渋谷 タワレコ twice。 TWICEが『&TWICE』をリリース。アルバムを通じて、どう変化していくのか

TWICEが『&TWICE』をリリース。アルバムを通じて、どう変化していくのか

渋谷 タワレコ twice

対象商品1枚ごとの購入につき、抽選券を1枚配布します。 抽選券1枚で抽選会に1回参加可能です。 ランダムでのお渡しとなります。 予めご了承ください。 <抽選期限> 2019年11月19日 火 商品入荷時~上記賞品がなくなり次第終了となります。 予定数量に達し次第終了となります。 予めご了承ください。 ・11月19日(火)よりタワーレコード渋谷店にてお買い物されると、 レジ袋に各メンバーソロ絵柄全9種のフライヤーがランダムにて1種レジ袋に封入されます。 予めご了承ください。 配布期間中でも無くなり次第、配布終了となります。 絵柄はお選びいただけませんのでご了承ください。 展示期間:2019年11月19日(火)~2019年11月25(月) 展示場所:タワーレコード渋谷店1階 【対象店舗】 タワーレコード渋谷店(OPEN 10:00 ~ CLOSE 23:00).

次の

TWICE OFFICIAL GOODSをタワーレコード店舗にて販売決定!

渋谷 タワレコ twice

いざTWICEカフェ(渋谷)に向かう!• TWICEカフェに着くと…. TWICEカフェの店内はまさにTWICE一色!• 今回注文したメニューは…. TWICEカフェではグッズも購入できます!• 至福の80分間はあっという間だった いざTWICEカフェ(渋谷)に向かう! TWICEカフェは、東京と大阪で開催されています。 私は 渋谷のロフト2Fに併設されている、TWICEカフェに行きました! 前日からワクワクしすぎて、あまり眠れませんでしたが….。 渋谷までTWICEの曲を聴きながら、もう心はドキドキです。 今回注文したメニューは…. 今回私が注文したメニューは、こんな感じです!!• Candy Popオリジナルラテ• オリジナルボトル付フルーツティー• カラフルロリポップ• フローズンポップコーンカフェ 甘いものが実は苦手なのですが、友達に協力してもらい、デザートメニューを中心にオーダーしました!! ツウィ好きな私は、 オリジナルラテは迷わずにツウィを注文。 本当にあっという間でした。

次の

TWICE

渋谷 タワレコ twice

ちなみに韓国でのTWICEのアルバムは初めてリリースされたTHE STORY BEGINSから買い続けている。 しかし日本のCDは久しく買っていない。 日本でデビューした最初のイベントである東京タワーでの公開収録を覚えている人はいるだろうか。 このとき渋谷ので行われた抽選に当たると参加できるというもの。 実はこれに参加していた。 メンバーまで数メートルの距離のポジションでめちゃくちゃ満足した記憶がある。 それ以降も日本のCDを買っていたが、ハイタッチは当たらないし曲も好みじゃなくなっていった。 メンバーを間近で見たこともあるし、無理してハイタッチに参加しなくってもと思っていた。 なのでWake Me Upが最後に買ったCDだった。 自分が日本のTWICEのCDを買わなくなってからも、最初の頃から変わらず渋谷のは毎回祭り状態。 日本デビューの時からTWICEと渋谷は相思相愛。 なのでせっかくだから色々キャンペーンもやっているし、渋谷で!ということで今回も渋谷のに行ってきた。 まあ普通に渋谷が家から近いっていうのもあって、キャンペーンしてなくても渋谷の可能性が高いのだけど笑。 渋谷入り口 いつも通りの入り口はがっつりTWICE。 そしてこれもいつも通りの抽選会場。 自分はもちろん安定のハズレでした。 アップの写真はこちら。 ちょうど写真を撮っている時間帯が曇りだったのとで撮ったのでいまいち。 11 proにしたいけど、去年XSにしたばっかだし。 あと高すぎ。 発売記念大型パネル展 人気者の証である1階の大型パネル。 のグループがよくここに飾られているイメージがあるけど、日本デビューしていて認知度のあるグループじゃないとなかなかここに飾られない。 もしくはでイベントをやってサインを本人たちが書きに来るか。 EXIDがでイベントをやったときはここに飾られていたし、サインも書きにきた。 でもイベントのないときは売り場でしか飾られなかった。 でもTWICEはこの場所の常連。 人気のレベルが全く違うからね〜。 不要だと思うけど逆サイドバージョン。 見え方が違うので、これから写真を撮りに行くという人は参考にどうぞ。 ももりん。 最初からTWICEでいちばん好きなメンバー。 2番目以降は変わりまくっているのに、1位の座は変わっていない。 だけどこの髪型は好きじゃない笑。 この前のFeel Specialといい、サナがサビを担当する曲に好きなものが多い。 SIGNALも最高にかっこいいし、この前にしたFeel Specialだってそう。 ちょっとそう言うには怪しいけど。 あとサナには一生派手な髪色でいてほしい。 そっちの方が似合っていると思いません?ただ衣装が派手になると急に港区感が出るのは気のせいかな笑。 六本木や西麻布の雰囲気を感じる。 まあそんな派手目なときのサナが好きなんだけど笑。 派手な感じ似合ってて可愛いよね? とまあ他にも色々装飾されていたけど、写真は撮らなかった。 他の店舗は行かなかったのでわからないけど、渋谷駅はTWICEいっぱいいた。 ふと思ったけど、日本に観光に来ている韓国人の人は駅にTWICEがいるのどう思うのだろう。 日本に来てもTWICEかい!と思うのか、特に何も思わないのかちょっと気になる。 渋谷店限定特典 なんか色々ついてきた。 渋谷店限定は大判ポストカードっぽいので、他のものは違うでも付いてくるのかな?っていうかツウィが2つ来たから、ポストカードもナヨンじゃなくてツウィがよかった笑。 ナヨンは普通に好き。 昔からTWICEの顔ってナヨンやと思うし。 しかもTWICEがどんどん売れて、今では ナヨンの愛車はポルシェ。 おそらく車種は クーペII ティプトロニックSだと思う。 そんな成り上がっていく感じも好き。 TWICEってなんだかんだまだまだ若いグループってイメージがあるけど、スーパースターなんだからどんどん突き進んでほしい。 ただ高いだけの高級車じゃなくて、がっつり2シーターのバリバリのやつってのもいいよね!ナヨンの車2人乗りやから、 TWICEのメンバーをナヨンが車で送ろうとしたら、8往復しないといけない笑。 9人組で2人乗り。 これは私の車やからTWICE関係なく、自分が好きな車に乗る!って感じも好き。 なんかこの文章打っていたら、どんどんナヨンが好きになってきた。 ナヨンがポルシェでミナを迎えに行っている写真があるのだけど貼りません。 Dispatchの写真だったはずだから、「TWICE Dispatch」とか「Nayeon Porsche」みたいなので検索してみてください。 10月頃の写真だったと思う。 ちなみに何枚購入して、あの子のトレカが当たったよ!みたいなレビューはする気がないです笑。 普通に曲を聴いていきます。 曲のスタイルだけでなく、衣装も可愛い雰囲気からかっこよくてセクシーさも感じられるようなものになっていった。 これは個人的に後輩ガールズグループであるITZYがデビューしたから、それとの差別化。 お姉さんグループへの成長が大きな理由だと考えている。 まあITZYのスタイルはTWICEがデビューしたときよりかっこいい雰囲気だし、ちょっとガールズクラッシュ的な雰囲気も感じられる。 だからグループの差別化は出来ているのだけど、後輩グループより先輩グループの方が可愛らしい曲を歌っているっていうのも変な感じだしね!だからTWICEのスタイルが最近少しずつ変わったのではないかというのが自分の予想。 ではタイトル曲以外はどうなのか?というのがポイント。 完全に大人なグループに変化するのか、それとも大人っぽい雰囲気の曲と同時に今まで通りのスタイルも披露していくことで、TWICEに幅を持たせていくのか。 韓国で販売された最新のアルバムであるFeel Specialは今までのTWICEと少し違うという印象を持った。 日本でリリースされたTWICEの曲の中でぶっちぎりでいちばん。 というか韓国の曲を合わせても個人的にトップ3に入る。 実はこのMVがリリースされたときにかっこよさのあまり、この曲についてを書いた。 なので今回曲の内容について特に書くことはない。 約1ヶ月経ったけど、今も普通に聴きまくっているし、めちゃくちゃかっこいいという評価は変わっていない。 なんならトップ5に入るじゃないか?とかリリースされたときに書いていたが、今では 確実にトップ3に入るという評価まで上がっている。 TWICE - Stronger 2曲目はStronger。 今までのTWICEの日本の曲ではなかったようなスピード感のある曲。 初めて聴いたときの感想は ドライブのときに聴くのが合うのじゃないかなというものだった。 Strongerという名前だけあってか、最後のサビの前に強くなるのがポイント。 しかもそのあとのサビの最初の部分は音を少し弱い感じにすることで波を作り、サビの後半で通常に戻り、その前が弱かったことで最後の歌の部分が目立つ。 歌い出しからノリがいいし、この曲が好きって人多そう。 TWICE - Breakthrough これまたかっこいい系。 Feel Specialでは韓国語版も収録。 日本でのかっこいい系の曲第一弾。 Breakthroughに関しては曲よりMVが好き。 このMVは最初から最後まで対比がポイント。 出だしの左右でバチっと色を分けた背景の印象が最後まで続く。 最初の色が分かれた壁のシーンは黒と白の衣装で対比、ライトがグラデーションで背景葉っぱで白衣装のシーンは一旦置いておいて、ラジカセの黒衣装のシーンは背景の色が変わるだけでなく、メンバーに当たる光の感じも背景に合わせて変わる。 ラップのシーンは赤のダヒョンと青ので対比。 奥にサボテン、手前に水のシーンはラジカセと同じく背景とメンバーへのライティングが変わる。 こっちは白衣装で黒衣装のラジカセのシーンとの対比。 しかもラジカセの方のサビは明るいライティングで始まるのに対して、こっちのサビのライティングは暗いので始まる。 そんでもって最後の砂サボテンのシーンは背景葉っぱのシーンと同じくグラデーション。 しかしこっちは黒衣装。 シーン丸ごと対比。 つまり 背景通りがっつり対比、 ラジカセシーンと水サボテンシーンの対比、 メンバーの対比、 グラデーションシーンの衣装対比という風に常にAとBが存在しているって感じのMVになっている。 普通にぼーっとMVを見ていたら2回目ぐらいで気がついたので、結構自分の中で印象に残ったMVとなっている。 ちなみにアルバムの曲順なので、ここでは省くけどBreakthrough自体がある曲との対比となっているので、もう 二面性見せまくりソングとなっている。 ちなみに他の人のBreakthroughの解説とかは一切見ていないので、何をこいつ今さら言っとんのや!とかお前の読みはまだ甘い!とかあったらすみません笑。 普通にもっとわかりやすく説明している人とかいそう。 TWICE - Changing! かっこいい系も終わり、いつも通りのTWICEへ。 いい意味で歌詞も単純でわかりやすい。 このわかりやすさがすっと入ってくる。 すぐ歌詞暗記できそう。 かっこいい系というわけではないけど、元気いっぱいの曲!というわけでもないので、好き嫌いは分かれるかもといった印象。 まあ日本でのデビュー曲となるOne More Timeがあまりにも元気いっぱいだったので、TWICEの日本の曲といえば、可愛らしくて元気!みたいな印象があるのかもしれない。 第一印象って引っ張ってしまいがちだしね。 なのでChanging! が元気なく感じてしまうのかも。 内容めちゃくちゃポジティブなのに笑。 TWICE - HAPPY HAPPY 3曲目のBreakthroughと同じ日にMVが公開されたHAPPY HAPPY。 MVを見てもわかるようにBreakthroughと全部一緒。 まだ白の枠組みのところに葉っぱがない。 基本元気。 さっき言ったBreakthroughの曲自体が対比と言っていたのは、この曲に対して対比ということ。 CD自体はMVと違って2週連続リリースだったのだけど、こういう感じで関連性を持たせて作るのは楽しくていいよね!まあできればMVの1週ずらしてもらった方が楽しかったかもやけど。 同時にする意味もすごく理解できるからどっちがいいとは言えない。 もうインフォメーションの動画でさえAとBって感じにしてくる。 こうなってくるとBreakthroughのMV内での対比はなんだったのかとなってくる。 そっちの対比よりHAPPY HAPPYとの対比の方が目立って仕方がない。 曲順で書いているから仕方がないが、どう考えたってHAPPY HAPPY紹介してからBreakthroughの紹介をすべきだと思う笑。 ちなみにHAPPY HAPPYはハワイバージョンもあります。 Breakthroughの対比とは違った意味での対比となりますが、MVバージョンとハワイバージョンを比較して両方楽しみましょう。 TWICE - What You Waiting For 今回のアルバムの中でかなり癖のある曲。 さっきまでのジャンルわけでいくと完全にかっこいい系の部類。 まず 歌詞が全部英語。 そんでもって曲調は完全に違うけど、それ以外 かなりヒップホップ的な曲。 まあこれをヒップホップ的というかどうかはわからないけど。 毎回小節ごとに基本韻を踏んでくる。 J-Popでほぼ毎回韻を踏んでこようとする曲はなかなかない。 そんでもって全員 かなりフロウ重視。 同じような歌い方でずっと歌うし、毎回員を踏むのでリズム感も同じ。 なので曲がずっと流れるように耳に入ってくる。 これが全編英語の歌詞と相性がいい。 トラックと歌詞、そしてTWICEの相性がかなり抜群。 なのにいい意味で今までのTWICEらしさが全くない。 癖のある面白ソングである。 TWICE - Be OK さっきの歌い方がヒップホップ的なのと違って、こっちはトラックに少しヒップホップ的な要素がある。 この曲は Be OKが耳に残るという言葉で説明終了なんじゃないかというぐらい、その部分が特徴的に感じた。 しかもその耳に残る言葉がBe OKとわかりやすいのがかなりいい。 なのでこの曲の感想はそれで終わりです笑。 それ以外の部分は結構TWICEらしいかな〜といった感じ。 TWICE - POLISH 王道TWICEソングって感じ。 今までのアルバムに収録されていてもなんの違和感もない。 あとみんなで叫ぶ感じのやつ、やっぱあれがあるとTWICEって感じがする。 歌詞の感じも今までのTWICEって感じ。 印象的にはWhat You Waiting Forと真逆。 TWICE - How u doin' さっき王道ソングって言ったけど、これも王道のTWICEの曲って感じがする笑。 6曲目のWhat You Waiting Forで遊びすぎたからなのか、落ち着いたいつものTWICEスタイルで固めてきている。 ただPOLISHの方が王道度が高い。 なぜならこっちは一瞬オートチューンを使ってくるから。 TWICE - The Reason Why この曲すごいよ。 一発目に聴いた最初の部分から感じるJ-Pop感。 歌い方まで完璧。 曲調も最高。 90年代後半から00年代初頭のJ-Pop臭がものすごい。 王道だけど、さっきまでの王道とは話が違う。 会社違うから例にあげるのもちょっと違うかもしれないけど、すぐが思いついたよ!もっといい比較相手がおる気もするけど、とりあえずこの2曲が出てきた。 本当に同じような空気感。 やばいよね。 めちゃくちゃかっこいい。 のこれぐらいの時期、99年とか00年に高校生ぐらいだった人にTWICEのThe Reason Whyを聴いてもらったら、同じ感想を言ってもらえそうな気がする笑。 自分はその世代より普通に下なのにそう感じるってことは、この世代の人はかなり感じるはず。 そんなこともあってThe Reason Whyは最高。 このアルバムで3番目に好き。 FANCY以降、TWICEは変化していったのか今回のアルバムもその参考として聴いていくというのがテーマでしたが、結論を言うと半々といった感じ。 挑戦した曲や癖のあるもの、今までのTWICEになかったスタイルから、がっつり王道の曲まであって色々。 FANCYやFeel Specialだって雰囲気が変わったとはいえ、全曲がそうなったかといえば違った。 今回も同じ。 なのでTWICEはMVにするようなタイトル曲では新しさを、そして収録曲では挑戦と今までらしさをといった感じで今後もいくのだろうか。 ちょっと前の世代ののアーティストであった、カムバックしたら急にめちゃくちゃセクシーになったみたいな変化はなく、自分たちにあったやり方で少しずつ幅を持たせていくといった感じなのだろうか。 TWICEは韓国でも日本でもかなりいいペースで新曲を出し続けているので、少しずつの変化でも浸透して行きやすそう。 それにTWICE自体が大きくなりすぎているので、一気に変化して失敗してファンが激減するなんてことは避けなくてはならない。 そんでもってタワーオブテラーの前でちゃっかりTTのポーズ。 Tower of TerrorでTTだから。 東京タワーのときも思っていたけど、TTも使い勝手良すぎ笑。 leggodesu.

次の