にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ。 にゃんこ大戦争 キャラ図鑑 天誅ハヤブサ 斬魔ハヤブサ

【にゃんこ大戦争】メタルな敵対策におすすめのキャラ一覧|ゲームエイト

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

エイリアンにめっぽう強い• 生産コストは4860円• 移動速度は13なので普通• 射程は430とそれなり• 再生産時間は138. 20秒 アキラは属性の対象がエイリアンのみで、 第1形態が妨害、第2形態が体力低下で攻撃力上昇、第3形態がめっぽう強いに別れます。 いずれの形態も波動無効なのが嬉しい特性で、キャラ揃っていない状態では重宝します。 しかし、比較的手に入りやすいガチャキャラのねこタコつぼに波動ストッパー(波動打ち消し)が追加されたことで、波動無効の貴重さは減りました。 それ以外の能力は正直、他のキャラで代用可能なので残念ながら7位となっています。 エイリアンとゾンビを50%の確率で6秒停止• 生産コストは4410円• 移動速度は15と普通• 射程は360で短め• 再生産時間は98. 20秒 ウィグラーはエイリアンに加えて、第1形態が浮いてる敵、第2形態がゾンビでへの妨害能力を持ちます。 第1形態での運用がメインです。 ウィグラーの強みは波動に妨害を乗せることが可能な点で、妨害確率50%という低さを波動で補うイメージですが、少し運次第な点があります。 攻撃頻度があまり多くないので、うまく停止が決まれば強いですが、 発動しなかった時に一気に攻められるリスクがあるのがデメリットです。 見た目はかっこいいのですが、浮いてる敵対策は割と簡単なので他の妨害キャラを使った方が安定すると思われます。 黒い敵とエイリアンに打たれ強い• エイリアンに超ダメージ• 生産コストは5925円• 移動速度は7• 射程は445• 再生産時間は144. 87秒 メカ子の評価は個人的に低くないのですが、ダークヒーローズは他に優秀なキャラが多いので5位となっています。 第1形態が黒い敵とエイリアン用の高級壁で、第2形態がエイリアン特化の妨害、第3形態がエイリアンへの妨害兼、アタッカーです。 射程445と長めから繰り出す超ダメージは結構便利で、おまけ程度ではありますが遅くする妨害も可能な第3形態での運用がメインです。 特に大きなマイナス点はないのですが、エイリアン対策にそこまで射程が必要ないので持て余している感じはあります。 アタッカーとしてならキャットマンダディの方が使い勝手はいいです。 ただし、射程が長いと汎用性も上がるので、手持ちキャラが充実していなければエイリアン以外のステージでも普通に使えるキャラになります。 生産コストは4275円• 移動速度は25と速い• 射程は365、遠方範囲攻撃で感知射程が260・最長射程が650• 遅くする無効• 再生産時間は108. 20秒 ハヤブサは第1形態がクリティカル、第2形態がエイリアンの妨害、第3形態がゾンビの妨害です。 クリティカルキャラの中では攻撃力が非常に高いキャラで、第1形態での運用がメインになります。 遠方範囲攻撃で最長650までクリティカルや妨害が届くのが大きなメリットですが、感知射程が260と懐に入られると攻撃できないので注意が必要です。 また、ネコカンで購入できるネコ忍者と組み合わせて「ザ・ニンジャ」という「移動速度アップ中」のにゃんコンボを発動できます。 特定のステージで使える便利なにゃんコンボでおすすめです。 浮いている敵とエイリアンのみに攻撃• 天使とエイリアンのみに攻撃• エイリアンのみに攻撃• 生産コストは6135円• 移動速度は8と遅め• 射程は430とそれなりに長い• 再生産時間は164. 87秒 デスピエロは特定の敵にしか攻撃できない代わりに、攻撃力がとても高くなっているキャラです。 第3形態に関しては、エイリアン特化ですがDPS2万超えと非常に強いため、未来編・宇宙編で大活躍します。 また、デスピエロは第1形態を 1F攻略と呼ばれる特殊攻略に使うことができ、難しいステージがあっさりクリアできることも。 赤い敵にめっぽう強い• 生産コストは5325円• 移動速度は11で普通• 射程は465と長い• 再生産時間は141. 53秒 ホワイトラビットは赤い敵とエイリアンに強いキャラで、第1形態と第3形態が妨害、第2形態はめっぽう強いです。 第3形態は赤い敵とエイリアンでそれぞれ妨害効果が違います。 赤い敵もエイリアンも日本編~宇宙編くらいまで出現する時が多いので序盤に重宝するキャラです。 また、 ホワイトラビットの大きな強みは射程465という長さで、450を超えると多くの敵に射程勝ちできるようになるため非常に便利。 中盤以降は少し活躍機会が減りますが、おすすめのキャラです。 浮いてる敵に超ダメージ• 天使に超ダメージ• エイリアンと古代種に超ダメージ• 生産コストは5520円• 移動速度は12と普通• 射程は440と長め• 再生産時間は148. 20秒 キャットマンダディは超ダメージ持ちのアタッカーです。 射程440と長めの距離から攻撃できるのもメリットになります。 エイリアンに加えて、第1形態は浮いてる敵、第2形態は天使、第3形態は古代種と多くの属性に対応することが可能。 特に真レジェンドステージから出てくる 古代種の超ダメージは貴重なので序盤~終盤まで活躍してくれます。 射程自体も440あることで、対応していない属性の敵が出てくるステージにも使えるので汎用性が高いキャラです。 黒い敵に極打たれ強い• 黒い敵に極ダメージ• 生産コストは5400円• 移動速度は8と少し遅め• 射程は400で普通• 再生産時間は168. 20秒 超越科学者ヘヴン博士は第1形態と第2形態で壁役かアタッカーかを使い分け可能。 エイリアンと黒い敵は終盤まで多く出てくる属性なので、1体いると攻略がかなり楽になります。 レベル30の状態で、 素の体力が187000、攻撃力が46070なので第1形態なら実質体力が 約130万、第2形態なら実質攻撃力が 約28万と非常に強いです。 攻撃頻度も約4秒程度と多いため、DPSは約1万近く(極ダメージなら6万)という性能。 再生産時間が168秒と長いので倒されると再生産は大変ですが、射程400とそれなりにあるので場持ちはかなり良いです。 ちなみに、黒い敵で厄介な黒蔵やタッチャン、クロサワ監督には射程負けしていますが、そもそもの体力が結構多いので普通に殴り合いで勝ててしまいます。 デメリットとしては、両方を兼ね備えているわけではない点で、火力か耐久力を選ばないといけない部分は少しマイナスですね。

次の

【にゃんこ大戦争】闇英雄ダークヒーローズに超激レア天誅ハヤブサが参戦!

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

天誅ハヤブサ 第3形態 のプロフィール キャラ名:滅殺ハヤブサ 【キャラ説明文】 エネルギーコアの力を極限解放したニンジャは 黒曜の鎧を身に纏い、闇夜を走る疾る。 たまにゾンビを ふっとばして動きを遅くする(遠方範囲攻撃) ・LV30時点での能力 DPS 2054 攻撃範囲 範囲 攻撃頻度 4. 97秒 体力 46750 攻撃力 10200 再生産 108. とにかく前線に速く駆けつけて攻撃してくれる• 遠方範囲攻撃なので奥の敵まで当てる事ができる デメリット• 相手がゾンビなので懐に入られやすい• 混戦時 特にブチゴマさまなどが懐に入ると、簡単にやられる• 体力が少ない• 攻撃面ではめっぽう強いなど無い為、過剰な期待はできない• 天敵はキャベロン 総合評価 実際に使ってみた感想です。 対ゾンビについては3つ思いました。 この性能の為・・・ キャベロンの射程内に 速攻で入ってくれます。 どちらかというと メインキャラと言うよりかは サポートキャラの面が強いです。 使うならハヤブサを守ってあげながら 使用する事が大切です。 それでも組むのなら ・攻撃力系 ・動きを遅くする系 の用途を組むのが得策です。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。

次の

にゃんこ大戦争 キャラ図鑑 天誅ハヤブサ 斬魔ハヤブサ

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

概要 にゃんこガチャの超激レア枠のキャラクターで、ダークヒーローズの一人。 例に漏れずエイリアンに強くステージによって姿を使い分けるユニット。 図鑑 天誅ハヤブサ 一族に伝わる退魔の刀で悪事を裁くニンジャ 胸のエネルギーコアによる超移動で敵をなぎ払う たまにクリティカル 遠方範囲攻撃 斬魔ハヤブサ エネルギーコアの暴走により自我を失ったニンジャは 自らの魂を燃えあがらせ闇を斬る たまにエイリアンをふっとばして動きを遅くする 遠方範囲攻撃 滅殺ハヤブサ エネルギーコアの力を極限開放したニンジャは 黒曜の鎧を身に纏い、闇夜を疾る。 たまにゾンビをふっとばして動きを遅くする 遠方範囲攻撃 性能 どの形態も攻撃回転が良い遠方範囲攻撃、速めの移動速度と7回ものKB数も持ち合わせており動きを遅くするを無効化する。 もちろん第3形態はゾンビが対象とだけあってゾンビキラーを持つ。 その他、ネコ忍者との「ザ・ニンジャ」は移動速度アップ【中】を持ち攻撃力アップ【中】のアイラブジャパンも発動できるのでコンボ要因としても使える。 関連イラスト 関連タグ :超激レアクリティカルキャラ繋がり。 :性能が似ているクリティカルキャラ。 :図鑑の記述やモーションの類似から同じ一族であると思われる。 関連記事 親記事.

次の