電気工学 大学 東海。 電気電子工学専攻

東海大学|大学データベース|電気工学を学ぶ|パワーアカデミー

電気工学 大学 東海

概観 [ ] 大学全体 [ ]• 内にある付設のである。 によりに静岡県(現:静岡市)に設立されたことにはじまる。 1962年に静岡県静岡市宮前町(現静岡市葵区)に静岡キャンパスが、1963年にはに旧・高輪キャンパスが、にはに旧・熊本キャンパスがそれぞれ設置されたが、現在は静岡キャンパスのみである。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ]• 東海大学短期大学部における教育の指針• 「若き日に汝の思想を培え」• 「若き日に汝の体躯を養え」• 「若き日に汝の智能を磨け」• 「若き日に汝の希望を星につなげ」 教育および研究 [ ]• 東海大学短期大学部は現在、静岡キャンパスにおいてのみ教育を行っており、栄養士を養成する食物栄養学科と児童教育者・保育者を養成する児童教育学科がある。 学風および特色 [ ]• 東海大学短期大学部は、現在静岡キャンパスでのみ教育を行っているが、歴史的にみれば学科によってキャンパスの所在地が異なることに特色があり、便宜上以下の名称を用いていた。 いずれも、俗称であり『全国学校総覧』や『全国短期大学高等専門学校一覧』では、東海大学短期大学部として統一している。 短期大学部同士の交流においては、特にこの名称を用いていた。 短期大学部(高輪)• 東海大学女子短期大学部:度までは便宜上、この名称を用いていた。 翌年度より「東海大学短期大学部(静岡)」として使用していた。 設置学科:生活科学科(のち人間環境学科)・食物栄養学科・児童教育学科• 東海大学商経短期大学部:1991年度までは便宜上、この名称を用いていた。 翌年度より「東海大学短期大学部(静岡)」として使用していた。 短期大学部(熊本)• 設置学科:機械科(第一部・第二部)・電気科(第一部・第二部) 象徴 [ ]• 東海大学短期大学部の校章は東海大学と同じものを使用。 沿革 [ ]• 静岡県(現静岡市)に 東海大学短期大学部設立。 商学科(第二部)を設置。 東京都港区の新キャンパス設置。 東海大学短期大学部(高輪)• 電気通信科 第一部、第二部• 熊本市に新キャンパス設置。 東海大学短期大学部(熊本)• 機械科 第一部、第二部• 電気科 第一部、第二部• 静岡キャンパスに生活科学科設置。 東海大学女子短期大学部• 静岡キャンパスに食物栄養科設置。 東海大学女子短期大学部• 電気通信科(第一部、第二部)を電気通信工学科に名称変更• 商科(第二部)を商学科(第二部)に名称変更• 食物栄養科を食物栄養学科に名称変更• 静岡キャンパスに児童教育学科設置。 東海大学女子短期大学部• 1969年 機械科より機械工学科 第一部、第二部 名称変更する。 東海大学短期大学部(熊本)• 1969年 電気科より電気工学科 第一部、第二部 名称変更する。 東海大学短期大学部(熊本)• 熊本キャンパスに建設工学科設置。 東海大学短期大学部(熊本)• 熊本キャンパスの全学科学生募集を終了とする。 東海大学短期大学部(熊本)• 熊本キャンパス廃止。 東海大学短期大学部(熊本)• 静岡キャンパスに商経学科第一部を設置。 従来の商学科第二部を商経学科第二部と名称変更。 東海大学(女子)短期大学部と東海大学(商経)短期大学部を東海大学短期大学部(静岡)とする。 高輪キャンパスの短期大学部電気通信工学科第一部、第二部を情報・ネットワーク学科に名称変更。 高輪キャンパスの情報・ネットワーク学科(第一部・第二部)を統合して、昼夜開講制とする。 静岡キャンパスの生活科学科を人間環境学科に名称変更。 商経学科を経営情報学科に名称変更。 東海大学短期大学部、財団法人短期大学基準協会による第三者評価の結果、「適格」認証を受けた。 静岡キャンパスの人間環境学科を募集停止。 旧・高輪キャンパスの情報・ネットワーク学科を、東海大学の情報通信学部(4年制学部)に改組・再編。 同キャンパスは東海大学の高輪キャンパスとなった。 静岡キャンパス・経営情報学科の新規募集を停止。 静岡キャンパス・食物栄養学科と児童教育学科、2020年度以降の募集を停止し、同年度末で閉校すると発表。 施設 [ ] 静岡キャンパス [ ] 旧・高輪校舎(現:東海大学高輪キャンパス)• 所在地:(東京都高輪2-3-23)• 使用学科:情報・ネットワーク学科• 交通アクセス:・ 旧・熊本キャンパス(現:東海大学熊本キャンパス) [ ]• 所在地:(大江町渡鹿9-1-1)• 使用学科:機械科(第一部・第二部)・電気科(第一部・第二部)・建設工学科 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ] 静岡キャンパス [ ]• 食物栄養学科• 児童教育学科 学科の変遷 [ ]• 第一部• 第二部:募集は度まで• 情報・ネットワーク学科:募集は度まで。 2008年度に東海大学の改組により東海大学情報通信学部が作られた。 学科の変遷 [ ]• 第一部• 第二部:募集は度まで。 2000年度より昼夜開講制となった。 旧・熊本キャンパス [ ]• 第一部• 第二部• 第一部• 第二部• 建設工学科(建築コース、土木コース)• 以上、募集はいずれも度まで。 1973年度より九州東海大学(工学部)へ移行。 2008年度より東海大学産業工学部となった。 取得資格について [ ]• 二種免許• 二種免許• 資格:以上、児童教育学科にて• 資格・二種免許:食物栄養学科• かつては二種免許の認可も受けており、以下の教科目が設置されていた。 国家試験の免除• 旧・電気通信工学科(情報ネットワーク学科の前身)• 第一部• 第二部• 旧・商経学科(経営情報学科の前身)• 第一部• 第二部• 旧・生活科学科• 旧・生活科学科• 旧・商科(経営情報学科の前身)• 第二部 教育 [ ]• 質の高い大学教育推進プログラム• 「『実践力』向上のための教員養成プログラム」においてに採択されている。 大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」• -テーマV 卒業時における質保証の取組の強化-においてに採択されている。 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 東海大学短期大学部(静岡キャンパス)のクラブ活動• 体育系:・・・・・ほか• 文化系:・・・・ほか• 旧・高輪キャンパスでは以下の活動団体があった。 体育系:テニス・バスケットボール・バドミントン・バレーボール・サッカー・卓球・ダンス・野球ほか• 文化系:軽音楽・演劇・ボランティアほか• 旧・熊本キャンパスのクラブ活動• 体育系:ワンダーフォーゲル部・軟式野球部・・空手部ほか• 文化系:・・・ほか 学園祭 [ ]• 東海大学短期大学部(静岡キャンパス)の学園祭は「柚木りんどう祭」と呼ばれ毎年、概ねに行われている。 旧・高輪キャンパスと旧・熊本キャンパスでは「建学祭」という名称で行われていた。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ] 歴代学長 [ ]• 小船井敬吉:初代学長• 柴田正憲:現学長 対外関係 [ ] 系列校 [ ]• 社会との関わり [ ]• 地域に開かれたコミュニティカレッジを目指すべく、社会教育講座が実施されている。 参考文献 [ ]• 『』(日本私立短期大学協会発行:)• 『』(『私大コース』シリーズ別冊)• 『』(局技術教育課監修)• 『』第49号(日本私立短期大学協会発行:)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『短大蛍雪』(臨時増刊。 『東海大学短期大学部(静岡)』:入学案内• 『東海大学短期大学部(高輪)』:入学案内小冊子 脚注 [ ] [].

次の

東海大学 基盤工学部 電気電子情報工学科

電気工学 大学 東海

キャリア支援・就職支援 本学では「学生への就職支援・指導も教育の一環」ととらえ、教職員一体となって積極的にキャリア支援・就職支援を行っております。 近年は従来の就職支援に加え、学生のみなさんの将来設計・展望を支援するキャリア教育にも力を入れております。 専門家や卒業生を講師に招いて、職業観の形成やモチベーション向上を目指した授業や講演会を行なっております。 また、資格取得を目指した各種講座、語学を含めた各種のスキルアップ、さらにはインターンシップ(東海JOB-LEAGUE)などの企画・運営を行なっております。 このほかキャリアカウンセラーやベテランの就職担当職員による個別の面談を通じてきめ細かい指導、支援を行なっております。 インターンシップ制度 インターンシップとは、「学生が在学中に、企業等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」(文部科学省ウェブサイトより)をいいます。 学生の皆さんにとっては、実際の体験を通じた職業理解、将来の方向付け、就職や就職活動に向けた動機付けを図る良い機会となります。 アルバイトとは異なり、比較的難易度の高い社員の業務の一部を体験、見学できることもあります。 苦労することもありますが、やり遂げた後は、高い満足感を得ることができます。 大学院進学 工学部の特徴の一つに、学部だけでなく大学院修了者に対する評価が高いことが上げられます。 大学院では、2年間研究に携わる中で視野が確実に広がり、論理的な思考力や実務的な問題に柔軟に対応する力が身につくだけでなく、学会発表などを通してプレゼンテーションスキルも確実に向上します。 大学院では、学部での学びを基礎に、より高い社会的実践力が養えます。 各学科のサポートと主な進路 工学部では、各学科でその科に合った支援を行っており、昨年度の主な進路の情報を公表しています。 最新の情報は、各学科webサイト、東海大学オフィシャルサイトにてご覧いただけます。

次の

電気電子:東海大学工学部

電気工学 大学 東海

キャリア支援・就職支援 本学では「学生への就職支援・指導も教育の一環」ととらえ、教職員一体となって積極的にキャリア支援・就職支援を行っております。 近年は従来の就職支援に加え、学生のみなさんの将来設計・展望を支援するキャリア教育にも力を入れております。 専門家や卒業生を講師に招いて、職業観の形成やモチベーション向上を目指した授業や講演会を行なっております。 また、資格取得を目指した各種講座、語学を含めた各種のスキルアップ、さらにはインターンシップ(東海JOB-LEAGUE)などの企画・運営を行なっております。 このほかキャリアカウンセラーやベテランの就職担当職員による個別の面談を通じてきめ細かい指導、支援を行なっております。 インターンシップ制度 インターンシップとは、「学生が在学中に、企業等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」(文部科学省ウェブサイトより)をいいます。 学生の皆さんにとっては、実際の体験を通じた職業理解、将来の方向付け、就職や就職活動に向けた動機付けを図る良い機会となります。 アルバイトとは異なり、比較的難易度の高い社員の業務の一部を体験、見学できることもあります。 苦労することもありますが、やり遂げた後は、高い満足感を得ることができます。 大学院進学 工学部の特徴の一つに、学部だけでなく大学院修了者に対する評価が高いことが上げられます。 大学院では、2年間研究に携わる中で視野が確実に広がり、論理的な思考力や実務的な問題に柔軟に対応する力が身につくだけでなく、学会発表などを通してプレゼンテーションスキルも確実に向上します。 大学院では、学部での学びを基礎に、より高い社会的実践力が養えます。 各学科のサポートと主な進路 工学部では、各学科でその科に合った支援を行っており、昨年度の主な進路の情報を公表しています。 最新の情報は、各学科webサイト、東海大学オフィシャルサイトにてご覧いただけます。

次の