますが、複数の決済方法を一括で導入したいと考えている方は、サービス会社選びを慎重に行う必要があります。 銀聯決済(ユニオンペイ)を導入したほうがいいのは高額商品取り扱いのお店 インバウンド向けの決済方法としても魅力のある銀聯決済(ユニオンペイ)ですが、手軽さで見ると同じ中華サービスのAliPayやWeChatPayも捨てがたいのが正直なところです。 そのような中であえて銀聯決済(ユニオンペイ)の決済を導入するメリットもあります。 たとえば以下のような方は、(AliPayやWeChatPay)よりも銀聯決済(ユニオンペイ)のカード決済のほうがおすすめです。 高額商品を取り扱うお店• 即日決済を希望するお店• 留学生など若年層の長期滞在を狙うお店 QRコード決済の場合、決済代行サービス会社によっては利用できる業態が限られていることも多く、美術品など高額商品の取り引きでは使用できない可能性があります。 中国政府の規制により、QRコードによる決済は1日500元が限度額に設定されていることも注意すべき点です。 一部2段認証により500元以上の取り引きも可能にできますが、顧客が面倒くささを感じるシステムになっています。 対して銀聯決済(ユニオンペイ)はデビットカードの側面も持っているため、銀行口座にある残高が限度額です。 そのため、高額商品でも口座残高さえあれば通常どおりの決済方法で取り引きでき、即日決済が完了するため安心して売買できます。 家族カードも手軽に発行できることから、近年は海外へ留学する子供への生活費仕送りに活用されています。 中国人労働者の多い街や、留学生の多い街で中国人客が多く見込めるお店には、銀聯決済(ユニオンペイ)の導入がおすすめです。 まとめ 銀聯決済(ユニオンペイ)は中国人観光客や労働者に加え、日本人のユーザーも増えつつある国際カードブランドのひとつです。 海外出張や旅行の多い日本人ユーザーの集客も期待できるため、インバウンドを意識していない店舗・会社でも一定以上の集客が期待できます。 中国人にとって主流となっているよりも、手軽に高額取り引きができるメリットもあり、高額商品を取り扱うお店には特に銀聯決済(ユニオンペイ)がおすすめです。

次の