イギリス 大使 館 スコーン。 宝塚 英国カルチャーフェア

英国大使館別荘記念公園|日光自然博物館

イギリス 大使 館 スコーン

先日のでは、粉モノ系をいろいろと作り倒しました。 そのときに教わったシンプルなスコーンがこちらです。 友人の旦那様のお母様(=イギリス人)から教わったレシピを、キリのいい分量に少し手直ししました。 【材料 5. 5cm丸型 6個分】 小麦粉 200g ベーキングパウダー 小さじ1 (あれば、上記の代わりに、セルフレイジングフラワー200g) バター(or マーガリン) 50g 砂糖 50g 牛乳 80ml 【作り方】 1) オーブンを220度に予熱し始める 2 材料を予め計量しておく。 小麦粉とベーキングパウダーはボウルの中でよく混ぜておく。 セルフレイジングフラワーを使う場合は、そのままボウルに入れるだけ。 3) マーガリンと小麦粉を擦り合わせるようにして混ぜる ここが初めのポイント。 私は 「ひねりごまのようだなぁ」 と思うのですが、バターと小麦粉を、指先でポロポロと擦ります。 英語では 「rub in」といいます。 私が昔読んだ林望さんの「イギリスは美味しい」という本では、 いかにこのrub inがスコーン作りに大切か、熱く説かれていました。 パン粉のようなザックリした粉を目指して、素早く、まんべんなく混ぜます。 4) 3に砂糖を加え、全体を混ぜる。 もしもドライフルーツやチョコなどを入れる場合はここで加える。 5) 牛乳を加え、素早く全体を混ぜ、まとめ上げる。 粉っぽさがなくなればOK。 捏ねすぎないこと。 お母様曰く、 「ペストリーより柔らかいけど、べたべたしないように」 とのこと。 6) 生地を2cmの厚さに広げ、型で抜く。 2つ目のポイント。 型は何でも構わないし、なければ包丁やスケッパーなどでもいいのですが、 とにかく切り口が スパッと切れるように。 そして切ったら出来る限りいじらないように。 初めて作ったとき、コップでやって失敗しました。 切れ味良く切れてないと、焼いたときに膨らみにくくなります。 生地を延ばすときは麺棒を使うのがいいでしょうが、 私はこのあと家で一人で作ったとき、手で延ばしちゃいました 多少ひび割れても、でこぼこでも、大丈夫。 余った生地の切れっ端は丸めて一緒に焼いちゃいましょう。 7) 予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。 8) 冷めてから、クロテッドクリームとベリー系のジャムをたっぷり付けて召し上がれ 旦那様曰く、 「イギリス人は焼きたてよりも冷めてから食べるかも」 とのこと。 日本では中沢からクロテッドクリームが販売されています。 でも、要は食べた本人が美味しければいいので、アツアツでも、冷めからでも。 メープルシロップとか、はちみつとか、マーガリンとか、何でもいいと思います。 こんな風に 「オオカミの口」がパックリと開けば大成功~ ・・・おったまげるほど、簡単でした。 一番初めに家で作ったときは、上述の通りうまく膨らまなくて失敗だったのに、 何で失敗したのか分からないくらい、簡単でした。 おどさん、ありがとう。 私一人でも、ちゃーんと焼けたよ~ 計量し始めてから焼きあがりまで、30分もあれば大丈夫。 卵を入れるレシピとか、フープロ使うレシピとか、巷にはいろいろありますが、 これが一番簡単で美味しいと思います。 砂糖を加えずにチーズ、塩、マスタードを入れるとSavory Sconeというんですって。 そちらも美味しそう! 今度チャレンジしてみます。

次の

横浜市イギリス館公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

イギリス 大使 館 スコーン

2018年の大晦日はスコーンを焼いていました。 オーブンを使うお菓子は余熱が面倒くさくてほとんど作らないんですが、去年突然紅茶に目覚め…というか英国展の影響を受けまくって紅茶にハマりスコーン食べたい欲求を募らせこじらせた結果、当然の行動とも言える。 実は12月の誕生日に紅茶とスコーンが食べたくて吉祥寺のジークレフに行ってるんですよね。 それでもまだスコーンが食べたい。 クロテッドクリームを遠慮せずに塗りたくって頬張り紅茶で流し込みたい。 というわけで大晦日にスコーン作ってました。 有意義。 英国大使館のレシピで作るスコーン レシピは英国大使館のものを参考に作りました。 途中までプレーン生地を作り最後に二等分してドライフルーツを混ぜ込んでます。 手順 作り方は先ほどのレシピの他にも色々参考にさせていただきました。 焼きあがった時に胴の部分が割れるようにしたかったので、生地を何度か折り重ねるやり方とか。 重ねすぎてちょっとパイっぽい食感になってしまったので加減が難しい… 型はスコーンを作るために年末に東急ハンズで買いました。 あとパイブレンダーっていうバターを細かくカットする道具も買ってしまった… 買ったからには作らなければ。 って家に帰ってごそごそしていたらいつ買ったのかも思い出せない型が出てきましてね…型抜きクッキーでも作ろうと思ったのかな…作ったのかな…はるか昔に… せっかくなのでプレーンを新しく買った円形のもので抜き、ドライフルーツ入りはひだのついた円形の型でぬきました。 めでたしめでたし。 クロテッドクリームを自作 クロテッドクリームは成城石井などの高級スーパーに売っている事を事前にリサーチしていたので買うつもりでいたんですが、ちょうどツイッターでフォロワーさんがクロテッドクリームを自作してらっしゃったので、そちらを参考にしました。 脂肪分の高い生クリームを密閉できる瓶に入れてひたすら振る。 ひたすら振る。 それだけです。 瓶は予め冷蔵庫で冷やしておくといいかも。 大晦日に買い物に出かけた夫氏が帰宅したタイミングで振ってもらいました。 意外とあっという間…(私はちょっとしか振ってないけど 振りすぎるとバターになってしまうので、液体が揺れる音がしなくなったら一度蓋を開けて確認してみてください。 ホイップした状態とは違う、バターと市販のクロテッドクリームの中間のようなクリームが出来ます。 コツはなるべく脂肪分の高い生クリームを使う事らしい。 スーパーでよく見かける一番脂肪分の高いのはたぶん47パーセントとかですかね。 今回もそれでつくりました。 出来上がり 左の大きめのがプレーン、右がクランベリー&プルーンです。 クランベリーとプルーンはドライタイプを刻んで入れました。 ホワイトチョコとか入れてもよかったなぁ。 次があるなら入れてみよう。 ジャムは英国展で買ったマーマレード。 これほんと美味しい。 ちゃんと甘くて美味しいの。 酸っぱくないの。 いろんなジャムを試食させてもらったけど、イギリスのジャムってどれもこれもしっかり甘くておいしかった。 さてはお前も紅茶の為に存在しているな?!?!という感じ。 割れ具合どうですか。 ちょっと打ち粉をし過ぎてパイみたいになってしまったなぁ。 そしてバターと小麦粉を細かく過ぎ合わせすぎたのか、生地がきめ細かくなりすぎました。 すごくお上品。 これはこれで美味しかったんですが、英国展で買ったザ・ランガム・ロンドンのアンドリューさんが作ったスコーンには遠く及ばず… あのザクザクした食感ってどうしたら出るんだろうなー。 バターかな、小麦粉の種類かな…奥が深い… クロテッドクリームとジャムをたっぷりぬって食べました。 せっかくだからもっとてんこ盛りにすればよかった! どうしても素材だけの味を残したい派。 カレーライスを一度に全部混ぜるなど言語道断的な派閥に属しております… やっぱりこういうシンプルなお菓子って素材の影響が大きいんだなーと思いました。 確実にバターや小麦粉の質で味が変わる…あたりまえか。 私の作ったスコーンはどちらかというとビスケットみたいな食感になってました。 レシピ通り作ったらもうちょっとざっくりした食感だったかも。 リベンジなるか。 そんなこんなで2019年はというと、近所の催事に来ていたベノアでスコーンを買ったりしてます。 うまい。 また自分でも作りたいけど、やっぱりどっかで面倒くさいと言っている自分がいる。 お菓子作りってどうしてこんなに面倒くさいんだろう(笑) 大晦日くらい特別な日でないときっと作らないんじゃないかな(笑) とかいってまた作ってたら笑ってほしい。 そうとうハマったんだな、こいつ…とかそんな感じで。 せっかくお正月に紅茶の福袋も買ったので2019年は紅茶と紅茶にあうお菓子を楽しもうと思います。

次の

奥日光|英国大使館別荘記念公園 英国文化交流室で本場のスコーン

イギリス 大使 館 スコーン

いつも読んでいただいてありがとうございます。 Baldwin ロンドン店内をご覧いただけます。 Aggie's Market は、厳選したHerb、Aromatherapy、そしてイギリス関連商品を扱ったサイトです。 ぜひ遊びにいらしてくださいね。 どどぉ〜ん!とそびえ立つ(笑)、イギリス大使館正面ゲートです^^ イギリス大使館にご招待をいただいた訳ではないですが。。。 (笑) 昨日、リアルタイムでFacebookにアップしましたが、イギリス大使館で開催されている『』に行ってきました。 大使館内に入れる貴重な機会です。 朝、10:30から正面ゲートで整理券をもらい、12:00の回で入場することができました。 それまでは千鳥ヶ淵でお花見^^ 南門で手荷物検査、ボディーチェックを済ませ、会場となっている駐日英国大使館5番館へ。 こちら会場となった5号館。 実はもっといろいろな建物内を見学できるのかと思っていたら、入ることが許されたのはこの建物だけでした。 でも館内はイギリス感満載でした。 館内のいたるところにお花が飾られてました。 調度品類も素敵なものばかりでした。 2階のお部屋の窓から、満開の桜が臨めます。 館内は人が多かったので、あまり画像がなくてすみません。 英国大使館の歴史の写真の数々が、関東大震災が当時どれくらいの被害をもたらしたのか、その後どのように修復復旧したきたのかを物語ってました。 5号館を出てすぐには大きな桜の木。 ゲートの街灯にもクラウンが^^ こんな写真を撮っているのは私たちだけでした(笑)。 おまけの一枚。 トイレに行きたくなって、お借りしたトイレです(笑)。 ここもイギリス感漂ってました。 ここにBaldwinのハンドウォッシュとか置いたいただけたらいいのになぁ〜 なんて思ってました^^ 南ゲートの外から。 荘厳なゲートと、その奥に咲く可憐な満開の桜がイギリス人気質を表しているように思いました。 整理券をもらうのに並んでいた時に、ビザの延長のためにロンドンのホームオフィスで朝3時から5時間並んだことを思い出しました。 当時は泣きたくなるくらいの辛い経験でしたが、今となってはいい想い出です。 その後、お堀にそって日比谷まで歩いて、ランチしました。 万歩計をつけ始めて、はじめての12,000歩超えです^^ って、普通? 『』は4月3日、4日のあと2日開催されます。 もしご興味がありましたら、ぜひ訪れてみてください。 お花見のつもりで行かれてもいいですよ。 が、10:30には並んで整理券をゲットすることをお薦めします。 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました! 訪問して下さった皆様に感謝^^ Hopefully see you tomorrow! Baldwin自由が丘Officeアロマクラフト教室 Baldwin自由が丘Officeアロマクラフト教室は、1844年創業のの日本代理店がG. Baldwin社の委託協力をいただき、企画運営しているスクールです。 基礎化粧品(クレンジング、化粧水、ボディークリーム、フェイスクリーム、パック、石鹸)などを自然の成分のみで作ることを学んでいただく教室です。 イギリスで学んだ手法を使い、研究を重ね作り上げた自慢のレシピです。 初心者の方からBaldwinの修了証・認定証発行のクラスまで、ご要望に沿った内容でプログラムを組ませていただきます。 お気軽にご相談ください。 自然の恵みである植物の成分をたっぷり使用して作るハンドメイドコスメは、皮膚から浸透して、細胞の隅々まで働きかけ、肌をが回復する力を助けます。 細胞が元気を取り戻すことで、肌質は改善され、老化(酸化)を遅らせる、または改善させるといったことが可能になります。 お近くのインストラクターも紹介していますので、お気軽にお問い合わせくださいね。 たくさんのシアワセな笑顔を見られますように・・・ 大変申し訳ありませんが、2014年4月1日より、消費税増税に伴い講座料金を増税分改定させていただきますこと、何卒ご理解いただきまして、ご了承ください。 2014年3月31日までにお申し込み、お支払いを完了いただきます場合には、旧料金にて受講いただけます。 商品開発の裏話はこちら・・・ ただいまトライアルセット販売中です^^ こちらから・・・ お問い合わせ・ご購入は、.

次の