市川市 フリーランス。 【年齢不問】ガス会社のシステム統合に伴うシステム開発(COBOL→Java)/千葉県市川市 |Java案件・フリーランス向け仕事検索サイト【Java案件ナビ】

千葉県のフリーランス求人・案件

市川市 フリーランス

個人住民税の非課税限度額とは 個人住民税には、非課税限度額というものがあります。 合計所得金額や総所得金額等がこの限度額以下なら住民税は課税されません。 所得税の場合は、給与収入が103万円以下なら(所得控除がない場合でも)所得税が課税されないということをご存知の方は多いと思います。 住民税の場合は、各自治体により、若干限度額が異なりますが、今回は、東京23区の場合で見て行きます。 個人住民税の非課税限度額とは 下記は、東京23区の個人住民税の非課税限度額です。 (自治体により、非課税限度額は、若干異なります。 ) (1)の住民税の所得割・均等割の両方が非課税となる限度額と、(2)の所得割のみ非課税となる限度額があります。 具体的に試算してみると 上記の非課税限度額を給与収入や年金収入にあてはめてみると、下記の金額になります。 東京都23区・独身(扶養人数0人)の場合は、給与収入100万円以下で住民税の均等割・所得割の両方が非課税となります。 それでは、 例題で確認していきます。

次の

【年齢不問】ガス会社のシステム統合に伴うシステム開発(COBOL→Java)/千葉県市川市 |Java案件・フリーランス向け仕事検索サイト【Java案件ナビ】

市川市 フリーランス

市川市の仲間がFBで立ち上げた 市川市の飲食店のテイクアウト情報 本当素敵な企画です。 本八幡・市川の情報はもちろんのこと 行徳近辺もありますよ〜。 うちもテイクアウトをよく利用しています。 普段子連れでいけないところも、この機会に利用しやすくて助かります。 大好きな飲食店の応援も出来るし。 うちが先日テイクアウトをお願いしたのは 行徳駅から徒歩4分 とにかく息子が大好きなとりの天むす8個 8個位の内訳は息子が5個その他3名が1個ずつ。 息子の食欲がすごくて(笑)途中慌ててウチにあったしらすのおにぎりを挟みました。 サキイカの天ぷら初めて食べました。 ドはまりです。 テイクアウトのメニューはこちらです。 ガンバレ!市川 ガンバレ!全国の飲食店!! 本日もブログにお越しいただきありがとうございました。 48時間以内に返信させていただきます。 結婚式,ウェディングプランナーフリーランス,披露宴,フリーブライダル司会,市川市,いちかわ アーカイブ•

次の

【年齢不問】ガス会社のシステム統合に伴うシステム開発(COBOL→Java)/千葉県市川市 |Java案件・フリーランス向け仕事検索サイト【Java案件ナビ】

市川市 フリーランス

パーソナルトレーナー兼インストラクター Nさん(女性) 1. 簡単な経歴を教えてください もともとはフィットネスクラブの社員で、フリーランスは2年目になります。 体を動かすことが好きでこの業界を選びました。 フリーランスになった当初は、レッスンがメインで空いた時間にパーソナルトレーニングの指導を行っていました。 現状を教えてください 3月まではインストラクター業が7割で、トレーナー業が3割でした。 しかし、将来的なことや自身の体のことを考慮した上で、4月からは本格的にトレーナー業を増やし、インストラクター 業を減らす予定でした。 今はコロナの件でレッスンはできなくなり、トレーナー業のみとなっています。 トレーナー業はフィットネスクラブと小型ジムの2社と契約していますが、どちらとも影響は出ています。 しかし、小型ジムに関しては私以外の方はさほど影響はないようです。 そして、フィットネス業界の知り合いから新しい仕事をいただいたので、3月はそのお仕事をメインに行なっていました。 しかし、4月から本格的に外出自粛が要請されるとその仕事もできなくなります。 コロナを機になにか感じたことはありますか? 仕事は減ってしまいましたが、 フリーランスはとくに人脈が大切だということに気づきました。 その人脈のおかげで、新たな発見や自分の中の想いが膨らみました。 これまでは、他の仕事を受けることは無かったので、非常にありがたいです。 具体的にどのような発見がありましたか? まず、新しい仕事がフィットネスクラブでの仕事なのですが、現場ではなく本部で働いています。 もともと社員だったので、本部のイメージはなんとなくはありました。 しかし、実際に働いてみると、現場のことを考えて動いてくれていることに感銘を受けました。 どの企業でもあると思うのですが、「本部の想い」と「現場の想い」には必ずと言っていいほど、相違があります。 私も現場の時にそう感じていました。 実際に本部の方の話を聞いて、本部の仕事をしてみて「現場への想い」に気づけたことは収穫です。 それと同時に私の中でも「想い」が生まれました。 「女性トレーナーを活躍させたい」という想いです。 今後はお客様のサポートはもちろんのこと、トレーナーの育成業にも携われたらと思います。 今後の働き方を教えてください いつになれば、コロナが収束するのかは誰にも分かりません。 私の担当するレッスンはステップ台を使ったレッスンやキックボクササイズのレッスンで、飛沫感染等の理由からまだレッスン再開の見込みが立っていません。 しかし、時間はありますから、 パーソナル業の勉強や仕事のバランスを考える時間に使いたいと思います。 これを機に積極的に行動し、オンラインを活用し人脈も広げていきたいと思います。 Nさんはむしろこの機会を大いに活用されています。 お話していても、言葉に力がありました。 フリーランスは人脈も重要です。 仕事以外に情報の共有も大切です。 インストラクターとトレーナーの両方で活躍できる方だと思います。 インストラクター Tさん(女性) 1. 簡単な経歴を教えてください 高校生の時から、将来は運動指導をしたいと思っていました。 スポーツ系の専門学校を経て、高級フィットネスクラブに就職。 4年間社員として働き、フリーランスに転向しました。 今年でフリーランスは3年目になります。 現在は月に100本のレッスンを担当しており、週に2日ストレッチトレーナーとしても活動しています。 現状を教えてください まず、3月初めの2週間は全てのインストラクター業が停止しました。 3社の企業と契約していますが、平均でレッスン料の7割は補償していただきました。 本当に感謝しています。 空いた時間を有効活用するべく、ストレッチスタジオには週2日だけ行き、他の時間は新たに始めたピラティスの練習を自宅にて行っていました。 3月中旬から8割のインストラクター業が再開しましたが、お客様はほとんどいませんでした。 とくに、午前中のレッスンは高齢の方が多く参加していましたが、1割程度の人数でした。 コロナを機になにか感じたことはありますか? やはり、 場所を制限されるインストラクター 業の限界を感じました。 限界というのは、ヨガやピラティスであればオンラインを活用して指導ができます。 私はエアロビクスやバイクを使用するレッスンが主でオンライン指導ができません。 勉強中のピラティスはマシンを使用するものなので、自身の勉強はできますがお客様相手の指導はできません。 また、動く時間が減ったので食事と適度な運動を心がけています。 インストラクターは大勢のお客様の前で指導する「見られる仕事」です。 身だしなみはもちろんのこと、体型維持には常に気を配っています。 1日5本レッスンを行う日は、間食を摂って体力を維持していましたが、レッスン本数が減ったので間食はやめています。 また、自宅でストレッチも取り入れ、筋肉が固まらないよう気を付けています。 今後の働き方を教えてください ヨガは始めると思います。 ピラティスもマシンを使用しないものを学びたいです。 コロナが収束したとしても、2度とこのような事態が起きないとも限りません。 今回は企業側の補償で収入減を最小限に抑えられましたが、 準備しておくことの大切さを学びました。 先の話にはなりますが、産後や育児中もある程度の制限がある中で働くことになります。 気持ちに余裕がなければ家庭や育児に影響しかねません。 フリーランスの働き方は、柔軟にかつ迅速にだと思います。 いかなる状況にも対応できるよう、レッスンの幅を広げ、ストレッチトレーナーとしてもスキルを上げていきたいです。 Tさんはコロナを機に多くを学び、行動に移しています。 フリーランスは仕事を待っているだけではいただけない。 自分で考え行動しなくてはなりません。 その姿勢が非常に伝わってきました。 グループレッスンは飛沫感染や密閉の危険から再開が遅れるかもしれませんが、楽しみにしている多くのお客様のためにどうか今を乗り切ってほしいです。 パーソナルトレーナー Kさん(男性) 1. 簡単な経歴を教えてください 大手フィットネスクラブでアルバイトスタッフを始め、3年後にフリーランスになりました。 その後、2年が経ち現在は、自分のパーソナルジムを立ち上げました。 そのジムは今年で2年目になります。 しかし、4月始めは新規のお客様も来店していましたし、既存のお客様も来られていました。 おそらく、フィットネスクラブが営業停止したことが要因と考えられます。 コロナの影響で、テレワークになった方はとくに体を動かしたいのですが、スポーツジムがあれだけ騒がれては行く気にもなりません。 他、店舗経営している仲間もさほど影響は無かったようです。 パーソナルトレーニングは1対1で指導するため、換気や消毒やマスクなどを気を付けていれば他施設よりは安全だと思います。 しかし、お客様との接触はあるので、自分も私生活から「3密」を避け、手指衛生の徹底と体調管理に気を使っています。 自営の店舗は営業の意思決定が自分であるため、僕は営業停止を選択しました。 コロナを機になにか感じたことはありますか? 普段から運動されている方はとにかく元気です。 お客様を見ていても自ら進んで自宅でトレーニングをしていますし、最低限のルールを守りジムに来店してくれます。 運動はダイエットや筋肉を付けるだけでなく、精神面にも影響を与えます。 猫背になり背骨が硬くなると、自律神経が乱れ気分の乱高下が激しくなります。 過去に「落ち込むことが無くなった」と言われたこともあります。 また、体が引き締まり姿勢もよくなるので、私服や振る舞いにも自信が溢れてきます。 いまコロナ鬱が発生していたり、家庭内暴力が起きていることは非常に残念に思います。 このような場合、ほとんどがストレスの積み重ねです。 ストレスが積み重なったところにコロナが追い討ちをかけたのでしょう。 ストレスの解消は人それぞれではありますが、トレーナーは運動を通じ、より社会に貢献できると感じています。 今後の働き方を教えてください コロナの収束が見えない中、もしかすると営業できなくなるかもしれません。 補償も不明確ですが、できることは挑戦していきたいです。 まず、 オンライン指導は今月から始めます。 ZOOMを使用して、栄養管理とストレッチを主に指導します。 実際にお会いできないので、どのように進めたら良いか日々奮闘しています。 小さなお子さんや高齢者とお住まいの方はより外出への恐怖を抱いています。 「うつらない」ではなく「うつさない」と心に留めているのです。 そのような方へ少しでもサポートしたいという想いからオンライン指導を開始しようと発起しました。 オンラインのメリットは、どこにいても繋がれることです。 もしかすると、沖縄や北海道のお客様を指導するかもしれません。 内心はとてもワクワクしています。 ピンチをチャンスに変えられる時だと思っています。 Kさんは自身のジムよりもお客様も心配していました。 コロナが収束したとしても、大きな爪痕が残ります。 それを運動指導で貢献していこうという姿勢に感動しました。 お客様は知識や見た目よりも人間性を重視します。 トレーナーの鏡とも言えるKさんにインタビューできたことが光栄でした。 インタビューのまとめ 他、数名の方にもインタビューを行いました。 その上で、気付いたことや共通点についてまとめました。 場所への依存は危険 フィットネスクラブはコロナの影響を多大に受けていることから、所属するトレーナーやインストラクターへの経済的影響も大きい。 今後トレーナーは、小型ジムとフィットネスクラブの2社契約を視野に入れておくと良いでしょう。 一箇所のみの契約はリスクが集中してしまうので、最悪の場合「収入ゼロ」もありえます。 インストラクターは自宅でも行えるヨガやパーソナルトレーニングも取り入れると安心です。 また、オンラインは触れることや動きの制限があるので、ある程度の知識を必要とします。 新しい領域にチャレンジすることをお勧めします。 オンライン指導 ここは避けては通れないかもしれません。 コロナでテレワークが推奨され、日本社会の働き方も変化しています。 コロナが収束しても、自宅にて娯楽や運動を完結する方が増えるかもしれません。 運動のあり方が多様化することは働く側の選択肢も増えます。 状況に応じて対応できるように準備しておきましょう。 専門知識を大いに発揮するチャンスです。 フリーランスは情報弱者 インタビューでとくに感じたことは情報の差です。 フリーランスは個人で働くため、情報が遅れて入ってきます。 もしくは、入ってこない場合もあります。 コロナのニュースはテレビやネットで平等に受け取れますが、今後の働き方の判断材料など受け取れている方と受け取れていない方の差を感じました。 調べればわかることもありますが、何を調べていいかわからない若年層のフリーランスは注意が必要です。 変化の激しい社会では情報を迅速に受け取り行動に移す必要があります。 その上で、情報共有する仲間や先輩、その他関係者との人脈作りは非常に重要となってくるでしょう。 緊急事態宣言の発令で、先行きが不安ではありますができることはたくさんあります。 最悪のシナリオも想定しながら、計画を立てましょう。 その計画の下、行動を選択し、実行することでコロナショックを乗り越えられると思います。 状況は続きますが日本の早期収束とフリーランス業の回復を心より願っています。

次の