ソラチカカード キャンペーン。 ソラチカゴールドカードがお得なポイントサイト【7月:36,550マイル】入会キャンペーン情報をご紹介!

ANAマイラー必携「ソラチカカード」入会キャンペーン!メリット&デメリット、ポイントを徹底解説!

ソラチカカード キャンペーン

ANAマイルが最強に貯まるソラチカカードの発行の裏技、2019年最新の入会キャンペーン最新情報、ソラチカのお得な作り方について解説します。 ソラチカカードはをANAマイルを貯めるために必要不可欠なクレジットカードです。 大量のANAマイルを貯めるための第一歩と言えるでしょう。 これからANAマイルを貯めたいと思っている方へ、今日は最強のソラチカカードの作り方を解説していきます。 このブログで解説した通りにソラチカカードを発行すれば、公式サイトから普通に発行した場合と比較してもかなり多く… 5万マイル以上のANAマイルを貯めることができます。 それでは ソラチカカード発行の裏技 、作り方と使い方を解説していきましょう。 2019年最新情報、ソラチカカードの最新キャンペーンを利用する作り方と使い方について解説していきましょう。 このカードが無いと大量のANAマイルを稼ぐことはできません。 ソラチカカードにはお得な作り方、つまり… 「ANA陸マイラー的なソラチカカードの作り方」 が存在するんです。 え、知らなかった?と思われたそこのあなたへ… まだ今なら大丈夫です。 私もANAマイルを貯め始めた時は知らずに公式サイトで普通にソラチカカードを作ってしまいました。 そんな過去の自分に向けてソラチカカードのお得な作り方を解りやすく解説したいと思います。 2019年最新 ANAカード・ソラチカカードの最強の入会キャンペーン ソラチカカードの最新入会キャンペーンはどうなっているでしょうか? まずソラチカカードは絶対に直接公式サイトで発行しないように注意しましょう。 下記に手順を記載しますのでその順番を守ることでANAマイルを通常よりも多く貯めることが可能になります。 マイ友プログラムに加入• ポイントサイト経由で申込み• JCBの入会キャンペーン• ANA公式サイトの入会キャンペーン たったこれだけ、上記の順番をきちんと守ればなんと… ANAマイルが5万マイル以上貯まります、すごくないですか? 繰り返しますが公式サイトで直接ソラチカカードを申し込んだ場合は獲得ANAマイル数が減ってしまうので注意してくださいね。 ANAマイルを大量に貯める第一歩は存在するお得なキャンペーンをフル活用することから始まります。 それでは各項目について解説していきましょう。 スポンサーリンク ANAカード マイ友プログラムへの登録で500マイルを獲得 まず最初に「」に登録して500マイルをもらいましょう。 マイ友プログラムはANAカードの紹介制度、事前に登録することでソラチカカードの場合は500マイルをもらうことができます。 ただし注意点としては 「事前登録制」であるということ。 ソラチカカード発行後に登録をしても無効になるので 一番最初に行う作業になります。 大事なことなのでもう一度言いますね… 必ず最初にマイ友プログラムに登録してください。 そうしないと損をしてしまいます。 マイ友プログラムに登録することでもらえるANAマイル数はカードの種類によって異なります。 赤枠の中のマイル数をソラチカカードは適用されます。 取りこぼしの無いようにしたいですね。 マイ友プログラム登録手順はこちら ここからはの登録手順を解説していきましょう。 マイ友プログラムはANAカードを既に持っている人から紹介されるという形式になります。 ANAカードを初めて発行する方は必ず登録しましょう。 でないと500マイル損をします。 既存顧客からの紹介なので特典としてANAマイルをもらえるという訳ですね。 紹介者氏名と紹介番号を入力する欄が出てきます。 この欄に下記のように入力してください。 紹介者氏名:タミヤ マキコ• 紹介番号:00056551 その後、登録者情報にご自分の名前と生年月日をご入力ください。 一度ブラウザを閉じて下記のボタンよりソラチカカード発行サイトに移動してください。 ソラチカカードの広告案件はに掲載されています。 これはポイントインカム経由でソラチカカードを申し込むと現金やマイルに交換できるポイント還元を受けられるという非常にお得な広告です。 2019年7月、ソラチカカードの申込みでもらえるポイントはなんと 67,000pt(6,700円相当)なんです。 もらえるポイントはその時々で変動しますが、現在はかなり高還元の部類に入ると言って良いでしょう。 ちなみにポイントインカムの67,000pt(6,700円相当)はANAマイルに交換すると 5,427マイルになります。 さらにJCBのキャンペーン、ANA公式サイトのキャンペーンも利用できるので、ポイントサイト経由の発行は必須になります。 ポイントインカムは下記のバナー経由で登録すると特別に3,000pt(300円相当)の入会ボーナスをもらうことができます。 で貯めたポイントはソラチカルートを利用して81%の交換率でANAマイルにすることが可能です。 もちろん現金や電子マネーに交換することもできるので、ソラチカカードを発行する時は必ず利用するようにしましょう。 スポンサーリンク ソラチカカード申込み後、ANAカードJCBの入会キャンペーンに登録 ここまでの手順でソラチカカードを申し込んだ後はANAJCBカードの公式サイトの入会キャンペーンに登録が必要です。 クレジットカード会社のキャンペーンなんて面倒…と思ったとしたら、それは 大間違いです。 今回のANA JCBカードの入会キャンペーンでもらえるANAマイル数はなんと… 合計18,700マイルです!これは壮絶ですね… ANA JCBカード側のキャンペーンは3段階に分かれています。 ソラチカカード新規入会• MyJチェックに登録• ソラチカカードの利用額に応じてボーナス 新規入会キャンペーンの通常ボーナス1,000マイルは特に作業は必要ありません、ANA JCBカードが初めてであれば誰でももらうことができます。 そして注意してほしいのは残り2つのキャンペーンは参加登録が必要だということです。 登録がないとANAマイルを貯め損ねてしまうので… 絶対に参加登録を忘れないでください。 キャンペーンの登録はANA JCBカードの公式サイトで行うことができます。 こちらも必ず登録するようにしてくださいね。 それでは残り2つのキャンペーンについて順を追って解説していきましょう。 スポンサーリンク MyJチェックに登録で1,200マイル 上記の画像にある「MYJチェック」というのはWEBサービス「MyJCB」でWEB利用明細を確認するサービスです。 これに登録すると紙のカード明細書が出なくなる変わりに1,200マイル相当のOki Dokiボーナスポイントが400ポイントもらえます。 ソラチカカードの利用額に応じて最大17,400マイル もうひとつのキャンペーンはソラチカカードの利用に応じて、ANAマイルを最大17,400マイルをもらえます。 ショッピング10万円(税込)以上の利用で1,500マイル(500 Oki Dokiボーナスポイント)• ショッピング25万円(税込)以上の利用で6,000マイル(2,000 Oki Dokiボーナスポイント)• ショッピング70万円(税込)以上の利用で17,400マイル(5,800 Oki Dokiボーナスポイント) これは何としてでも17,400マイルを獲得したいところですね。 利用期間やポイント付与時期は下記の通りになっています。 カードのご利用期間:ご入会~2019年12月31日(火) ショッピングの対象期間まではまだ時間があるので決済の全てをソラチカカードに集中させて、大量のANAマイルを獲得しましょう。 いざと言う時にはを購入すると良いと思います。 Amazonギフト券の購入はからできます、有効期間が10年あるので気軽に利用できますね。 そのため、MyJチェックに登録すれば「1,200ANAマイル相当をプレゼント」とANA JCB公式サイトに書いてありますが、実は裏技が存在します。 その裏技とはOki Dokiボーナスポイントを一旦、メトロポイントに交換してからANAマイルに交換する方法です。 同様にカード利用でもらえる「5,800 Oki Dokiポイント」もANAマイルに直接交換すると19,500マイルですが、一旦メトロポイントを経由することで 26,100マイルに増量します。 これぞ陸マイラーの真骨頂とも言うべき、公式サイトに書いていない裏ワザなんですね。 さらにANA公式サイトのキャンペーンで最大16,500マイルを獲得 2019年よりANA公式サイトでもソラチカカードの入会キャンペーンが行われています。 これはANAカード全体の入会促進キャンペーンなのですが、 ソラチカカードを発行する時でも最大16,000マイルをもらうことができます。 ただし 「エントリーが必要」、「初めてANAカードを作る人限定」という条件がありますのでご注意ください。 1,000マイル: ANA便への搭乗• 15,000マイル: 期間中に50万円以上の利用(15~50万円未満は3,000マイル)• 500マイル: ANAカードファミリーマイルに登録 合計16,000マイルがもらえるキャンペーンはかなりお得ですが、キャンペーンには参加登録が必要です。 下記の日程までにソラチカカードの発行とANA公式サイトのキャンペーンページで参加登録を済ませてください。 参加登録はから可能です。 500マイル: マイ友プログラムに加入• 5,427マイル: 経由で発行する• 28,300マイル: JCBの入会キャンペーン• 16,500マイル: ANA公式サイトの入会キャンペーン 上記のように様々なキャンペーンを上手に利用してANAマイルを貯めるのが陸マイラーの王道と言えるでしょう。 そしてその結果… 合計で50,000マイル以上が貯まります。 飛行機に乗らずに大量おのマイルを貯めるには、このカード無しでは不可能に近いとも言えます。 お得な入会キャンペーンが行われている今だからこそ、普段よりも 有利に発行できるチャンスなのです。 ANAマイルが大量にあればビジネスクラスでも特典航空券で搭乗することが可能です。 私がANAマイルでビジネスクラスに乗った素晴らしい体験談は下記のリンクをご覧ください。 また、ANAは国内線にプレミアムクラスという座席があります。 こちらももちろんANAマイルで発券できますよ。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

ソラチカカード入会キャンペーン!最大4万マイル超え獲得チャンス!【2019年10月版】

ソラチカカード キャンペーン

Contents• ソラチカカードとは? ソラチカカードの正式名称は、 ANA To Me CARD PASMO JCBといいます。 JCBがANAと東京メトロと提携して発行しているクレジットカードで、この1枚でOkiDokiポイント、ANAマイル、メトロポイントをためることができます。 OkiDokiポイント、ANAマイル、メトロポイントは相互交換ができます。 つまりOkiDokiポイントとメトロポイントをANAマイルマイルに集めることもできます。 このポイントの交換こそがソラチカカード一番の魅力です。 ソラチカカードがあるとANAマイルへの交換レートが急激に良くなりますよ。 上限はあるものの、この高レートは他にはありません。 ポイントサイトのポイントをANAマイルに集めるのなら、ソラチカカードは欠かせません。 ソラチカカードのOkiDokiポイントをANAマイルにする場合、 マルチポイントコース5マイルかマイル自動移行コース5マイルを選ぶと、マイル移行手数料は無料です。 マルチポイント10マイルコースまたはマイル自動移行10マイルコースは年間5,000円のマイル移行手数料がかかります。 入会キャンペーンと紹介プログラム ANAカードには、紹介プログラムや入会キャンペーンがあります。 マイ友プログラム• ANA主催入会キャンペーン: 現在なし• JCB主催入会キャンペーン:2020年9月30日 水 JCB申込み受付まで マイ友プログラムとANA主催入会キャンペーンは、ANAカードの種類にも提携ブランドにも関係なく、ANAカードを1枚も持っていない人なら対象です。 さらに、JCB主催入会キャンペーンの場合は、ポイントサイト経由でお申し込みをすると、ポイントサイトのポイントも獲得することができます。 ソラチカカードは下記の順番でお申し込みをしてキャンペーンに参加すると、 合計で3万マイル以上を獲得することができます。 ソラチカカードのお申込みをする前に、マイ友プログラムに登録をする• ポイントサイトのポイントは交換をすることでANAマイルになります。 入会キャンペーンに参加するにはカードの到着後に登録 キャンペーンは参加登録をする必要があります。 参加登録をしなかった場合、いくら条件を満たしてもキャンペーン分のポイントはもらえなくなってしまいます。 ANA主催入会キャンペーン:現在なし• JCB主催入会キャンペーン:2020年12月31日 木 まで マイ友プログラムに登録をする ANAには、ANAマイレージクラブ会員からの紹介で入会する「マイ友プロブラム」があります。 入会のお申し込みの前に、 既存会員の紹介者情報を登録することで、通常入会ボーナスマイル1,000マイルとは別に500マイルがもらえます。 マイ友プログラムの登録は、ANAカードのお申し込みの前にすることでボーナスマイルがもらえます。 ANAカードのお申し込みの後で登録をしてもボーナスマイルはもらえません。 本サイトの運営者はANAマイレージクラブ会員です。 下記のリンクから登録用ページに移動して、紹介者情報と登録者情報の登録ができます。 これは、ボーナスマイルを受け取るために、紹介者 私 と登録者 あなた をANAにお知らせする登録です。 紹介者氏名:タカハシ アツコ 紹介者番号:00020604 下記リンクは登録用ページです。 紹介者情報と登録者情報の登録ができます。 ポイントサイト ポイントサイト経由で申し込 むとポイントサイトのポイントを獲得することができます。 一般カード ソラチカ一般カード ZERO 学生用 ワイドカード 最大5,000ポイント プレミアム ワイドゴールド ソラチカゴールド 最大10,000ポイント 公式サイトがアナウンスしているキャンペーンでもらえる最大は、OkiDokiポイントを直接ANAマイルに交換した場合です。 キャンペーンでもらえるOkiDokiポイントは、ボーナスポイントです。 ところが、OkiDokiポイントをメトロポイントにしてからANAマイルにすると、交換レートが変わってきます。 5倍のマイルにすることができます。 JCBキャンペーン 直接交換 ソラチカ経由交換 一般カード ソラチカ一般カード ZERO 学生用 ワイドカード 最大5,000ポイント 最大15,000マイル 最大22,500マイル プレミアム ワイドゴールド ソラチカゴールド 最大10,000ポイント 最大30,000マイル 最大45,000マイル このように、OkiDokiポイントのボーナスポイントは、一旦メトロポイントにしてからANAマイルにすると、公式アナウンスより交換レートが1. 5倍となり、より多くのマイルを獲得することができます。 さらに、キャンペーンを最大活用した場合には、100万円分のカード決済分の OkiDoki1,000ポイントがたまります。 これは通常 OkiDokiポイントなので、直接交換で5マイルコースか10マイルコースでANAマイルにすることができます。 JCB主催入会キャンペーンとANA主催入会キャンペーンとマイ友プログラムは重複して利用することができます!• マイ友プログラムに登録• ポイントサイト経由でお申し込み• カードが届いたらJCBとANAにキャンペーンの参加登録• キャンペーン条件をクリアする! ソラチカを利用したマイル交換をした場合の最大獲得マイル数は以下のとうりです。 マイ友プログラム JCBキャンペーン ソラチカ経由 カード利用 10マイル ANAキャンペーン 合計 一般 500マイル 最大22,500マイル 100万円分 10,000マイル 現在なし 最大33,000マイル 交通系IC一体型 500マイル 最大22,500マイル 100万円分 10,000マイル 現在なし 最大33,000マイル ワイド 500マイル 最大22,500マイル 100万円分 10,000マイル 現在なし 最大33,000マイル ゴールド 2,000マイル 最大45,000マイル 3oo万円分 30,000マイル 現在なし 最大77,000マイル プレミアム 5,500マイル 最大45,000マイル 300万円分 30,000マイル 現在なし 最大80,500マイル ソラチカの場合、最大33,000マイルを獲得することができます。 もうひとつ、キャッシング枠を設定するとさらに0kiD0ki100ポイント付与があります。 ソラチカ経由でマイル換算すると450マイルです。 ANA主催入会キャンペーン 現在は終了しています。 参考までにこのまま載せておき、新しいキャンペーンが始まり次第、改めて紹介させていただきます。 出典: 提携ブランドに関係なくANAカードに共通する新規入会キャンペーンがあります。 入会対象期限:2020年6月30日 火 WEB入会受付まで キャンペーンの流れ• 期間中にANAカード新規入会• 期間中にキャンペーンに参加登録• キャンペーン期間中に各種条件達成• プレミアムで最大43,000マイル獲得! 通常入会特典 特典1 特典2 特典3 合計 一般 1,000マイル 1,000マイル 最大27,000マイル 500マイル 最大29,500マイル 交通系IC一体型 1,000マイル 1,000マイル 最大27,000マイル 500マイル 最大29,500マイル ワイド 2,000マイル 1,000マイル 最大27,000マイル 500マイル 最大30,500マイル ゴールド 2,000マイル 5,000マイル 最大27,000マイル 1,000マイル 最大35,000マイル プレミアム 10,000マイル 5,000マイル 最大27,000マイル 1,000マイル 最大43,000マイル ソラチカカードは、最大29,500マイルを獲得することができます。 特典1 対象期間中ANAグループ運航便に1回以上搭乗でボーナスマイル獲得! 入会対象期間:2020年3月2日 月 〜2020年6月30日 火 WEB入会受付分 申込書カード会社到着分まで2020年7月31日 金 カード発行分まで 参加登録期間:2020年3月2日 月 10:00〜2020年8月31日 月 23:59 日本時間 まで 入会 1,000マイル 継続 1,000マイル 追加カード ソラチカカードには、家族カードなどの追加カードがあります。 家族カード 生計を同一にする配偶者・親・子供 高校生を除く18歳以上 が対象です。 ただし、本会員が学生の場合は、お申し込みできません。 ETCカード 年会費無料でETCスルーカードのお申し込みができます。 QUICPay 端末にかざしてお支払いをする方法です。 カードタイプとモバイルタイプがあります。 QUICPayのマークのあるお店でお支払いをすることができます。 Google Pay JCBカードをGoogle Payに追加すると、QUICPayのマークのあるお店でお支払いをすることができます。 Apple Pay JCBカードをApple Payに追加すると、QUICPayのマークのあるお店でお支払いをすることができます。 エクスプレス予約 JCBカードは、プラスEXカードに登録することができます。 ソラチカカードの付帯サービス 旅行傷害保険 疾病を原因にしたものは担保されません。 対象は傷害のみです。 海外旅行保険 傷害による死亡 1,000万円 傷害による後遺障害 40〜1,000万円 治療に関する補償は全くありません。 保険としては手薄です。 海外旅行の際は、付帯保険の手厚いクレジットカードを複数持って合算するか、海外旅行保険に加入した方がいいですね。 ソラチカカードは一般カードなので、ポイントの有効期限は、獲得月から2年間 24か月 です。 ソラチカカードのOkiDokiポイントをANAマイルにする場合、 マルチポイントコース5マイルかマイル自動移行コース5マイルを選ぶと、マイル移行手数料は無料です。 マルチポイント10マイルコースまたはマイル自動移行10マイルコースは年間5,000円のマイル移行手数料がかかります。 5倍にできます! 東京メトロ ソラチカカードは、東京メトロの To Me CARDの1枚です。 To Me CARDの利用や提示で受けられるサービスもあります。 メトロポイント メトロポイントは、東京メトロ定期券のクレジット払いや、 To Me CARDの提携先での利用、他社ポイントからの交換で貯まります。 有効期限は最長2年間です。 毎年、 4月1日から翌年3月末日までの間に付与されたメトロポイントは、翌々年の3月末まで有効です。 1年目の4月1日から翌年の3月末日までのメトロポイントが2年目の3月末日までの有効期限なので、最短の場合の有効期限は、1年になってしまいます。 毎月11日に会員のメトロポイント口座に記録され、記録された時点で有効です。 各種サービスを利用してメトロポイントが確認できるまでには、1〜3か月かかります。 他社のポイント移行のお申し込み後、他社のポイントが確認できるまでには1〜2か月かかります。 メトロポイントは反映までに時間がかかるので、ANAマイルに移行を考えている人は、 毎月11日に反映を確認したらすぐに移行のお申込みをするのがおすすめです。 メトロポイントPlus メトロポイントPlusは別途のお申し込みが必要です。 東京メトロの各駅にある多機能券売機や To Me CARD会員専用サイトで登録ができます。 「メトロポイントPlus」にお申し込みをしたPASMOの利用でメトロポイントが貯まります。 マルチポイントコース OkiDokiポイント1ポイント マイル自動移行5マイルコース ANA5マイル マイル自動移行10マイルコース ANA10マイル 入会時は、PASMOの残高が2,000円以下の時には改札機にタッチすると、3,000円を自動チャージする設定がされています。 オートチャージの実行判定金額は、多機能券売機などで変更ができます。 オートチャージがされるのは、PASMOエリアとSuicaエリアの改札機です。 その他のエリアでは交通系電子マネーとして改札を通過してPASMOの利用はできますが、オートチャージはされません。 東京メトロ定期券 ソラチカカード決済で東京メトロ定期券を購入すると、 クレジットカード決済分のポイントはもちろん、さらに、 1,000円につきメトロポイント5ポイントも貯まります!定期券はソラチカカードに記載して使うことができます。 マルチポイントコース メトロポイント5ポイント+OkiDokiポイント1ポイント マイル自動移行5マイルコース メトロポイント5ポイント+ANA5マイル マイル自動移行10マイルコース メトロポイント5ポイント+ANA10マイル メトロポイントは90%でANAマイルにできるから、東京メトロの定期券をソラチカカードで購入すると、1,000円につき+4マイルです!東京メトロの定期券の購入に限りますが、還元率が0. 4%上がります。 ポイントサイトのポイントをマイルにする ポイントサイトのポイントをANAマイルにする2018年から主流だったのは、 LINEルートです。 ポイントサイトのポイントをLINEポイントに集めてメトロポイントにし、最終的にANAマイルに集めるルートは2019年12月27日15時で交換終了しました。 このことにより、今後はポイントサイトのポイントはTOKYUルートが主流になってきます。 メトロポイントをANAマイルにする ポイントサイトのLINEルートがなくなっても、ソラチカカードがあるとメトロポイントの交換レートが急激に良くなることに変わりはありません。 上限はあるものの、この高レートは他にはありません。 ANAカードの特典 ANAカードには、搭乗に便利なサービス、さまざまな優待や割引のサービスが付帯しています。 プレミアムメンバーステイタス ダイヤモンド 年間100,000ポイント うち ANAグループ便利用分50,000ポイントプラチナ 年間50,000ポイント うち ANAグループ便利用分25,000ポイントブロンズ 年間30,000ポイント うち ANAグループ便利用分15,000ポイント または 30,000プレミアムポイント到達時点でANAカード所有 ゴールド、プレミアム 対象カード ゴールド VISA、マスター、JCB、アメックス ダイナース プレミアム VISA、JCB、ダイナース、アメックス SFCゴールド VISA、マスター、JCB、アメックス ダイナースSFC プレミアムSFC VISA、JCB、ダイナース、アメックス) プレミアムメンバーサービスのステイタス は、毎年1月~12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まります。 プレミアムポイントとは、1年間に利用したANAグループ ANA・エアージャパン・ANAウイングス 、スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便の搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。 エコノミー ビジネス ファースト 距離に応じた 必要マイル数 38,000〜200,000マイル 63,000〜300,000マイル 90,000〜450,000マイル• 太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する• ルートは東回り、あるいは西回りのどちらかで逆回りは不可• 出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降• 出発地と最終帰着地の間で最大8回の途中降機が可能• 欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回まで• 旅程は最大12フライト区間に加え、最大4区間の「地上移動・同じ都市での異なる空港間移動」が可能 お申し込みの受付は電話のみです。 この他にもANAマイルは、特典航空券以外にも、さまざまな場面で使うことができます。 ANAマイレージクラブのサービス ANAカードはANAマイレージクラブに自動入会になり、便利なサービスを利用することができます。 SkiPサービス 出典: ANA国内線を利用するとき、事前に予約・購入・座席指定をしてあれば、直接保安検査場に進めるサービスです。 出発当日は、搭乗手続きカウンターに立ち寄ることなく、出発保安検査場と搭乗口でANAカードをタッチして進むことができます。 受託手荷物がある場合は、機能付きANAカードや2次元バーコードをタッチして、出発時刻の20分前までに直接手荷物カウンターで預けます。 出発時刻の15分前 羽田空港は出発時刻の20分前 までに保安検査場を通過できるよう手続きをする必要があります。 この時刻を過ぎると、搭乗できない場合があります。 ANAスカイガッチャ!モール 空港店舗から、ドラッグストア、飲食店などのお店でガッチャを回すとお得なクーポン券や無料券・割引券、ANA SKY コインが無料でゲットできるサービスです。 出典: ガッチャ!モールのお店• ANA SKY コイン• ANA DUTY FREE SHOP• ANAショッピングA-style• ANA ポプラグループ• 良平堂• ANA OUTDOOR PRODUCTS• ANA ジーンズメイト• 京橋ワイン• テイラースティッチ• まとめ ソラチカカードはPASMO搭載!交通系IC一体型のANAカードです。 この1枚でメトロポイントとANAマイルを貯めることができ、メトロポイントは90%でANAマイルに交換することができます。 ソラチカカードの新規入会には、 JCB主催入会キャンペーンとANA主催入会キャンペーンとマイ友プログラムは重複して利用することができます! ソラチカを利用したマイル交換をした場合の最大獲得マイル数は以下のとうりです。 マイ友プログラム JCBキャンペーン ソラチカ経由 カード利用 100万円分 10マイル ANAキャンペーン 合計 一般 500マイル 最大27,900マイル 10,000マイル 最大29,500マイル 最大67,900マイル 交通系IC一体型 500マイル 最大27,900マイル 10,000マイル 最大29,500マイル 最大67,900マイル ワイド 500マイル 最大27,900マイル 10,000マイル 最大30,500マイル 最大67,900マイル ゴールド 2,000マイル 最大32,850マイル 10,000マイル 最大35,000マイル 最大79,850マイル プレミアム 5,500マイル 最大35,100マイル 10,000マイル 最大43,000マイル 最大93,600マイル ソラチカカードは、交通系IC一体型なので、最大67,900マイルを獲得することができます。 ソラチカゴールドなら、ANA主催、JCB主催、メトロ主催、3つのキャンペーンを利用して、最大81,650マイル獲得することができます。 ANAカード JCBは、ポイントサイト経由で発行をすると、さらにポイントサイトのポイントも獲得することができます。 マイ友プログラムに登録• ポイントサイト経由でお申し込み• カードが届いたらJCBとANAにキャンペーンの参加登録• キャンペーン条件をクリアする! ソラチカカードのお申込みをする前に、マイ友プログラムに登録をする• これは、ボーナスマイルを受け取るために、紹介者 私 と登録者 あなた をANAにお知らせする登録です。 下記リンクの登録用ページは登録用ページです。 紹介者情報と登録者情報の登録ができます。 ポイントサイトのポイントは交換をすることでANAマイルになります。

次の

ANAソラチカゴールドカード誕生 東京メトロは定期より都度支払がお得!入会キャンペーンで65,600マイル 2020年4月

ソラチカカード キャンペーン

こんにちはマイルを貯めて家族で沖縄旅行に行きたいノブマイルです 今日はまだまだ魅力いっぱいのソラチカカードについてです。 このカードですね。 2019年12に閉鎖されたソラチカルートでもうソラチカカードは陸にとって必須のカードではなくなりました。 今はTOKYUカードが陸マイラーの必須カードとなっています。 ANA To Me CARD PASM JCB ソラチカカードについてです。 これもっともらえます。 やり方はこちら ステップ1 ANA公式サイトからマイ友プログラムに登録 ANAマイレージにはお友達紹介者というシステムがあります。 名前をマイ友プログラムと言います。 マイ友プログラムに登録すると入会ボーナスポイントの1000マイルにプラス500マイルもらえますのでカード申し込み前に必ず登録を!合計1500マイルもらえます!! なお、この時点でANAマイレージ会員でなくても大丈夫なので安心してください。 下記の公式ページから下の画像のように入力していただけばマイ友プログラムに登録されます。 もし周りに紹介者さんがいなかったらこちらの名前で登録してください ステップ1・2ではキャンペーンの申し込みは不要ですがここからはキャンペーン登録が必要なので必ず参加登録を済ませてください。 ここから以下は、ANAJCBカードでのキャンペーンとなります。 ステップ3 MyJチェックの申し込みをする MyJチェックとは会員専用WEBサービス「MyJCB」でカード利用代金明細を確認するサービスです。 つまり、月々の支払い内容が郵送ではなくWebを通じての発行になるというもの。 今の時代ほとんどのカード会社がなんらかの自己サイトを持っているのでどこか登録した事はあるのではないかと思います。 WEBサービスは何に支払ったかどのくらいポイントが付いたかなどとても見やすく非常に便利なので登録して損はないかと思います。 住宅費 家賃 ただし住宅ローンはNGです• 通知通信費 携帯電話インターネットのプロバイダー• 生命保険の保険料• 損害保険の保険料• ガス、電気、水道 地域で異なる• 子供がいれば月々の月謝 教育費• 自動車関連 駐車場代ガソリン代高速代ETC• 新聞代• ジムの月会費、スマートフォンアプリの月額課金• メルカリ、アマゾン、楽天、Yahoo! あと 最近ではPayPay、 ID等クレジットカードも紐付けできるんでそれも忘れないようにしてください! これは結構使えるとおもいます。 第一弾、第二弾、第三弾とカードの入会日によってカードの利用期間に区切りがあるので注意してください。 詳しくはこちらを確認してください 通常のカード利用によっても100万円利用分の、マイルももちろん獲得できます。 ここで注意です。 このJCBキャンペーンですが、マイルを直接付与されるのではなくOkidokiボーナスポイントとして付与されます。 1 Okidokiボーナスポイント=3マイルでANAマイルに移行できます。 このOkidokiボーナスポイントはメトロポイントを経由してマイルに変換するとなんと 1Okidokiボーナスポイント=3マイルではなく 1Okidoki ボーナスポイント=4. 5マイルになります!!

次の