煉獄 弁当。 【鬼滅の刃考察】煉獄杏寿郎の「正体」が最強にカッコ良い件w【名言】【能力強さ・戦闘力まとめ】【死亡】【れんごくきょうじゅろう】

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

煉獄 弁当

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎とはどんなキャラクターか? (C)吾峠呼世晴 まずは、煉獄さんがどんな人なのか、ということをざっくりとお話します。 煉獄さんは鬼殺隊における最強の剣士・「柱」の1人。 単行本ではから登場します。 代々「炎柱」を排出する煉獄家の長男。 炎の呼吸を極めた使い手。 父の熱心な指導を受けて育ってきましたが、途中で父が育手としての責務を放棄したため、最終的には自己鍛錬によって柱まで上り詰めます。 彼と戦った上弦の鬼からも 「至高の領域に近い」とまで言わしめます。 豪快で明朗快活な性格で、どこまでもまっすぐ。 人間を愛し、民を守るために鬼を狩る、鬼殺隊士の鑑です。 鬼殺隊見聞録によるプロフィールはこちら。 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎のかっこよさ・登場シーン・名言まとめ 煉獄さんは~に登場して活躍します。 この3巻にかっこよさが詰まっていて、炭治郎たちに大きな影響を与えます。 彼の生き様や強さについて、詳しく解説していきますね。 柱合会議:禰豆子のことを認めない での初登場。 鬼である禰豆子とともに行動していたことがバレ、拘束される炭治郎。 目を覚ますと、柱達に囲まれ一方的に裁判が行われます。 (C)吾峠呼世晴 煉獄は人の命を奪う鬼を許さない。 「裁判の必要などないだろう! 鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」 と即座に禰豆子のことを殺そうとします。 それは、 炭治郎や鱗滝が「禰豆子は人を食べない」と伝えてもゆらぎません。 その言葉を聞いてなお、煉獄は言います。 (C)吾峠呼世晴 「人を喰い殺せば取り返しがつかない!!殺された人は戻らない!!」。 そう、彼の「人がいい」というのは、 簡単に信念を曲げるということではありません。 「鬼から人を守る」。 その確かな軸を、信念を貫き通すことにあります。 しかし、不死川によって禰豆子が人を食べないことが証明されると一転。 「俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!! 俺と禰豆子が必ず!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」 という炭治郎の言葉には 「良い心がけだ」と、先程までの遺恨を引きずらずに評価します。 煉獄さんは、 「人を助ける」ということを第一に考えている人間で、そこが一切ブレません。 だからこそ、あっさりとは禰豆子のことは認めない。 物証を見るまでは炭治郎にほだされることなく、どこまでもまっすぐに正論をズバズバと言うことが出来ます。 では、彼の 「人を守る」という価値観は一体どこで生まれたのか? それは 煉獄さんの母親からの影響が大きなものとなっています。 母・煉獄瑠火の言葉を胸に進んできた 彼の生き方を決定づけたのは、母・煉獄瑠火の言葉でした。 母は身体が弱かった。 しかし、その心は強く、そして優しかった。 自らの死期を悟った彼女は、最期に杏寿郎へ言葉を残します。 (C)吾峠呼世晴 「なぜ自分が人よりも強く生まれたのか わかりますか」 「わかりません!」 「弱き人を助けるためです 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 決して忘れることなきように」 (C)吾峠呼世晴 母の残した最期の言葉を胸に、彼は刀を振るい続けます。 どんな窮地に立とうとも、その言葉を支えに鬼と戦い続け、救える命には手をのばす。 後で紹介する、上弦の鬼との戦いでその信念を胸に戦う場面が描かれます。 煉獄の強さと経験の深さが分かる、魘夢戦 にて再登場。 炭治郎はヒノカミ神楽について何か知らないかを煉獄へ聞くため、彼の乗り込んだ 「無限列車」へ向かいました。 (C)吾峠呼世晴 「うまい!」と連呼しながら駅弁を11個たいらげる煉獄さんの姿がそこにはあった。 ヒノカミ神楽については「知らん!」と一言叫びますが、それだけでは終わりませんでした。 (C)吾峠呼世晴 炎の呼吸の歴史を語り、炭治郎を継子(弟子)へ迎え入れようとするなど、面倒見の良さを見せます。 しかし。 すぐに鬼の手によって襲撃が始まる。 眠らせ、幸せな夢に人を閉じ込める、下弦の壱。 (C)吾峠呼世晴 炭治郎や善逸、伊之助、そして煉獄は眠りに落ちてしまいます。 しかし、禰豆子によって全員が夢から覚めて共闘。 乗客200人を守りながら、車両と一体化した魘夢を倒すべく煉獄は各人に指示を出します。 (C)吾峠呼世晴 単純な強さだけでなく、特殊な行動をする鬼への対処法が即座に出てくるのも彼の強さの1つ。 最終的に炭治郎と伊之助が魘夢の頸を落とすまで、 煉獄は全ての乗客の命を守りきったのです。 そして、戦いの末傷ついた炭治郎へ傷の治し方を教えます。 全集中の呼吸による止血。 傷を止める方法と、呼吸の応用の可能性。 それを実戦の中で炭治郎へと示すのでした。 (C)吾峠呼世晴 後進の育成にも余念がなく、理想の兄貴分なかっこよさ。 応戦する煉獄に、彼は言う。 「お前も鬼にならないか?」 煉獄の闘気を見て、至高の領域に近いと評する猗窩座。 彼は言う。 お前が至高に至れないのは、人間だから。 老いる、死ぬ。 そんな限界をもっている生き物だからだ。 しかし煉獄は迷わない。 (C)吾峠呼世晴 「ならない。 老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ」 「老いるからこそ、死ぬからこそ 堪らなく愛おしく、尊いのだ」 「強さというものは、肉体に対してのみ使う言葉ではない」 だから、炭治郎は弱くない。 彼を馬鹿にするなと、淀みなく猗窩座に言い放つ。 「何度でも言おう 君と俺とでは価値基準が違う 俺は如何なる理由があろうとも 鬼にはならない」 強さが目的の猗窩座と、 強さは人を守るための手段でしかない煉獄。 絶対に鬼になるという言葉には、屈するはずもない。 一切の動揺も迷いも見せず、人間の美しさと己の信念を語る様が最高にかっこいい。 (C)吾峠呼世晴 傷ついた炭治郎と、後ろにいる列車の乗客たちを守りながら戦う煉獄。 全力を出しきれない。 傷つき、追い詰められていく。 そんな中で猗窩座はささやき続ける。 鬼になれば、すぐにこんな傷は治ると。 (C)吾峠呼世晴 「俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!!」 傷ついてもなお、彼は戦えない人を守るために戦う。 その闘気は追い詰められてなお、最高に高められていた。 (C)吾峠呼世晴 ぶつかり合い、胸をえぐられてしまう。 「死んでしまうぞ杏寿郎! 鬼なれ!鬼になると言え!! お前は選ばれし強き者なのだ!!」 煉獄を鬼の道へと誘おうとする猗窩座の言葉。 しかし、それを聞いて煉獄の脳裏に蘇ったのは、母の言葉でした。 (C)吾峠呼世晴 「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 俺の方こそ、貴女のような人に生んでもらえて、光栄だった!) 最期の一撃は、猗窩座の動きを止めるに十分だった。 身動きが取れない猗窩座は、もうすぐ太陽が出ることに焦る。 (C)吾峠呼世晴 煉獄の決死の想いで猗窩座の頸を切り落とそうとするが、猗窩座は腕を犠牲に抜け出す。 しかし、炭治郎は叫ぶ。 (C)吾峠呼世晴 「煉獄さんのほうがずっと凄いんだ!強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!! 戦い抜いた!! 守り抜いた!! お前の負けだ! 煉獄さんの勝ちだ!!!」 悔しさに泣き叫ぶ炭治郎。 まだ一度共に戦っただけ。 でも、炭治郎にとって煉獄は、もうかけがえのない師になっていた。 当然だ。 魘夢との戦いでは、卓越した戦いの技術を。 そして、猗窩座との戦いでは 人間として高潔に戦い続けた。 こんなにも尊敬できる人間はいない。 だからこそ、誇りもなく、太陽が出たら卑怯にも逃げ出す猗窩座が、許せなかった。 そんな彼に、煉獄は穏やかな顔で言う。 (C)吾峠呼世晴 「もうそんなに叫ぶんじゃない 腹の傷が開く。 君も軽傷じゃないんだ。 竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ」 「こっちにおいで 最後に少し話をしよう」と。 煉獄が炭治郎に遺した最期の言葉…… 煉獄は炭治郎に、ヒノカミ神楽のヒントを託す。 夢で見たときに思い出した、歴代の炎柱が残した手記。 それが煉獄の生家にあると。 (C)吾峠呼世晴 「竈門少年 俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める」 彼は、無限列車で禰豆子が血を流しながら人間を守っているところを見た。 「命をかけて鬼と戦い、人を守る者は誰がなんと言おうと鬼殺隊の一員だ」 最初は問答の余地なく禰豆子の斬首を望んだ彼は、ちゃんと禰豆子の行いを認めたのです。 そして。 (C)吾峠呼世晴 「胸を張って生きろ」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない」 彼は、炭治郎たちを自分の跡を継ぐ有望な戦士と認めて、生き方を説く。 「竈門少年 猪頭少年 黄色い少年 もっともっと成長しろ そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」 「俺は信じる 君たちを信じる」 その言葉は、炭治郎たちが自分の死で歩みを止めず、立派な戦士に、人間になれるようにという想いが込められていた。 3人に自分の伝えるべきことを全て言い切ると、彼は母の姿を幻視する。 俺は、ちゃんとやれただろうか。 煉獄さんは最期まで一切折れることなく、自分の信念を貫き通しました。 死の淵に立ちながらも乗客たちを、炭治郎たちを守るために戦い続けた。 その在り方は人間としてこの上なく尊敬できるし、かっこいい。 (C)吾峠呼世晴 はもう本当に全てがかっこいいので、煉獄さんの誇り高さを見たければぜひ読んでみてください。 彼の死後、家族に遺言を伝えるために炭治郎は煉獄家へと向かいます。 そんなとき、妻に先立たれてしまう。 そのショックから酒に溺れ、育手としての責務も放棄した。 そんな中でも、杏寿郎は炎の呼吸の指南書を読んで、1人で柱まで上り詰めたという過去がありました。 弟の千寿郎に、炭治郎は言う。 「俺は杏寿郎さんのような強い柱に、必ずなります」 その言葉を聞いて、千寿郎は覚悟を決める。 彼には才能がなく、兄の後を継げない。 それに責任を感じ続けていた。 だから。 (C)吾峠呼世晴 「剣士になるのは諦めます」 「炎柱の継承は絶たれ、長い歴史に傷がつきますが 兄はきっと許してくれる」 兄ならば、きっと別の形で人の役に立てば笑って許してくれるはずだと、千寿郎は信じて新たな道を進みます。 父・槇寿郎は杏寿郎からの遺言を聞こうとしなかった。 自らのしてきたことを責める言葉を、彼は避けようとした。 しかし。 (C)吾峠呼世晴 「体を大切にしてほしい」 杏寿郎からの遺言は、それだけだった。 それを聞いて、槇寿郎は息子の顔を浮かべながら、ただ涙を流すのだった……。 自分に辛くあたってきた父を慮る遺言から人の良さや器の大きさが溢れ出ているし、 弟からも、自分が剣の道を捨てることを許してくれるはずと、信頼されています。 煉獄さんの活躍を見るなら 煉獄さんのかっこいいところをみたいなら、ぜひ原作やアニメもどうぞ。 ebookjapanで原作を一気に読む 煉獄さんの活躍を原作を見るなら、ebookjapanで~を揃えるのがおすすめです。 かなり安く買えるので、今から鬼滅の刃を揃えるならおすすめです。 FODでアニメを全話見直す FODでは、鬼滅の刃のアニメが全話見直せます。 毎月8のつく日に400ポイントがもらえるので、2冊単行本が無料で読めます。 丁度煉獄さんが活躍する6巻~8巻が無料になるのでぜひ。 まとめ 鬼滅の刃の煉獄杏寿郎のかっこよさについてでした。 人を守るために戦うという信念を、最期まで貫き通します。 最期に炭治郎たちに遺した言葉が大変エモく、彼らを大きく成長させました。 ~で彼のかっこよさが堪能できるので、ぜひ読んでみてください! 原作で煉獄さんの活躍を見るならこちら。

次の

【鬼滅の刃】無限列車編のあらすじ紹介!映画のラストシーンはどこ?

煉獄 弁当

剣技においては、天賦の才をたゆまぬ修練と最前線で戦い続けた経験で磨きぬいており、その技の威力は 数十~百トンはあろう列車横転の衝撃を緩和するほどに凄まじい。 このため鬼殺隊最上位陣には、信頼と共に一目置かれていた。 が初めて対面した際、であるを連れている事に対する処遇は 「鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」とした上で、 「鬼もろとも斬首する!」と溌剌とした口調で即断した。 しかし後に炭治郎、、と行き掛かり上、汽車に潜むの"の壱"・討伐の任務を共とした際に、傷つきながらも命をかけて乗客の人々を守る彼女の姿を見て認識を改め、彼女を鬼殺隊の一員として認めるようになる。 幼い頃に故人である母親から説かれた「 弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です」という言葉と、抱きしめられた腕の温もりを心の支柱としている。 少年時代は父から情熱的な指導を受けていたが、母の死と同時に父が酒に溺れ指導を放棄したため、以降は一人で家にあった炎の呼吸の指南書を読み込んで柱まで登りつめた。 父に背を向けられ心無い言葉を返されることに寂しさや苦しみも抱えていたが、責務を果たすために前を向き続けた。 後進の面倒見も良い好漢だが、稽古が厳しすぎるため弟子入りした者は皆逃げ出してしまい、登場時点では継子はいなかった。 なお、現恋柱のは煉獄の元・継子である。 剣士としての実力は言うに及ばず、咄嗟の戦況確認能力と、居合わせた若輩の剣士達の実力を素早く見抜き的確な指示を飛ばす戦術眼をっており、指揮官としても有能である。 また、前述の魘夢討伐の任務に際して 駅弁(牛鍋弁当)十一人前を平らげる 大食い振りを見せて炭治郎を驚かせた(もっとも、炭治郎は後にと遭遇する事になるのだが…)。 驚いたときには 「よもや」、好物であるを食べるときには何故か 「わっしょい」が口癖であるらしい。 柱の中でも実力は上位である事は間違いなく、"上弦の参"であると互角に渡り合い、あと一歩の所まで追い詰めた。 後に猗窩座は、が発現したと竈門炭治郎と二人を相手にして戦う程の実力者である事が判明。 実際に彼が死んだあと同じ柱のは、「 には煉獄でさえ負けるのか」と発言している辺り、他の柱からも一目置かれていたのは間違いない。 の人々 家族構成 父 (しんじゅろう) 元柱。 人的損耗率の高い鬼殺隊において柱にまでなったが、ある日突然剣を捨てた。 本人曰く、自分の無能に打ちひしがれたところに妻の死が重なり酒に溺れたらしい。 それ以降は剣士もやめ、まだ幼い実の息子たちからも背を向けた。 初登場時は周りに対するあたりが強かったが、杏寿郎が最期まで自分に恨み言一つ言わず己の体を気遣っていたと知り、涙を流す。 現在は反省し、炭治郎に謝罪の手紙を送った事が遊郭編で判明している。 最終局面の無限城編においては、と共にの護衛を行っている。 キメツ学園世界では剣術道場師範。 最近門下生が減っているので凹んでいる。 母 (るか) 故人。 病床の身であったが、強さと優しさを備えた美しい女性。 杏寿郎の在り方に大きな影響を与えた人物。 次男の千寿郎が物心つく前に逝去。 キメツ学園世界では書道教室の先生。 弟 (せんじゅろう) 存命中。 兄とはやや歳が離れている模様。 兄と瓜二つの顔立ちをしているがどこか気弱な印象。 兄とは異なり剣才に恵まれず、名門・煉獄家に生まれながら、どれだけ稽古をつけてもらっても日輪刀の色が変わらない己を恥じていた。 しかし炭治郎との出会いと兄の言葉により、勇気をもって剣士以外の自分の道を歩むことを決断した。 キメツ学園世界では何事においても平均的な中学生。 人間関係 「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない この少年は弱くない 侮辱するな」 後進の育成に熱心であることからもうかがえるように、作中では基本的に後輩との繋がりが強い。 甘露寺蜜璃 同じく鬼殺隊で柱を務める剣士。 上述の通り、彼女は元々杏寿郎の弟子として炎の呼吸を学び、彼女自身、炎の呼吸に対する適正もあったが、彼女の動きがあまりにも独創的である為にとして教えることを断念した。 竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助 最期の任務で同席した一般隊士。 通称、。 列車での事件の際には、三人同時に「継子にしてやろう」と言っており、の血によってパワーアップした魘夢を三人とともに討伐した。 継子には出来なかったが、彼の生きざまは三人に強い影響を与えており、特に炭治郎は上弦の鬼戦や人への相談など、重要な局面では杏寿郎の顔を思い浮かべ、彼の遺言である 「」「胸を張って生きろ」といった言葉を思い返す程、杏寿郎の事を今なお慕っている。 もしも本当に継子になっていた場合、いい師弟となっていたかもしれない。 竈門禰豆子 当初は鬼であると言う事から処分することを求めたが、列車で共に人間の為に戦っていた姿を見たことで考えを改め、最終的には鬼殺隊の一員であることを認めた。 能力 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で、鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 全集中 7巻にて設定が明かされた。 担当教科は。 教育熱心で歴史愛も強いため、 授業中に生徒を投げ飛ばしたり騎馬戦を始めたりしてしまう。 しかしながら生徒からの人気は高く(バレンタインのチョコ獲得数は 28個)、歴史の成績が悪い者は学園にいないという。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、モテるための秘訣を善逸に訊かれた時に「 特にないな!モテたいから学校に来ているわけではないし!」と返答し、当の善逸から「 何の役にも立たないですね もういいです」と憎まれ口を叩かれていた。 余談 本作には奇抜ながらも実在する苗字が多く登場するが、煉獄姓の実在は未確認。 本誌掲載時、「玖ノ型 煉獄」を発動した際、「火の呼吸」と表記されていたが、単行本8巻収録にあたり、「炎の呼吸」へと訂正された。 初登場は単行本5巻、退場するのが8巻と非常に短い登場ではあったがその人となりと生き様は後輩である炭治郎たちに大きな影響を与え、ひたすら前向きで真っ直ぐな性格から多くの読者からもそのあまりにも早すぎる死を惜しまれている。 …のキャラクター。 「」、「名前の元ネタが火属性」、「熱血な性格」と共通点多し。 、、…こちらもであり、 『炎を操る』、『主人公達を導く兄貴系キャラクター』繋がり。 彼らもまた煉獄と(ただし、山本元柳斎に関しては『兄貴系キャラクター』には当てはまらず、炎に関連する能力と最後に辿る運命が共通している)。 …更にのキャラクター。 当人の項目でも触れられているように、まず 「顔付きがそっくり」で、加えて 「明朗快活な性格」、「常に大きい声で話す」、「父親との確執」など、共通点が多い。 …の主人公。 「炎のように赤めの髪」や「赤い瞳」、「黒い服と白地に炎柄の羽織」を着用するなど、出で立ちが酷似している。 また、 「炎技を有する」、「父親との確執がある」、「親しい三つ編みの女キャラクターがいる」など共通点が多い。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃考察】煉獄杏寿郎の「正体」が最強にカッコ良い件w【名言】【能力強さ・戦闘力まとめ】【死亡】【れんごくきょうじゅろう】

煉獄 弁当

煉獄杏寿郎の使う炎の呼吸の技一覧 煉獄杏寿郎は炎柱。 炎の呼吸を使います。 炎の呼吸の技は全部で9つありますが、作中に登場したのは5つだけです。 広範囲の技の受けにも有効。 不知火や盛炎のうねりが合わさったような突進力ですね。 煉獄杏寿郎が鬼殺隊に入るきっかけ・過去・生い立ちについて 煉獄杏寿郎が鬼殺隊に入るきっかけは? 煉獄家は先祖代々に渡り炎の呼吸を受け継いできた。 生まれた時から鬼殺隊に入ることが運命づけられていたともいえる。 元炎柱である父から稽古を受けて育ったが、稽古が無くなってからは炎の呼吸の指南書を読み込んで鍛錬し、柱になった。 煉獄杏寿郎は面倒見が良い? 魘夢の血鬼術で眠らされた時、煉獄さんが見ていた夢は炭治郎達を継子にして鍛え上げることでした。 柱として鬼殺隊を強くすること、自分が若手を牽引すること。 それが煉獄さんの心からの願いだったのですね。 ちなみに煉獄さんに継子はいませんでした。 理由は稽古がつらすぎてみんな逃げたからだそうです。 煉獄杏寿郎の鬼殺隊の同期は? 煉獄杏寿郎の年齢は20歳。 年齢的に近いのは「不死川実弥 21歳」「伊黒小芭内 21歳」「冨岡義勇 21歳」「甘露寺蜜璃 19歳」の4名ですね。 共に最終選別を受けた隊員については不明です。 子供の頃から炎柱直々に稽古をつけてもらっていたので、隊員になったのもかなり早い年齢だったかもしれません。 煉獄杏寿郎のセリフ・名言 「鬼を庇うなど明らかな対立違反。 我らのみで対処可能!鬼もろとも斬首する」 炭治郎・禰豆子が柱合会議で裁判にかけられる時の煉獄さんの言葉。 規律に厳しく判断が早い。 明快でドストレートな性格だということが伝わる台詞ですね。 「うまい!うまい!うまい!」 無限列車内で炭治郎たちと合流する前のお弁当を食べている煉獄さん。 これでもかというくらいに「うまい!」を連呼w 意外と食いしん坊キャラなのかもしれません。 ちなみに食べていたのは牛鍋弁当とのこと。 「柱として不甲斐なし!穴があったら入りたい!」 魘夢の鬼の術にかかってしまった炭治郎達と煉獄さん。 自らのミスをあっさりと認めて反省。 発する言葉が力強くて、恥ずかしがっている印象はありませんがw 「俺は俺の責務を全うする!ここにいるものは誰も死なせない」 最初から柱と一緒に任務に当たるのは初めての炭治郎達(那田蜘蛛山のしのぶさんと冨岡さんは後からの応援部隊)。 煉獄さんは思想も行動も「柱とはかくあるべき」という姿を示してくれました。 「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる」 猗窩座との戦闘を終えて、煉獄さんが炭治郎達に残したメッセージ。 「胸を張って行きろ」との台詞に炭治郎達は涙が止まりませんでした。 「心を燃やせ」 炭治郎に大きな影響を与えた言葉ですね。 炭治郎が集中力を高める反復動作は「大切な人の顔を思い浮かべる」「煉獄さんの言葉「心を燃やせ」を思い出す」この2つの流れです。 コミックス16巻第135話「悲鳴嶼行冥」で描かれています。 もっと知りたい!煉獄杏寿郎Q&A Q:煉獄さんの家族が知りたい A:父は元炎柱の煉獄槇寿郎(しんじゅろう)、母は瑠火(るか)、弟は千寿郎(せんじゅろう)。 Q:父であり元炎柱の煉獄槇寿郎はなぜヤル気がなくなってしまったのか? A:日の呼吸の存在を知ったこと、実力差を思い知らされたこと、妻を亡くしたことなど同時期に辛いことが重なり、酒におぼれたことが原因です。 Q:コミックスに載っている「中高一貫!キメツ学園物語」で煉獄さんはどんな役で登場する? A:歴史を教える教師という設定です。

次の