しょう た 結婚 笑 点。 しょうもないことなんですけど(笑)みなさんならどうするか教えてください🤣先週義姉の結婚式があ…

春風亭昇太:結婚を「笑点」で生発表 「還暦前になんとかなりました」

しょう た 結婚 笑 点

落語家の春風亭昇太さん(59)が6月30日、結婚すると発表した。 司会を務める長寿演芸バラエティー番組「笑点」(日本テレビ系)で明かした。 放送後に東京都内で取材に応じた昇太さんは、相手は専門学校で働く40歳の一般女性と説明し、「よく着物とかを着ている和風な方。 いつもにこやかにしている。 仲良くけんかしないように暮らせたら」と喜びを語った。 昇太さんによると、相手の女性とは14年ほど前に出会った。 それから10年ほど疎遠になっていたが再会し、親交を深めてきたという。 結婚の決め手については「そろそろしないと僕がいい年なので死んじゃうなと思った。 第一発見者みたいな人が必要」と冗談めかして語った。 なぞかけを求められると、「春風亭昇太の結婚とかけて、焼き肉屋さんでいろんなお肉が出てきたととく。 (その心は)モツかな?」と話し、笑いを誘った。 婚姻届については記入などを済ませており、今後提出するとしている。 昇太さんは1982年、春風亭柳昇に入門し、92年、真打ちとなった。 2006年に笑点メンバーとなり、16年には6代目司会に。 番組内では「独身キャラ」としてたびたびネタにされてきた。 今年6月には落語芸術協会の会長に就任した。 (黒田健朗).

次の

「笑点」司会の春風亭昇太さん、一般女性との結婚を発表:朝日新聞デジタル

しょう た 結婚 笑 点

落語家・(59)に、少し遅い春が来た。 6月30日、緊急生放送された日本テレビ系演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)で結婚することを生発表。 直後に放送された同局系『真相報道バンキシャ!』に生出演した後、同局内で会見を行ったが、昇太流の配慮と笑いにあふれていた。 『笑点』のエンディングで、昇太は「きょう番組が生放送になったのには、わけがあって、私事ではございますが、還暦を前に春風亭昇太、59歳、ついに、ついに、結婚することになりました!」と笑顔で報告。 スタジオ裏のスタッフが祝福すると「みなさん、みなさん、ありがとうございます!」と満面の笑みで、両手をあげて大喜び。 かねてから「和風でメガネが似合う人がタイプ」と言っていた昇太だったが、『バンキシャ!』では結婚相手について「着物はよく着ている。 和風な方でお茶とかやっている。 あとはメガネをかけてない」と笑顔で紹介。 お相手の職業について「いわゆる一般の方。 一般の方っていうのも変な言い方ですね」としながら年齢は「40歳です」と明かした。 その後、会見場に姿を現すと、無数のカメラフラッシュがたかれた。 自身が描いた似顔絵と大きな花束を手に写真撮影に応じた後、囲み取材がスタートした。 プロポーズを決意した理由を聞かれると「そろそろしないと死んじゃうなと。 第一発見者みたいな(笑)。 危険じゃないですか。 いつ倒れるのか」とポツリ。 「お相手の方は、昇太さんのどこが好きなんでしょう?」との質問には「全部じゃないですかね(笑)。 収入も含めて。 地位も立場も」と冗談交じりに豪語して笑いを誘った。 まだ同居はしていないそうで「結婚生活が想像つかないんですよね。 『おめでとうございます』って言われても、なんて答えたらいいかわからない。 結婚イコール幸せじゃないことは、これだけ生きていたら、ワイドショーとか見ていたらわかりますから」と満面の笑み。 お互いの呼び方については「僕は『君』ですね。 相手は『昇太さん』。 誰でもいいから『君』とか言っておいた方がいいんです。 寝言で何か言ったらいけないでしょう」と笑わせた。 直前の先月27日には落語芸術協会の新会長に選出され、都内で就任会見を行った。 会長は会長、結婚は結婚、分けておかないと」と配慮があったと強調。 自身の結婚を「〇〇婚」に例えるならとの質問には「遅すぎ婚ですね。 どうなるか予測がつかない」と告白。 最後は「春風亭昇太の結婚とかけまして、焼き肉屋でいろんなお肉が出てきた時とときます。 その心は『もつ』かな」と自虐を交えながら、しっかりオチをつけた。 この日の『笑点』は、奇しくも先代の司会者だった落語家の桂歌丸さんが亡くなってから間もなく1年になることから、歌丸さんとの思い出を振り返る座談会や大喜利などを放送。 その最後に自身の結婚報告をした形となったが、歌丸さんへの思いを聞かれると天を仰いだ。 「(結婚を)報告できていないので。 直接できたら怖いでしょ(笑)。 幸せになったら喜んでくれるんじゃないかな」。 思えば3年前、歌丸さんから『笑点』司会という大役を引き継いだ際、半ば消去法で選ばれたという冗談混じりの選出理由に、こう切り返していた。 「歌丸師匠の後ということで、落語家で『やったー』と思っている人はいない。 大変なことが待っていると思うんですけど、消去法で選ばれて、気が楽になりましたのでのびのびとやっていきたいと思います」 あれから3年の月日が経ち、司会者としてのキャリアを着実に積み上げてきた昇太が、『笑点』の放送で自身にとっての大きな報告を行った。 そこには『笑点』、歌丸さんへの深い愛情と笑いがあふれていた…そんなことを感じながら、会見場で作業をしていると、作業スペースの記者たちに昇太が近づいてきた。 「今ここで書いているんですね。 どうも、きょうはありがとうございました。 いい感じで書いておいてください(笑)。 いい人だったみたいな感じで」。 最後まで、落語家としての配慮と笑いで満ちていた。 1992年に真打昇進。 2006年に『笑点』大喜利メンバーとなり、2016年『笑点』6代目司会者となる。 今月28日は、所属する落語芸術協会の新会長に就任した。

次の

なぜか笑介(しょうすけ) 1巻 聖日出夫

しょう た 結婚 笑 点

美知子さん47歳、勉さん35歳。 投資の勉強会で出会って結婚した年の差カップル。 家に帰ると私のためにスリッパを並べてくれる 「ひと回り年下の旦那さんってどうなんですか?」と聞いた私に、「すっごくいいです。 年下、皆さんにお勧めしたいです!」と美知子さん。 一体何がそんなにいいのか? 美知子さん:とにかく何しても可愛い。 同い年とかだと「はぁ?」ってなることも、年下だと「しょうがないか」って許せちゃう。 全然イラつかない。 そして「これはできないだろうな」って思ってたことを相手ができるだけで、すごく感動するんですよ。 まさに母親目線。 そして彼の方も、「小さい男の子がお母さんが大好きで喜ばせようとする」、そんな感じで、美知子さんが喜びそうなことを一生懸命やってくれるのだそう。 さかい:例えばどんなことをしてくれるんですか? 美知子さん:家に帰ると私のためにスリッパを並べて置いてくれたり、冷たいお茶を作って冷蔵庫に入れておいてくれたり。 気が利くし、いちいち感動しちゃって。 とっても幸せそうな美知子さんですが、年齢差カップルだけに、結婚するとき、お互いの両親は反対しなかったのかというのも気になる点。 結婚に障害はなかったのでしょうか。 美知子さん:うちは父が亡くなって居るのですが、母は、「あなたがいいならいいんじゃない。 だけど美知子には物足りないと思うわ」と。 そして勉さんの実家に挨拶に行ったときは、ちょっとしたハプニングが。 勉さんがお母さんに美知子さんの年齢をサバ読んで伝えていたため、会ったときに「干支は何?」と聞かれて、美知子さんは答えられずに慌ててしまったのです。 美知子さん:お母さんのひっかけ問題ではなくて、ただの天然だったらしいんですけど。 その場で彼に私の本当の年齢を伝えてもらったら、びっくりはしてましたねえ。 お母さんは反対しなかったんですが、彼を可愛がっていた叔母さんには嫌われてしまいました。 子供が居ない叔母さんは、優しい勉さんのことを子供のように可愛がっていて、自分の遺産相続もさせるつもりでいました。 それが、いきなり結婚したいと年上の美知子さんを連れてきた上、自分たちの住む茨城を出て行ってしまうとなって、「相続も取り消し!」となるほどにご立腹されたそう。 美知子さん:だけど結婚に対しての迷いは一切なくて。 私は占い好きでそれまで散々占いに行っていたのに、彼と付き合いだしてからは一度も行かなかったですね、今思えば。 ちなみに、彼との出会いを当てた人も、ひとりも居ませんでした(笑)。 ハワイでの結婚式はコロナ禍で延期に 挙式は今年の夏ハワイでを予定していたところに新型コロナウイルス騒動になり、延期に。 けれど私たちが出会った投資クラブの知人たちが60人くらいでお金を出し合って、結婚祝いに冷蔵庫を贈ってくれました。 年齢差があっても、共通の知り合いと投資という共通の興味があることが、ふたりの絆を強める材料になってくれているのかもしれませんね。 「外出自粛でリモートワークでも、コロナ離婚とは無縁」と笑う美知子さん。 今は毎日、一緒にスーパーに行ったり、3食自炊したり、お弁当を作って近所の公園で食べたり、そんな、ふたりで過ごすおうち時間が楽しくてしょうがないといいます。 バツイチでひとり暮らしの私が思わず「いいなあ……」と呟くと、「さかいさんも年下! 絶対おすすめですよ」と、強く年下男性を推されました(笑)。 実は美知子さんは私の昔からの知り合いなのですが、結婚されてから、顔つきが本当に柔らかくなって別人のようになったのです。 彼女自身も、「結婚してすごい雰囲気が変わったって言われます」とおっしゃっていました。

次の