曹操 オセロニア。 「逆転オセロニア」,イベント“希望の唄“に新キャラが9月5日に追加

『逆転オセロニア』で「希望の唄

曹操 オセロニア

この記事のもくじ• 絶望決戦イベントの攻略方法に関する記事はこちら。 進化と闘化がありますので性能を見ていきましょう。 新しく追加された竜の絶望キャラです。 [進化]曹操は闘化ベルーガと進化レヴメナスを足して2で割ったようなキャラとなります。 比べてみましょう。 9倍 1670 なし スキル発動が1枚返し時のみのなので、使い勝手が闘化ベルーガには圧倒的に劣ると思います。 さらにコストが30というのがちょっと厳しいですね。 スキルは非常に強力な性能なのですが、コスト30を割く価値がある程の威力かと聞かれたらかなり微妙なラインだと思います。 特にベルーガを持っている方や貫通スキルキャラをたくさん持っている方であれば、コスト30を割いてまでスタメン入りは厳しいでしょう。 また、1枚返しのみという条件も汎用性がかなり落ちるため、残念に思います。 同じく1枚返し限定のスキルを持った景光を思い出しますが、最近ではあまり見かけなくなりました…… 進化レヴメナスも見かけることはほとんどありませんよね…… 1枚返しスキルは初手で出せれば非常に強力なのですが、2ターン目以降からはスキル発動条件がないキャラの方が立ち回りやすいのが原因の1つでしょう。 もちろん使える場面もあるのは間違いないです。 しかし、闘化ベルーガのように安定して勝負所で使えるキャラを活用したほうが、勝率は上がるのではないかと思います。 コンボスキルは2枚以上返しで発動できるバフスキルです。 8倍と非常に強力なコンボスキルを持っています。 スキル、コンボスキル共にリンク条件はありませんので混合デッキでも使える点は非常に嬉しいですね。 1枚返し時は2倍のバフと高いATKを持ったキャラなので強いのは間違いないです。 しかし、コストが30な所、1枚返ししかできないので2枚返し以上で得られる1. 2倍ずつのバフ効果をつけれない所が残念ですね。 3倍のバフ効果」となります。 このスキルは進化ノイレと同じ効果ですね。 進化ノイレを使った事がある方は分かるかと思いますが、非常に強力なスキルです。 1ターン限定とはいえ、アムルガルや進化デネヴ、アリババなどの強力なアタッカーに貫通スキルが付与されるわけですからね。 闘化ノイレさえも貫通させる事ができる夢があるキャラだと思います。 貫通スキルを持っているキャラの特徴は、貫通スキルを持っていないキャラよりもバフ倍率が少ないことです。 なので、一般的に貫通スキルを持っているキャラは、貫通スキルを持っていないキャラに比べると火力が低いことが多いと言えます。 そんな優秀なアタッカーに貫通スキルをつけれると手に負えないぐらい強力です。 さらに、1. 3倍のバフまでつけれるのでさらに強力なダメージを期待できますね。 コンボスキルも非常に優秀です。 囁き系のスキルで最大1. 8倍というバフ効果をかけれます。 コンボスキルはリンクがありますので注意が必要ですね。 進化ノイレを持っている方は闘化曹操はコストが30なので、スタメンに入れにくいでしょう。 しかし、持ってない方はどんどん使う価値があるキャラだと思います。 デッキ編成する際には竜駒10枚以上のデッキだとスキルもコンボスキルも活かしやすいデッキになるでしょう。 シルバーエクレール杯で猛威を振るいそうなキャラクターですね。 オセロニア 曹操 基本パラメーター [乱世の奸雄] 曹操 ステータス 【進化前】MAX 【進化】MAX HP 1368 1678 ATK 1484 1762 スキル スキル 覇者の強 【進化前】最大Lv 3 【進化】最大Lv 5 効果:Lv1 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 2倍になる。 このターンの与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv2 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 4倍になる。 このターンの与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv3 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 6倍になる。 このターンの与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv4 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 8倍になる。 このターンの与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv5 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が2倍になる。 このターンの与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル スキル 唯才是拳 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 6倍になる。 効果:Lv2 攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 7倍になる。 効果:Lv3 攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 8倍になる。 1倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv2 [貫通]攻撃力アップ:盤面で表になっている2ターンの間、自分の竜駒のATKが1. 2倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv3 [貫通]攻撃力アップ:盤面で表になっている2ターンの間、自分の竜駒のATKが1. 3倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル スキル 武帝の覇気 【闘化】最大Lv 3 効果:Lv1 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていると発動できる。 このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 6倍になる。 効果:Lv2 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていると発動できる。 このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 7倍になる。 効果:Lv3 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていると発動できる。 このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 8倍になる。

次の

三国志演義の最強武将の私選ランキングトップ10

曹操 オセロニア

ATK1100以上を意識 1100未満のダメージを与えた際に発動する、即死級ダメージカウンターが出現。 手駒と盤面によっては敗北を避けられないため、オーラバフ持ちを活用する、できるだけ多くの駒を返すなどで対策したい。 オススメの駒 蘭陵王 最大1. 3倍のオーラバフ。 デッドラインであるATK1100以上を保ちやすい。 アリス(進化) 封印マスを通常マスに変換。 神リーダーに刺さるコンボスキルも非常に強力。 ヘンリー・バニー 手駒にあるあいだに最大1. 4倍のバフ。 蘭陵王と合わせれば大ダメージ。 ジャバウォック 2ターンにわたり発動するバフと最強クラスのバフコンボを所持。 ハンプティ 全属性強化マスをランダムで敵用ダメージマスBに変換。 ステージ1で大ダメージを狙える。 ドルダム&ドルディー 封印マスを通常マスに変換。 アリス(進化)に近い性能を持つ。 チェシャ猫 表になっている2ターンのあいだバフ。 即死カウンターを防ぎやすい。 アズリエル 強力な毒とコンボスキルがダメージソースに。 神染めでない場合は編成しておきたい。 織田信長(闘化) 敵用ダメージマスBを生成。 コンボスキルも含め、活躍の場が多い。 デッキ構築例1(特攻駒使用) 【ステージ専用駒】 左上:貫通付与 右上:アンデッド 左下:ダメージ1100以下の際に 10000%カウンター 右下:9ターン後に敵駒のATK2. 5倍 ステージ1と同様、1100以下のダメージに注意。 アリス(進化)が出現しないため、1100を下回ってしまう場合は全属性強化マスを利用して乗り切ろう。 なお、封印マスはスキルこそ封じられるが、コンボスキルは問題なく使える。 マス変換スキルがない編成の場合は、辺に強力なコンボ持ちを置き、大ダメージを狙うのもアリだ。 ただし、アウロラが特殊ダメージを大幅に下げてくるため、神デッキはダメージを与えにくい。 アウロラのスキルが終了したタイミングを見計い、決定打を放とう。 オススメ定石の例.

次の

三国志演義の最強武将の私選ランキングトップ10

曹操 オセロニア

曹操(そう そう Cao Cao 155年 - 220年)は中国後漢末の武将であり政治家、詩人である。 字は孟徳、沛(はい)国(しょう)県(現在の安徽省亳州市)の出身。 幼名は、阿瞞また吉利。 廟号は太祖。 謚号は武皇帝。 後世では魏武帝、魏武とも呼ばれる。 父は曹嵩。 曹嵩は夏侯氏であったが中常侍・大長秋曹騰の養子となり曹氏を継いだ(高位の宦官は養子をとって家名を存続することが可能だった)。 曹氏の先祖は前漢の平陽侯曹参とされるが、疑わしい。 後漢・三国時代の人物批評家許子将は、曹操のことを「治世の能臣、乱世の姦雄」と評した。 演義では、「爪黄飛電」・「絶影」を愛馬とし、対となす宝剣「倚天の剣」・「青紅の剣」を作らせる。 (「絶影」は実際にも乗っていた。 影もとどめぬという意味)。 三国志人物「曹操」の生涯 群雄割拠、実力が上昇 祖父の曹騰は後漢の順帝の時から桓帝の四代の皇帝に宦官として仕え、大長秋まで昇りそれなりの財を築いていた。 父曹嵩はその金で太尉の地位を手に入れた。 曹操が生まれた頃の後漢朝は権力を握った宦官とそれを憎む士大夫の間で激しい暗闘が繰り広げられていた。 この戦いは常に皇帝を握っている宦官が有利だったが、184年(中平1)の黄巾の乱の勃発により状況は一変し、武力を握ることが権力の条件となった。 その後、董卓が朝廷を牛耳ると洛陽から脱出し、各地の諸侯に連合を呼びかけ、袁紹を盟主として挙兵。 連合軍は董卓の軍を破るが、董卓が洛陽に焦土戦術をかけていった事から戦意を失い、諸侯は兵を持ったまま各地に散らばっていった。 事実上この時点で後漢は滅び、群雄割拠の時代となった。 この時期に曹操は黄巾軍の残党30万を降して自らの兵力とした。 これ以降、曹操の実力は大きく上昇し、諸侯の間でも注目されるようになった。 193年、天下制覇の中途で徐州の牧陶謙に父親を殺された恨みから、徐州大虐殺を引き起こす。 この時、徐州には鶏や犬でさえ鳴く者はおらず、死体のため河が堰き止められたというほどの惨状であった。 この虐殺により曹操は極めて大きな悪評をこうむることになり、『三国志演義』において曹操が悪役扱いされることの根源となった。 192年、董卓が呂布に暗殺された後は、呂布らを追った李? らが朝廷の実権を握っていた。 しかし、李? らは常に内紛を続けていた。 後漢帝室の威光を背後に付けて有利に政戦略を展開し、呂布、袁術、張繍といった諸侯を制圧。 張繍は降伏したのち再び反逆し、張繍軍の襲撃のため長男の曹昂らを失った。 曹操自身と愛馬の絶影もこの時負傷したという。 その後、曹操と河北を制圧した袁紹の対決が必至となると、張繍は再び曹操に降伏し、曹操も快く迎え入れた。 官渡の戦いで魏・呉・蜀三国割拠 200年に官渡の戦いで最強の敵である袁紹を破り、その死後、華北(中国北部)を統一した。 204年(建安9)、袁氏の本拠である(現在の河北省臨[シ章][りんしょう])を攻め落とし、ここに本拠地を移す。 207年、袁氏に味方する烏丸(うがん)族を討ち、袁氏一族を滅ぼした。 曹操の実力は圧倒的な物となり、残るは荊州の劉表、呉の 、蜀の劉璋、漢中の五斗米道、関中の馬超を筆頭とした群小豪族、寄る辺の無い劉備だけとなった。 曹操は三公制を廃止し、自ら丞相となり天下統一への道を固めた。 曹操は15万の軍を南下させ、病死した劉表の後を継いだ劉[王宗]を降し、長江を下って呉へ攻め込もうとした。 呉の大将は 、呉と の連合軍は5、6万と推定される。 208年(建安13年)12月、赤壁の戦いが起こり、呉軍の策略に引っかかった曹操軍の軍船は火攻めにあい、撤退を余儀なくされた。 これにより中国全土統一の事業は頓挫し、その後に劉備が蜀の劉璋を降した事により、魏・呉・蜀の三国が割拠することとなった。 魏を建国 213年に魏公となり、216年に魏王に封じられ、後漢の配下の王国という形で魏を建国。 献帝には権力は無く、実際には後漢をほぼ乗っ取った形であったが曹操は最後まで帝位にはつかず後漢の丞相の肩書きで通した。 簒奪の意を問われた曹操は「自分は(周の)文王たればよい(文王は殷(商)の重臣として殷に取って代われる勢力を持っていたが死ぬまで殷に臣従し、殷を滅ぼした子の武王によって「文王」を追号された)」としてその意を示唆したともいう。 220年、死去。 遺言では戦時であるから喪に服すのは短くして、墓に金銀を入れてはいけないと言った。 死後、息子の曹丕が後漢の献帝から禅譲を受け皇帝となると、太祖武帝と追号された。 ほかの三国志人物.

次の