ウイイレ フェルナンド サントス 人選。 【ウイイレ2020】監督情報検索ツール【サポート距離・ディフェンスライン・コンパクトネス】

【ウイイレ2020】監督情報検索ツール【サポート距離・ディフェンスライン・コンパクトネス】

ウイイレ フェルナンド サントス 人選

ウイイレアプリ2020最強の監督フェルナンド・サントスのスカッドの組み方 フェルナンド・サントスについて 私自身もフェルナンド・サントスを使っているのですが、通常選手のみのスカッドでも レート1300を超えるほどとなりました。 他の監督を試して見てもしっくりこず、結局はサントスが一番安定しています。 ではそのような良さを引き出すためにはどうしたら良いのか、まずはオフェンシブ・ディフェンシブの戦術から説明します。 フェルナンド・サントスはオフェンシブとディフェンシブどっちがいい? この疑問を多く抱えている人がいますが、結論からいうと私のおすすめは「オフェンシブ」です。 なぜか。 実際にオフェンシブとディフェンシブの戦術の違いを見ていきましょう。 <オフェンシブ戦術> 攻撃タイプ・・・カウンター ビルドアップ・・・ ロングパス 攻撃エリア・・・中央 ポジショニング・・・流動的 守備タイプ・・・フォアチェック 追い込みエリア・・・ 中央 プレッシング・・・アグレッシブ オフェンシブとディフェンシブの違いは、 ビルドアップが オフェンシブは「ショートパス」、 ディフェンシブは「ロングパス」 追い込みエリアが オフェンシブは「サイド」、 ディフェンシブは「中央」 の違いですね。 まずは ビルドアップについてですが、ショートパスは自陣から細かいパスを繋げていってゴールを目指し、ロングパスは前線に長いパスを蹴り、CFが競り合ってOMFやCMFがカバーに行くという戦術です。 ロングパスは前線に身長の高い選手がいれば少しは有効ですが、選手間の距離感がよくなくそのあとのパスをどうするか迷ってるうちに取られてしまうことが多いです。 一方自陣から繋げていくショートパスの良さはパスを繋ぐことを意識したポジション取りをしているので、パスが回しやすくそこから色々な選択肢が生まれます。 次に 追い込みエリアについてですが、サイドだと相手をサイドに追いやるような動き、中央だと相手を中央に追いやるような動きをします。 ここで私が オフェンシブ(追い込みエリアサイド) で行った試合の相手の攻撃時エリアを見てください。 相手の戦術にもよって変わることはありますが、 追い込みエリアをサイドにしても相手の攻撃エリアが 中央に寄っていることがわかります。 ウイイレは主に中央から攻めていく人が多いためディフェンシブの追い込みエリア「中央」だと、さらに相手の攻撃を活性化させてしまいます。 そのため私の個人的な意見としては オフェンシブの戦術がおすすめです。 フェルナンド・サントスのおすすめのフォーメーション(ポジション) 次にフォーメーション(ポジション)についてです。 サントスは4-3-1-2のフォーメーションとなっていますが、RSB・LSBをCBにしたり、CMFをDMFにしたり、CFをSTにしたりとポジションを変えることが可能です。 ただ変更するところのポジションは 「RSB・LSB」を「CB」にするところだけでいいかと思います。 (CBを4人にするということです) サイドバックの選手を1人だけ残して3CBにしている方がいるかと思いますが、できれば4CBにした方がいいと思います。 理由としては、下記の画像を見ていただければと思います。 こちらは私が攻めている時の画像ですが、 注目して欲しいのは下のマップのところです。 攻めている時も4CBがしっかりと自陣に張り付いてくれているのがわかるでしょうか。 サイドバックの選手がいると攻撃に参加してくれるのですが、ボールを奪われたときにこの4枚のCBのうち1人が欠けてしまうのが非常に痛いです。 攻撃も重要なのですが守備あっての攻撃なので 4枚のCBでしっかりと守備をして攻撃につなげることがとても重要です。 このような点からポジションについては4CBにして守りをしっかり固めましょう。 フェルナンド・サントスに入れる選手はどんな選手がいいの? 入れる選手についてはサントスに限ったことではないと思いますが、私のおすすめをご紹介したいと思います。 私自身アプリでは最近まで無課金だったためあまりいい選手がいませんが、まずは私の選手を見ていただければと思います。 なぜこのような選手達を入れているか、説明します。 一人はスピードが早く、一人はワンタッチパス (スルーパスを持っていればなお良し)を持っている選手。 守備陣(CB)について・・・中央は競り合いが多いためなるべく身体の強い選手を入れており、サイドは早い対応が求められるためスピードのある選手を入れる。 中盤(DMF・CMF・OMF)について・・・DMFはアンカー・マンマーク・インターセプトを持っていれば守備のときに非常に役立つので、これらを兼ね備えている選手は必須でしょう。 CMF・OMFはスルーパスとワンタッチパスは私としては必須レベルです。 中盤でパス回しをするときにワンタッチパスがなければミスに繋がることが多く、スルーパスを持っていれば前線にいいパスが入りやすいのでチャンスができやすいです。 前線(CF)について・・・両方ともワンタッチパスを持っていればいいのですが、CFでワンタッチパスを持っている選手は多くないので、一人はワンタッチパスを持っていて一人はスピードのある選手を入れましょう。 このようにすればアシスト役とゴール役でしっかりとした関係性ができますし、崩しやすいです。 能力が高いに越したことはありませんが、私もここを気をつけてスカッドを組んだことでレートも大きく上がることができました。 最低限の内容になりますが、ぜひ参考にして見てください。 フェルナンド・サントスについて最後に 今回はウイイレアプリ2020の監督で一番使われているフェルナンド・サントスについて紹介をさせていただきました。 皆さんそれぞれで使い方は異なるかと思いますが、あくまで私のおすすめですので色々な方法を試して見てください。 ただ私もオンラインでレート戦を多くやっておりますが、やっていく中でご紹介したポジションや選手が一番良いと思っております。 できれば一度このような形で組んでみて、改善点を探して自分にあったサントスにしていただければと思います。

次の

【ウイイレ2020】監督情報検索ツール【サポート距離・ディフェンスライン・コンパクトネス】

ウイイレ フェルナンド サントス 人選

ネイマール・メッシ・ジヤシュ・フェキール・エジル・エリクセンなど DMFも大事!プレースタイル【アンカー】を起用しよう ダイヤモンド型の442(4132)は守備時が少し手薄になるのがデメリットになります。 特に真ん中の数が少なく、カウンターをくらう際は DMFが大黒柱のような存在に。 フェルナンドサントスで試合をする際は、ここのDMFの動きが失点率につながるといっても過言ではありません。 そこで私のおすすめは、DMFのプレースタイルは【アンカー】持ちの選手を配置すること。 選手のプレースタイルは選手詳細画面(年齢や身長、レベル上限など)から調べることができます。 DMFにはアンカーやハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップなどのプレースタイルの選手が存在します。 DMFのプレースタイルについて詳しく アンカーは攻撃時も出来るだけ低い位置を取り、守備に重心をおくタイプのDMF。 シュートを打つ機会がほとんどないので、決定力が低くてもOK。 日本だと長谷部選手的な役割のことをアンカーと呼びます。 今作のDMFはアンカー持ちが優秀ですね ハードプレスはボールを持っている相手選手に対して、激しくボールを奪いにいくタイプのDMF。 有名選手でいうとカゼミーロや山口蛍選手など ボックストゥボックスは守備時は味方のペナルティエリアまで守備をして、攻撃時は相手のペナルティエリアまで攻撃するぐらいピッチを動き回るタイプの選手。 ボックストゥボックスは今作の仕様上、スタミナ90は最低でも欲しいところ。 有名選手でいうとビダルなど。 ビルドアップは味方DFからの組み立てに協力するタイプのDMF。 前作ウイイレ2018ではヴェッラッティがビルドアップでしたが、今作の黒玉MFではビルドアップ持ちは存在しません。 コンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をDMFつけよう フェルナンドサントスの場合は守備が手薄になりやすいので、DMFにはコンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をつけるのがおすすめ。 コンセプトアレンジはゲームプランにて、試合前・試合中ともに設定可能です。 ディフェンシブをつけると、どのプレースタイルでも守備に重点を置いてくれるので守備が固くなります。 ハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップでもディフェンシブをつけることで、攻撃時にあまり上がらないようになります。 ただ、アンカー持ちが1番適任です 攻撃的サイドバックは守備が手薄になるのでちょっと使いづらい サイドバックにもDMF同様、様々なプレースタイルがあります。 その中でも結構多いタイプが攻撃的サイドバック。 長友選手やマルセロのような、攻撃時に積極的に攻撃参加するタイプが攻撃的サイドバックになります。 フェルナンドサントスの場合、攻撃的サイドバックは結構使いづらいです。 あくまで個人的な意見なので、正解とは限りません.

次の

【ウイイレ】最強チーム編成!!監督別スタメン【アプリ2020】

ウイイレ フェルナンド サントス 人選

それカウンターではないのでは? と思う人もいるかもしれませんが、カウンターにも十分時間はあるので落ち着くことが大切です。 前に前にと焦らずにカウンターをするようにすればきっと選択肢も広がるはずです。 画像で説明していきます。 そうすると「相手」は次にパスを意識するのはどこだと思いますか。 「相手」の目線がいきやすいのは 逆サイドです。 逆サイドの方が空いていると予想して結構の人が逆サイドを意識します。 1つ念のためお伝えしておきますが、逆サイドにパスを出すこともありますし、相手の状況にも変わってきます。 ただ、この ワンツーを意識することで「相手が惑わされる」と言うことが重要なんです。 ワンツーを使いながら相手の動きをみてください。 空いてるスペースがわかってくるはずです。 「右サイドから攻めている時は右サイドに戻すことを意識する。 」「左サイドから攻めている時は左サイドに戻すことを意識する。 」これを実践してみてください。 結構パスが通りやすくなりスペースも生まれてくると思います。 パスを出した人に戻す。 これを意識すれば戦い方も変わってきます! 次に『三角形』について。 ここで気をつけて置くことは 「ワンタッチパス」と 「ワンツーパス」です。 できるだけワンタッチパスで回すようにして、時にはワンツーパスを織り交ぜるようにしてください。 ワンタッチでパスを出していると相手はコースを読んでいても取れないです。 また、ずっと三角形でパスをしていると読まれてしまいますのでワンツーを時折混ぜると相手が読めなくなります。 このように ワンツーパスと三角形を意識することでだいぶ攻めがよくなってくると思います。 大事なところを要約すると、同時プレスは 「ずっと使い続けてはいけない」と 「なるべく中盤より前の選手で同時プレスをする」がポイントです。 ずっと使い続けてしまうとスペースが結構空いてしまいます。 パス回しが上手い人なら何事もなかったかのようにどんどんパスを回してかわしてきます。 また同時プレスはDFの選手ですることはなるべく控えた方がいいです。 DFより後ろはGKしかいないため、同時プレスをしてそこのスペースにパスを出されたら簡単に点を取られてしまいます。 このような点から、同時プレスについては 「 ずっと使い続けてはいけない」と「 なるべく中盤より前の選手で同時プレスをする」が重要なポイントです。 それとあわせて重要なのが パスコースを読むことです。 私は基本的にパスコースを中盤の選手または前線の選手で読みながら、同時プレスを使っています。 同時プレスでも説明したようにDFの選手を動かしてしまうと相手の有利な方に働いてしまうためです。 下記は前線の選手にカーソルをあわせてパスコースを読みながら中盤の選手で同時プレスをかける例です。 このようにディフェンスをすれば、しっかりディフェンスラインは整っているので守備が安定しますし、 相手のパスコースが狭まります。 「よく裏を取られてしまう」と言う人は「相手のパスをカットする!」と言う意識ではなくカーソルをあわせている選手を、自分のゴール前までとにかく走らせてください。 そうすると自然と裏抜けを防止することができます。 ただむやみやたらに走らせるのもいいですが、裏抜けしそうなところに走らせておくと自然とカットできるので守りの時はパスが来そうなところを予想しておいてください。 ・なるべく中盤より前の選手で同時プレスをするようにする。 ・裏抜けをよくされる人はカーソルをあわせている選手を自陣ゴールまでとにかく走らせよう。 フェルナンド・サントスの戦い方について最後に 今回はフェルナンドサントスの戦い方について解説をさせていただきました。 細かいところはいろいろあるかと思いますが、この戦い方を意識するだけでだいぶ戦い方が変わってくると思います。 サントスを使ったことない人は初めてサントスを使うときの参考にしていただき、サントス使ってるけど戦い方がわからなくなったと言う人もぜひ参考にしていただけたらと思います。

次の