導き の 地 キャンプ 地。 【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

【MHWアイスボーン】導きの地の採取ポイントと仕様

導き の 地 キャンプ 地

溶岩地帯の入手素材 骨系の素材 鉱石系の素材 導きの地の採取の解説とコツ 地質学を発動しよう スキル「地質学」は、 採取回数を増やせる。 採取メインで導きの地を探索する際は、必ず発動させること。 場所は固定で出現はランダム 導きの地の採取ポイントは、 マップに映らないが場所は決まっている。 しかし、必ず出現するとは限らない。 探索の度に各地帯を周ってこまめに採取しよう。 時間経過で復活or移動する 1度採取した骨塚や鉱脈は、時間経過で再び採取可能になるか、同地帯の別の場所に移動する。 採取後に同地帯での戦闘が長引いた場合は、再び採取ポイントを周ってみよう。 採取ポイントにはグレードがある 骨塚や鉱脈にはグレードがあり、高いほど貴重な素材が入手しやすい。 同地帯で採取を続けるとグレードが上がっていく仕様だ。 出現したら、必ず採取しよう。 地質学の恩恵を受けるのは通常の採取ポイントのみ。 このため、 グレード赤を維持して素材を入手し続けることはできない。 アイスボーンのモンスター関連記事 導きの地の記事まとめ.

次の

【MHWI】渡りの凍て地・キャンプ設営全5箇所の紹介!

導き の 地 キャンプ 地

導きの地のキャンプ設営場所 導きの地は本編クリア後に行けるようになる新マップで、各エリアの特徴が合わさっているマップです。 初期キャンプは西初期キャンプ(1)の1個ですが、キャンプ設営可能場所を発見することで納品依頼が発生して納品依頼をクリアするとキャンプが利用可能になります。 東キャンプ(3)の場所 初期キャンプの場所の割と近くにあるエリア3のツタの上のほふく穴を通った先にあります。 「導きの地」のキャンプ設営場所は初期を除くと1箇所のみ(?)かもしれません。 納品依頼と繁栄の結晶の入手法 東キャンプ(3)を発見すると納品依頼 「導きの地キャンプ計画」が発生します。 必要素材の入手法 ・龍脈の重竜骨 入手法:導きの地の大型モンスターの狩猟報酬など ・繁栄の結晶 入手法:古代樹の森エリアの鉱脈から採掘 「龍脈の重竜骨」は導きの地で大型モンスターを狩っていれば手に入るので特に悩む要素はありませんが、「繁栄の結晶」が少し分かりにくいです。 まず、導きの地は鉱脈と骨塚の採集を繰り返すと採集レベル的なものが上がってレベルが上がると手に入る素材が増えます。 「繁栄の結晶」は古代樹の森の鉱脈レベルを上げると手に入るアイテムで、ワールドマップから確認した時に 鉱脈のアイコンの色がオレンジ色になっていれば手に入れることが出来ました。 鉱脈のアイコンがオレンジ色だと、採集ポイントの鉱脈自体が大きくなっていたのでアイコンの色がオレンジになるのが新素材の入手条件になっているのだと思われます。 必要素材を集めたら納品依頼を完了することで東キャンプ(3)が利用可能になります。

次の

【MHWアイスボーン】導きの地の隠しキャンプの場所・納品依頼の素材入手方法【モンスターハンターワールド:アイスボーン 攻略】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

導き の 地 キャンプ 地

~ 目次 ~• 地帯レベルを上げるには 地帯レベルは主に大型モンスターを狩猟することで上げることができます。 モンスターの痕跡を拾う、部位破壊をする、罠にかける、討伐・捕獲するなど。 そしてモンスターによってレベルが上がる地帯が決まっており、レベルを上げたい地帯に出現するモンスターを集中的に狩猟するのが効率的です。 今出現しているモンスターがどこの地帯に属しているかはマップを開けばすぐ分かります。 例として、下の画像で見ればディノバルドは森林地帯、オドガロン亜種は陸珊瑚地帯、ティガレックスティガレックスは瘴気地帯に出現していることが分かります。 ただし、そもそも出現場所が複数あるモンスターを狩猟した場合、レベルが上がるのは今出現している地帯だけでなく、そのモンスターが出現し得る全ての場所の地帯レベルが上がるようになっています。 特殊痕跡を使用してモンスターをおびきよせる時に、どこに出現するか選べますよね。 例えばディノバルドなら、森林地帯の他に荒地地帯、溶岩地帯でも出現するので、森林地帯に出現したディノバルドを狩猟すると荒地地帯、溶岩地帯も同時にレベルが上昇します。 各地帯のレベル上昇値は、今出現している場所にやや優先的に割り振られるようになっているようです。 森林地帯にしか出現しないドスジャグラス、瘴気地帯にしか出現しないドルギルオスなど、 一つの地帯にしか出現しないモンスターはその地帯のレベルしか上がりません。 しかし、複数の出現場所を持つモンスターに比べて 一か所を集中的に伸ばしやすいように思えます。 また、拠点から出発する際にはどのモンスターがどの地帯に出現しているかは導きの地に入ってみるまではっきりしませんが、一か所にしか出現しないモンスターであればその点を気にする必要が無くなります。 全ての地帯に出現するアンジャナフ亜種、オドガロン亜種、悉くを殲ぼすネルギガンテ、イビルジョー、ラージャンなどは、 全ての地帯が上昇する代わりに各地帯の上昇値はわずかとなります。 導きの地の地帯レベルのポイントは総合上限値のようなものがあるようで、一定以上レベルを上げると一か所のレベルが上がれば他の地帯は下がるようになってきます。 例えですが、地帯レベルのゲージ上昇値を5つの地帯合計で500ポイントまでとなっており、森林地帯に200ポイント、荒地地帯に200ポイントと振ってしまうと他の地帯はどう頑張っても100ポイント以上にすることができない、と言えばいいでしょうか。 そうなると、上記のような 全ての場所に出現するモンスターを狩猟してもほぼレベルが変動しません(今出現している場所がちびっと上がる程度になる)。 効率的な上げ方は 導きの地実装初期はひたすら狩猟するか、地道にストーカーして痕跡を集めるかでした。 と言っても、地帯レベル上げも後半になると足跡などの痕跡では雀の涙でしたが……。 導きの地の大型モンスター素材は主にカスタム強化で要求されることが多く、いろんな武器を使う人ほど狩猟しなければなりません。 そうなると、狩猟して素材も確保しつつ地帯レベルを上げるのがいいでしょう。 スキル「地質学」Lv1をつけてひたすら壁ドンしていれば勝手に部位破壊もされますし、特殊痕跡も集められます。 素材を無視してひたすら罠にかけ続けるという方法の場合、落とし穴とシビレ罠、トラップツールと雷光虫などの調合分とモドリ玉をアイテムマイセットに登録し、罠にかけてはキャンプに帰って補充しまた罠にかけるの繰り返しをします。 アイテムショートカットに罠と罠調合を登録してマイセット登録しておくと良し。 単純な痕跡集めよりはやや上がりやすいです。 フレンドやSNSで募集した同目的の人に手伝ってもらえるとさらに良し。 複数の地帯レベルを同時に上げられるか 結論から言うと、できます。 私の場合、荒地と陸珊瑚を並行してLv7に上げることはできましたが、3地帯を同時にLv7はかなり厳しく、4地帯以上Lv7は恐らく不可能な様子でした。 なので、もし地帯レベルを複数同時並行で上げる時はせいぜい2つの地帯のみに限定して、他は下がっても仕方ないというスタンスで進めることになります。 そして、先ほど挙げたようなアンジャナフ亜種やイビルジョーは、例え今上げたい地帯に出現していてもスルーして、なるべく出現場所が2か所以下のモンスターを選んで狩猟するといいでしょう。 具体的にどの地帯とどの地帯を上げたい時に何を狩ればいいかは、また後日別の記事としてあげるかもしれません。 以上、導きの地の地帯レベル上げについてでした。 正直、普段よく遊ぶフレンドとかがいて地帯レベル上げを分担できる環境が無いと、カスタム強化のために各地帯を上げたり下げたりしないといけないので、やや面倒な部分が多いです。 だいぶ改善されたとは言え、ぼっちハンターに優しい環境とは言い難い……。 私は1~2か所をLv7にして、救難信号を出しつつ出てくる歴戦古龍や歴戦個体を片っ端から乱獲することがたまにあります。 その都度Lv7になっている地帯は変わることがありますが、導きの地で救難信号出してるLv7地帯2つのハンターがいたら、是非参加してやって下さい。 それではまた。

次の