ライナス 症候群。 大人のブランケット症候群の感覚。タオル依存症の私が実態を語る

お気に入りの毛布をズリズリ…「ライナスの毛布」はやめさせるべき?

ライナス 症候群

ライナスが語源「ブランケット症候群」 ブランケット症候群とは、 常に特定のものを持っていないとパニックを引き起こす一種の依存症で、それにいつも触れていることで精神が安定し、不安を回避できると考える症状です。 小さな子どもは、誰しも母親のおっぱいやお気に入りのぬいぐるみなど、 何かに執着することで安心感を得ていますが、成長するにつれ、多くの人はそれらから次第に卒業し離れていきます。 しかしながら、大人になってもそれができない人や、いったんは離れても 大人になってから新たに執着する物が出てくる場合もあります。 ブランケット症候群は、こういう場合にあてはまります。 ブランケット症候群になる原因 このように、いわゆる 「愛着」というレベルを通り越した物への執着はいったいなぜ起きるのでしょうか。 一番は、なんらかの不安から自分を守るために特定のものにすがって不安を解消しようとすることにあります。 または、 幼少期に経験したトラウマや、不安、寂しかった気持ちなどの表れとも取れます。 対象は、人形やおもちゃなど、いろいろとあるようです。 まさにライナスのように、子供の頃から使っている毛布を、ぼろきれのようになってもずっと大事にしているという人もけっこういるようです。 案外すんなり卒業できるかも 「こんなボロボロの毛布、 もう捨てたいのにどうしても捨てられない」 「恥ずかしくて旅行に持って行けない」 こんな悩みを抱える方もいることでしょう。 ブランケット症候群を克服した人の意見を見てみると、「どうしても捨てられずにボロボロの毛布と一緒にお嫁に行ったけど、子どもがうまれてからはどうでもよくなった」など、 成長したり環境が変わることで卒業できるケースが多いようです。 あれだけ固執していた物なのに、 やることや考えることが多くなると、どうでもよくなるという意見もありました。 このように、いつかはきっと自然にお別れするときがきます。 今はまだ手放せなくても、それはそれでいいんです。 捨てられないということは、 自分が安心を得るために、まだそれが必要な存在ということ。 逆に、 深刻に考えるほうが依存が強まってしまい、余計に離れられなくなることもあります。 今の自分がリラックスするために必要なものと捉え、気軽に考えてください。 卒業したいなら いつか自然にお別れのときがくるとはいえ、早く卒業したいということなら、多少荒療治になりますが方法はあります。 家族に頼んでその物を隠してもらうのです。 すでに実家を離れている人は、実家に送ってしまいましょう。 初めは数日でもかまいませんので、その物と離れている時間をどんどん長くしていきます。 1週間、1ヶ月・・・。 気が付けば、 それ無しでも普通に生活できるようになっているはずです。 早く卒業したいけど自力では無理だった、専門家になんとかしてもらいたいという方は、病院を受診してみるのもいいかもしれません。 ただ、ライナス症候群は あくまで「特定の物を手放せない状態」を差した言葉であって、病名ではありません。 必ずしも治療が必要なわけでもありませんが、どうしてもという場合は心療内科や、かかりつけの内科で相談してみるとよいでしょう。 誰でも「これをすると落ち着く」という自分のリラックス法があるものです。 たしかに、ちょっと人には言いにくい、見せにくい物かもしれませんが、そんなレベルで捉えていいと思いますよ。

次の

ライナスの毛布(ライナス症候群)は子供だけじゃない!7つの対処法を紹介

ライナス 症候群

ブランケット症候群 ライナス症候群、ライナスの毛布 について質問させて下さい。 私は今24歳で、アスペルガー症候群を始め複数の発達障害や精神障害を抱えています。 私は小さい頃からぬいぐるみに執着する子でした。 それが大きくなるにつれてどんどんエスカレートしていっている様に感じます。 高校3年生の頃、初めてダッフィーちゃんをお迎えした時は、それはそれは可愛がりました。 まるで赤ちゃんを愛でる様に、常に赤ちゃん抱っこ 横抱き? をしてなでなでしたりトントンしたり…。 外出時は流石に連れて行けないので、代わりに掌サイズのダッフィーちゃんやポーチサイズのダッフィーちゃんを連れ歩いていました。 今はBABY, THE STARS SHINE BRIGHTのマスコットのうさくみゃちゃん ミニミニサイズ を手放せずにいて、家の中では常に左手に握って親指でお腹をなでなでしています。 外出時はバッグに入れて、時折取り出しては愛でています。 寝る時はお腹に乗せて、触りながら眠ります。 もう24歳ですし、もうすぐ作業所にも行くのでうさくみゃちゃん離れをしようと思いなるべく放して置こうと思うのですが、どうにも落ち着かず手に取ってしまいます。 ブランド症候群はどうしたら治りますか? これは、他の一つ。 では無く、複数です。 例えば、仕事など、やる事が一つなら、いつでも出来る感があり、あまり、やる気が出ないんですが、やる事が複数あると、今、やらないと、後で面倒になる。 など、やる気が出るんです。 これと、同じで、やる事が複数あると、その人形を気にしていられなくなります。 暇だと、気にしてしまいます。 これの応用で、気にする気持ちを、他の複数の物に換えるんです。 なぜ、複数かと言うと、一つなら、一対一になるので、気にしてしまう一つの方が勝ってしまうからです。 複数なら、気分転換的な事もあり、一つを気にする事は少なくなります。 例えば、前に飽きた物でも、久しぶりに手に取ると、暫く、それで時間を潰してしまう事があると思います。 それと、似た様なものです。 気になる物が、複数あると、一つずつ、気になる気持ちが、上がったり、下がったりしているので、一つに執着し難くなります。 一つだと、執着してしまいがちですが、複数だと、執着し難くなるので、いつも、傍に。 という事も少なくなります。

次の

ブランケット症候群(ライナス症候群)はどんな症状?年齢別に5つの対処法を紹介

ライナス 症候群

みなさんは「ライナスくん」を知っていますか? スヌーピーで有名な、「ピーナッツ」という漫画に登場する男の子のキャラクターで、いつもお気に入りの毛布を引きずって歩いています。 寝るときも遊ぶ時もいつも一緒。 実はあの「ライナスの毛布」は、漫画だけの話ではなく、実際の子供にもよく起きる現象なのです。 ブランケット症候群(ライナスの毛布)とは? 心理学では正式な呼び名として、こうしたお気に入りの毛布のことを「安心毛布」と呼びます。 眠たい時や本人が不安な時、握りしめたり匂いをかぐと安心するため、常に持ち歩きたがることから「安心毛布」というのです。 この毛布がなくなると、精神的に落ち着かない状態になったり、眠れなくなることを「ブランケット症候群」と呼び、また、別名として「ライナスの毛布」という呼び方もされています。 筆者の息子にも「ライナスの毛布」があり、毎晩眠る時には、その毛布の匂いを嗅いだり、顔にこすりつけたりしながら眠っています。 家で遊んでいるときも、叱られたり、妹と喧嘩になるなど、不安な気持ちになった時には、自分で毛布を取りに行き、握りしめています。 一種の精神安定剤のような役割を果たしているようです。 イギリスの精神分析医ドナルド・ウィニコットが提唱した概念「移行対象(いこうたいしょう、英: transitional object)」がこの「ブランケット症候群」を説明する心理学的見地からの解説として使用されているようです。 「移行対象」とは、幼児にとって絶対的な存在の母の乳房を自分の一部だと錯覚している状態から徐々に脱錯覚へと移行する際にその精神的負担を軽減するために必要とされるのが、「移行対象」であり、それが「security blanket」=「安心毛布」であり、ライナスの毛布と言われています。 出典: イギリスの精神分析医によると、心理学的には、ママのおっぱいから離れる時の、精神的な負担を軽減するために、その移行対象としてブランケットを持つと言われているようです。 たしかに断乳後にこうした行動がおこるケースが多いようですね。 私の息子もまさに断乳後、ブランケットが手放せなくなりました。 ライナスの毛布はやめさせるべき? こうした安心毛布については、おしゃぶり同様、依存性をなくすために早い段階でやめさせるべき、という意見と、本人が納得するまで持たせるという意見があり、対応が分かれているようです。 筆者も息子が保育園に入園する際には、安心毛布をやめさせるべきか、自宅では使わせてもいいのか悩みました。 ブランケット症候群【我が家の場合】 わが家の場合は、息子がブランケットを持つことで心が落ち着くことを優先し、無理に保育園入園までに離れさせて、さらに保育園入園させて心に負担をかけてしまうのはよくないと判断し、入園までに離れさせることはしませんでした。 保育園の入園後、息子の入園した園では、園にブランケットは持ち込めないためどんなふうに生活しているのか心配していましたが、その反応は予想外のものでした。 保育園でも探しているのではないかと心配していました。 唯一、昼寝の時間だけは寝つきが悪く、眠れないため先生におんぶしてもらって眠っていたそうですが、園に慣れてくるとみんなと同じように、保育園のお布団とタオルで眠れるようになり、安心毛布がないことに対する不安定さは感じられなくなりました。 しかし、自宅に帰ると一目散に安心毛布のもとへ。 3歳になっても、場所に応じて使っています 現在3歳になった息子。 2歳までと比べ「家で引きずって歩く」という光景はあまり見かけなくなりましたが、眠くなってきたときや、夜布団に入るとき、または自分が何か不安なことがあるときには、欠かさずに安心毛布を握っています。 宿泊で出かける場合も、必ず安心毛布は持ってでかけています。 以前は車で寝るときでも毛布がないと眠れない状態でしたがそれはなくなり、今は使う頻度がだいぶ減りました。 しかし、彼にとっての大切なものであることは変わらないようです。 ちなみに、妹も兄の姿を見て真似をしてブランケットを持ち歩くようになり、兄弟で安心毛布ユーザーになりました...。 本人が安心して手放すまで待つ予定です 年齢を重ねるごとに、だんだん使用頻度が減ってきた「安心毛布」。 我が家では本人たちが安心して毛布を使わなくなる日まで、毛布を無理に取ったり、引き離すトレーニングをすることはしない予定です。 大きくなってくると、場所に応じて「今は毛布がある」「ここにはない」といった状況もしっかり理解するようになり、納得すれば無くても過ごせるようになってきます。 親としては「このまま手放せずに大人になっていったら... 」と不安になる時もあるものですが、幼い子供たちの自立への手助けであったり、いつも一緒にいてくれる「強い味方」のような存在でもある安心毛布を、できれば長い目で見守ってあげたいと思っています。 愛情不足ではなく「自立への一歩」!温かく見守って 子どもが成長し、心の中で大切な人をイメージできるようになると、ぬいぐるみや毛布を手放せるようになります。 かつて、日本では、ぬいぐるみや毛布を手放せない子どもは愛情不足が原因なのではないかと言われていましたが、欧米では、子どもが自分で感情を抑えようとする「自立のための一歩」だと考えられ、むしろ「もつことが当然」と認められているそうです。 お子さんが毛布やぬいぐるみなど、モノに執着し始めても、「成長の過程」と見守ってあげましょう! 出典: 子供が急に大切な毛布やぬいぐるみに執着を見せると「親の愛情が足りていないのかも」と心配になるママもいるかもしれません。 しかし、欧米では「自立のための一歩」としてライナスの毛布が認められています。 スヌーピーに登場する「ライナス君」も、いつも毛布を持ち歩く姿は甘えん坊のようにも見えますが、ある「ピーナッツ」の中のストーリーでは、病気にかかった友達に対してからかう態度を取った子に対して、つかみかかって抗議するという、正義感にあふれる一面も持っています。 優しくて頭がよく、友達を大切にする子なのです。 あなたの家にいるライナスくんも、毛布を手放せない以外にも素敵な一面がたくさんあるはず。 親として子供の自立に向かう姿を、優しく見守ってあげたいですね。

次の