マカ うつ。 【ランキング】マカサプリの効果と目的別おすすめ12選

女性ホルモンを増やすマカの効果と注意したいマカによる副作用 | 女性の美学

マカ うつ

みなさんは『マカ』という言葉を聞いたことがありますか? 男性の栄養ドリンクや精力剤などに含まれる成分として馴染み深いマカですが、実は女性にもさまざまなうれしい効能が期待できるんです。 そこで、マカとは一体どんなものなのか、どのような効能が期待できるのか、詳しく紹介していきます。 [1]『アンデスの女王』と呼ばれるほど栄養価が高いマカの正体とは? 『マカ』と聞いて、皆さんはどんなものを思い浮かべますか? 私達が実際に目にする時には、マカは加工されている状態がほとんど。 実はマカは、カブやキャベツなどと同じアブラナ科の植物です。 見た目もカブのような丸い形をしていて、実際に使用する際はこの根の部分を使います。 南米ペルー原産の多年生植物で、昔からペルーの人々には欠かせない滋養強壮食として大切にされてきました。 滋養強壮食というだけあり、マカはとても栄養価が高い植物で、『アンデスの女王』という別名もあるほどです。 近年では、 滋養強壮作用が強いことから、宇宙食の原料としても利用されています。 しかし、一度マカを収穫した土地は、翌年は使うことができません。 その理由は、なんとマカは成長する際に、その土地の成分をほとんど吸い取ってしまうと言われているからです。 その土地の成分をたくさん吸ったマカだからこそ、栄養が豊富に含まれているのですね。 アルギニンとは、どのような成分なのでしょうか。 しかしこの成分は、体内だけでは十分な量を作り出すことができないため、食品から不足分を補う必要があります。 体内で合成できるアミノ酸なので『必須アミノ酸』とは言えませんが、『準必須アミノ酸』という呼ばれ方もします。 ・成長ホルモンの分泌促進 ・免疫力強化作用 ・ホルモンバランスの調整 ・アンモニアの解毒作用 ・血行促進 ・美肌効果 このように、美容や健康にうれしい効果ばかりが期待できます。 また、アルギニンは クエン酸やビタミンB6と一緒に摂取するのがおすすめです。 例えば、果物や柑橘系、お酢などと一緒に摂取することで効率良く体内に摂取することができると言われています。 [2]バストアップや不妊改善にも良いって本当? 女性にうれしいマカの効能 マカには他にも、女性にうれしいさまざまな効能が期待できます! そんな効能についてご紹介していきます。 それらが女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをすることで女性ホルモン改善の効果が期待できると言われています。 ホルモンバランスの乱れからくる、よく女性にありがちな 『生理不順』を改善する効果も期待できます。 また、マカの栄養成分であるリジンは 受胎能力を高める働きがあるとも言われています。 更年期障害は主に下記のような症状が見られます。 ・イライラ ・不安感 ・ほてり、のぼせ ・めまい、立ち眩み ・手足の冷え ・動悸 ・耳鳴り 症状の程度には個人差がありますが、中には日常生活もままならないほどの症状に悩まされている人もいます。 更年期障害の主な原因はホルモンバランスの乱れであることから、マカを摂取することで女性ホルモンのバランスが改善され、 更年期障害の症状緩和が期待できます。 さらに、マカには今まで紹介してきたように、たくさんの栄養成分も含まれています。 したがって、必要な栄養を補いながら、効率のよいダイエットをしたいのであれば、ダイエットにマカを取り入れるのがおすすめです。 ストレスがたまると自律神経のバランスに影響を及ぼします。 自律神経のバランスが乱れると心にも体にも不調を来たし、自律神経失調症やうつ病になってしまうこともあります。 そうなる前に、たっぷりの休養と一緒にマカを摂取してみてはいかがでしょうか。 マカには 自律神経のバランスを整え、うつ病を防ぐ効果が期待できます。 男性よりも自律神経のバランスが崩れやすいと言われている女性におすすめです。 [3]寝る前の時間帯と食前が良い? マカを摂取するタイミングとマカの摂取方法 ここからは、効率よくマカの栄養を得るための摂取方法についてご紹介していきます。 固形のサプリメントであれば持ち運びも便利で摂取もしやすいので、忙しい時にもおすすめです。 摂取量も何粒と決まっているので、計量を誤って過剰に摂取してしまう恐れもありません。 粉末状のマカは純度が高いと言われていて、吸収力も高く、より効果が期待できます。 マカ独特の風味がありますが、料理に入れると味が馴染みやすく摂取しやすいのでおすすめです。 また、朝一番の空腹時にマカを摂取する場合、栄養の吸収率は高まるものの、胃の負担になる恐れがあります。 そのため、空腹時に摂取する場合はサプリメントなどの錠剤は避け、粉末状のものを牛乳やヨーグルトなどに入れて摂取すると良いでしょう。 また、 22時~2時の間はゴールデンタイムと言われていて、成長ホルモンの働きが最も活発になる時間帯です。 この時間にマカを摂取すればより良い効果が期待できると言われています。 サプリメントの場合、注意書きに書かれた摂取量に従って摂取しましょう。 粉末の場合は1日に2~10g程度と言われています。 [4]副作用はあるの? マカ摂取の際に注意すべき点 マカにはとても豊富な栄養素が含まれており、さまざまな効果が期待できることが分かりました。 しかしその一方で、「合わない人がいるのではないか」「効果が強すぎるのではないか」と心配さする方もいるのではないでしょうか。 そこで、マカを摂取する際の注意すべき点を確認しておきましょう。 それは、黄体ホルモンの働きが抑制され、便の水分量が増すためと言われています。 マカを摂取する際は必ず 量を守るようにしましょう。 それは、マカによって男性ホルモンの分泌が促され、皮脂の分泌量が増えるからです。 もともと皮脂分泌が多く脂性肌の方は注意してください。 同じアブラナ科のキャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ・カブなどにアレルギーがある方は避けましょう。 合う人もいればそうではない人もいるので、マカを飲み始める際はまずは少量から摂取することをおすすめします。 [5]女性にうれしい効能が盛りだくさん! マカで健康な毎日を このように、たくさんの女性にうれしい効能が期待できるマカ。 毎日の健康のためにもぜひ試してみてはいかがでしょうか。 《続いて読まれている関連記事》.

次の

亜鉛の効果・効能。男性にも女性にもメリットがたくさん!

マカ うつ

Contents• そもそもマカって何? マカは、主に南米ペルーで栽培されるハーブの1種。 分類としては、キャベツや大根と同じアブラナ科の植物です。 赤マカ・黄マカなど、色によって栄養素の含有量が異なり、黒マカが最も栄養価が高いと言われています。 様々な健康効果が期待できるマカですが、最も注目されるのが男性機能の改善効果です。 「天然のバイアグラ」と称されるほど男性機能と関わり深く、増大サプリに必ずと言っていいほど配合されています。 マカに含まれる栄養素と6つの効果を徹底解説 マカには、大きく分けて2種類の栄養素が含まれています。 マカ固有の成分であるマカエン・マカミド 不飽和脂肪酸の1種 を始め、多くの栄養素が含まれています。 生命維持に必須とされる第一代謝産物との相乗効果で、様々な健康効果が期待できます。 勃起力の向上• 性欲の増進• 不妊症の改善• 生活習慣病の予防• 疲労回復効果• マカに含まれる血流を促す成分によって、海綿体に流れ込む血液量が増えて勃起力が上昇するわけです。 アルギニン• ヒスチジン• アスパラギン酸• マカミド 不飽和脂肪酸 中でも二次代謝産物であるマカミドは、高い血流促進効果を持っています。 またアルギニンやアスパラギン酸は、増大サプリに単体でも配合されている成分。 マカに加えて、どちらも配合されているサプリを選べば、相乗効果で勃起力向上が期待できます。 テストステロンは、「性欲を司るホルモン」とも呼ばれています。 マカには、テストストロンの分泌を促す成分が豊富に含まれているんです。 グルコシノレート類• イソチオシアネート類• アルカロイド類• マカエン 不飽和脂肪酸 増大サプリや精力剤に単体でも含まれている亜鉛は、「セックスミネラル」という異名を持つほど高い効果が期待できます。 またマカには、テストステロンに作用する二次代謝産物が豊富に含まれています。 性欲が高まれば、興奮がアソコに伝わりやすくなるため勃起がスムーズになる可能性ありです。 マカを摂取すると、「精液量・精子数・精子運動性の増加」が促され、精子の質の向上が期待できます。 アルギニン• グルコシノレート類• イソチオシアネート類• アルカロイド類• マカエン 不飽和脂肪酸 マカを摂取すると増加するテストステロンは、元気な精子を生成するのにも欠かせません。 さらに、亜鉛とアルギニンは精子の原料としても使用されます。 精液量が増えると、不妊症の改善だけでなく射精時の快感が高まるので、男性ならマカを摂らない理由はないでしょう。 そもそも生活習慣病の主な原因は、体内で過剰に発生した活性酸素です 活性酸素は本来、細菌やウイルスから体を守るために働きますが、その反面で細胞を酸化させてしまいます。 マカに含まれる抗酸化作用を持つ成分には、過剰に発生した活性酸素の抑制が期待できます。 ビタミンE• セレン• グルコシノレート類• SODが増えれば、細胞の働きが正常に保たれ生活習慣病のリスクを最小限に減らせます。 肉体的な疲労…筋肉痛など• 神経的な疲労…集中力の低下など• マカには、代謝を活発にするビタミンB群が豊富に含まれているんですよね。 マカには、4つのビタミンB群が含まれており相乗効果で代謝を促進します。 さらにマカには、筋肉疲労・神経疲労に作用するBCAAも含まれています。 疲労回復だけでなく、疲労の予防効果も期待できます。 マカを摂って、ビタミンB群と必須アミノ酸を効率良く摂取しましょう。 更年期障害と聞くと女性のイメージが強いかもしれませんが、実は男性にとっても身近な症状です。 主な原因は、テストステロンの分泌量の減少です。 齢による男性更年期障害は、自覚しにくいという特徴があります。 というのも、様々な症状があるため「年のせい」にしてしまいがち。 うつ症状• 神経質になる• 勃起しにくくなった マカには、テストステロンに作用する成分が豊富に含まれています。 加齢による更年期障害のリスクを減らすためにも、早いうちからマカを摂取しましょう。 マカの1日の目安摂取量。 マカに含まれている成分は、健康の維持・増進のために必要なものばかり。 1日2日ではなく、継続的に摂取する必要があります。 しかし、毎日1,500mg以上のマカを摂取するのは至難の技です。 実際のところ、1日分で1,500mg以上のマカを摂れる製品はありません。 マカの他に、複数の成分が入った製品を選んで相乗効果を図りましょう。 ドリンクから摂取する• 粉末から摂取する• サプリメントから摂取する マカをドリンクから摂取する マカをドリンクから摂取する方法です。 しかしハッキリ言って、マカ配合のドリンクはオススメできません。 というのも、原材料を見る限りマカが少量しか入ってない可能性があるから。 果糖ブドウ糖液糖• ぶどう果汁• マカエキス これらはマカドリンクに含まれる甘味料。 日本ではJAS法によって、原材料は重量順に表記することが決められています。 ラベルを見る限り、マカ以上に甘味料の含有量の方が多いんですよね。 科学的な糖分なので、マカとの相乗効果が期待できないどころか、摂り過ぎると健康にも良くありません。 マカを摂取するなら、粉末タイプもしくはサプリメントを選びましょう。 マカを粉末から摂取する マカを粉末から摂取する方法です。 一般的に「マカパウダー」という名称で販売されています。 手軽に複数の成分を摂取したい 増大サプリは、栄養成分をギュッと凝縮させた健康食品の1種。 男性機能の向上を図る成分はもちろん、マカ以外にも複数の健康成分が配合されています。 毎日の献立を考える必要もなく、継続的に飲むだけでマカの健康効果が期待できるのが魅力です。 しかし増大サプリは、1ヶ月分13,000~15,000円程度する高額製品。 まずは全額返金保証付きの増大サプリを選んで、お得にマカを摂取するのがオススメです。 マカに過剰摂取・副作用はある? マカには複数の成分が含まれているので、過剰摂取はあまりオススメできません。 「亜鉛」の過剰摂取は銅の吸収を阻害する• 「ビタミンB6」の過剰摂取は重度の神経障害が起こる• 「アミノ酸」の過剰摂取は肝臓や腎臓に大きな負担がかかる マカに含まれている成分は、様々な健康効果が期待できますが摂り過ぎは禁物。 マカパウダーも増大サプリも、用法・用量を守って毎日コツコツ摂取しましょう。 マカには副作用の危険性はナシ? マカは、用法・用量を守れば、基本的に副作用の危険性はありません。 多くの健康食品に配合されていることからも、安全性は保証されています。 しかし場合によって、マカを摂取してはいけないケースがあります。 植物アレルギーを持っている人• 医薬品を服用している人 どちらかに当てはまる人は、マカの摂取はオススメできません。 医薬品を服用している人 治療中の病気があり、医薬品を服用している人はマカの摂取をオススメできません。 医薬品は、そもそも副作用の危険性があります。 強力な成分が入っている医薬品は、良い面もあれば悪い面もあるということ。 そんな中マカを摂取すると、マカに含まれる複数の成分と医薬成分が反応して予期せぬ副作用が起こる可能性があるんですね。 きちんと病気を治してから、マカを継続的に摂取しましょう。 植物アレルギーを持っている人 マカは、アブラナ科に属する植物の1種。 そのため体質によっては、植物アレルギー反応が出る場合があります。 蕁麻疹 「植物に触れた時にかぶれた経験がある」という人は、必ず医師に相談してからマカの摂取を検討しましょう。 様々な健康効果が期待できます。 勃起力の向上• 性欲の増進• 不妊症の改善• 生活習慣病の予防• 疲労回復効果• 更年期障害の予防・改善 しかしこれらの効果を十分に得るためには、マカだけでは不十分。 粉末もしくはサプリメントから、複数の成分と一緒に摂取しましょう。 あなたに合った方法で、健康的な毎日を手に入れてください。

次の

マカは睡眠障害・不眠症に効果があるのか?副作用はあるのか?

マカ うつ

2008年オーストラリアでの研究によると、 14人の閉経後の女性が6週間、粉末マカ3. 5グラムを摂取したところ、 マカは、不安や抑うつを大きく軽減した、と発表しています。 また、ラットを使った実験において、 黒マカ、赤マカ、黄マカを処方し抗うつ活性の試験を行ったところ、 全てのマカでうつ症状に効果があり、特に黒マカで顕著な効果があったと結論づけています。 ほてり、発汗 ほてりや発汗は、更年期による女性ホルモンの減少以外に、 ストレスや緊張による血圧の上昇が原因となりますが、 マカはこの血圧を抑える効果があります。 ブラジルのポンティバルパライソのカトリック大学で行われた研究によると、 マカやショウガは高血圧を大幅に抑える効果があると発表しています。 抗酸化、コレステロール、骨粗しょう症 マカの根は、人間の体内に存在する活性酸素を抑制する効果的があります。 また、体内のコレステロールレベルを制御し、多くの心疾患の予防に有効であるとされています。 その他、マカには、シリカ、マグネシウム、及びカルシウムなどの骨組織の生産に有益な有効成分が多く含まれ、 更年期の骨粗しょう症を軽減します。 マカは女性ホルモンとは関係ない 女性の更年期障害の直接の原因は、 エストロゲン、プロゲステロンなど女性ホルモンの減少ですが、 マカはこの女性ホルモンの分泌量にほとんど影響を与えません。 また、植物性エストロゲンのように、エストロゲン受容体を刺激して、 エストロゲンと同様の効果をもたらすエストロゲン様作用もありません。 マカ摂取は女性ホルモンの分泌量に影響を与えない オーストラリアのビクトリア大学において、 40歳以上の閉経後の女性に12週間に渡って3. 5gのマカを投与したところ、 女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の量に変化はなかったものの、 不安、抑うつ、性機能障害が優位に改善したと報告しています。 一方、 他の実験において、マカがエストロゲンの分泌量を少し増加させたとする報告もあるものの、 その量は生理的に分泌されるほど強力ではなかったと結論づけています。 その他の多くの実験においても、 マカと女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌量に相関はなく、 マカの効果はエストロゲンおよび、プロゲステロンとは独立した作用であると結論づけています。 マカは植物性エストロゲンではない また、マカは植物性エストロゲンでもありません。 豆乳(大豆食品)やヤマイモ、ホップ、大麦など、一部の食品は、植物性エストロゲンと呼ばれ、 人体が分泌するエストロゲンと同様の作用があることが知られていますが、 マカは植物性エストロゲンではないため、マカが更年期障害の症状を緩和する作用秩序は異なります。 マカの更年期障害への効果はアダプトゲン マカが女性の更年期障害の症状の幾つかに効果があるのは、マカのアダプトゲンとしての作用によるものです。 アダプトゲンとは アダプトゲンとは、古来より、 中国やインドで漢方やアーユルヴェーダで使用されていた薬草のうち、以下の効果があるものの総称です。 アダプトゲンは、生きていく上で精神あるいは肉体のバランスが崩れた時に、 安定性および恒常性をもたらすもの、と定義されています。 具体例として、ストレスに対応して身体の抵抗性を高めたり、細胞の損傷を防ぐ効果などがあります。 また、別の表現では、 アダプトゲンとは、不安やイライラといった精神的ストレスと、 エネルギー不足、倦怠感など肉体的疲労に対して、 身体の抵抗能力を高める天然の漢方と称されます。 この作用によって、女性の更年期障害を始め、副腎疲労や他の疾患の症状を緩和、治癒するとされています。 アダプトゲンの有効成分 アダプトゲンと考えられている朝鮮人参、マカといった漢方は、 その効用により非常に人気があるものの、 その具体的な有効成分や作用秩序は明確になっていませんでした。 しかし、最近の研究により、有効成分や作用秩序が少しずつ明らかになってきています。 アダプトゲンの有効成分とその効果 有効成分 効果・効能 テルペノイド 抗菌性、抗腫瘍性、コレステロールの減少 フェニルプロパン セサミンやリグナンなどの抗酸化作用 オキシリピン 酸化的ストレスからの保護、ストレス応答遺伝子の発現を活性化 その他、マカは スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の産生の増加により、 身体の生得的応答を増加することなどもわかってきています。

次の