臨月下痢。 臨月は下痢になりやすい?解消法は?快便になることもあるの?

どうして臨月に入ると下痢になる?下痢になる理由と出産との関係|ベビーカレンダーのベビーニュース

臨月下痢

スポンサードリンク いよいよ出産間近!・・・という時期に、下痢になってしまう妊婦さんがたくさんいます。 妊娠中でなくても何かと辛い下痢。 お腹の中にもう一人分の命を預かっている妊娠中なら、なおさら無視出来ない問題です。 今回はお産直前の下痢との向き合い方について見ていきましょう。 目次 ・お産が近づくと下痢になる? ・下痢と陣痛の痛みの違い ・下痢と生活習慣 お産が近づくと下痢になる? 「臨月の下痢はお産のサイン」であると言われてます。 もちろん個人差はありますが、お産が近くなるとお腹が緩くなってしまう妊婦さんがたくさんいます。 これはホルモンの作用により、出産前に出来るだけ胃腸を空っぽの状態にしようとする働きが始まるためです。 体調も悪くなく、きちんと胃腸に優しい生活をしているのに下痢になってしまったと感じたら、それは「いよいよ陣痛が始まりますよ」というサインだと思いましょう。 ただし、下痢以外に頻尿や胃もたれの症状が見られる場合は例外です。 これは、臨月を迎えて大きくなった子宮が胃腸や膀胱を圧迫したために引き起こされたものです。 あまりに辛いときは、無理せずお医者さんに相談しましょう。 また、吐き気や嘔吐を伴う場合も他の原因を考えましょう。 出産兆候としての吐き気であれば問題は無いのですが、胃腸炎や嘔吐下痢である可能性も否めません。 念のため病院で診察を受けた方が良いでしょう。 さて、この下痢ですが、「ついに分娩室に入った!」というタイミングになっても治っていない人は大勢います。 そしてまた、いきんだ時にうっかり出してしまう人も大勢います。 一度だけでなく、何度も出してしまう人が大勢いるのです。 ・・・つまり、もしあなたが出産間際になってもお腹が緩いままだったとしても、あまり不安に思わなくて良いのです。 お医者さんたちにとっては見慣れた光景ですし、出産中のあなたはそんなことを気にしている場合ではなくなるのですから。 下痢と陣痛の痛みの違い 「陣痛=超激痛」という印象がありますが、これについても個人差が大きいです。 「思い返せばアレが陣痛だったのかな?」という人から、泣き喚くほど辛かったという人まで様々です。 このように痛みの程度の差はありますが、陣痛の痛み方にはちょっとした特徴があります。 陣痛の痛みは2段階に分けられます。 第1段階の痛みは、下痢や便秘の腹痛とよく似ています。 お腹が張ったり、不規則なペースで痛みの波が襲ってきたりします。 この不規則な陣痛は前駆陣痛と呼ばれ、本格的な陣痛を迎えるための準備運動・予行演習のようなものなのです。 第2段階では、この痛みの波が規則的なペースに変わります。 本格的な陣痛、有効陣痛の始まりです。 お産のときが近付くにつれ、陣痛の間隔は徐々に短くなっていきます。 それに伴って痛みも増していきます。 下痢と生活習慣 臨月に下痢になってしまうのは仕方の無いこととはいえ、出来るだけ軽症で済ませたいですよね。 下痢になってしまった場合はこれらのことに気をつけましょう。 ・食事は温かく、消化の良いものを 温かいうどんやお粥、柔らかいパンなど、胃腸に負担のかからないものを食べましょう。 また、冷たいものの摂り過ぎに注意してください。 ・食物繊維の多い食べ物は控える 食物繊維は便秘には有効ですが、下痢の時は避けた方が良いでしょう。 消化器に負担をかけてしまいます。 ・こまめに水分を摂る 下痢のときはどんどん体内の水分が奪われていきます。 お腹に赤ちゃんがいる時はなおのことです。 普段以上に水分を摂るように心がけましょう。 また、上に挙げたことは下痢予防策としても有効です。 これらに加え、規則正しい排便の習慣化、適度な運動によって、下痢になりにくい身体を作ることが出来ます。 カテゴリー•

次の

臨月・妊娠後期に吐き気がひどい!原因や対処法は? |プレママタウン

臨月下痢

スポンサードリンク いよいよ臨月を迎え、長かった妊娠期に終止符が打たれ、赤ちゃんと会うことができます。 しかし、臨月に入ってから下痢が続き、お腹の赤ちゃんを心配する人もいます。 心当たりがないのに、下痢が続いていたら心配ですね。 臨月にも、色々なマタニティトラブルがありますが、その中でも下痢は意外に多くあるのです。 中には、「下痢が続いた後に陣痛がきた!」という声もあり、陣痛の兆候なのかなとも言われています。 もちろん、お腹の赤ちゃんとは無関係で、注意が必要な下痢もあります。 「臨月に下痢が続いているけど、理由や関係性はあるの?」 「下痢や腹痛が続いているけど、もしかしたら陣痛なの!?」 「妊娠期の下痢を解消する方法を試してみたい!」 「どうしても気になるときは、病院に相談した方がいい?」 など、妊娠期は一つ一つの事にとても神経質になり、心配や不安が絶えません。 今回は、臨月や妊娠後期に起きる下痢について、その原因や対処方法、病気との見分け方など、次の内容で詳しくご説明していきます。 ・下痢は出産の兆候? ・臨月に起こる下痢の原因 ・下痢・寒気・吐き気などが続く時の6つの対処法 ・注意が必要な下痢の症状 臨月に入って、腹痛や下痢が続いての下痢痛、おなかが痛いために起こる寒気や嘔吐など、 色々悩んでいるお母さんの、参考になれば嬉しいです。 臨月に下痢が続いて辛いけど、これは出産の兆候なの? 妊娠後期から臨月にかけて、下痢が続くという悩みを抱えているお母さんがいます。 「食中毒?病気?」「お腹の赤ちゃんは大丈夫?」など、不安になってしまいますよね。 臨月に下痢になるのは、出産の兆候という話も耳にします。 しかし、これは個人差があるので、鵜呑みにするのは賢くはありません。 中には、下痢による腹痛が続くなあと思っていたら、前駆陣痛だったという人もいますし、ただの食べすぎでしたとい人もいるので、まずは心当たりがないか考えてみましょう。 下痢でひどい腹痛が続くと、「これって陣痛なのかな?」と思う人もいますが、陣痛による痛みは腹痛のものとは全く違い、波のように定期的に押し寄せてくる痛みで、立っていられない、数分の間隔おきに痛みがくる、腰が外れるほど痛いなどの痛みです。 ただ、臨月に入ると下痢になりやすいというのは、本当で、理由もあります。 その理由や原因について、みていきましょう。 臨月に起こりやすい下痢の原因とは? どうして、臨月に近づくと下痢になるやすいのでしょうか。 ホルモンバランスの変化による影響 妊娠や出産で、女性のホルモンバランスは変化していきます。 出産が近づくと、女性ホルモンの分泌量も変化します。 下痢を引き起こしやすいと考えられるのは、プロゲステロンで、急激に減っていきます。 プロゲステロンは、子宮内膜を厚く柔らかくしてくれる作用や、体温を高温にする効果、妊娠中には子宮が収縮するのを抑制してくれる効果などがあります。 妊娠には欠かせない女性ホルモンのひとつですが、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑える働きもあります。 蠕動運動とは、筋肉の収縮と弛緩を繰り返すことです。 簡単に言うと、腸がよく動くことにより、良い便を作り、すっきりと出してくれます。 しかし、この作用を抑えるホルモンが減ることで、蠕動運動が異常に活発化する場合があります。 そのため、腸の動きが速すぎて、下痢気味になってしまう場合があるのです。 赤ちゃんが大きくなったため、腸が圧迫されている 臨月や妊娠後期になると、赤ちゃんも大きく育ち、子宮自体が大きく成長します。 下に下がってくるので、腸を圧迫することがあるのです。 腸だけでなく、胃などの内臓や膀胱も押されるので、頻尿や吐き気なども起こります。 腸が圧迫されることで、消化不良を起こしてしまい、下痢や胸やけに繋がることがあります。 ホルモンのバランスが変化するので、下痢気味ではなく便秘気味になる人もいるようです。 身体が冷えている 妊娠中は、どちらかというと暑がりになり、夏は冷房無しではとてもしんどくなりますよね。 身体の冷えは、妊婦さんには禁物です。 お腹に赤ちゃんがいるので血液の循環が上手くできず、今まで冷え性になったことがない人も妊娠期に冷え性になることがあります。 身体が冷えると、お腹が張りやすい、足がむくむ、つりやすいなどのトラブルが起きやすくなります。 また、お腹も冷えてしまうと、内蔵の動きが悪化するため下痢になることがあります。 さらに、妊娠中は赤ちゃんにも血液を送るので貧血になりやすく、貧血になると氷が食べたくなる氷食症という病気にかかることがあります。 そうなると、さらに身体が冷えて下痢の原因になります。 妊娠期は、冷たい飲み物やアイスなどの食べ物をたくさん食べないように気を付けていきたいですね。 胃腸炎や風邪になっている、食中毒にかかっている 夏に起こりやすい胃腸炎にかかっていると、数日下痢が続きます。 また、風邪で体調を崩していて下痢になることもあります。 その他にも嘔吐下痢などの感染症などには注意が必要です。 便の状態が、赤や黒、白色などいつもと違う色をしていたり、酸っぱい臭いがしたり、おならがとても臭いときなども気を付けましょう。 寒気や高熱が続いたり、お母さんの体調がひどくなったりすると、赤ちゃんも心配です。 他には、食中毒にかかっている恐れもあります。 下痢だけでなく、激しい腹痛や吐き気がある場合は、自己判断で終わらせずに、早めにかかりつけ医に相談して、早く良くなるように努めましょう。 下痢が異常に続くことで、まれに脱水症状になることもありますので、早めの対応が大切です。 下痢や寒気・吐き気などが続いて辛い…そんな時の6つの対処法 水分をしっかりと補給すること 下痢や嘔吐が続くと、そのぶん体内の水分が失われます。 脱水症状になる可能性があるので、水分補給は毎日かかさずするようにしましょう。 そのときには、水だけでなく、塩を少し混ぜるか、経口補水液などを飲むとよいでしょう。 冷蔵庫から取り出した水をそのまま飲むと、お腹が冷えて逆効果になることもあります。 水分は、常温のものを飲むようにしてくださいね。 就寝前には、体を温めるためにも、白湯がおすすめです。 もちろん男性も、緊張やストレスでお腹を壊すことがありますね。 妊娠中は、色々なことが不安で、今までと同じ生活ができないため、ストレスを抱えがちですが、ストレスを解消する方法を見つけてみたり、思い切りのんびりしてみたりと、ストレスを溜めない方法を見つけてみてくださいね。 身体を温めるようにする 下痢になったときや下痢予防のためには、身体が冷えないようにすることが大切です。 温かいスープやお味噌汁を飲む、エアコンの温度は下げすぎない、冬は室内でも暖かい格好をする、靴下を履くようにする、ぬるめのお風呂に長めにつかる、散歩する、ストレッチをするなどが有効です。 もし、お腹が冷えているのであれば、お腹を温めるよりは、身体の芯から温めた方が効果的です。 温かい食事で、身体を温めましょう。 しかし、身体を温める効果がある根菜類は、食べ過ぎると消化が良すぎて、また下痢に繋がるので注意してくださいね。 油ものを食べ過ぎないようにする 毎日の食事で、油ものは多くありませんか? 唐揚げなどの揚げ物や生クリームなどのデザートなどを、必要以上に摂りすぎることによって、下痢になっているかもしれません。 また、下痢が続いている原因かもしれません。 妊娠期も出産後も、食事は体調を整えるためにとても大切です。 毎日の食事を見直して、油ものが少ない和食中心の食事にしてみましょう。 できるだけ生ものは控えましょう お刺身やすし、生卵などはできるだけ食べないようにしましょう。 そうは言っても、大好きな人もいるでしょうし、たまにご褒美程度にしてください。 生ものを食べることで、食中毒やリステリア症などの感染症にかかる可能性があります。 最悪、赤ちゃんに悪い影響があることもあるので、生ものは、妊娠期はには控えるように努めてくださいね。 産婦人科に相談する 下痢が続く時や、いつもと違うように感じたときには、遠慮なく産婦人科に相談しましょう。 漢方薬などを処方してくださる場合もありますし、その他病院に行った方がよいなどの判断をしてくれることもあるので、そのまま下痢や吐き気、寒気などを放置するよりもお母さんは安心できます。 早めに相談が必要!注意してほしい下痢の症状とは? 下痢の中には、妊娠中にかかると怖いものがあります。 それは、リステリア症感染による下痢です。 これは、リステリア・モノサイトゲネスによる食中毒で、土の中や河川、家畜、野生の動物など、広い範囲で存在しています。 殺菌されていないチーズなどの乳製品、生野菜のサラダ、加熱していない肉、加熱しきれていない肉、生の魚介類などでのリステリア症がたくさん報告されています。 妊婦さんや新生児・高齢者などは、健康な人に比べると、100~1000倍かかりやすいといわれており、普通の人は、発熱や頭痛、嘔吐や下痢などがあり、インフルエンザのような症状がでます。 しかし、妊婦さんなどは、症状が重くなりがちで、髄膜炎や敗血症などにかかり重症化します。 意識障害や痙攣が起こる場合もあり、重症化すると致死率が20~30%にまで登ります。 また、お腹の赤ちゃんへも感染しやすく、流産や早産、死産の原因にもなりとても怖い病気です。 できるだけ、加熱したものを食べるように気を付けてくださいね。 まとめ 臨月に下痢が続く原因としては、もうすぐ赤ちゃんが生まれてくる証なのかもしれません。 しかし、それ以外にも、食中毒や風邪、ストレスや身体の冷えなどの原因も考えられます。 まずは、熱がないか、体調はよいかを確認してみましょう。 心配であれば、早め病院や産婦人科に相談の電話をしてみてくださいね。

次の

臨月の吐き気や下痢!どう対処したらいいの?

臨月下痢

でも、臨月に入ると赤ちゃんが出産に備えて子宮の下部に移動しますので、 胃の圧迫が取れて、胃がスッキリした感覚になります。 また、胃の圧迫が取れると、今までが嘘のように食欲がアップするママもいます。 食べ過ぎは体重増加につながりますので禁物ですが、しっかり食べて、出産に備えましょう。 このおりものの増加も出産兆候の1つです。 臨月になると、赤ちゃんが通りやすいように子宮頸部が柔らかくなり、さらに 赤ちゃんが通りやすいようにおりものが増えます。 赤ちゃんが子宮下部に下がってくることで、腰を圧迫します。 そのため、腰痛が起こるようになるんです。 また、出産に備えて骨盤が開いてくることで、腰の筋肉への負担が増えますので、腰の痛みが強くなります。 これは、赤ちゃんが子宮の下の方に下がってきて、骨盤の中に頭を入れてくるようになるためです。 そうすると、 足の付け根部分を圧迫しますので、足の付け根に痛みを感じるようになるんです。 また、恥骨部分が痛くなる人もいます。 恥骨部分は足の付け根の痛みと同じく、赤ちゃんに押されることで痛くなる場合もありますが、赤ちゃんが通りやすいように恥骨の結合部分が緩むことで痛みを感じる場合もあります。 臨月に入って、 赤ちゃんが下がってくると、膀胱を圧迫します。 膀胱は子宮のすぐ隣にある臓器ですから、赤ちゃんが下がってくると、ダイレクトに圧迫されるのです。 膀胱が圧迫されれば、膀胱に溜めておける尿量が少なくなりますので、頻回にトイレに行くことになり、頻尿になってしまうのです。 頻尿は赤ちゃんからの「もうすぐ出産だよ!」という合図だったんですね。 臨月になると、赤ちゃんは膀胱だけではなく、 大腸、特に直腸を圧迫し始めます。 そうすると、便の回数が頻回になり、下痢のような便になることがあります。 ただ、圧迫の状態によっては、腸がきちんと動くことができずに、便秘になってしまうこともあります。 下痢になるか便秘になるかは、赤ちゃんの圧迫具合と、ママの体質によりますが、臨月になって便通に変化が見られたら、出産兆候と考えて良いでしょう。 これは、先ほども言ったように赤ちゃんが直腸を圧迫するためです。 腸が圧迫されることで、ガスが溜まりやすくなるので、おならが頻回に出てしまうんです。 臨月におならを我慢してしまうと、赤ちゃん+ガスでお腹がパンパンに膨れ上がって、気持ち悪くなってしまいますから、臨月に入ったら、おならは我慢せずに出してしまいましょう。 生理前になると、眠くなる人がいますよね。 あれは、プロゲステロンの効果なんです。 でも、臨月はプロゲステロンの分泌量が減りますので、それまでよりもやや眠りが浅くなります。 また、プロゲステロンが減少する代わりに、エストロゲンの分泌量が増加します。 エストロゲンは、眠りを浅くする効果がありますので、さらに眠りが浅くなるのです。 そして、臨月になればお腹が大きくなりますので、お腹が苦しくて眠りが浅くなるという要因もあります。 臨月に「なんだか眠れないなぁ」と感じたら、それが出産兆候かもしれません。 そうすると 、 骨盤に頭をすっぽりと入れて、頭が固定されるんです。 頭が固定されると、赤ちゃんの動きは制限されますから、胎動が減ります。 ただ胎動が減るというだけで胎動がなくなるというわけではありません。 臨月に入っても、突然赤ちゃんの容体が悪化して死産になってしまうこともあり得ますので、丸1日胎動を感じなかったら、早めに産婦人科を受診してください。 これは、 前駆陣痛と呼ばれる兆候です。 本番の陣痛へ向けての予行練習のようなものと考えると分かりやすいと思います。 出産が近づいているために、 子宮が不規則に収縮し始めることで、お腹が痛くなるんです。 前駆陣痛の段階でも、一時的にお腹が規則的に痛くなることがありますが、陣痛のような強い痛みでありません。 また、一晩たつと痛みが消えてしまうこともあります。 前駆陣痛の痛みは、生理痛のような痛みですので、陣痛と間違えて慌てないようにしましょう。 これも、前駆陣痛の症状の1つです。 子宮が収縮することで、お腹の張りを感じるようになるんです。 お腹が張っているかどうかは、普段のお腹の状態がわからないと、なかなか判断することができませんので、 普段のリラックスしている状態の時のお腹の張りや硬さをチェックしておくと良いでしょう。 そうすれば、「あ!これは、お腹が張っているかも。 もうすぐ出産かな?」とわかると思います。 おしるしは、 薄い血性のおりものが出ることです。 出産間近になると、子宮口が開き始めます。 また、子宮が収縮することがありますので、子宮と胎盤にずれが生じて、少しだけ出血することがあるんです。 その出血が、おりものに混じっておりてくると、「おしるし」になるわけです。 おしるしの出血量はあまり多くなく、 生理が終わる頃の分泌量と考えると良いでしょう。 初産婦ならば、おしるしがあってから2~3日くらいには陣痛が来ることが多いです。 経産婦さんはその日に陣痛来ることが多いです。 引用: 人によってはおしるしがあってから、陣痛が来るまで1~2週間かかるという人もいますが、ほとんどの場合は出産がもうすぐそこまで来ているという合図ですので、赤ちゃんに会えるのを楽しみにして、入院の準備を進めましょう。 通常は、子宮口が全開に開いてから破水しますが、前期破水といって 陣痛が来る前に破水をすることがあるんです。 破水とは赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が流出することですが、破水した場合は「お湯がたれてきた」ような感覚になります。 臨月の妊婦さんは尿漏れがある人もいますので、「あれ?尿漏れかな?」と思う人もいますが、破水の場合はチョロチョロと絶えず流れてきますし、尿や水とは違った臭いがありますので、破水があったらすぐに分かると思います。 破水があると、通常は1~2日で陣痛が始まります。 破水があったら、病院へ連絡して入院する必要がありますが、羊水は常に作り出されていますので、羊水がなくなるということはありませんので、慌てずに入院準備をしましょう。 ただ、卵膜が破れて、赤ちゃんが外界と接していることになり、 感染するリスクが大きいので、「入院前にシャワーを浴びちゃおう」など入浴をするのは止めましょう。 臨月に出産兆候が見られたらいつでも入院できるように準備を! 臨月の出産兆候14個を説明しましたが、これらの出産兆候が現れたら、出産までもうすぐという合図ですから、いつでも出産できるように入院の準備を整えておきましょう。 ・入院の必要物品の見直し ・陣痛が起きた時の交通手段の確保 ・入浴をしておく ・マニキュアや指輪は外しておく ・お化粧はしないようにする ・コンタクトレンズではなく眼鏡にしておく ・病院の連絡先を確認する ・陣痛が来た時に家族への連絡リストを確認する 入院に必要なものは1つにまとめておいて、すぐに持っていけるように準備しておきましょう。 また、1人でいる時に陣痛が来た場合、どうやって病院へ向かうのか、交通手段を確保しておいてください。 自分で車を運転するのは危険ですから絶対にNGです。 普通のタクシーは、破水した場合、乗車を拒否されることがありますので、 陣痛タクシーに登録しておくと安心だと思います。 前駆陣痛のようなお腹の痛みを感じたら、お腹の痛みの様子を見ながら、入浴やシャワー、シャンプーを済ませておくと良いでしょう。 ただ、破水をしている時は入浴はNGですから、そのまま病院に向かってください。 そして、分娩の際はマニキュアや指輪、化粧、コンタクトレンズは外すのが原則ですから、出産兆候があったら、いつでも入院できるようにマニキュアや指輪は外し、すっぴんで過ごしましょう。 また、コンタクトレンズではなく眼鏡で過ごすことをおすすめします。 陣痛が来た時は、病院に向かう前に病院に連絡して、さらに家族にも連絡しなければいけませんから、それぞれの連絡先と誰に連絡すべきかを確認しておくと、いざという時に慌てずに済みますよ。 もうすぐ出産!病院に行くタイミングは? 臨月に出産兆候があったら、いよいよ出産が近づいています。 でも、いつ頃病院に向かえば良いのでしょうか? 「陣痛が来た!」と思って急いで病院に行っても、「まだ早いですよ」と追い返されてしまったという話もよく聞きますし、でも病院に行くタイミングが遅いと、最悪の場合、自宅出産なんてことになりかねません。 病院に行くタイミングは、次の3つを目安にしましょう。 ・出産の兆候 「お腹が下がる」「胃がスッキリして食欲がアップ」「おりものの量が増える」「腰痛がある」「足の付根や恥骨が痛くなる」「トイレがやたらと近くなる」「下痢や便秘になる」「おならが増える」「眠りが浅くなったり、胎動が減る」「お腹が不規則に痛くなる」「お腹が張る」「おしるしがある」「破水する」 ・病院に行くタイミング 「陣痛が10分間隔(経産婦は15~20分間)」「破水をした」「生理以上の出血などの異常があった時」 ・出産の兆候がみられたらいつでも入院できるようにする 臨月の出産兆候14個と出産兆候が来た時の対処法をまとめました。 出産を控えたママは、みんな出産に少なからず不安を抱いていると思います。 でも、もうすぐ赤ちゃんに会えると思えば、出産の不安を和らぐのではないでしょうか?出産兆候は赤ちゃんからの「もうすぐ会えるね!」という合図ですので、見逃さないようにしましょうね。 また、母体も赤ちゃんも出産に耐えられるだけの強さを持っていますから、落ち着いて出産に臨みましょう。

次の