ロボ アドバイザー 実績。 全ロボアドバイザーを比較!2020年6月あなたに最適なおすすめがわかる!

WealthNaviの運用実績|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

ロボ アドバイザー 実績

おすすめPOINT• 預かり資産2,000億円を超えたロボアドバイザー業界のトップ• 運用実績やコスト面の対応も抜群• ウェルスナビだけの「 長期割」や 「DeTAX(税金自動最適化)」があり最終的に自分の手元に残るお金を多くする仕組みがある 総合ランキング第1位は文句なしの です。 ウェルスナビはロボアドバイザー業界でNO. 1のシェアと実績を誇るロボアドバイザー。 ロボアドバイザー業界で初の 長期運用者に対する割引制度や、 自動で税金を最適化してくれて最終的に手元に残るお金を増やしてくれる仕組みも備わっています。 運用実績はまったく問題なしで、 好パフォーマンスが期待できます。 2020年2月に預かり資産2,300億円を達成し業界のトップを走っています。 ウェルスナビ熱が超あがってますね! ロボアドバイザーの中ではまずおすすめしたい。 おすすめPOINT• 1万円からお手軽に始められ、運用実績も抜群• dポイントが貯まる!使える! THEO(テオ)の特徴は 好パフォーマンスの運用実績に加え、1万円から始められるお手軽さ。 直近では、手数料割引制度や税金自動最適化制度がリリースされウェルスナビを追随しています…! まず試しにロボアドバイザーを始めてみたい・コスト抑えたいという方はTHEO(テオ)がおすすめです。 テオも実際に運用中。 最新実績は、 でぜひ確認してください。 テオの公式サイトは洗練されたデザインで本気度を感じます。 また、スマホアプリももちろんリリース済み。 出先でも運用結果が確認できたりとロボアドバイザー専門会社としてバツグンのサービス体制です…! おすすめPOINT• TVT機能という損失リスクを限定的にする独自のサービスがある• 証券会社が運用しているので安心感あり 楽ラップは 今勢いのある楽天証券が展開するロボアドバイザーです。 さらに証券会社が展開しているので、なにかとかゆいところに手が届くサービスで、リバランス状況や運用状況を随時更新しているので安心して運用できます。 TVT機能は相場下落時のショックを和らげる、つまり損失リスクを限定的にしてくれる機能です。 ロボアドバイザーは基本的に安定を求める方が多く、理にかなった機能ですね。 また楽天証券は楽天スーパーポイントで投資ができたりと、証券会社としてもかなり使い勝手がいいのでとりあえず登録しておいて損はありません。 ウェルスナビがおすすめな3つの理由• ローリスク・少額から始められる!• 忙しい方にはぴったり!全自動で運用• 他のロボアドバイザーになないコスト削減(長期割・DeTAX) ロボアドバイザーランキングでもっともおすすめだったのは、 ロボアドバイザーのウェルスナビという結果になりました! 忙しい方・これから資産運用を始める方にはぴったり の全自動、ローリスク、そして少額から始められる点がポイントです。 さらに他のロボアドバイザーにはない、コスト削減の取り組みがあり、業界No. 1の実力をみせています…! 長期的に運用することでリスク・リターンともに安定してきますので、早めの投資がおすすめです。 登録は無料。 はじめようと思った今がチャンスです…! [WN:アフィまとめ] ロボアドバイザー:機能・サービス比較 初心者でも カンタンに、気軽にサービスが使えるかどうかを比較します。 スマホアプリがあってケータイでも使いやすいか、積立サービスは自動になっているか、税金(確定申告)は必要かどうかの使いやすさを比較しています。 初心者にとって使いやすいかどうかも判断材料のひとつです。 楽ラップはスマホアプリはありませんが、 サイト画面の使いやすいなどは抜群です。 現在の主流は 投資一任型と呼ばれるロボアドバイザーで、入金さえすれば購入からリバランスまですべて自動で運用を行ってくれます。 皆さんは投資経験はありますか? 投資した経験がある方はわかると思いますが、人には感情があり、 人の感情が投資判断の邪魔をして誤った投資をしてしまうことがよくあります。 特に 投資初心者の方に多いです。 (慌てて買ってしまったり、利確タイミングを逃したり…。 ) そのような投資判断に邪魔な感情をなくし、過去の値動きなどを踏まえて 自動で最適な運用をしてくれるのがロボアドバイザーなのです。 こんな方におすすめ 資産運用に興味はあるが始め方がわからないし、うまく投資できるか不安 お試しで少額からはじめてみたい 忙しくて投資先や運用プランを考える時間がない 業界最大手の は預かり資産1,800億円突破しました。 ロボアドバイザー人気がかなり高まっています! ロボアドバイザーの分散投資を開始して2週間。 その資金の何倍かの金額の定期預金の利息相当を越えそうな勢いだったので定期預金を解約した。 リスクはあるけど運用した方が効率いいわ。 預貯金はすぐに必要な分だけにしよう。 残りは投資。 — 明日葉 涼(りょう) sleepist ロボアドバイザーの種類:アドバイス型と投資一任型 ロボアドバイザーには2種類の大きな仕組みの違いがあります。 この画像でカンタンに説明します。 アドバイス型・・・運用提案まで行ってくれる。 買付けやリバランスは自分で行う必要がある。 手間はかかるがメリットしては手数料が安い。 投資一任型・・・運用提案から買付けやリバランスまですべて行ってくれる。 つまり、 入金さえすれば運用からすべて自動で行ってくれます。 現在の主流は、この投資一任型となっており、 これから始める方にはぜひ投資一任型をおすすめしたいです。 アドバイス型は、結局購入などは自分でしなくてはいけないので少しハードルが高いです。 その点、 投資一任型はすべて自動なので本当に自分ですることがありません。 これが投資初心者におすすめする理由なのです。 デメリット• 損失する可能性がある• リスクが大きければそれに見合ったリターンが得られますが、マイナスになる可能性も高いということ。 その点、 ロボアドバイザーは世界分散投資で、自動でリバランスしてくれるので非常にリスクは低くなっています。 状況に応じてポートフォリオの現金比率を増やし、含み損にならないような対応もしてくれます。 リスクを抑えながらも、過去25年のシミュレーションを見てみると、そのまま貯金していた場合と比較して 約2. 4倍の成績となりリターンも期待できます。 会社員の方は、日中は会社に出社しなかなかトレードができない状況ですよね。 ロボアドバイザーは自動で運用してくれますので、特にやることはなくほったらかしで運用ができます。 いつも忙しいサラリーマンの方や主婦の方にはぴったりのサービスです。 THEO(テオ)についてはなんと 1万円から運用することができます。 運用初心者の方には、お手軽に投資できるのがありがたいですね。 質問結果から「リターン重視」や「リスク回避」などのパターンがあり、 リターン重視なら株式の比率が高くなったり、リスク回避なら債権の比率が高くなったりと最適なポートフォリオにしてくれます。 各社の運用実績を見ると一番実績がいいのはやはり「リターン重視」のポートフォリオですね。 ロボアドバイザーだけでなくすべての投資でリスクはあるものです。 ウェルスナビ報告。 ロボアドバイザーは基本的に長期運用となるので最終的にプラスになっていればよく、 短期的なマイナスは気にする必要はないですよ。 運用開始した時期によってマイナスになることがあるかもしれませんが、マイナスになったとしても一喜一憂することはなく淡々と積み立てていきましょう。 自分でETF等で運用すれば0. 3〜0. ただし、自分で運用した場合はリバランスや買い増しなど自分で管理しなければいけいのでほったらかしにすることはできません。 ロボアドバイザーは、 手数料が高い分、完全ほったらかしOKです。 自分でリバランスしたり…。 と考えると安いですよ。 自分で運用することを考えたら安いものだと思っています。

次の

【2020年】ウェルスナビの運用実績が予想外!ブログで130万円使った結果を公開しちゃいます

ロボ アドバイザー 実績

まず結論!ロボアドバイザーのおすすめはコレ! まず結論を伝えますと、 私が選び抜いたロボアドバイザーは次の5つです。 サービス名 WealthNavi(ウェルスナビ) THEO(テオ) ワンコイン投資 THEO+docomo 楽ラップ ビジュアル 目的(選び方) 人気No. 1 始めやすさと機能性 LINE Payユーザー ドコモユーザー 楽天ユーザー 積立投資 自動 自動 自動 自動 自動 メンテナンス 自動 自動 自動 自動 自動 分配金の再投資 自動 自動 自動 自動 自動 投資最低額 10万円 10万円 500円 1万円 自動 トータル手数料 0. 上記をタップすることで今すぐ説明に飛べます。 まず、「ロボアドバイザー選びに大事なポイント」を解説します。 初めに:ロボアドバイザー選びに大事な「長期・分散・積立投資」 「将来のためにロボアドバイザーで資産を作りたい!」と決意したのに、次の事で悩んでいませんか? ・ロボアドバイザーの種類が多すぎてわからない ・何を基準に選べばいいか分からない 私はロボアドバイザーを使い始めて約2年半経ちますが、 はじめた頃は運用実績がマイナスになったりと、 このロボアドバイザーで本当に大丈夫だったのかなぁ・・・と心配になりました。 しかし、事業者様から直接話を聞いたり、金融庁が出している資料を読むと 「長期・分散・積立投資」を行えば、どのロボアドバイザーでも資産形成できることがわかりました。 実際、金融庁が2017年10月25日に公表した「平成28事務年度金融レポート」では、 家計が安定的な資産形成を行うためには、長期・積立・分散投資を促していくことが有効と 考えられる。 (引用:) つまり、長期・分散・積立投資を自動で行ってくれるロボアドバイザーを選べば失敗しにくいと言えます。 「長期・分散・積立投資」とは? 『長期的に世界中に資産を分散させながら、定期的にお金を積み立てていく投資方法』です。 長期投資 長期投資は長期で投資をすること。 10〜20年スパンで投資すると考えましょう! なぜなら金融庁が作成した資料()で次のように示されているからです。 また 分散させる対象は日本を含めた世界である必要があります。 なぜなら世界経済の方が日本経済より高い成長率だからです。 金融庁も下記のように公表しています。 ポイント1.完全放置で「自動積立」と「自動メンテナンス」と「分配金の再投資」ができるか ロボアドバイザーでは、完全放置で「(1)自動積立」と「(2)自動でメンテナンスと分配金の再投資」ができることに注目してください。 (1)自動で積立投資できるロボアドバイザーを選ぼう 「長期・分散・積立投資」のうち、長期投資とは続けることなのであなた次第。 分散投資はほぼ全てのロボアドバイザーが行うのであまり比較はできません。 そこで、 大事なのは自動で積立投資ができるかです。 自動設定ができるロボアドバイザーなら、 一旦設定しておけばあとは勝手に投資を行ってくれるので「今月は積立投資を忘れてた。。。 」という心配はありません。 (2)自動でメンテナンスと分配金の再投資ができることが重要! 金融商品の売買やメンテナンス、分配金の再投資を自動で行ってくれるロボアドバイザーを選びましょう! 投資した金融商品に対する定期的なメンテナンスはしっかり行っておかないと、 ロボアドバイザーが作ってくれた理想的な資産配分が崩れ、損失が出やすくなってしまいます。 このリスクを避けるためには、 定期的なメン テナンス(専門用語でリバランス ) を自動でできることが重要です。 また、投資した金融商品には株式や債券も含まれているので定期的に分配金(配当金)が発生します。 投資は元本が多いほどリターンが大きくなります。 その為、 この分配金を自動で再投資し、投資元本を増やした方がより高い収益を狙えるのです。 (専門用語で複利効果) 因みに、ロボアドバイザーの中には、投資銘柄だけをオススメしてくれる アドバイスタイプのロボアドバイザーも有りますが、おすすめしません。 金融商品の売買やメンテナンス、分配金の再投資を自分で行わなければならないので、初心者向きではありません。 ポイント2.手数料が安いかどうか どれだけ手数料を安くできるのかは将来のリターンに関わってくるので重要です。 手数料割引や税金最適化など手数料を軽減できるサービスがあるかに注目しましょう! ポイント3.あなたのライフスタイルに合った特徴があるかどうか 「少額からコツコツ投資ができる」「ポイントが貰える」など、あなたのライフスタイルに合った特徴があるかにも注目しましょう! この記事で紹介しているロボアドバイザーはどれも自信をもっておすすめできます。 そのため、 最後はあなたのライフスタイルに一番最適なものを選ぶというのもオススメです。 オススメのロボアドバイザーを順番に解説します! 上記を踏まえて、本当におすすめできるロボアドバイザーを目的別で5つ厳選しました。 どれにしようかとお悩みであれば、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。 上記をタップすることで直ぐに説明に飛べます。 それぞれのロボアドバイザーが「 なぜおすすめなのか」を順番に説明していきますね。 人気No. ただし必ず適応されるわけではない。 預かり資産残高と運用者人数がロボアドバイザーでNo. 1です。 顧客目線が非常に優れており、手数料割引や税金の最適化、またキャンペーンも豊富です。 長期・分散・積立投資が効率よく自動化できる環境がしっかり整っているので、 ロボアドバイザー選びに困ったら、とりあえずウェルスナビを選んでおけば大きな失敗はないでしょう。 実際にどんなところが良いのか、次の3つの項目に分けて見ていきましょう。 圧倒的預かり資産残高と透明性の高さ• 長期投資を応援する「長期割」• 税金の最適化ができる「DeTAX」 特徴1 〜圧倒的預かり資産残高と透明性の高さ〜 預かり資産2300億円、280,000件以上の申込有り(2020年2月13日時点)。 共にロボアドバイザーとしてNo. 1! 多くの顧客に利用されているのは信頼の証です。 また、運用実績や投資の際にかかるETFの経費など、情報開示も徹底的に行なっているので透明性が高いです。 サイト等もユーザーに不安点がないようにしっかりと設計されており、 徹底したユーザー 目線が光ります。 特徴2 〜長期投資を応援する「長期割」〜 長期割は、50万円以上を運用している場合、運用期間と運用金額に応じて、6ヵ月ごとに手数料の割引が発生するサービスです。 これにより、 基本手数料が最大で0. (税別) あなたの長期投資を応援してくれるサービスですね。 特徴3〜税金の最適化ができる「DeTAX」〜 ウェルスナビには「 DeTAX(デタックス)」という機能があります。 配当やリバランスなどによって生じる税負担を、含み損を実現し相殺することにより翌年以降に繰り延べるサービスです。 (引用:) わかりやすく説明すると、 その年の税金負担を先延ばしにして、税金を少なくする機能です。 注意点としては、毎年必ず適応されるわけではなく、あくまでウェルスナビが税金を減らせると判断した場合のみ行われるということです。 実はこの機能がすごく、では、「多くの場合、「DeTAX(デタックス)」の機能により年間0. 4~0. 6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。 」と回答しています。 まとめとお得なキャンペーンについて WealthNaviは長期・分散・積立投資が自動でできる環境がしっかり整っているので、 ロボアドバイザー選びに迷った場合は、とりあえずウェルスナビ を選んでおけば大きな失敗はないでしょう。 また、弊サイトはWealthNaviとを行っております。 マネとも!からWealthNaviを申し込むことでお得になるので、こちらもチェックしましょう! WealthNaviの詳しい解説はこちら「」 4. ただし必ず適応されるわけではない。 また、1万円から投資ができるので 少額から始めてみたい!という人にもぴったりです! 実際にどんなところが良いのか、次の4つの項目に分けて見ていきましょう。 投資初心者や未経験者から人気• 高レベルの投資を行う• 税金の最適化ができる「THEO Tax Optimizer」 特徴1. 投資初心者や未経験者から人気 THEOはお試しで始めてみたいと考えている 投資初心者や未経験者から人気です。 特徴2 〜高レベルの投資を行う〜 THEOでは、 常にあなたに最適な資産運用を提供し続ける投資方法を採用しています。 THEOは、231通りのポートフォリオ(金融商品の資産配分比率のこと)の中からあなたに最適な30種類以上のETF(上場投資信託)を選び投資を行います。 (世界86カ国のべ11000銘柄) また、月ごとにポートフォリオを最適な状態に戻すリバランスも行います。 また、年齢の上昇などに応じて、定期的に投資銘柄の変更も行ってくれます。 加えて、リーマンショックなどの 急激な下落時は、AIアシスト機能が事前にSNSなどの情報をキャッチして、ポートフォリオの資産配分を自動で変更し、大きな下落を軽減します。 このような高機能の投資を行うのがTHEOの特徴です。 これと 同様の資産運用を個人で行うことはほぼ不可能です。 この 投資手法ができるロボアドバイザーはTHEOしかなく 最も高機能のロボアドバイザーと言えます。 長期での活用にありがたいサービスです。 特徴4 〜税金の最適化ができる「THEO Tax Optimizer」〜 THEOは、独自の「THEO Tax Optimizer(テオ タックス オプティマイザー)」という機能があります。 簡単に説明すると 本来は必要だった税負担を自動的に軽減してくれる機能。 具体的には、「 税金の支払いを先送りにして今年の税負担を軽減する。 さらに 翌年以降の税負担を今年中に相殺して軽減する。 」ことを自動的に行います。 これはTHEOが 2000円以上の軽減効果があると判断した場合のみ行われます。 THEO Tax Optimizerってどれくらいの効果があるの? のTHEOに対する取材記事によると「スチュワートボックス氏は、2018年についてシミュレーションしたところ、 預かり資産に対して平均で0. 」とあります。 まとめとお得なキャンペーンについて 始めやすくて、高機能なロボアドバイザーで投資がしたい!とお考えの方にはTHEO(テオ)がオススメです! THEOを申し込む際はお得なを活用してくださいね。 THEOの詳しい解説はこちら「」 5. さらに、LINE Pay引き落としにすることで、 LINE Payの還元率が上がったり、LINEポイントも貯まります。 そのため、LINE Payユーザーにとっては最適な選択肢となります。 実際にどんなところが良いのか、次の4つの項目に分けて見ていきましょう。 500円から投資ができる• LINEポイントが貯まる• リスク(価格の振れ幅)が低い• 手数料が2020年4月末までなんと無料! 特徴1 〜500円から投資ができる〜 ワンコイン投資は 500円から投資が可能な為、投資未経験者でも気軽に始めることができます。 具体的には、 500円を週1、週5、週7のどのスパンで積み立てるかを選択して、投資します。 週1プランの場合、月額2000円ずつの積立になります。 特徴2 〜LINEポイントが貯まる〜 ワンコイン投資最大のメリットと言えます。 投資金の引き落とし先をLINE Payにした場合、なんとLINEポイントが還元されます! 基本的に、LINE Payのポイント還元率は、前月の利用金額によって変動します。 ワンコインの投資金額もこれに加味される為、LINEポイントの還元を受けることができるのです。 ワンコイン投資も活用しながら、LINE Payで上手にお買い物をすれば、還元率は最大で2%となります。 特徴3〜リスク(価格の値幅)が低い〜 投資をしていても、毎日価格が大きく増えたり減ったりするとしんどいですよね。。。 ワンコイン投資では、下記のような変動率が低い 債券をメインとしたポートフォリオを組んでいるので、値幅の触れが比較的低く設定されています。 株式:37. まとめ LINEポイントが還元される為、ワンコイン投資は LINE Payを愛用している方に最適なロボアドバイザーです。 やのように税金の最適化はなく、個人に最適なポートフォリオを提案してくれる訳でもありません。 ただ、LINE Payユーザーにとってはポイント還元があるので、とてもメリットがあります。 (ポイント還元率=運用実績と換算する考えもできます。 )一方で、LINE Payを使っていないのなら、他のロボアドバイザーを選んだ方が良いかもしれません。 ワンコイン投資の詳しい解説はこちら「」 6. ただし必ず適応されるわけではない。 実際にどんなところが良いのか、次の3つの項目に分けて見ていきましょう。 THEOと機能は同じ• 投資しているだけでdポイントが貯まる• お釣りで投資できる 特徴1 〜THEOと基本的には機能が同じ〜 まず前提として、 THEO+docomoとスペックは変わりません。 手数料割引サービスや税金の最適化サービスも同様に適応されます。 特徴2 〜投資しているだけでdポイントが貯まる(ドコモユーザーは1. 5倍)〜 THEO+docomoのメリットは何と言っても 投資しているだけで dポイントが貯まることでしょう。 具体的には、 投資している金額の0. (例)100万円なら年間1200ポイント 更にあなたが ドコモ回線を利用している場合は、1. 特徴3 〜お釣りで投資できる〜 もしもあなたがdカードを利用している場合、 お釣りを投資に回すことができます。 日頃、 買い物をしながらコツコツと手間なく投資を行うことができます。 このように日頃のお釣りをコツコツを投資に回せるので、気軽に投資することができます。 この投資は、本家THEOでは行えないのでTHEO+docomoのメリットと言えるでしょう。 まとめ あなたが、 ドコモ回線もしくはdポイントユーザーならdポイントが貯まるのでが最適です。 「投資顧問料」「運用管理費用」は、楽ラップの固定報酬型における最大の料率0. (参照:) 楽天ユーザーの方にはがオススメです! 楽ラップは国内の投資信託という金融商品で世界へと分散投資を行います。 また、自動で積立投資ができ、自動リバランスや分配金の再投資も行います。 少し難しく感じますが、 長期・分散・積立投資に必要な要素は全て揃っています。 楽ラップは楽天証券の口座を開設していたら、新規口座開設が必要なく利用できます。 楽天証券は楽天ポイントで投資できたりと楽天ユーザーなら得をするケースが多いです。 その為、楽天ユーザーにオススメのロボアドバイザーと言えます。 実際にどんなところが良いのか、次の2つの項目について見ていきましょう。 楽天証券から利用できる• 下落ショック軽減機能(TVT機能) 特徴1 〜楽天証券から利用できる〜 楽ラップは 楽天証券の口座を開設していたら、特別な新規口座開設を行う必要がなく、そのまま利用できます。 楽天証券には、楽ラップの他にも「楽天ポイントでの投資」「株式投資」「投資信託」などが可能です。 そのため、楽ラップで投資になれたら実際に投資信託や株式投資を行うことも可能。 あとで、 他の証券会社の口座を開設するのはめんどくさいなぁという人はオススメです。 実際、楽天証券はとってもオススメの証券会社。 特に、楽天ポイントでの投資は、ポイントで投資信託が買えるので投資初心者にオススメです。 特徴2 〜下落ショック軽減機能(TVT機能)〜 TVT機能とは、 値動きが大幅な下落となりそうな時に、その値下がりを軽減する機能です。 具体的には、一時的に株式の比率を下げて、債券の投資比率を上げて、資産全体の値動きを軽減します。 もちろん、市場の落ち着きと共に元の配分に戻します。 楽ラップでは、資産運用時にTVT機能ありとTVT機能なしを選ぶことが可能です。 「ドカンと値下がりするのは怖い・・・」という方にオススメの機能です。 まとめ 楽天ユーザーにとってはメリットの多いオススメの証券会社です。 を投資の入り口として利用し、なれたら楽天証券で株式投資などにチャレンジしてみるのもオススメです。 どれも長年ロボアドバイザーを研究し続けてきた私が選び抜いたものなので 自信を持っておすすめできます。 参考になったのなら幸いです。 ただ、結局どのロボアドバイザーを選べばいいの?となる方もいらしゃると思います。 基本的にどれが一番とは言えませんが、迷ったら『』を選択してはいかがでしょうか?人気No. 1であるのが信頼の証です。 長期・分散・積立投資が自動でできる環境もしっかり整っています。 それぞれのロボアドバイザーについて、より詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。 今回おすすめしたロボアドバイザーについてのレビュー記事•

次の

ロボアドバイザー(WealthNavi、THEO)積立運用の実績比較

ロボ アドバイザー 実績

ロボアドバイザー実績比較(38ヵ月) ロボアドバイザー回し始めて、3年を超えました。 コロナショックをモロに喰らい、投資期間中最大の損失、DDを受けました。 が、先月、今月とその損失幅を急激に圧縮し、回復し ました。 円ベースで102. 64%、ドルベースで105. 26 %です。 円ベースグラフ 38ヵ月経って、約4%のプラスです。 コロナショックによって、マーケットが急降下しましたが、 先月、今月と相場が急回復していることもあり、それに乗って元本回復に漕ぎ着けたました。 個別で見ると、WN と Folio は元本回復しましたが、THEOは相変わらずの元本割れ状態です。 78%) 530. 831円(106. 17%) 26,935円(105. 3%) THEO 500,000円 474,557円(94. 91%) 488,522円(97. 70%) 13,965円(102. 9%) Folio 500,000円 507,096円(101. 42%) 520,249円(104. 05%) 13,153円(102. 6%) 合計 1,500,000円(223,459円) 1,485,549円(99. 04%) 1,539,602円(102. 64%) 54,053円(103. 6%) ドル円 111. 53円 107. 18円 107. 77 0. 14ドル、 合計421. 48ドルのプラスとなりました。 先月に比べて、約3%のプラスです。 成績に関しては『WN』>『THEO』>『Folio』の順番になりました。 55ドル 101. 54ドル 108. 06ドル 113. 75ドル 101. 66ドル 100. 48ドル 102. 50ドル 100. 0% 4731. 26ドル 107. 40ドル 109. 57ドル 13870. 46ドル 104. 46ドル 108. 53円 107. 81 107. 18 -0. その煽りを受け、6月は下落傾向かつ7,8月が夏枯れ相場なんて言われるので 余り上がらないイメージです。 今年に限っては、絶賛コロナが吹き荒れているので、経済活動的には厳しい。 はずなんですが、5月は株価ぶち上げていましたので、最早アノマリーなんて効いてない。 V字回復 ダウは 2020年2月12日に史上最高値29551. 42を付けましたが、 そこから結局1万ドル以上下げて、 3月には18591ドル(-37%)迄付けました。 そして、 6月の頭には27000ドルくらいまで回復をしました。 4%)で、コロナ前の水準29000ドルを回復します。 コロナはまだ終息していませんし、実体経済が良くなっている訳でもありません。 しかし、何故か株価はV字回復、各国の緊急金融オペ&終息期待&経済活動の再開が理由と言われています。 第二波、第三波が来ることも確実視されているので、経済が右肩上がりに上昇していくとは思えません。 今後、日本だけでなく、世界でも大型企業の倒産が出てくるはずです。 私自身は、2番底と言われる下落局面が5,6、7月くらいで来ると思っているのですが、 これを過ぎると11月のアメリカの大統領選まで、残り6か月を切ってきます。 選挙間近になってくれば、トランプ大統領は形振り構わず、意地でも株安にさせないという気がします。 受験じゃないですが、夏が勝負!夏を制するものが勝つ!と云った感じです。 落ちるナイフ拾いに手を出す 『落ちるナイフは手を出していけない』とよく言われますが、 毎日1000ドル下げ、サーキットブレーカー発動の3月の下げ相場時に買い入れを続けました。 5月はガンガン上がり続け、27000ドルまで回復しましたが、利確下げが来た時にちょっとだけ買い入れしました。 アメリカ株はコロナ前は+40%近くの含み益があったのですが、 5月の終わりには、その時より総投資額を増やして、なお+30%にまで回復しました。 予告ロボアドバイザー実績(38ヵ月目) 次回.

次の