バナナの斑点 名前。 バナナをむいてびっくり!この赤い筋&黒い芯ってなに・・・食べて大丈夫?

バナナにはどんな効果がある?生・加熱・冷凍おすすめの食べ方とは!

バナナの斑点 名前

バナナを買って置いていると、皮に何やら黒い斑点が出ていた! ということありますよね。 この斑点には、どんな理由があるのか知っていますか? 実は可愛い名前もついているんです。 今回は、バナナの黒い斑点を詳しく解説してみます! バナナの黒い斑点には可愛い名前がある? 普段何気なく食べている、甘くて美味しいバナナ。 お店では綺麗な黄色のバナナだったのに、みるみるうちに黒い斑点だらけに。 食べれるのかな?と、気になりますよね。 実は、バナナに斑点が出てくる理由は、食べ頃のサインなんです。 バナナの皮が黒くなってきたからと、捨てたりするなんてもったいないです! 黄色の綺麗なバナナは果肉がしっかりとしていますが、斑点が出たバナナはやわらかく、その可愛い名前の通りとても甘味があります。 スポンサードリンク 斑点が出てきたバナナは美味しい理由だけじゃない! 実はバナナには豊富な栄養だけではなく、白血球を活性化させる働きがある、すごい果物なんです。 特に黒い斑点が入ったバナナほど効果が高く、既存する免疫増強剤にも負けないそうで、感染症や癌予防でも注目されています。 まとめ 今回は、バナナの黒い斑点やその名前や理由についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? バナナに斑点が出てくると、見た目が悪いと感じて、敬遠していた方も多いのですよね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事 カテゴリー•

次の

バナナの黒い斑点やシミは甘さの証!? どの程度まで食べてもいいの?/毎日雑学(ダ・ヴィンチニュース) 身近なのに意外と知らない身の回りのモノ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

バナナの斑点 名前

毎日食べるという人もいると思います。 買ってから時間が経つと、 そのバナナの皮に黒い点が出てくることがありますよね。 この黒い点にはちゃんと名前がついているんです。 そこで今回はバナナの黒い点について調べてみました。 バナナに出る黒い点の名前は? スーパーなどから買ってきてしばらくするとバナナの表面に現れる黒い点。 もしかして傷んでいるんじゃないかと心配になりますよね。 これは「シュガースポット」もしくは「スイートスポット」 と呼ばれるもので、バナナに含まれるタンニン(ポリフェノールを含む)が酸化したもの。 バナナが完熟している証拠なんです。 シュガースポットの名前のとおり、黒い斑点が出たバナナは甘くてまさに食べ頃。 さらになんと免疫力を高める効果まであると言われているんです。 風邪を引いたりして体調の悪い時に食べると 元気になれるのでおすすめですよ! ただし、黒い部分が全体に広がっている場合は すでに腐ってしまっている可能性もあるので要注意。 触ってみてぐにゃっとした感触がある時は食べない方が良いでしょう。 バナナに黒い点!食べても大丈夫? 先ほども触れたとおりバナナの表面にできる黒い点、シュガースポットは 完熟のサインなので食べてもまったく問題はありません。 それどころか、シュガースポットの出たバナナは むしろ積極的に食べて欲しい食材だったんです! 通常スーパーに売っている黄色いバナナには ビタミンB2、B6、ナイアシンが多く含まれていますが、 シュガースポットの出たバナナにはさらに「リン脂質」という栄養素が加わります。 このリン脂質には免疫力を高めることと、さらに胃の粘膜を保護して 胃潰瘍を抑制することの2つの効果が期待されているんです。 また、熟したバナナには「腫瘍壊死因子」という腫瘍を壊死させる物質が含まれており、 これがガンなどの悪性細胞に作用すると考えられています。 つまり黒い点が出たバナナの方が、黄色いバナナより栄養価が高いということ。 黒くなってしまったからもう捨てよう、なんて思ってはもったいない! 甘味が増してさらに体にもいいなんて、これを食べない手はないですよね。 まとめ シュガースポットと呼ばれるバナナの黒い点は、バナナが美味しく熟し、 また栄養価が高まっていることのサインであることが分かりました。 黄色いバナナも美味しいですが、熟して黒くなったバナナも積極的に食べたいものですね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

バナナの保存方法や食べ頃はいつか?黒い斑点ができた方が栄養価が高いの?

バナナの斑点 名前

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。 オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします! この雑学ではバナナの暗い斑点やシミの部分の正体や食べても安全かについて解説します。 雑学クイズ問題 【バナナの黒い斑点の名前は?】 A. ブラックスポット B. シュガースポット C. バナナスポット D. ハニースポット 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! バナナの黒い斑点やシミの部分は食べてもよい?その正体とは。 【食べるのを躊躇】 バナナはとても栄養価が高く、果物の中でも比較的安価であることから、スーパーで買って食べる人も多いのではないでしょうか。 また、日本で消費されているバナナの99%はフィリピンから輸入されていてるため、一年中食べられるというのも強みがあります。 スーパーに並んでいるバナナには青めのものもあれば、きれいな黄色をしたものもありますが、実は色によって得られる効能が違うのです。 青めのバナナに関しては整腸作用があることから便秘解消にはぴったりであり、黄色バナナには美肌やアンチエイジングの効果が期待されます。 しかし、時間がたつと黒い斑点やシミのようなものが出来て、徐々にバナナが変色してきてしまい、食べるのを躊躇してしまいますよね。 それではこのバナナの黒い斑点やシミにはどのような効果があるのか、そもそも食べても良いものなのでしょうか? 【黒い斑点やシミの正体】 それではさっそくバナナにできる黒い斑点やシミの正体について解説していきます。 実は黒い斑点にはちゃんと名前があり「シュガースポット」、または「スイートスポット」と呼ばれています。 このシュガースポットはバナナが熟し切って完熟となっている証拠であり、皮が黒くなっている部分の果肉は特に甘いのです。 そのため、少し黒くなってるぐらいでその部分を避けて食べている人がいますが、むしろ黒い部分が甘くて美味しいことからもったいないことをしているんですね。 一見すると腐っているように見えるかもしれませんが、これは運搬中の加圧や保存するときに出来た傷が原因となっています。 バナナの果肉部分に傷が出来ると細胞壁が壊れることによって、ポリフェノールが酸化するようになり、これが原因で黒くなっているのです。 【食べても安全?】 バナナの黒い斑点の正体がシュガースポットと呼ばれるものだということはわかりました。 正体がわかったとしても積極的に黒くなったバナナを食べる気にはならないかもしれませんね。 しかし、黒くなったバナナには免疫力を高める効果があるとも言われていますし、甘くて美味しくて免疫力を高めるものを捨ててしまうことはもったいないとまでいえるでしょう。 それでは、どこまで黒くなったバナナまでなら安全に食べられるのかというと、斑点が出来ている程度なら食べても問題はありません。 黒い斑点が増えてきたとしても、バナナ全体がブニブニで柔らかくなっていない限りは食べることができます。 しかし、全体的に黒くなりすぎて触った感触も柔らかくなってきた場合は、味がぼけていることが多いので、あきらめた方が良いでしょう。 以上がバナナの黒い斑点やシミの部分の正体や食べても安全か、についてでした。 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは「B. シュガースポット」でした! まとめ バナナの黒い斑点やシミはシュガースポットと呼ばれていて、バナナが熟しており果肉が甘い部分である。 黒くなってしまうのは運搬中の加圧や保存するときに傷が入ってしまったことにより、ポリフェノールが酸化してしまうことが原因である。 黒くなったバナナには免疫力を高める効果がある。 バナナが全体的に黒くなってしまい、柔らかくなってしまっている場合は食べない方が良い。 ご了承ください。 com.

次の