彼岸 の 入り 明け。 お彼岸とは|意味やお彼岸にすること,お彼岸はいつするかなど解説

2016彼岸明けはいつ?することやその意味。お供えにするもの

彼岸 の 入り 明け

2019年(平成31年)のお彼岸はいつ??一目でわかるお彼岸日程まとめ表はこちら!! 元号が変わる歴史的記念の年、2019年。 そんな本年を素敵な年にしたいですね。 家族みんなで集まって久し振りに思い出話に華を咲かせるというのも素敵ですよね。 さて、今回は「お彼岸」について調べようと思いました。 そもそも「お彼岸」とは?? 春分と秋分をなか日とし、それぞれ前後3日間、合わせた計7日間の期間を「彼岸」と呼びます。 その初日を「入り」といい、一番最後の日を「明け」と言います。 「寒さ暑さも彼岸まで」とよく言われますが、ちょうど季節の節目になります。 仏教ではご先祖様たちのいる世界を「彼岸」と言い、私たちこちらの世界を「此岸」と呼ぶとされているという話があります。 春分の日と秋分の日は、その彼岸と此岸が通じやすい日と言われ、この時期にお墓参りに行くことが風習とされて来たといいます。 お仕事をしているとお休みではない方も多くいらっしゃるでしょうし、夏休み明けだと新学期も始まり、毎日がバタバタでなかなか思い出せなかったりすることもあるかもしれません。 新生活準備に追われて自分のことすらままならない方もいるでしょう。 毎日日々に、時間に追われて、お墓参りなんて難しい!無理!という状況も当然ありますよね。 遠方ならば尚更。 ですが、時々思い出して、ご実家に電話の一本でもかけてあげて欲しいなぁと思います。 家族で集まってみんなが昔の話で盛り上がって笑っている姿を見ることほど嬉しい手土産はないはずです。 ご先祖様もきっと喜ぶことと思います。 お盆に帰ったばかりだし、ともついつい思いがちですが、電話の1本でも贈り物の一つでも、このページを参考に思い出すきっかけになれたらこんなに嬉しいことはないなぁと思います。

次の

2020年のお彼岸はいつ?春の彼岸入り・秋の彼岸入りの日程を解説|終活ねっとのお坊さん

彼岸 の 入り 明け

2020年(令和2年)のお彼岸はいつからいつまで??一目でわかるお彼岸日程まとめ表はこちら!! 元号が「令和」に変わり、1年1年と新しい時代を歩み始めた今年、2020年。 オリンピックイヤーで閏年。 世界中で東京が熱く盛り上がる本年です。 そんな本年、2020年を素敵な年にしたいですね。 家族みんなで集まって久し振りに思い出話に華を咲かせるというのも素敵です。 さて、今回は「お彼岸」について調べようと思いました。 そもそも「お彼岸」とはなに??なにをする日?? そもそもお彼岸とは?? 春分と秋分をなか日とし、それぞれ前後3日間、合わせた計7日間の期間を「彼岸」と呼びます。 その初日を「入り」といい、一番最後の日を「明け」と言います。 「寒さ暑さも彼岸まで」とよく言われますが、ちょうど季節の節目になります。 仏教ではご先祖様たちのいる世界を「彼岸」と言い、私たちこちらの世界を「此岸」と呼ぶとされているという話があります。 春分の日と秋分の日は、その彼岸と此岸が通じやすい日と言われ、この時期にお墓参りに行くことが風習とされて来たといいます。 お仕事のお休みが取れない方も多くいらっしゃるでしょうし、春休みや、夏休み明けだと新学期も始まり、毎日がバタバタでなかなか思い出せなかったりしますよね。 新生活準備に追われて自分のことすらままならない方もいるでしょう。 毎日日々に、時間に追われて、お墓参りなんて難しい!無理!という状況も当然あります。 遠方ならば尚更です。 ですが、ご実家に電話の一本でも、というきっかけになれたら嬉しいな、と思います。 家族で集まってみんなが昔の話で盛り上がって笑っている姿を見ることほど嬉しい手土産はないはずです。 ご先祖様もきっと喜ぶことと思います。 お盆に苦労して帰ったばかりだしなぁ、ともついつい思いがちですが、電話の1本でも贈り物の一つでも、このページを参考に思い出すきっかけになれたらこんなに嬉しいことはないな、と思います。

次の

彼岸

彼岸 の 入り 明け

「彼岸」は春と秋があり、春の彼岸は3月下旬の春分の日、秋の彼岸は9月の秋分の日を中心にそれぞれ前後3日の7日間です。 地方によって若干の違いはありますが、一般的に彼岸の初日を「彼岸の入り」といい、彼岸の最終日を「彼岸明け」と言います。 日本では、彼岸の時期に先祖供養のためにお墓参りをしますが、この習慣は他の仏教諸国にはない日本独自の習慣です。 「彼岸」の言葉の意味は対岸ですが、仏教語では、現世を此岸、煩悩を解脱した涅槃の境地・理想の境地を彼岸といいます。 もともとは「到彼岸」を意味するサンスクリット語の「パーラミター」から来ている説もあります。 これが転じて此岸(現世)にある者が、修行を積むことにより悟りの世界である彼岸(あの世)の境地へ到達することができるという説もあります。 彼岸明けを迎える前にすること 彼岸明けを迎える前の、彼岸の期間中にすることを説明しましょう。 仏壇の掃除 彼岸のときは、まず自宅の仏壇や仏具をきれいにしましょう。 日常お供えなどをしていても、節目のときには改めてきちんと掃除したいものです。 そのうえで、春の彼岸は牡丹餅を、秋の彼岸はおはぎやお花などをお供えして、仏壇に手を合わましょう。 お墓参り 彼岸にはできる限り都合をつけて家族そろってお墓参りをしましょう。 掃除道具も持参してお墓や周りをきれいに掃除して、気持ちよくお参りしましょう。 法要 彼岸のときはお寺で合同法要が行われることがありますのでそれに参加したり、自宅で僧侶を招き個別に法要を行うことも良いでしょう。 彼岸明けの日にお墓参りをしていいの? 彼岸明けの日は、彼岸の最終日ですがまだ彼岸の期間内ですので、この日にお墓参りすることに問題は全くありません。 また、仕事が忙しくて彼岸の期間中にお墓参りできないこともあるでしょう。 そのようなときは、彼岸明けでも良いのでお墓参りできる時にお墓参りに行かれると良いでしょう。 どうしてもお墓参りに行けないときは、ご自宅で故人を偲びましょう。 もちろんお墓参りできればそれに越したことはありませんが、大事なことは折に触れ故人や先祖のことを思い出して心を込めて供養することです。 カテゴリーから記事を探す• 関連用語•

次の