ドレンホース 掃除機。 エアコンからポコポコ音がする?その解消や対策方法は?

エアコンの水漏れ原因と対処法!ほぼ自分で直せる!?

ドレンホース 掃除機

冷房のかけ始めであるこの時期、一番多いのが「エアコンから水漏れしてます!」というご連絡。 これ、確かにエアコンが壊れた!と思ってしまいがちですが、原因の大半は ドレンホース(排水ホース)の詰まりなんです。 長く使っているうちに、煙草のヤニ汚れ、水垢、ホコリ等がヘドロ状態で溜まり、排出しきれない水が逆流します。 そして、詰まりが原因であれば、結構自分で直せちゃいます。 私も何度も直してますので、皆さんご自分で(フタミ商事に電話せずに 笑 )対応してみましょう。 それでは、対処法をご紹介! 1.ホースの出口を割り箸等で掃除してみる ホースが地面近くにあるようなら、虫の死骸や泥が原因かもしれません。 2.ホースの出口から口で吸う ドレンホースの先端を、口にくわえて吸い込みます。 やることは簡単なんですが、汚いヘドロを吸い込む危険性があります。 ウチの業者は普通にやってましたが、私は恐ろしくて無理です。 でも、室内機側に汚水が噴き出る、室内機が故障する恐れがあるようなので、あまりオススメはできません。 やるとしたら、軽く吹いて軽く吸ってを繰り返して詰まりを動かすイメージが良いかもしれません。 4.掃除機で吸い取る 以前のブログで紹介した通りです。 これ、ドレンホースが長い場合には一番効果的です。 ただ、電源とビニールテープが必要という大きな欠点が… 5.ドレンホースクリーナーを使用する ホースに口を付けるのは嫌だ!、電源もビニールテープもすぐに用意できない!、そんなときに便利なのがこちら。 今回はバルコニーから対応できるので、作業はしやすい条件です。 ドレンホースをこの様に外して。 ドレンホースの水の出口に差し込んで、レバーを引いて下さい。 最初に少し抵抗があり、「ボコボコッ!」ていう手応えがあったら成功!この手応え、結構クセになります(笑) 写真ではわかりづらいですが、このように水が出てきました。 透明なヘドロ状のモノも出てきたので、これが詰まりの原因のようです。 夏本番になって焦らないように、今のうちにキレイにしておきましょう。 最後に…今回は外側から詰まりを取る方法でしたが、ベランダが無い2階以上の物件では外からの対応ができない場合があります。 室内からドレンホースの汚れを吹き出すことはできないのだろうか?そんな疑問に答えてくれるサイトを見つけました。 少しコツがいるようですが、何でも自分でやってみることは大切です。

次の

エアコンの水漏れ原因。ドレンホースの掃除方法。修理料金の相場

ドレンホース 掃除機

冷房のかけ始めであるこの時期、一番多いのが「エアコンから水漏れしてます!」というご連絡。 これ、確かにエアコンが壊れた!と思ってしまいがちですが、原因の大半は ドレンホース(排水ホース)の詰まりなんです。 長く使っているうちに、煙草のヤニ汚れ、水垢、ホコリ等がヘドロ状態で溜まり、排出しきれない水が逆流します。 そして、詰まりが原因であれば、結構自分で直せちゃいます。 私も何度も直してますので、皆さんご自分で(フタミ商事に電話せずに 笑 )対応してみましょう。 それでは、対処法をご紹介! 1.ホースの出口を割り箸等で掃除してみる ホースが地面近くにあるようなら、虫の死骸や泥が原因かもしれません。 2.ホースの出口から口で吸う ドレンホースの先端を、口にくわえて吸い込みます。 やることは簡単なんですが、汚いヘドロを吸い込む危険性があります。 ウチの業者は普通にやってましたが、私は恐ろしくて無理です。 でも、室内機側に汚水が噴き出る、室内機が故障する恐れがあるようなので、あまりオススメはできません。 やるとしたら、軽く吹いて軽く吸ってを繰り返して詰まりを動かすイメージが良いかもしれません。 4.掃除機で吸い取る 以前のブログで紹介した通りです。 これ、ドレンホースが長い場合には一番効果的です。 ただ、電源とビニールテープが必要という大きな欠点が… 5.ドレンホースクリーナーを使用する ホースに口を付けるのは嫌だ!、電源もビニールテープもすぐに用意できない!、そんなときに便利なのがこちら。 今回はバルコニーから対応できるので、作業はしやすい条件です。 ドレンホースをこの様に外して。 ドレンホースの水の出口に差し込んで、レバーを引いて下さい。 最初に少し抵抗があり、「ボコボコッ!」ていう手応えがあったら成功!この手応え、結構クセになります(笑) 写真ではわかりづらいですが、このように水が出てきました。 透明なヘドロ状のモノも出てきたので、これが詰まりの原因のようです。 夏本番になって焦らないように、今のうちにキレイにしておきましょう。 最後に…今回は外側から詰まりを取る方法でしたが、ベランダが無い2階以上の物件では外からの対応ができない場合があります。 室内からドレンホースの汚れを吹き出すことはできないのだろうか?そんな疑問に答えてくれるサイトを見つけました。 少しコツがいるようですが、何でも自分でやってみることは大切です。

次の

エアコンのドレンホースは地面につけてはいけない【水漏れが発生】|街の修理屋さん

ドレンホース 掃除機

このドレンホースにゴミや虫の死骸などか詰まってしまうと、うまく水が排水できず室内機から水が漏れてしまうのです。 また、ドレンホースは常に外で紫外線や雨風にさらされていますので、長年使用していると劣化がひどくボロボロになっていることもあります。 そうなってくると、ホースの交換もした方がいい場合もあります。 エアコンの水漏れは、ドレンホースが詰まっていることが原因というのはわかったけど、これって業者に頼むべき? それとも、自力で掃除や交換ができるものなの? 結論から言えば、自力で出来ないこともありません! 「自力でできます!」と断言できないのは、場合によっては業者に依頼しなければならないケースもあるからです。 ここでは、 なるべく自力でなんとしたい!! という方のために、自分でドレンホースの掃除や交換をしたいと思った場合、どうすれば良いかを中心にまとめてみました~。 割り箸などの細いもので詰まりを掻き出す。 ドレン詰まり用のポンプを使用する。 掃除機で吸い出す。 実は、ドレンホースというのはなかなか細いものなんです。 ですので、ホースの先のほうが詰まっているだけであれば、割りばしのようなもので掻き出すこともできますが、少し奥の方で詰まっていると、割りばしでは届かないので、正直難しいものがあります。 また、掃除機で吸い出すというのは家にあるものでできるというメリットがある反面、 万が一水を吸ってしまうと故障してしまう可能性があるというデメリットもあります。 業務用にはなりますが、湿乾両用の掃除機があれば、水を吸ってしまっても大丈夫ですので問題ないですが、一般家庭に湿乾両用クリーナーを持っている人は少ないと思います…。 そして、掃除機で吸い出すのって結構難しいんです! それはなぜかと言うと、 ドレンホースの出口と掃除機の吸い込み口は、その円周にかなりの差があるため、手などで空気が漏れないように接続部分を覆う必要があります。 万が一 上手に吸いだせたとしても、ドレンホースの中はどのような状態になっているのか分かりません。 大量に水が詰まっているということも考えられます。 そういった点から、掃除機を使用して吸い出すというのも、なかなかリスキーです。 そして、ドレンホースにも太さがあります。 この、どこでカットしているかによって、太さが変わってきます。 接続する場合は、自宅のドレンホースの太さに合ったアタッチメントを使ってください! でも、ドレンホースの詰まりなんて1度解消させたら、またしばらく詰まらないから、サクションポンプを購入するのってもったいない気が…。 しますよね? でも、こちらのサクションポンプは、台所や洗面所の排水口が詰まった場合にも使用できますので、一家に一台あると、いざという時に重宝するかと思います! 1. ドレンホースの劣化した部分をカッターで切る。 購入したドレンホースを接続。 テープで巻く。 簡単じゃないですか? では、交換する際の注意点をいくつかご紹介します。 まずは、カッターで切るときです! 柔らかいものなので、簡単にカットすることが出来るかと思いますが、コツがあるんです。 それは、極限までドレンホースを折り曲げて、曲げた部分に刃を入れるとスパっと簡単に切ることが出来ますよ~。 また、ドレンホースを接続する場合、カットする場所によって太さが変わりますので、接続部分が被さるようにはめこんでください。 ドレンホースの掃除をしても水漏れが直らない場合。 ドレンホースが室外機の陰になって見えにくい場合。 室外機が屋根の上にある場合。 このような場合には、業者へ依頼することをおすすめします。 エアコン(クーラー)から水漏れする原因の多くは、ドレンホースの詰まりですが、サクションポンプを使用しても水漏れが直らないとなると、詰まっている箇所が室内機に近い場所ということも考えられますし、そもそも詰まりが原因ではない可能性もあります。 こうなってしまうと、素人では作業が難しいです。 また、ドレンホースが見えにくい、または屋根の上で作業しなくてはならないという場合も、ケガなどの原因になりますので、あまり無理に自力でやろうとせず、業者へ依頼することをおすすめします。 なお、余談ではありますが、自力で作業する場合のデメリットをお伝えします。 それは、ドレンホースや保護テープを業務用の単位で購入しなくてはならないということ。 ちょっといろいろ調べましたところ、 インターネットで購入しようと思うと、業務用の単位(50m)で購入しなくてはいけませんが、ホームセンターなどでは1m単位で切り売りしてくれるところが多いです! そこまで値段は高価ではないので、手が届きやすいですが、 ドレンホース50mっていりますか…? うん。 普通であればいらないと思います。 交換に使用するのなんて、多くても3m程度だと思いますので。 ホームセンターで購入すれば、必要な分だけ購入できるので、安心してください。 簡易的な交換であれば、業者へ依頼することを思えば安く済みます。 なので、自力でやるか業者へ依頼するか、どちらを選ぶかは、個人差がでてくるかな~と思います。

次の