てんしょう あべし。 Sパチスロ北斗の拳 天昇 解析情報

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット

てんしょう あべし

通常時は規定ゲーム数 or 1000ptを貯める事でCZ当選にし、そこからAT当選を目指します。 通常時に貯める事が出来る昇舞玉は激闘ボーナス中の小役レベル・バトルレベルに変換され、多く保有している方が有利になります。 3枚の 目押しのいらない高純増タイプです。 真・天昇RUSH中は前半パートで保留キャラを昇格させていき、後半パートで保留別にバトルが行われます。 AT平均獲得枚数は約1000枚となっています。 設定判別の重要ポイント 456枚表示で 設定4以上、199X表示で 設定5以上確定 トキ・バット出現で 設定4以上確定、他にも示唆多数 金= 設定4以上、キリン柄= 設定5以上、虹= 設定6確定。 詳細振り分けも判明しており、要チェック!! 4 高設定ほど上位モードに滞在しやすく、にも設定差あり 高設定は200Gと400Gのゾーンで当選しやすい!! モード天井に到達した場合は 断末魔ゾーン突入時の1回のバトルが勝利確定となります。 1戦目で勝利した場合は天井である可能性が高く、1戦目で敗北した場合は天井否定となります。 例えば、400G台の断末魔ゾーンの1回目で負け、2回目で勝った…という場合は、600G以降の天井が選択されていたということになるので、低設定挙動と見なす必要があるということです。 激闘ボーナス中の内容が重要 ここについては一切の解析が出ていないのですが、北斗天昇で 最も重要な設定判別要素となります。 解析が出ていない分、考察・推察を多分に含みますが、などを含め、設定6を多数打ったり、見ていたりした中ですので、参考になるはずです。 設定6の大きな特徴は、 激闘ボーナス中の勝率です。 低設定だとサブ液晶で表示された「50%」といった数値程度でしか勝利しませんが、高設定の場合は明らかにそれ以上に勝利します。 (いわゆるデキレ) ここに大きな設定差があると考えて良いです。 激闘ボーナスの挙動で良い挙動と言えるのは、• 「ハズレ/ベル」による早いG数での勝利• 「ハズレ/ベル」による勝利• 3ROUNDまでもつれ込む 逆に、 強チェリーやバトルレベルなどでゴリ押しで勝つといったパターンは、設定判別に考慮するべきではありません。 また、あっさり1ROUND目で負けるのは悪い挙動と言えるでしょう。 このような形で実際に打ちながらAT当選・非当選だけでなく その内容も見ながら設定を推測すると、より設定6に近づいていくと思います。 200G台以内の早い当選は無視 早い当選だと内部抽選優遇 デキレ は受けられないのか、浅めのゲーム数での激闘ボーナス当選だと高設定でも余裕で負けます。 早いボーナスで負けても設定判別にはあまり関係ないので、捨てないようにしたいですね。 このあたりは解析出ていないですが、出ていない分めちゃめちゃ有益な話だと思いますので、ぜひ参考にして下さい! AT平均期待枚数 設定 獲得期待枚数 1 約1000枚 2 約850枚 3 約950枚 4 約800枚 5 約900枚 6 約800枚 偶数設定ではATに突入させても、 1000枚を超える事は少ないです。 逆に1000枚以上獲得できるATが多い場合は 奇数設定の可能性が高まります。 北斗揃いからは設定差はほぼ無いのと同じなので気にする必要はありません。 ATレベル1と2の見分け方ですが、 3セット目からの挙動に注目すると良さそうです。 ハイエナした時の話です。 416Gで落ちてたので拾い、天候変化していた状態で、400台での断末魔は無し。 その後七星チャージのラストで液晶タッチ「あべし」だったのでモードBだと思いました。 ただ、600台で入った断末魔ゾーンで発展したのが12G目でした。 無事当たったのですが、だいたい天井断末魔だと3Gもたたないうちに発展しているイメージだったのでちょっと??と。 その激闘は当たらず、有利区間継続した これ結構勘違いしがちかもしれませんがちゃんと10Gくらいランプ見てました ので続行。 200台での断末魔は15G間発展せず継続した1G目で発展からのAT。 この二回で思ったのが天井の断末魔ってどんなもん?ってことなんですが。 モード推測が間違ってるのかどうかちょっと不安なので書かせてもらいました。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

【設定別のATレベル割合が判明!】北斗の拳 天昇

てんしょう あべし

スペック解析 基本情報 導入日 2019年11月5日 導入台数 (販売目標) 約25,000台 タイプ AT AT純増 約6. 3 97. 2 ? 99. 1 ? 100. 5 ? 105. 7 ? 110. 4 ? 114. 激闘ボーナス中には最大3回の強敵バトルが繰り広げられ、強敵とのバトルを突破することで真天昇ラッシュに突入! 最近では定番化しつつあるゲーム性と言えますが、 北斗の拳シリーズにリゼロと同じゲーム性を取り入れたことが吉と出るか凶と出るか・・・? 機械割に関しては 97. 9~114. また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部に到達した場合は激闘ボーナスが直撃しますが、それ以外の場合は断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選します。 そのほかに大きな特徴として、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選だった場合に有利区間が継続します。 さらに初当たりゲーム数から次回天井ゲーム数を絞り込むことができるため、履歴を参考にしながら効率的に天井狙いしていきましょう。 当然やめどきに関しても、知識介入次第で期待値に大きな差が開くことになります。 先述した通り、どのモードも基本的には百の位が偶数ゾーンが期待度の高いゾーンとなっています。 打ち方 ・通常時は変則打ちをしてもペナルティはなし。 ・AT中には色目押し要素はなし。 通常時の打ち方 1. 中リール上段付近に 北斗絵柄狙い。 中段に北斗絵柄が停止した場合は右リールを適当打ち。 リプレイテンパイ時は左リールも適当打ち。 リプレイ非テンパイ時は、左リールには 北斗絵柄を目安にチェリーを狙う。 中段にスイカが停止した場合は左&右リールも 北斗絵柄を目安にスイカを狙う。 中段ベル停止時は左&右リールは適当打ち。 まずは中リール上段付近に北斗絵柄を狙い、停止形に応じて左&右リールを打ち分けましょう。 中段に北斗絵柄が停止した場合はチェリーが成立している可能性があり、右リールを適当打ちしてリプレイがテンパイしなかった場合は左リールにチェリーを狙ってください。 中リール中段にスイカが停止した場合には、左&右リールにもスイカを狙います。 天昇にはスイカに強弱の概念はなく、スイカがハズレた場合はチャンス目となります。 AT中の打ち方 1. 押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。 演出発生時は通常時の打ち方でレア小役をフォロー。 それ以外は適当打ちで消化。 また、AT「真・天昇ラッシュ」終了画面や獲得枚数表示、バトルボーナス開始画面といった演出で設定を示唆しているため、あわせて確認しておきましょう。 4 激闘ボーナス当選率は偶数設定かつ高設定ほど優遇されています。 そのため、奇数設定と偶数設定の一撃性能に差があると予想できますね。 初当たりまでのハマリ割合 設定 451Gハマリ以上 1 32. 設定6であれば10回に1回程度、設定5であれば5回に1回程度の割合で450Gを超えると捉えて設定狙いの押し引きの参考にしましょう。 AT1回あたりの平均獲得枚数 設定 平均獲得枚数 1 約1,000枚 2 約850枚 3 約950枚 4 約800枚 5 約900枚 6 約800枚 奇数設定は偶数設定よりも初当たりが重めの分、AT初当たり時に高レベルが選択されやすく平均獲得枚数が多くなるといった特徴あり。 1,000枚を超える出玉が頻発するようなら奇数設定期待度アップ、1,000枚未満の出玉で終了してばかりなら偶数設定期待度アップ、そして低設定ほど一撃性が高い傾向にあるという3つの点を押さえつつ、ハマリ割合と合わせて奇数or偶数設定、設定の高低の見極めの参考にするのがいいですね。 獲得枚数表示 枚数 示唆内容 456枚 設定4以上確定 199X枚 設定5以上確定 AT消化中には獲得枚数に注目! 456枚突破と表示されれば設定4以上、199X枚突破と表示されれば設定5以上確定となります。 北斗の拳 天昇はAT初当たり1回あたりの平均獲得枚数が多いので、前者の456枚を見られるチャンスも多くなりますね。 サミートロフィー 色 示唆内容 銅 設定2以上確定 銀 設定3以上確定 金 設定4以上確定 キリン 設定5以上確定 レインボー 設定6確定 サミー系機種では定番となったサミートロフィーによる設定示唆は、北斗の拳 天昇でも健在です。 サミートロフィーの出現タイミングは激闘ボーナス終了時のレバーON後、もしくは真・天昇ラッシュ終了画面の第3停止後。 出現場所はメイン液晶ではなくサブ液晶なので、うっかり見落としてしまわないよう十分気をつけてください。 真・天昇ラッシュ終了画面 修羅 世紀末 示唆内容 ハン シン 奇数設定示唆 ヒョウ サウザー 偶数設定示唆 リン レイ 高設定示唆 シャチ ジャギ 設定2否定 カイオウ ラオウ 設定5期待度大 バット トキ 設定4以上確定 真・天昇ラッシュ終了画面は選択したモードに応じて異なり、それぞれで設定を示唆しています。 高設定確定パターンも盛り込まれているため、設定狙いに限らずしっかりと確認しておきましょう。 注目すべきは開始画面の背景で、金背景なら出現時点で設定4以上が確定します。 赤背景は条件付きの設定示唆パターンで、5連以内かつラウンド上乗せなしの状態なら設定4以上確定となります。 バトルボーナスは1セット8G継続し、消化中にはラウンドストック抽選が行われています。 さらにバトルボーナス後には超高継続率の真・天昇ラッシュに突入と、一気に有利区間完走を狙うことができる強力なプレミアフラグとなっています。 激闘ボーナス当選の鍵を握るのは「世紀末ポイント」と「規定ゲーム数到達」の2つで、前者の世紀末ポイントは成立役に応じて獲得抽選が行われます。 後者の規定ゲーム数は内部モードによって振り分けが異なり、「断末魔ゾーン」という前兆ステージを経由してCZの当否が告知される仕様です。 世紀末ポイント ・世紀末ポイントが1,000ptに到達することで世紀末ゾーンに移行する。 ・世紀末ポイント成立役に応じて獲得抽選が行われる。 昇舞魂 ・通常時に昇舞魂を獲得するほど激闘ボーナスを有利に進めることができる。 ・昇舞魂獲得契機はレア小役成立時や世紀末ポイント1,000pt到達時、激闘ボーナス当選時の一部。 ・獲得した昇舞魂は激闘ボーナス当選時にバトルレベル、小役レベルに変換される。 七星チャージ ・7G継続する世紀末ポイント獲得特化ゾーン。 ・七星チャージはレア小役成立時に突入抽選が行われる。 ・消化中にレア小役を引ければポイント大量獲得のチャンス。 ・七星チャージ終了時にサブ液晶をタッチすることで内部モードを示唆する断末魔が発生。 断末魔 示唆内容 あべし!! 通常B以上 ひでぶ!! 通常C以上 ヘブン!! チャンス濃厚 世紀末ゾーン ・世紀末ポイントがMAXになることで移行する15GのCZ(バトル未発展時にはもう1セット継続)。 ・消化中には毎ゲーム全役でバトル発展を抽選する。 ・最終的にバトルに勝利できれば激闘ボーナス当選。 なお、ハズレとベルからのバトル抽選はバトル未発展時のみで、1度バトルに発展した後には抽選が行われません。 バトル勝利・書き換え抽選 小役 勝利 書き換え ハズレ・ベル 20. 強チェリーを引いても勝利確定とはなりませんが、ハズレorベルでも5回に1回程度の勝利期待度があるのはいいですね。 また、バトル本前兆中とバトル中には勝利書き換え抽選が行われており、このタイミングで強チェリーを引くことができれば必ずバトルに勝利します。 断末魔ゾーン ・ゲーム数解除を示唆する15Gの前兆ステージ(バトル未発展時はもう1セット継続)。 ・断末魔ゾーンはケンシロウのカウントダウンが進むほど激闘ボーナス期待度アップ。 ・最終的にバトルに勝利できれば激闘ボーナス当選。 成立役別のバトル発展率 小役 発展率 リプレイ 4. ハズレorベルでも12. バトルに3回勝利することでAT突入といった最近では定番化しつつあるゲーム性で、 通常時に集めた昇舞魂はバトルレベル&小役レベルに変換され、バトル準備中に引いたレア小役でもバトルレベルアップ抽選が行われます。 激闘ボーナス ・AT「真・天昇ラッシュ」突入の足がかりとなるCZで、バトルに3回勝利することができれば真天昇ラッシュに突入。 ・激闘ボーナス当選時にはまず昇舞魂をバトルレベル&小役レベルに変換し、強敵バトル準備中へ移行する。 ・準備中状態でベルナビが3回(初回は4回)発生すると強敵バトルへ移行。 ・強敵バトルはサブ液晶の期待度に基づくガチ抽選バトルで、勝利時にプッシュボタンを押すことで勝利契機の確認ができる。 ・演出モードは「世紀末モード」、「修羅モード」のどちらかを選択できる。 ・バトルレベルは各バトルごとに毎回設定される。 小役レベル ・小役レベルはバトル中の小役による勝利抽選に関わるレベルで、レベルが高いほど小役成立時の勝利抽選が優遇される。 ・赤セリフや拳エフェクト発生で勝利期待度アップ。 ・「拳に力を!! 」が発生すれば激アツ! ・バトルレベルと小役レベルによる勝利抽選とは別に強制勝利抽選もあり。 ・AT初当たり1回あたりの平均獲得枚数は約1,000枚(設定1)。 ・ATには全3種類の内部レベルが存在し、レベルが高いほど特殊勝利抽選が優遇。 ATレベル別の平均獲得枚数 レベル 平均獲得枚数 Lv1 約760枚 Lv2 約1,200枚 Lv3 約2,350枚 ATレベル振り分け 設定 Lv1 Lv2 Lv3 1 48. 修羅モード ・修羅モードは保留の種類で継続期待度を示唆する完走型STタイプ。 ・Vを獲得できればAT継続が確定し、勝利すればするほどラウンドをストックできる。 ・追撃発生時にはラウンドストック抽選が行われる。 保留別の継続期待度 保留色 キャラ 期待度 白 ムカデ 5. ・バトル演出は完全告知とバトル告知のどちらかを選択可能。 ・ジャギは勝利期待度の高い激アツキャラで、アミバが登場すれば勝利濃厚。 ・修羅モード選択時にはカイオウが、世紀末モード選択時にはラオウが昇天。 ・真天昇ラッシュ中は獲得枚数が1,200枚を超えることで昇天モード移行抽選が行われており、昇天モードに移行すれば特殊勝利抽選が高確率で行われる。 ・バトルボーナス中はATのラウンドストック高確率状態&消化後には超高継続率の「真・天昇ラッシュ」に移行。

次の

北斗の拳 天昇 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

てんしょう あべし

メーカー タイプ AT,チャンスゾーン,コイン持ち良し,天井,擬似ボーナス,1Gあたり約6. 3枚増加 チャンスゾーン「世紀末ZONE」 「世紀末ポイント」1,000pt到達で突入する、激闘BONUSのチャンスゾーン。 チャンスゾーン「断末魔ZONE」 規定ゲーム数到達時の抽選で突入する、激闘BONUSのチャンスゾーン。 激闘BONUS 最終的に、強敵を3人撃破すればAT「真・天昇RUSH」へ突入。 AT「真・天昇RUSH」 1ゲーム約6. ゲーム性と期待感が異なる「世紀末モード」「修羅モード」を選択可能。 BATTLE BONUS 北斗揃いから突入する、1ゲーム約6. 3枚純増のAT。 基本仕様は、1ゲーム約6. 3枚純増のAT機。 通常時は、主にチャンスゾーン「世紀末ZONE」「断末魔ZONE」から、AT「真・天昇RUSH」をかけた激闘BONUSを目指す。 世紀末ZONEは「世紀末ポイント」が1,000pt到達で、断末魔ZONEは規定ゲーム数到達時の抽選で突入する。 激闘BONUS中は、強敵との完全ガチバトルで展開され、3人撃破に成功すれば真・天昇RUSHへ。 真・天昇RUSHは、減少区間なしのストレートATで、王道バトルタイプの「世紀末モード」と完走型STタイプの「修羅モード」を選択できる。 その他、北斗揃いから突入する「BATTLE BONUS」や、発生すれば2,400枚獲得濃厚となる「昇天」演出を搭載している。

次の