コーヒー 胃 もたれ。 胃に負担をかける!?コーヒーが原因で起こる胃荒れの3つのポイント

胃もたれの原因となる食べ物と食べ方!チーズやナッツ・チョコもNG?

コーヒー 胃 もたれ

コーヒーを日常的に飲んでいる方は多いでしょう。 コーヒーに対して、眠気を覚ます効果がある、という認識を持っている人は多いと思いますが、同時に「コーヒーを飲み過ぎると胃が荒れる」というイメージがある人もいるのではないでしょうか。 なぜ胃が荒れてしまうのか、今回はその秘密を探ってみましょう。 「胃が荒れる」とはどういう状態? 胃には、食べ物を一時的に蓄え、消化や吸収をするという重要な働きがあります。 胃液のひとつである胃酸は、強力な酸で食べ物を消化したり、食べ物と一緒に入ってきた不要物を殺菌する働きがあります。 通常、胃は粘液で胃の壁が守られているので、胃そのものが消化されることはありません。 しかし、胃に負担がかかると、胃の粘液と胃酸のバランスが崩れ、胃酸が食べ物だけでなく、胃そのものも溶かして荒らしてしまい、胸焼けや胃の痛み、吐き気、嘔吐、お腹が張る、食欲不振などの症状を引き起こします。 コーヒーに含まれる胃を荒らす成分 コーヒーが胃を荒らすのは、コーヒーに含まれているカフェインや「クロロゲン酸」という成分が関係しています。 カフェイン 眠気を除去したり、思考力を増進させる働きがあります。 クロロゲン酸 抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、コーヒーの苦みの成分です。 カフェインやクロロゲン酸には、胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促進させる働きがあります。 そのため、コーヒーの摂り過ぎは、胃が荒れる原因となることがあります。 とくに胃炎など胃に炎症がある場合や、ポリープなどがある方は、症状の悪化につながることがあるので注意が必要です。 胃を荒らす食べ物・飲み物 コーヒー以外にも胃を荒らす食べ物や飲み物はあります。 たとえば、脂っこい、熱い、冷たい、塩分が多い、辛い、甘い、硬い食品の摂り過ぎは胃に負担をかけ、荒れる原因になります。 また、アルコールも刺激が強いため、胃が荒れてしまいます。 これらの食べ物や飲み物の摂り過ぎには注意しましょう。 また、胃への負担を軽減させるためにも、よく噛んで食べるようにしましょう。 コーヒーで胃を荒らさないための対策 コーヒーで胃を荒らさないために、次のことに気をつけましょう。 空腹時にとらない カフェインやクロロゲン酸は直接胃の粘膜を刺激することから、空腹時に摂ると、粘膜を刺激しやすくなります。 コーヒーは空腹のときではなく、胃に何かしら食べ物を入れてから摂るようにしましょう。 牛乳と混ぜて飲む 牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあります。 そのため、ブラックコーヒーではなく、カフェオレにするとよいでしょう。 空腹時に飲む場合でも、牛乳と混ぜてカフェオレにすると、刺激を抑えることできます。 適量を守る カフェインの適切な摂取量として、健康な成人の場合、コーヒーは1日4~5杯が許容量とされています。 適量を守りながら上手に取り入れ、自分の体調に合わせて調節することが大切です。 いかがでしたでしょうか。 私たちの生活の身近にあるコーヒーですが、あらためて知ることがあったかもしれません。 ぜひより美味しいコーヒータイムに役立ててくださいね。 執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ <執筆者プロフィール> 桜 イクミ(さくら・いくみ) 管理栄養士・健康運動指導士・フードスペシャリスト 株式会社 とらうべ 社員。 病院での栄養管理・栄養指導の経験を経て、現在は企業で働く人の食と健康指導を行っている <監修者プロフィール> 株式会社 とらうべ 医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供 image by: 【関連リンク】•

次の

「コーヒーの飲み過ぎで胃が荒れる」は本当なのか?

コーヒー 胃 もたれ

目次1コーヒーで胃が荒れると思われている原因は?• 目次2胃にやさしいコーヒーの飲み方• まとめ 1、 コーヒーで胃が荒れると思われている原因は? 皆さん、コーヒーを飲みすぎると、胃が荒れるとか、究極には胃癌になるとか耳にした事はありませんか? 昔はそう信じられていましたが、近年は研究が進み、実はそうではない事が分かったのです。 もともと、コーヒーで胃が荒れる原因とされていたのは「カフェイン」という成分でした。 しかし、デカフェ(カフェインを含まないコーヒー)を飲んでも、胃が荒れたと感じる事が分かりました。 という事は、「カフェイン」が原因では無かったのです。 実はコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分が、胃が荒れると感じさせている正体でした。 しかし、このクロロゲン酸が、実際に胃を刺激しているわけでもありません。 じゃあなぜ?と思う方もいらっしゃいますよね。 このクロロゲン酸という物質は、摂取すると、胃酸の分泌を促進する効果があります。 それにより、胃酸の分泌が活発になり、「胃酸が胃の粘膜を刺激する」事によって、胃が荒れたと感じてしまう原因となってしまっているようです。 2、 胃にやさしいコーヒーの飲み方 それでも、好きなコーヒーを沢山飲みたい!!という方の為に、胃にやさしい飲み方をご紹介します。 まずは基本ですが、空腹時に飲みすぎない事です。 空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸が分泌され胃の粘膜をより刺激します。 ですので、コーヒーを飲むタイミングとしては、食後が良いでしょう。 とは言っても、朝食から昼食までの合間や、夕方でもコーヒーを飲みたいですよね。 そんな方には、少量でもいいので、牛乳を入れて飲むと良いでしょう。 牛乳には、胃酸を中和してくれる「カルシウム」と、胃の粘膜を強くする「たんぱく質」が含まれています。 少しでも、胃酸による刺激を抑えれば、胃が荒れたと感じなくなりますよ。 まとめ 私も事務仕事をしていると、 1 日に何杯もコーヒーを飲んで、ちょっと気持ち悪いな・・・と感じる事がありました。 基本的にブラック派の為今後は、食後はブラックコーヒー・休憩時はカフェオレというように、タイミングによって飲み分けてみようと思います。 皆さんも、飲むタイミングと飲み物の関係をちょっと気にしてみてはいかがでしょうか?自分に合ったコーヒーブレイクを発見できるかもしれないですよ!.

次の

コーヒー飲むと気持ち悪い!原因・対処法・予防法をまとめて確認 | 教えたがりダッシュ!

コーヒー 胃 もたれ

見出し• 胃もたれとは? 胃もたれは、胃の運動機能が何らかの原因で低下したり、胃酸が分泌されにくくなったりする事で、食べ物の消化自体や消化したものをスムーズに十二指腸に送り出せず、胃の中で止まってしまうことで起きます。 胃がもたれると、主に胃が重く感じたり、むかつき・鈍痛などの不快感を感じる様になります。 胃の運動機能が低下する原因は、 不規則な生活やストレス、食べ過ぎなど様々有りますがですが、体質によって胃がもたれ易い方もいます。 胃の形は個人差が有り、胃が釣り針の様に曲がっている「 鉤状胃(こうじょうい)」の方はもたれ易いと言われています。 また、 胃下垂(いかすい)の方も胃がもたれ易いと言われています。 胸焼けとは? 一方で 胸焼けとはどの様な状態を指すのでしょうか。 胸焼けと胃もたれの違いを知らない方は結構いるのではないでしょうか? 胃もたれと似て非なる胸焼けは、胃酸過多やお腹の圧迫などにより、食道と胃をつなぐ筋肉(逆流を防ぐ役割)が弛み、胃から食道に胃酸が逆流する事で起きるものです。 胸焼けになると、胸が締め付けられる様に痛んだり、胸の真ん中辺りが焼け付く様に感じるいった症状が出て来ます。 原因としては、 暴飲暴食や刺激の強い物の摂取し過ぎなどが有ります。 コーヒーを飲むと胃がもたれたり胸焼けになる原因 コーヒーを飲んで胃がもたれたり胸焼けとなるのは「 カフェイン」が大きな原因です。 カフェインには 胃酸の分泌を促進する作用が有ります。 外食をすると「食後のコーヒー」は定番の流れですよね。 これは、「オシャレだから」という理由で飲むのではなく、食後にコーヒーを飲んで 胃の消化を助ける事が目的の1つに有るのです。 実際に、食後に1杯のコーヒーを飲んだ事が原因で胃がもたれてしまったという方はあまりいないのではないでしょうか? しかし、 空腹時のコーヒーは別です。 胃の中が空っぽに近い状態でコーヒーを飲むと、胃酸の必要以上の分泌により、胃粘膜が刺激され(荒れ)、結果として胃がもたれてしまうのです。 また、空腹時でなくてもコーヒーを飲み過ぎると胃酸過多により胸焼けとなってしまいます。 胃もたれや胸焼けの予防・解消法は? コーヒーを飲んで胃もたれにならない為に一番重要なのは、 空腹時にコーヒーを飲まない事です。 例えば、朝急いでいて朝ご飯を食べずに出発し、職場に着いてからコーヒーを1杯飲む、これは一番駄目な流れです。 クッキーなどちょっとした物でも良いので、必ず何か食べてからコーヒーを飲む様に心がけましょう。 また、コーヒーを 薄めにして飲むのも有効です。 カフェインが原因で胃がもたれるのだから、 カフェインの摂取量を減らすという方法ですね。 但し、元々アメリカンが好きな人であればともかく、薄い味のコーヒーは好きじゃないという方もいるでしょう。 そういう場合はいつもより少し多めにミルク(若しくは豆乳)を入れてみてはどうでしょう。 ミルクで胃の粘膜を保護する事も出来るので、一石二鳥ですよ。 なお、実際に胃もたれになってしまった場合は、胃を休めてあげるのがベストです。 消化のいい物を食べて、ゆっくりお風呂に入るなどしてリラックスをする様にしましょう。 「食後にコーヒーを飲むのは消化を促すので良い」と上述しましたが、元々胃もたれを起こし易い方は食べた物が胃の中央部分に溜まり易い形をしています。 その様な方は、食後にコーヒーを飲み過ぎると余計に胃がたるみ、消化が進まないといった逆効果になりかねないので注意が必要です。 一方で、胸焼けはコーヒーの飲み過ぎ(カフェインの摂り過ぎ)で起こります。 何事もそうですが、過剰摂取はなにかと問題となる可能性を秘めています。 従って、胸焼けの予防法としては コーヒーを飲み過ぎない事が重要ですね。 参考:日常的にコーヒーをたくさん飲む方は、上述した「薄めのコーヒーを飲む」事も胸焼けの予防策として有効ですね。 実際に胸焼けとなってしまった場合は、 常温の水や牛乳を飲んで食道を洗い流す様にしましょう。 応急処置としては十分でしょう。

次の