ネット 誹謗 中傷 訴え られ た。 ネット誹謗中傷で訴えられたらどうなる?加害者が把握しておくべき対応|IT弁護士ナビ

ネット上の誹謗中傷で訴えられたら最優先で示談交渉を進めましょう

ネット 誹謗 中傷 訴え られ た

誹謗中傷の対象になりやすい有名人 以前ならば、「マスコミ」をという第三者を通じて伝えられる芸能人やスポーツ選手などの有名人が、ファンへ贈るメッセージ。 現代では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が普及したことによって、そのメッセージはネット上で直接ファンへ伝えることができるようになりました。 そして、逆にファンから有名人へ向けた言葉も、ネット上でダイレクトに伝えられることが可能です。 SNSは、有名人とファンの距離を近づけたという良い部分があります。 しかし、そのことにより、有名人は世間からの誹謗中傷の声もダイレクトに浴びせられるようになっています。 有名人は、一般人を訴えにくい 有名人が世間から批判の声を受けることは、これまでにも多くありましたが、そのことで有名人が、一般の人を訴えるというケースはあまりありませんでした。 その理由のひとつとして、芸能人は「人気商売」の側面があり、誹謗中傷されることがあっても、相手を「訴える」という行為によって人気が下がってしまう可能性があります。 それはスポーツ選手や政治家も同様です。 とくに政治家の場合、人気が下がることにで、次回の選挙で落選し、職を失うことも考えられます。 ですが、ネット上の掲示板やSNSなどで有名人に対する誹謗中傷は多く、その声をダイレクトに受けるため、近年では相手が一般人でも訴えるケースがあります。 「ファーストペンギン」野球選手が一般人を訴えたケース 2018年1月、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手の夫人が、電子掲示板で誹謗中傷をされたとして、一般人の20代女性のAさんに慰謝料を請求したと一部で報じられました。 訴えられたAさんは、匿名掲示板で「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」と井岡投手の夫人に対する言葉を投稿。 その後、Aさんのもとに訴状(裁判を願い出る書類)が届き、約200万円を請求されたと言います。 このケースはプロ野球選手である有名人の夫とその妻が、一般人を訴えたということで珍しいケースと言えます。 この行動に対して、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手は、「本当悪口ばっかり書いているアカウントの人いるけど気をつけた方がいいですよー!」とツイッターでコメントしています。 また、テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一モーニンショー」に出演する同局の玉川徹氏は、井納の行動に対して「ファーストペンギン」と称えて評価していました。 本当悪口ばっかり書いてるアカウントの人いるけど気をつけた方がいいですよー! — ダルビッシュ有 Yu Darvish faridyu 匿名での書込み…なぜAさんの身元がバレた? 井岡投手の夫人は、「発信者情報開示請求」手続きを経て、匿名掲示板での書込みにも関わらず、Aさんの身元を特定したとされます。 「発信者情報開示請求」とは、プロバイダ責任制限法で認められている法的手続きで、ネット上に書込みをした人物を特定できる手段として用いられます。 「発信者」とは、匿名掲示板やSNSで書込みを行った人物のことです。 「開示請求」とは相手が持っている情報を提示するように求めることを指します。 発信者開示請求の具体的な方法 発信者情報開示請求を行う方法として、最初に問題の書込みがされたサイトの管理者に、投稿者のIPアドレス(インターネット上の住所)とタイムスタンプ(投稿された日時)の提示を求めます。 次に、インターネット回線会社にIPアドレスとタイムスタンプを照会し、投稿者の氏名や住所、メールアドレスなどの情報を請求します。 サイト管理者や回線会社にしてみれば顧客情報の提示を求められることになり、提供を拒むケースが多くあります。 その場合、裁判を起こし、裁判所から情報提供の仮処分を降してもらう必要があります。 エド・はるみ お笑いタレントのエド・はるみさんが、2009年から5年間にわたり、ネット上でいわれなき誹謗中傷を受けていたとして、法的措置を検討していると弁護士事務所を通じて表明しました。 弁護士事務所の発表によると、一部週刊誌が報じた記事が発端となり、ネット上での誹謗中傷に発展したとのこと。 掲示板などでもエドさんを非難する書込みがあったと言います。 弁護士は、「当職としては、インターネット上に掲載されている同志に対する一連の誹謗中傷行為に対し、必要であれば、裁判上の手続きも辞さない方針です。 」とコメント。 記事や掲示板への書込みは、エドさんが所属する芸能事務所・よしもとクリエイティブ・エージェンシーに確認したところ、事実ではないと否定していると明かしています。 スマイリーキクチ誹謗中傷事件 お笑いタレントのスマイリーキクチさんは、ネット上の誹謗中傷問題が表面化しない1999年頃から、いわれなき誹謗中傷に苦しめられていました。 その内容は、1989年に東京都で発生した「女子高生コンクリート詰め殺人事件」(以下、コンクリ事件)の犯人だとネット上で言われ、執拗な嫌がらせや脅迫する言葉が、匿名でブログのコメント欄に寄せられたと言います。 「死ね」や「殺す」、「お笑いライブで事件をネタにしていた」などの脅迫やデマが流れ、キクチさんが出演するCM企業には「殺人犯をテレビに出すな!」という抗議もあったそうです。 当時は、まだネットの誹謗中傷問題が深刻であることを認識している人は少なく、キクチさんが警察に相談に行っても、警察官はまともに取り合ってくれませんでした。 ですが、何度も警察へ相談に行くうちに、ネット上のトラブルに詳しい警察官に出会い、2008年から09年までに男女19名が、名誉毀損罪などで逮捕されています。 19名の逮捕者を出した誹謗中傷事件…そのきっかけは? 犯人が逮捕されるまで約10年間にわたり顔も名前も知らない相手からの誹謗中傷に苦しんだキクチさん。 その事件のきっかけは単純なものでした。 スマイリーさんが、コンクリ事件の犯人と「出身地が同じ東京都足立区」「同世代」「10代の頃不良だった」というものだったと言います。 誹謗中傷事件から約20年…スマイリーキクチの現在 スマイリーさんは現在、お笑いタレントを続けながら、ネットの危険性やトラブル対処法、人権などについて全国各地での講演活動を行っています。 そして、ブログやツイッターを開設し、日々、ネット上の誹謗中傷に関連した投稿を行っています。 匿名で自らの姿を隠し、散々言葉で人を傷つけておきながら、名前や身元が特定されると「みんなもやっている」と責任をなすりつける。 最終的に「悪気はありません」「仕事や私生活が上手くいかなくて」と可哀想なワタシを演出する。 最初から最後まで臆病で卑劣な人間なんだ。。。 これは言論の自由ではなく言論の無法。 今は情報の放火魔が無数に存在する。 デマの餌食にされた人は記事の削除や発信者の特定もままならず、司法にさえ見放される。 ブログやSNS、掲示板などで情報を得たり発信したりと、日々の生活を送る上で欠かせない情報源にもなっています。 しかし、ここ数年で私たちの生活に入り込んできたネットと、人々はまだ上手に付き合えていないとも言えるのではないでしょうか。 「匿名」で「自由」に書込みができるネットですが、その場所は決して実社会とかけ離れた世界ではありません。 ネットは実社会であることを認識し、他人を誹謗中傷したら訴えられるケースもあることを忘れてはいけません。 次の記事 2018. 20 関連する記事• 2018. 02 SNS上に旅先での思い出や、友人や恋人との写真、動画を掲載している人も多いことでしょう。 しかし、無断で他人が写る画像を載せるとトラブルになる可能性[…]• 2019. 05 インターネット上には、多くの掲示板が存在します。 気になるお店の口コミや同じ趣味を持つ人同士の情報交換などで利用するには、とても有意義なサイトです。 し[…]• 2020. 28 「〇ちゃんねる」といえば? 迷わず「2ちゃんねる!」と答えてしまいますが、今は「5ちゃんねる」なんだそうです。 自分がいかに古い人間か…と思い知らされて[…]• 2018. 13 インターネット上の誹謗中傷は、匿名で行われるケースが多いため、書き込んだ人物を特定するのは困難です。 しかし、掲示板やSNS等のサイト運営者・インター[…]• 2019. 26 他人の悪口を徹底的に言う「誹謗中傷」が今、ネット上に蔓延っています。 誹謗中傷の舞台は掲示板やSNSが多く、匿名で利用できることで、他人の悪口を書込み[…].

次の

突然、掲示板に「詐欺師」 炎上弁護士が見たネット中傷:朝日新聞デジタル

ネット 誹謗 中傷 訴え られ た

複数のアカウントで粘着する。 訴えられたり逮捕されたりするのは何度もしつこく誹謗中傷や脅迫をしたりする事です。 ブロックされたら新しいアカウントを作って誹謗中傷を再開する。 こうやってネチネチと攻撃を加える。 常人には理解できない執念というやつです。 そのレベルじゃないと手間暇かけて身元を特定しようとは思いません。 面倒くさいし、何の得にもならないからです。 特定までの流れ 誹謗中傷した奴を特定するまでの流れは• 誹謗中傷の投稿を全てスクリーンショットで保存。 証拠をブログやSNSの運営会社に提出しIPアドレスをゲット• メモ帳に投稿内容をメモしても、メモ帳では誰でも書ける。 いいねやブックマーク機能、SNSの保存機能だと他の投稿と混じりやすい。 それなら誹謗中傷した投稿を丸ごと画像データにしてしまうスクリーンショットが最適。 誹謗中傷に傷ついている方にとって辛い作業かもしれませんがスクショしてフォルダにまとめておけば楽ちん。 IPアドレスをゲットする。 IPアドレスというのはパソコンやスマホに割り当てられた住所のようなもの。 IPアドレスから分かる事は• 地域(都道府県)• 所有者(企業名など)• 通信プロバイダー などです。 企業名が書かれていたら一発で分かりますね。 誹謗中傷や脅迫を受けた場合、日本の企業であればすぐにIPアドレスを開示してくれます。 そういう法律があるからです。 通称: プロバイダ責任制限法 第四条 特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者は、次の各号のいずれにも該当するときに限り、当該特定電気通信の用に供される特定電気通信設備を用いる特定電気通信役務提供者(以下「開示関係役務提供者」という。 )に対し、当該開示関係役務提供者が保有する当該権利の侵害に係る発信者情報(氏名、住所その他の侵害情報の発信者の特定に資する情報であって総務省令で定めるものをいう。 以下同じ。 )の開示を請求することができる。 一 侵害情報の流通によって当該開示の請求をする者の権利が侵害されたことが明らかであるとき。 二 当該発信者情報が当該開示の請求をする者の損害賠償請求権の行使のために必要である場合その他発信者情報の開示を受けるべき正当な理由があるとき。 引用元: プロバイダーから個人情報を入手 プロバイダーとは「フレッツ光」 FTTHアクセスサービス)をインターネットに接続するためのサービスを提供する事業者(ISP:インターネットサービス プロバイダー)のことです。 つまり、パソコンをインターネットにつないでいる回線を扱う会社が分かります。 スマホの場合はauとかドコモ、ソフトバンクがプロバイダーになります。 そこから個人情報を入手して誹謗中傷をした相手の身元を割り出す。 プロバイダ責任制限法に乗っ取り相手の身元、住所や電話番号をゲットし訴える事ができます。 弁護士に任せるのがベスト お金はかかりますが専門家に任せるのがベスト。 ケースバイケースですが名誉毀損で訴えて100万円くらいは取れるようです。 脅迫レベルの自体になれば警察に被害届けを出して対策してもらう事も可能です。 素人が手続きするのは面倒。 個人でプロバイダーとかSNSの運営に問い合わせるよりも専門家にやってもらった方が楽ちんです。 まとめ ネット上では匿名性が高いとはいえ 犯罪や名誉毀損につながるような事態になれば弁護士や警察に依頼して 身元を特定する事は可能です。 日本国内のサービスを使っているなら専門家であれば身元を特定するのはたやすい ネットに詳しい人なら海外のサーバーを経由したりVPNなどを使って手間暇とお金をかけてやるのだろうけど どちらにしろ迷惑な行為 2019年10月に元AKB48の川崎希さんがネットで誹謗中傷されていたけど プロバイダー責任制限法に基づく「発信者情報開示請求」に踏み切ったというニュース記事が話題になったのでこの記事を書いてみました。 5chとかの匿名掲示板で誹謗中傷されていたそうです。 放火するチャンスとか流産しろみたいな事を言われていました。 はっきり言ってネットで誹謗中傷する暇人どもに煩わされるのは相当、キツかったと思います。 暇人が頑張っている人の足を引っ張る行為というのは虫唾が走ります。 匿名掲示板の書き込みが本人の目に留まるって相当な量の書き込みがあったんだろうと推測できます。 ネットの誹謗中傷は止めた方がいいというのは当たり前の話なんですけど インターネットだと街やお店の中で言えないような事を書き込んでしまう。 ネットの投稿って場合によっては町中で大声を出しているようなものだという事も自覚しておかないとな~ ついつい卑猥な事を書き込みたくなるけど、他人を傷つけるような書き込みは控えましょう。

次の

ネット誹謗中傷で訴えられたらどうなる?加害者が把握しておくべき対応|IT弁護士ナビ

ネット 誹謗 中傷 訴え られ た

至急 ネットで誹謗中傷したら訴えられますか? 自分でもすごくひどいことをしたなと思ったんですが、 あるSNS(1)でであるユーザーさんを誹謗中傷して訴えると言われました。 先ほど、知恵袋で調べたら 出来ると回答されていたので不安です。 きっかけは別のSNSでAさんとお話しする機会がありました。 もしろん面識はなく、ネット上だけでした。 が、ある日、こちらがAさんを「かっこいい」などと褒めた事がAさんにしてみれば よほど気に入らなかったんでしょうね、こちらを一方的に非難してきました。 こちらはそんなつもりでいったのではなかったので、ムカッときました。 別の日にAさんの恋人があるSNS(1)にいるのを知って、 Aさんのことを悪口を言いました。 始めは少しだけのつもりが、 エスカレートしてしまって・・・・。 去年の後半に謝罪したのですが、今回またやってしまい、本気で訴えるといわれました。 捕まるようなことを書いた覚えはないのですが、なんともいえないギリギリの事は書いたような気がします。 心配になり、弁護士さんに相談(無料)したら「訴えられる可能性は低い。 」と言われました。 また、パソコンに詳しい人にも相談したら「なんとも言えないけど、面識のない人を訴えるのは自分だったらしない。 お金も時間もかかる。 が、ネットで調べたら出来そうなので、不安です。 当然、自業自得です。 今、金銭的にも厳しいので、弁護士さんに相談したくても出来ない状況です。 手遅れになる前ってもう手遅れなんでしょうが、なんとかしたいです。 ただ、1つ気になるのが、きっかけを作ったのはAさんの発言からです。 もし、この発言がなければこういうことにはなりませんでした。 こちらはこういう状況になるとは思っていなかったので証拠を残しててはいません。 また、弁護士さんにAさんからこういう文章がきたと伝えたところ、「一歩間違えたらAさんの恋人は脅迫罪になるよ」ともいわれました。 きっかけを作ったのはあちらでも、もし訴えられたらと思うと、夜も眠れません。 どうしたらよいでしょうか? 質問からは名誉毀損罪で訴えられると感じられますが その場合でしたら >「なんとも言えないけど、面識のない人を訴えるのは自分だったらしない。 お金も時間もかかる。 名誉毀損罪で告訴すれば、犯人を特定することは警察がしますので金銭負担はありません。 ですからネット上で相手に対して書き込みしたことが名誉毀損になっているかどうかが問題です。 弁護士が「訴えられる可能性は低い。 」と言ったということは、おそらく書かれた内容は名誉毀損にふさわしい内容だと想像できます。 そうでなければ弁護士は「名誉毀損で訴えられない」と言ったでしょう。 こういう場合どうすれば良いのか、は微妙で難しい問題ですが 仮に相手が告訴したことが判明すれば、告訴した警察署へ自分から出向き、 文書を書いたのは自分だ、ということで出頭しましょう。 そうすれば警察は捜査する手間が省け、さらに犯人が逃げる可能性も低いということで逮捕はしません。 内容が明らかに名誉毀損だと判断されても、こういう場合は略式で罰金で収まることが多いと思います。 しかし、民事の場合は相手の損害賠償請求があるので、民事を起こされたら弁護士に迷わず相談して下さい。

次の