無 呼吸 症候群 マスク。 睡眠時無呼吸症候群を治療するなら原因と方法の把握から!対策グッズの検討も。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAP(シーパップ)

無 呼吸 症候群 マスク

CPAPとBIPAPの違い CPAPとBIPAPの違いを理解すれば、自分の症状にあった治療法のヒントがみえてきます。 正しい治療を行うために必要な情報をお伝えします。 BIPAP(バイパップ)とは BIPAPとは、換気モードの一般的な呼び方を指します。 ちなみに「I」が大文字から小文字に変わり、BiPAPになると特定の商品機器を指すことになるので使い分けられています。 ここでは換気モードであるBIPAPを説明します。 いわゆる オートタイプのCPAP装置のことで、上限と下限の2つの空気圧を設定することができるので、状態の変化に対応してくれます。 具体的には、息を吸い込む時には空気圧を高め、吐く時には圧を低くし、呼吸状態に合わせて補助をしてくれます。 CPAPは空気圧の設定が1つで、 常に一定の圧力を送り込みますが、変化に対応できないため、呼吸状態に合わせて自動で変動してくれるBIPAPが一般的に有効かもしれません。 CPAPとBIPAPの違い 両者の違いは、圧力設定の数です。 CPAPは基本的に1つの設定しかできませんが、BIPAPは2つの設定をすることができます。 これが、BIPAPがオートタイプと呼ばれるゆえんです。 ただし、自動で空気圧を調整してくれるBIPAPは便利ではありますが、どちらが良いという決め付けはできません 両者の特性と自分自身の症状を理解した上で、使い分けをすることが重要になります。 睡眠時無呼吸症候群には2つのタイプがあります。 気道に空気が通るスペースがなくなって呼吸ができなくなる 「閉塞性睡眠時無呼吸」(OSA)と、気道に問題がないにもかかわらず脳から呼吸命令が出せなくなってしまう 「中枢性睡眠時無呼吸」(CSA)です。 無呼吸症候群患者のおよそ9割が前者に該当し、後者は数%といわれています。 2つの圧力設定をすることができるBIPAPは、心不全を伴うタイプの「中枢性睡眠時無呼吸」(CSA)に有効といわれ、一方、一定の圧力を送り込むCPAPは、とくに気道が塞がりやすいタイプの「閉塞性睡眠時無呼吸」(OSA)に有効といわれています。

次の

睡眠時無呼吸症候群とは何か 主な症状と原因について

無 呼吸 症候群 マスク

CPAPとは 睡眠時無呼吸症候群の治療法として、日本や欧米でもっとも普及しているのが「 Continuous Positive Airway Pressure」、頭文字をとって「 CPAP(シーパップ)」と呼ばれる治療法です。 以下で、その CPAPが睡眠時無呼吸症候群のどのタイプに有効で、どのような治療法なのか解説します。 睡眠時無呼吸症候群とは 睡眠時無呼吸症候群とは、 睡眠中の呼吸が止まってしまう病気のことです。 「 10秒間以上呼吸が止まる無呼吸」や「もう少しで呼吸が止まりそうな低呼吸」が、睡眠中 1時間あたり 5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。 日中の頭痛や強い眠気、だるさ、集中力や記憶力の低下などのほか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながってしまう可能性もあります。 その原因によって「 閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」と「 中枢性睡眠時無呼吸タイプ」に分類することができ、 CPAPは、閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効です。 閉塞性睡眠時無呼吸タイプの睡眠時無呼吸症候群 鼻や口から肺への空気の通り道である気道のうち、 鼻腔から咽頭(いんとう)までの「上気道」と呼ばれる部分に空気が通る十分なスペースがなくなり、無呼吸が生じるタイプです。 睡眠時無呼吸症候群の患者の約 9割がこのタイプに該当し、 CPAPが有効とされています。 上気道のスペースが狭くなる要因としては、首・あごのまわりに脂肪がついたり、のどちんことも呼ばれる口蓋垂(こうがいすい)の両側が肥大したり、舌の付け根である舌根(ぜっこん)が落ち込んだりすることなどが挙げられます。 中枢性睡眠時無呼吸タイプの睡眠時無呼吸症候群 呼吸運動を調節し、指令を出す中枢神経の異常によって引き起こされるタイプです。 肺、呼吸に関連する筋肉や、中枢神経からの指令を伝達する末消神経には異常がないにも関わらず、無呼吸が生じてしまいます。 閉塞性睡眠時無呼吸タイプと違い、上気道は開いたままです。 睡眠時無呼吸症候群のなかでも、このタイプの患者は数パーセント程度です。 上気道に中から空気圧をかけ続けることで、舌や軟口蓋を押し上げて広げ、無呼吸になるのを防ぎます。 また、装置の種類も豊富で、日常的に使用するサイズのものから、出張や旅行に持参できる 1〜 2㎏のコンパクトタイプなものまであります。 以下で、具体的な装着方法を紹介します。 CPAP装置の装着方法 空気を送り込む CPAP装置本体は、 15〜 20センチ四方ほどの大きさで、ベッドサイドのテーブルなど近場で安定した場所に置きます。 この本体から伸びた シリコン製エアチューブの先のマスクを鼻あるいは口に装着します。 空気を送り込むときの圧力は、常に一定の圧力を保つ設定と、無呼吸のときに合わせて自動的に圧力が増す設定があり、どちらを選択するかは主治医が症状に応じて判断します。 CPAP装置の使用時間と使用頻度 睡眠中の呼吸を助ける治療法なので、 毎日、寝ている間の一晩中装着します。 症状が改善したからといって CPAPを中止すると、また無呼吸が発生する恐れがあるため、治療の継続や終了は主治医と相談して決めることになります。 CPAP装置の使用 医療機関で適切に設定された装置を使い、 マスクを正しく装着すれば、睡眠が妨げられることはほぼありません。 むしろ、呼吸が改善することで熟睡しやすくなりますが、まれに、鼻づまり、耳鳴り、マスクが当たる部分の皮膚のかぶれ、口の乾きなどが生じることもあります。 また、 CPAPを使い始めて間もない頃は、息を吐く際にも空気が送られてくるため、呼吸に違和感があるかもしれません。 これらの不快な症状は、空気を送り込む圧力を調整したり、別のタイプのマスクに変えたりすることで改善することもあります。 違和感が続くからといって独断で治療を中止したりせず、主治医と相談してください。 CPAP装置を正しく装着するポイント 自宅で本格的に使い始める前に、医療機関に一泊入院し治療に適した機器設定などを行う、タイトレーションといわれる検査を実施する場合もあります。 マスクは、顔とマスクフレームが平行になるように角度調整し、後ろの部分は首にかかるまで深くかぶるとよいでしょう。 また、寒冷地の冬場などでは、エアチューブの内部が結露し、その水滴がマスク側に落ちてきてしまうことがあるため、暖房器具などで室温を温かく保ってください。 使い方でわからないことがあれば、コツがつかめるようになるまで主治医や医療機関のスタッフに相談すると安心です。 CPAPの効果 CPAPは、続けることで睡眠時無呼吸症候群の症状が改善され、それに伴う睡眠の質の向上や、生活習慣病などの合併症の抑制が期待できます。 睡眠時無呼吸症候群の症状改善 CPAPによって、睡眠中の無呼吸や低呼吸の頻度が減少していきます。 それに伴って無睡眠の質も向上するため、 日中の眠気が減少したり、集中力を取り戻したり、だるさや疲労感も感じにくくなるでしょう。 睡眠時無呼吸症候群の合併症の抑制 睡眠時無呼吸症候群については、 生活習慣病との合併が指摘されています。 例えば、高血圧の場合、睡眠中に下がるはずの血圧が、無呼吸の影響で血圧が上昇するケースがみられます。 CPAPによって無呼吸が減少すると、睡眠中の血圧上昇が抑えられ、早朝から日中までの降圧効果にもつながるのです。 そのほか、 心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などのリスク抑制にも効果があることもわかってきました。 CPAPの効果はいつから感じるか CPAPは、初めて装置を使った翌朝に熟眠感などの症状改善を感じる人がいる反面、なかなか改善を感じない人もいます。 ただ、治療の効果は、 自覚症状だけでなく、無呼吸の頻度や睡眠の質にあらわれることもあります。 そのため、自己判断で治療をやめることなく、主治医と相談しながら、治療を継続していくことが大切です。 CPAPをはじめるには CPAPを受けるためには、知っておきたいことがあります。 医療機関の選び方から、治療費用の目安まで、気になることを以下で紹介します。 CPAPのための医療機関の選び方 睡眠時無呼吸症候群の検査と治療ができる医療機関は全国にあります。 「睡眠外来」や「睡眠センター」など、睡眠専門の外来を設けている機関もあれば、内科や呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉科、精神科などが対応している場合もあります。 CPAPは長期的な治療になるため、定期的な受診が必要になります。 まずは、 なるべく通いやすいところに相談してみてください。 CPAPの費用目安 治療費の目安として、保険が適応になり、 3割負担の方で月4,500円程度です。 CPAP装置は医療機関からレンタルして使用することが一般的で、装置の保守管理、マスクやエアチューブなど治療に必要な消耗品の供給は医療機関で対応しています。 CPAP装置のメンテナンスなど CPAP装置やマスクは、毎日使うものだけに、こまめに手入れをする必要があります。 特に、 顔に直接触れるマスクは、常に清潔にしておくことが大切です。 取扱説明書に従って、適切な手入れをしましょう。 睡眠時無呼吸症候群は治療することができます。 治療によって睡眠の質が向上すれば、日中の不調が解消され、健康的な生活が期待できます。 睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思う方は一度、医療機関を受診し、 CPAPを検討してみてはいかがでしょうか。 <参考> 『睡眠時無呼吸症候群を治す!最新治療と正しい知識』白濱龍太郎監修(日東書院本社) 『別冊 NHKきょうの健康 睡眠の病気』内山真監修( NHK出版) 『睡眠障害のなぞを解く』櫻井武著(講談社).

次の

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAP(シーパップ)

無 呼吸 症候群 マスク

睡眠時無呼吸症候群の疑いがある• 睡眠時、呼吸が止まってると言われた• 病院の検査で引っかかった• 病院にはかかりたくない• 軽度の睡眠時無呼吸症候群 寝ている本人は全く自覚症状がないのに、 周りに指摘されてとりあえず検査を受けてみたら、医師から「睡眠時無呼吸症候群 SAS 」と告げられた…。 突然、漢字だらけの病名を告げられるとちょっとビックリしてしまいますよね。 でも ガンや糖尿病みたいに、直接生活に影響するタイプの病気ではないので、そこまで緊急性は感じない…。 もしかしたら、このようにお思いではないでしょうか? しかし、 無呼吸症候群の患者の4年後の高血圧発症リスクは、通常の人に比べて1. 4〜2. 89倍になるというデータが出ています。 突然身体に異変が起こるわけではありませんが、長い目で見ると睡眠時無呼吸症候群の合併症はバカにできません。 一時的に気道が閉塞されるということは、睡眠時にうまく酸素を取り込めないということです。 人間にとって必須の酸素が不足することは、身体へ大きな悪影響を与えます。 無呼吸症候群は、放っておいても自然に改善されることはありません。 原因を突きとめて、早い段階で何かしらの対策や予防をすることが将来の健康に繋がります。 CPAP療法などの大げさでお金と時間のかかる対処療法はまだちょっと…、という方は 睡眠時無呼吸症候群の対策グッズから始めてみることをオススメします。 睡眠時無呼吸症候群とは? 完治を目指すために、まずは睡眠時無呼吸症候群について知っておきましょう。 睡眠時無呼吸症候群 英名:Sleep Apnea Syndrome(SAS) 10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とする。 無呼吸が一晩 7時間の睡眠中 に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上ある状態。 【軽度】 睡眠1時間につき、無呼吸・低呼吸が5回以上~15回未満• 【中度】 睡眠1時間につき、無呼吸・低呼吸が15回以上~30回未満• 【重度】 睡眠1時間につき、無呼吸・低呼吸が30回以上 睡眠時無呼吸症候群の定義は、このように決まっています。 妻や旦那にこのような症状が出ているのであれば、指摘してあげた方がいいでしょう。 いびきや無呼吸症候群は、ある程度重度でなければほとんど自覚症状はありません。 教えてあげることが治療への第一歩となります。 睡眠時無呼吸症候群の原因とは? 睡眠時無呼吸(SAS)を完治・根治するために、主な原因を理解しておきましょう。 ここをおろそかにすると、 効果の期待できない治療方法にお金と時間を費やすことになりますので、大事なステップです。 睡眠時無呼吸症候群は、呼吸するときの空気の通り道(気道)が、何かしらの原因で一時的に閉塞されることで発生します。 次のような原因で塞がります。 1の箇所は、鼻炎など• 2の箇所は、軟口蓋の落ち込みや扁桃腺肥大など• 3の箇所は、舌の気道への落ち込み(舌根沈下)など• 肥満は全ての箇所に悪影響 あなたの睡眠時無呼吸症候群の原因は、どこにありそうか検討がついたでしょうか? 睡眠時無呼吸症候群を改善するには? 自分自身の睡眠時無呼吸の原因を把握できたのであれば、あとは それを取り除けば無呼吸は改善されるはずです。 1の鼻に原因がありそうな場合 1の鼻に原因がありそうな場合は、耳鼻科に行きましょう。 ただし鼻だけが原因で睡眠時無呼吸症候群になるケースはほとんどありません。 鼻への疾患が他の箇所に影響して無呼吸症候群になる場合はほとんどです。 肥満が原因の場合 肥満が原因の場合は、ダイエットに取り組みましょう。 肥満症は気道に脂肪がつくので、空気の通り道(気道)が狭まります。 極度の肥満の場合は、それだけでイビキや睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。 気道が狭まっているので、より詰まり易いのです。 2や3の喉の部分に原因がある場合 睡眠時無呼吸の多くの方は、2や3の喉の部分に原因があります。 この箇所を閉塞する要因はかなり多いです。 例えば、「小さい顎」「扁桃腺肥大」「舌根沈下」「軟口蓋の落ちこみ」「筋肉の衰弱」などが挙げられます。 小さいアゴや扁桃腺肥大などによって喉の気道が閉塞されている可能性がある方は、マウスピースや手術による除去が必要です。 口呼吸や筋肉衰退によって軟口蓋や舌根沈下が起こっている可能性のある方は、 CPAP療法を選択するか、無呼吸対策グッズなどを利用して自力で治すかのどちらかの方法を選択することになります。 睡眠時無呼吸症候群の治療方法 睡眠時無呼吸の治療方法で、一番有名なものはCPAP シーパップ 療法です。 CPAP療法は、圧力をかけて空気を強制的に体内に送りこむ治療法。 気道が閉塞されていても空気の圧力を上げれば、酸素が肺まで届くという方法です。 強制的に酸素を取り込むので、ほとんどの方に比較的早く効果が期待できます。 このように聞くと、 CPAP療法をしておけば間違いないじゃないかと思うかもしれませんが、残念ながらそう簡単にはいきません…。 CPAP療法のデメリット CPAP療法には、次のようなデメリットがあります。 対処療法なので、続けても完治しない• コスト費用が高い(月5000円ほど)• 毎月の通院が必要• 旅行などへの持ち運びが大変• 身体への違和感から快眠できない• 喉や鼻が荒れて痛くなる• 電源が必要 現実的なところで考えると、「 お金がかかる」「 病院に通わなければいけない」というデメリットが大きいです。 しかし、もっとも重要なポイントは、 シーパップ療法は対処療法なのでどれだけ続けても完治はしないということ!これはつまり、一生涯CPAPを利用し続けなければいけないということです。 一生、月5000円ほどの診療代と月1回の病院通いが必要。 この決断をいきなり迫られても、正直すぐに決断をするのは難しいですよね…。 もちろん重度の睡眠時無呼吸症候群で、早急にCPAP療法をしなければならないこともあります。 病院で診断を受けた方であれば、自分の状況や原因を医師に詳しく確認してください。 もし、 そこまで緊急を要する重度な状態でなければ、睡眠時無呼吸防止グッズを試すという方法があります。 無呼吸対策グッズのメリット・デメリット 無呼吸対策・防止グッズは、CPAP療法のように医療機器ではありません。 そのため次のようなメリットとデメリットが存在します。 失敗を減らすために、しっかり把握した上で利用した方がいいです。 デメリット 自分の原因や症状に合ったグッズを利用しなければ、効果は見込めません。 安価な代わりにハズレを引く可能性も高いということです。 ハズレを引く可能性をなるべく低くするために、自分の症状や病気についてある程度勉強が必要となります。 メリット 無呼吸対策グッズは、CPAPなどの医療機器と比べると圧倒的に安価で利用できます。 自分にピッタリ合うグッズが見つかると、その費用対効果は抜群に高いです。 その程度の出費であれば、色々試してみることができます。 もしあまり効果がみられなかったとしても、金銭的な損失も許容できる範囲ではないでしょうか。 さらに基本的には、病院などに通う必要はなく、インターネットなどで簡単に購入できます。 このような値段の手頃感と手軽さが、無呼吸防止グッズの最大のメリットです。 予防策としてとりあえず利用する方やいろいろ試してみたい方は、このような対策グッズが合っています。 口呼吸を鼻呼吸にして睡眠時無呼吸症候群を改善する 睡眠時無呼吸症候群の対策グッズは、なんとかして口を閉じて鼻呼吸にすることで症状を改善するタイプのものが多いです。 その一例として、口閉じテープや顎固定サポーターなどが挙げられます。 睡眠時無呼吸症候群でない人は、睡眠中は鼻呼吸をしています。 なんとか正常な状態に近づけるために、無理やり口を閉じて鼻呼吸にさせようと試みているのです。 正常な鼻呼吸の状態 正常な状態の鼻呼吸では、舌が上あごにくっついています。 口の中が陰圧になりピッタリと吸い付くのです。 これにより、口が開いて空気が入ることがなくなります。 そして舌が上あごにくっついているので、上の図のように酸素の通り道がしっかりと確保できるのです。 無理やり口を閉じるだけでは、このような状態にはなかなかなりません。 口を閉じて寝ると苦しい人は、舌根沈下などにより酸素の通り道(気道)が塞がれているのです。 どのようにすれば舌が上あごにくっついた正常な鼻呼吸ができるのでしょうか? しっかりとした鼻呼吸を! ただ無理やり口を閉じただけでは、本来の正常な鼻呼吸がなかなかできません。 舌をしっかりと上あごに密着させて、気道を確保することがもっとも重要なのです。 ポイントは舌を自由に動かないようにすること。 口を閉じるだけではなく、その他の刺激を与えて舌の自由を奪わなければなりません。 口輪筋を刺激するイムニタスマスク より正常な鼻呼吸をすることで睡眠時無呼吸症候群を治すために私どもが考えたのは、口輪筋への刺激です。 弊社の睡眠時無呼吸対策グッズ「イムニタスマスク」は口を閉じるだけではなく、上の図のように口の周りを刺激することで舌の動きを制限。 口呼吸による舌の落ち込み(舌根沈下)や、軟口蓋の落ち込みによる気道閉塞を軽減する目的で開発されました。 イムニタスマスクの特徴 イムニタスマスクの特徴は、この4つの突起です。 樹脂製の柔らかいマスクに、10mmほどの突起が4つ付いています。 イムニタスマスクを装着すると、 口を閉じるのと同時に突起が口の周り(口輪筋)を刺激するので、舌の気道への落ち込みが抑制されます。 試しに、口を軽く閉じて、指で写真の4箇所をギュッと押さえてみてください。 口の中の舌が急に動かしづらくなったはずです。 イムニタスマスクは口輪筋を刺激し、舌や軟口蓋を動きにくくすることで、舌が気道に落ち込むことを防ぐ効果があります。 同時に、自然な形で口呼吸を抑制して鼻呼吸に改善します。 利用した方の声 イムニタスマスクを実際に利用した方からは、次のような声をいただいております。 いくつかピックアップして紹介します。 効果には個人差があり必ず効果があるわけではありません。 マイナスの評価もいただいているので、それらも合わせて参考にしてみてください。 口は開けづらくなったが、いまいち弱かったということです。 ゴムの締めつけの調整である程度加減はできるものの、口呼吸や無呼吸の程度により効果は変わってくるようです。 様々な要素が絡み合って起こるのが睡眠時無呼吸症候群。 原因を一つに絞れないので、改善・防止するのはなかなか難しいです。 焦らずに、原因と思われる要素を一つ一つ確実に取り除いていきましょう。 イムニタスマスクを試してみる イムニタスマスクは、口呼吸による免疫力の低下で病気に悩まされた1人の男性の手によって生まれました。 合う合わないがある睡眠時無呼吸症候群対策グッズですが、舌根沈下や軟口蓋の落ち込みなどが原因の方はぜひ一度お試しください。 分からないことや使い心地などからご連絡いただけましたら、私どもの分かることは全てお応えいたします。

次の