メギド。 『メギド72』新トランス・ネクロの効果を解説! 倒れて蘇生でパワーアップ [ファミ通App]

メギド72 公式サイト|絶望を希望に変えるRPG

メギド

使用頻度も高くなりやすいメギドなので、攻略が進んでいる人は、 最優先で交換を進めていきたい。 揃えられるとかなり恩恵が大きいので、火力を伸ばしたい人は要注目です。 上記3体は使用機会が多めなので、初心者にもオススメしやすい。 Point! いずれも序盤だけではなく、後半の攻略でもお世話になるメギドです。 霊宝を作る前提なので、やや上級者向けの選択といえるだろう。 Point! 霊宝前提なので、初心者には交換を勧めづらいかなという程度です。 また、造花による奥義Lv上昇は攻略上必須になるほどの差ではありません。 好きなメギドがいるならそちらを優先した方が幸せになれると思います。 オーブや素材は交換するべき? オーブはメインクエで入手できる 造花と交換できるオーブ それぞれの入手場所と攻略記事 売却や合成してしまった人向け ラインナップしている上記のオーブはメインクエストのクリア報酬で個数限定で入手できるオーブ。 造花での交換は売却や合成に消費してしまった人向けで、 基本的には交換はおすすめできない。 Point! 2月分のオーブ3種類は、 メインクエストから十分な個数を確保できます。 クリアができない場合は是非攻略記事を参考にしてみてください。 素材の交換は非推奨 造花の入手量は有限 毎月更新される素材は、霊宝の作成素材の一部が多い。 確かに入手に苦労するものも多いが、いずれも各種クエスト周回により入手できるもの。 有限資材である造花を使って交換するのはオススメできない。 Point! どうしようも無い状況を除き、メギドと交換するのがオススメです。 月1でラインナップが更新される 星間の造花交換所は月に1回ラインナップが更新される。 初期メギドやメインクエストで加入する メギドの奥義Lvを上げるアイテムや、入手手段が限られるオーブ、霊宝作成に使う素材・贈り物などが並んでいる。 星間の造花の集め方 討伐クエストをクリアすると集められる 『星間の造花』は討伐クエストを捕獲・撃退すると入手できる。 獲得できる量は大幻獣の種類や難易度で獲得量が変動する。 急いで集めたいときは、ポルターガイスト以降で自分がクリアしやすい物を周回するのが良さそうです。 獲得できる量には上限がある.

次の

ステージ67ボス「カイル」攻略

メギド

技の内容が強化されるだけではなく、 強化効果が延長されているのも強みだ。 直近のピックアップメギド 赤字は各メギドの主な役割です。 仮に同様のスキルを持つメギドであったとしても、奥義や特性、ステータスやME等で 明確に差別化ができます。 一つの軸で優劣を付ける意義・妥当性が少ないというのが大きな理由の一つです。 人によって好みはあると思いますが、断定することは難しいかと思います。 メギド同士で性能の優劣を付けようとすること自体が的外れだと考えています。 「メギドはそれぞれ個にして一つの種」という設定はゲームシステムにもしっかり現れています。 "汎用性の高さ"だけでは評価できない 多くの場面で活躍できる「汎用性が高い」メギドは確かに存在しています。 「相性が良いメギドが多い」、「活躍できるクエストが多い」、「単体でも活躍できる」など理由は様々ですが、それのみで 他メギドとの相対的な評価を付けることは難しいです。 Point! 「汎用性の高さ」は確かに長所の一つとして上げられる点ではありますが、「汎用的ではないメギドが弱い」というわけでは全く無いのです。 Point! 100体程度のメギドを触っていて感じることですが、どれが最強と断言するのは正直無理です。 純粋に 好きなキャラが弱いと言われたら不快に感じるということも加味し、最強キャラランキングは作らないことに決めています。 Point! 読んで不快に感じることが無いよう、極力気をつけるようにはしているのですが… 皆さんが読んでいて「ムムッ」と感じた部分は記事下部の意見・指摘からお声を頂けると嬉しいです。 できる限り誠実に対応させて頂きます! 設定的な最強は「アスモデウス」? Point! 他のメギドにも怖がられてますからね… 設定面で誰が最強?って言われたら「アスモデウスかなぁ…」と答えちゃいます。 「最強」の定義次第で答えが変わるところではありますが。

次の

【メギド72】ブレイクとは?|発動条件と強い点・弱い点

メギド

強化効果には ダメージ軽減と攻撃力、防御力、素早さが上昇する ステータスアップのふたつが存在し、ダメージ軽減効果は無条件で恩恵を受けることができる。 ステータスアップは、 一度戦闘不能になって蘇生したメギドのみに発生するため、蘇生を前提として活用していく、長期戦型のトランスと言える。 覚醒スキルで自動蘇生の効果を付与できるが、自動蘇生を付与する前に倒れた仲間を蘇生させる手段は持っていない点に注意。 蘇生手段を確保せよ! ネクロを使いこなすうえで重要なのは、蘇生手段をしっかり確保すること。 蘇生要員がひとりだけだと、そのメギドが倒された際に持ち直せなくなってしまう可能性があるので、蘇生を行えるオーブなども使って 複数の蘇生手段を用意したい。 技での蘇生こそできないものの、オーブの発動ターンを短縮できるフォラスなら、蘇生系オーブでの蘇生を短いスパンで行える。 技やオーブによる蘇生のほかにも、マスエフェクトを利用した蘇生や、特性による蘇生を活用するものアリ。 ユフィール(カウンター)のレイズギフトと、 蘇生と同時にアタックフォトンの追加を行うフェニックス(カウンター)を組み合わせれば、 蘇生からの奥義発動という展開も可能になり、ネクロならではの戦いかたを楽しめる。 ネクロパーティーを組む場合は ほかのトランスを発動するメギドやオーブはなるべく起用しないほうがいいだろう。 ネクロパーティーの例 ネクロを軸にして戦う場合、戦闘不能直前や蘇生直後など、HPが低くなる場面が多く生まれてくる。 そのため、HPが一定以下のときに発動する特性や、HPの減り具合に応じて効果が変化する技を持つメギドと組み合わせていくのがいいだろう。 自動蘇生やレイズギフトを付与できるユフィール(カウンター)が活躍するのはもちろん、リジェネレイト前のユフィール(バースト)もネクロパーティーを支える柱となれる。 メギドの奥義をおもな蘇生手段とする場合は覚醒ゲージの消費が激しくなるため、蘇生してから戦闘不能になるまでが短くなる状況なら、ユフィール(バースト)の味方単体の 覚醒ゲージをマックスにできる覚醒スキルはかなり重宝するだろう。 以下にパーティー例を紹介していこう。 なお、記載しているメンバー以外は自由枠となる。 ベレトの覚醒ゲージはユフィール(バースト)の覚醒スキルで貯めるといいだろう。 なお、ベレトは専用霊宝を着けているとバーサーク状態での覚醒スキルで怒闘を発動させてしまうため、この編成にする場合は専用霊宝を外しておこう。 命がけのネタパーティーも!? レイズギフトやデスギフトを活用するパーティーとしては、 戦闘不能に関係した技や特性を持つメギドを組み合わせてみるのもおもしろい。 ネクロを扱う場合はどの組み合わせにも言えることだが、攻撃のタイミングによっては全員生存クリアーにならないこともあるので、金冠ゲットを目指す場合は攻めかたをよく考えよう。 かなり人道に反する気もするが、悪魔なのでセーフ……? 死と再生の新戦術を楽しめ! 戦闘不能の回数に応じて強化されるというネクロは、これまで登場してきたトランスのなかでもユニークな戦術だ。 一度戦闘不能になれば恩恵を受けられるため、協奏や怒闘、バレットアーツに比べるとアタッカーなどを選ばないため、 より自由度の高いトランスになっている。 蘇生手段が用意できる状況であれば、積極的にネクロパーティーを考えてみよう。

次の