遺伝カウンセリング。 出生前診断の遺伝カウンセリングは納得して命の選択をできるようサポートしてくれます

遺伝カウンセリングとは?出生前診断のカウンセリング

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングとは、 遺伝子や遺伝のメカニズムが関与する疾患や体質について、さまざまな問題を抱える方やそのご家族のお話を伺いながら、医療情報をわかりやすく説明したり、心理社会的なサポートを行って、一般の方たちの理解と納得を支える医療サービスです。 欧米ではすでに確立した専門職種となっており、1970年代に遺伝カウンセラー養成が開始された米国では、現在29大学の大学院修士課程で養成がなされ、主に白人女性を中心とした2,000人余の遺伝カウンセラーが広く医療の場で活躍しています。 遺伝子の変化や染色体の変化は、健康な人にも起こる可能性があり、だれでもが常染色体劣性遺伝病の遺伝子変化を10個程度は持つと言われています。 遺伝カウンセラーは疾患の解説をはじめ、遺伝子検査で明らかになることや、療育における社会福祉資源など、入手可能なあらゆる情報を提供して当事者を支えます。 先進的な研究の進展により、遺伝性疾患に関する知見が次々に得られていますが、慣れない専門用語や専門的情報を理解することは非常に難しく、また、家族関係や個人の資質によっても受けとめ方や対処の仕方も大きく異なります。 遺伝カウンセラーはクライエントの側に立って、上下関係の生じがちな主治医とは異なった視点と倫理感からカウンセリングを提供します。 クライエントにとっても、個人的な事情を相談できる稀有な人材です。 さらに、これまで体質といわれていたものにも、遺伝子の研究から理解が始まっています。 私たちの持つ遺伝情報を精査・タイプ分けして、個人ごとの病態の差や薬剤の有効性、副作用の個人差を決めている遺伝子多型を明確にする試みが世界的に進められています。 まれな遺伝性疾患のみならず、多因子遺伝といわれる糖尿病や脳血管障害などについても、患者個人に最適な医療を提供する「オーダーメイド医療」が開始され、がんではすでに個人の遺伝子型に合う分子標的薬治療が選ばれています。 自分の受ける治療をよく理解して薬を選ぶことは、その後の社会生活や医療費に関しても非常に大切なことです。 多くの人々にとって、治療法などの科学的エビデンスの有無を見抜くことは難しいことですが、分子遺伝学に精通する遺伝カウンセラーは、ここでも社会のために役立つ人材であると言えるでしょう。 認定遺伝カウンセラーは大学院においてオーソライズされた専門教育 *1を受け、医療や心理の専門的知識とカウンセリング技術をもって、クライエントにふさわしい支援を探り、患者の自律的な意思決定プロセスを支える人材です。 日本においては、現在14大学大学院 *2に遺伝カウンセラー養成のための専門課程が置かれ、とが共同で資格認定を実施しています。 「認定遺伝カウンセラー」は2017年12月現在、226名が資格認定を受けています。 *1 表1に認定遺伝カウンセラーのカリキュラムを示しました。 認定遺伝カウンセラーは、遺伝医学、先端科学、臨床心理、倫理、カウンセリング技術、情報、社会学にわたる、他の領域では学ぶことのできない極めて高度な専門教育を受けています。 さらに医療現場での実習を経て、その後、認定試験(面接及び筆記)に合格して誕生します。 *2 表2に現在、認定遺伝カウンセラー養成を行っている専門課程を挙げました。 表1 認定遺伝カウンセラー養成のための標準カリキュラム (日本遺伝カウンセリング学会誌、24(2)63-78,2004) 科 目 到達目標該当箇所 単位 時間 方法 基礎人類遺伝学 1 1. 1)遺伝学史 2)細胞遺伝学 3)分子遺伝学 4)メンデル遺伝学 5)非メンデル遺伝 6)集団遺伝学と遺伝疫学,家系分析 7)遺伝生化学・遺伝薬理学 8)生殖・発生遺伝学 9)体細胞遺伝学 10)腫瘍遺伝学 11)免疫遺伝学 4 60 講義 基礎人類遺伝学 2 染色体・DNA検出と正常・異常の識別, 家系図作製・遺伝確率 2 60 演習 臨床遺伝学 1. 12)遺伝医学・遺伝医療 2 45 講義 1 演習 1 遺伝サービス情報学 遺伝関連情報・情報検索方法 1 30 演習 遺伝医療と社会 4. 遺伝医療と社会 1 15 講義 遺伝医療と倫理 3. 遺伝医療と倫理 2 45 講義 1 演習 1 医療カウンセリング概論 2. 保健医療の場に来る健康問題を持つ人々の心理的特性とその対応の基本 1 15 講義 遺伝カウンセリング 2. 当時は、カウンセラーは医師が中心でした。 しかし、1980年代からゲノム医学が発達し、遺伝子診断が実用化されると、遺伝性疾患の概念が大きく変わりました。 従来の先天性の疾患やメンデル遺伝をする疾患(形質)だけでなくガンや生活習慣病までが遺伝カウンセリングの対象になったのです。 遺伝カウンセラーには単に遺伝医学情報の提供だけではなく、クライエントの立場から問題解決を援助したり、心理的な対応技術が必要とされます。 また、遺伝カウンセリングが扱う内容には高度に倫理的な内容が含まれますので、医師とは独立した専門職の遺伝カウンセラーが必要になりました。 研究成果の一つとして、2002年から臨床遺伝専門医の認定制度が発足しました。 しかし、遺伝カウンセラーについてはまったく新しい専門職であるため、養成カリキュラムの作成から着手し、このカリキュラムを採用した養成専門課程が、信州大学大学院と北里大学大学院(2003年)、お茶の水女子大学大学院(2004年)に開設されました。 これらの養成専門課程は、日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会が協力して制度化した「認定遺伝カウンセラー制度」の専門教育機関として認定され、修了者は認定試験に合格すると認定遺伝カウンセラーを呼称することができます。

次の

九州医療センター|遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングのご案内 遺伝カウンセリングとは遺伝カウンセリングは、遺伝について不安や悩みがあるご本人やご家族に、遺伝や疾患についての正しい情報を提供し、自律的な意思決定をサポートする場です。 ご相談には遺伝や遺伝子に詳しい臨床遺伝専門医の資格をもつ医師や認定遺伝カウンセラーが担当します。 カウンセリングの対象とされる内容遺伝に関することであれば、どのような相談もお受けしています。 具体的に• 私(家族)が遺伝性の病気と言われた。 これからどうしたらいいのか?• うちはがんが多い。 私や家族もがんになりやすいか?• 出生前検査を検討したい。 私は将来、親や親せきと同じ病気を発症する可能性があるか? 以下のことについては対象となりません。 親子鑑定についての相談• 訴訟などを目的とした相談 主に対象としている相談• 出生前診断 ・新型出生前検査(NIPT) ・羊水染色体検査 ・クアトロ検査 ・その他の出生前遺伝学的検査(対象疾患は限定)• 遺伝性腫瘍 ・遺伝性乳がん卵巣がん症候群 ・リンチ症候群 ・多発内分泌腫瘍 など (その他染色体疾患や遺伝性疾患に関するご相談も対象としています。 ) 受診案内 完全予約制です。 お問い合わせ電話番号:092-852-0700(代表)企画課外来係 お問い合わせ時間:月曜日〜金曜日 14:00〜17:15 カウンセリング日と担当医当院の遺伝や遺伝子に詳しい臨床遺伝専門医と認定遺伝カウンセラーが担当します。 また必要に応じて他の医師、看護師が同席させていただく場合があります。 詳しくはをご覧下さい。 準備していただきたいもの• 紹介状などの詳しい医療情報• 家系図(血縁の方に同じような病気があるかどうかが分かるとより詳細な検討が可能です) 新型の出生前検査(NIPT)をご希望される方へ詳しくはをご覧下さい。

次の

臨床からのメッセージ

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングとは、 遺伝子や遺伝のメカニズムが関与する疾患や体質について、さまざまな問題を抱える方やそのご家族のお話を伺いながら、医療情報をわかりやすく説明したり、心理社会的なサポートを行って、一般の方たちの理解と納得を支える医療サービスです。 欧米ではすでに確立した専門職種となっており、1970年代に遺伝カウンセラー養成が開始された米国では、現在29大学の大学院修士課程で養成がなされ、主に白人女性を中心とした2,000人余の遺伝カウンセラーが広く医療の場で活躍しています。 遺伝子の変化や染色体の変化は、健康な人にも起こる可能性があり、だれでもが常染色体劣性遺伝病の遺伝子変化を10個程度は持つと言われています。 遺伝カウンセラーは疾患の解説をはじめ、遺伝子検査で明らかになることや、療育における社会福祉資源など、入手可能なあらゆる情報を提供して当事者を支えます。 先進的な研究の進展により、遺伝性疾患に関する知見が次々に得られていますが、慣れない専門用語や専門的情報を理解することは非常に難しく、また、家族関係や個人の資質によっても受けとめ方や対処の仕方も大きく異なります。 遺伝カウンセラーはクライエントの側に立って、上下関係の生じがちな主治医とは異なった視点と倫理感からカウンセリングを提供します。 クライエントにとっても、個人的な事情を相談できる稀有な人材です。 さらに、これまで体質といわれていたものにも、遺伝子の研究から理解が始まっています。 私たちの持つ遺伝情報を精査・タイプ分けして、個人ごとの病態の差や薬剤の有効性、副作用の個人差を決めている遺伝子多型を明確にする試みが世界的に進められています。 まれな遺伝性疾患のみならず、多因子遺伝といわれる糖尿病や脳血管障害などについても、患者個人に最適な医療を提供する「オーダーメイド医療」が開始され、がんではすでに個人の遺伝子型に合う分子標的薬治療が選ばれています。 自分の受ける治療をよく理解して薬を選ぶことは、その後の社会生活や医療費に関しても非常に大切なことです。 多くの人々にとって、治療法などの科学的エビデンスの有無を見抜くことは難しいことですが、分子遺伝学に精通する遺伝カウンセラーは、ここでも社会のために役立つ人材であると言えるでしょう。 認定遺伝カウンセラーは大学院においてオーソライズされた専門教育 *1を受け、医療や心理の専門的知識とカウンセリング技術をもって、クライエントにふさわしい支援を探り、患者の自律的な意思決定プロセスを支える人材です。 日本においては、現在14大学大学院 *2に遺伝カウンセラー養成のための専門課程が置かれ、とが共同で資格認定を実施しています。 「認定遺伝カウンセラー」は2017年12月現在、226名が資格認定を受けています。 *1 表1に認定遺伝カウンセラーのカリキュラムを示しました。 認定遺伝カウンセラーは、遺伝医学、先端科学、臨床心理、倫理、カウンセリング技術、情報、社会学にわたる、他の領域では学ぶことのできない極めて高度な専門教育を受けています。 さらに医療現場での実習を経て、その後、認定試験(面接及び筆記)に合格して誕生します。 *2 表2に現在、認定遺伝カウンセラー養成を行っている専門課程を挙げました。 表1 認定遺伝カウンセラー養成のための標準カリキュラム (日本遺伝カウンセリング学会誌、24(2)63-78,2004) 科 目 到達目標該当箇所 単位 時間 方法 基礎人類遺伝学 1 1. 1)遺伝学史 2)細胞遺伝学 3)分子遺伝学 4)メンデル遺伝学 5)非メンデル遺伝 6)集団遺伝学と遺伝疫学,家系分析 7)遺伝生化学・遺伝薬理学 8)生殖・発生遺伝学 9)体細胞遺伝学 10)腫瘍遺伝学 11)免疫遺伝学 4 60 講義 基礎人類遺伝学 2 染色体・DNA検出と正常・異常の識別, 家系図作製・遺伝確率 2 60 演習 臨床遺伝学 1. 12)遺伝医学・遺伝医療 2 45 講義 1 演習 1 遺伝サービス情報学 遺伝関連情報・情報検索方法 1 30 演習 遺伝医療と社会 4. 遺伝医療と社会 1 15 講義 遺伝医療と倫理 3. 遺伝医療と倫理 2 45 講義 1 演習 1 医療カウンセリング概論 2. 保健医療の場に来る健康問題を持つ人々の心理的特性とその対応の基本 1 15 講義 遺伝カウンセリング 2. 当時は、カウンセラーは医師が中心でした。 しかし、1980年代からゲノム医学が発達し、遺伝子診断が実用化されると、遺伝性疾患の概念が大きく変わりました。 従来の先天性の疾患やメンデル遺伝をする疾患(形質)だけでなくガンや生活習慣病までが遺伝カウンセリングの対象になったのです。 遺伝カウンセラーには単に遺伝医学情報の提供だけではなく、クライエントの立場から問題解決を援助したり、心理的な対応技術が必要とされます。 また、遺伝カウンセリングが扱う内容には高度に倫理的な内容が含まれますので、医師とは独立した専門職の遺伝カウンセラーが必要になりました。 研究成果の一つとして、2002年から臨床遺伝専門医の認定制度が発足しました。 しかし、遺伝カウンセラーについてはまったく新しい専門職であるため、養成カリキュラムの作成から着手し、このカリキュラムを採用した養成専門課程が、信州大学大学院と北里大学大学院(2003年)、お茶の水女子大学大学院(2004年)に開設されました。 これらの養成専門課程は、日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会が協力して制度化した「認定遺伝カウンセラー制度」の専門教育機関として認定され、修了者は認定試験に合格すると認定遺伝カウンセラーを呼称することができます。

次の