運び 屋 映画 実話。 運び屋 (映画)

運び屋 : 作品情報

運び 屋 映画 実話

Contents• ストーリーと見どころ 映画『THE MULE』(邦題:運び屋)は、アメリカでは名前の知られた90歳の園芸家が、実は一人で大量の麻薬を運んだ伝説の「運び屋」だったという仰天ストーリー。 あらすじ アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独な90歳の男。 ビジネスに失敗し、自宅も差し押さえられかけた絶体絶命のピンチに陥る! そんなとき、アール・ストーンにあるビジネスの話が舞い込んでくる。 それは・・車の運転さえすればいいという仕事。 一見、誰でも手軽にできそうな内容・・それなら簡単・簡単! どうしてもお金が欲しい為、即!この話にとびついいたアール・ストーン。 が・・実は・・それにはとんでもないような裏が潜んでいた。 彼が運転する車の中には、とんでもないようなブツがあったのです! そのブツは・・なんと!麻薬。 しかも・・メキシコの麻薬密売組織・凶悪なカルテルの麻薬! 「なんてこった!」・・しかし驚く彼も、巨額の報酬の誘惑に負けてしまう。 サスペンス色の強いストーリーながら、この作品の主演兼監督は巨匠クリント・イーストウッド! 自身が主演と監督を兼ねるのは、2008年の「グラン・トリノ」から11年ぶり。 キャリアを重ねてきたクリント・イーストウッドが主人公をどう演じ、どう演出するかラストまで目が離せません。 『運び屋』を実際に見た方の感想 男性 『運び屋』は、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に掲載された 麻薬カルテルの運び屋をしていたレオ・シャープの実話をクリント・イーストウッドが映画化しました。 園芸業を営む87才のアール・ストーンは インターネットのオンラインショッピングの煽りで廃業に追い込まれます。 犯罪歴も無く交通違反も犯した事の無いアールはカルテルにとって理想の運送人。 家族を蔑ろにしていたため疎遠になっていましたが孫娘の結婚を機に奮起します。 声を掛けられ運転するだけでお金を貰えると思ったアールですが、 多額の報酬のために毎月200キロ単位のコケインを運ぶようになります。 アメリカの麻薬取締局が長年目を光らせていたにも拘らず、 アールが捜査網に掛からなかった理由は高齢であった事でした。 妻の危篤を知ったアールが麻薬運びを中断して家族との関係修復を選んだ心情を 久し振りに主演を演じたイーストウッドが説得力を持って豊かに表現しています。 Sponsored Links 元ネタは? 映画のもとになったのは、第2次世界大戦の退役軍人で園芸家でも知られたレオ・シャープの前代未聞の実話。 イーストウッドは、この記事を目にし映画化権を取り『グラン・トリノ』の名手、ニック・シェンクが脚本化、麻薬捜査をめぐるサスペンスフルで極上のドラマを見せきる傑作にしたてあげたのです。 Sponsored Links キャスト 主演・監督「クリント・イーストウッド」 さん doggy0791yana がシェアした投稿 — 2018年12月月11日午前9時44分PST ポスターに写っているのはイーストウッドの横顔と、沈みかけた太陽が照らす荒涼とした土地をゆく1台のピックアップトラックのみ。 撮影時87歳だったイーストウッドが、自身の人生と重ねあわせて映画人生を謳歌するかのような名演を披露しています。 深く刻まれた皺の奥には、イーストウッド自身が歩んできた道を見つめているようにも見えます。 86歳の巨匠は、まだまだ元気!そしていつまでもカッコいい~ 共演するキャストも豪華 アール・ストーンの娘役には、イーストウッドの実の娘であるアリソン・イーストウッドや、彼を追い詰める捜査官に「アメリカン・スナイパー」でタッグを組んだブラッドリー・クーパー、カルテルのボスにアンディ・ガルシアなど個性的な役者が脇を固めています。 さらにローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・イーストといったアカデミー賞の常連俳優が脇を固め、新進のタイッサ・ファーミガらが出演。 Sponsored Links 老人のその後はどうなった? 映画「運び屋」のアール・ストーンのモデルとなったレオ・シャープは、逮捕時は87歳でその後90歳で亡くなっています。 映画化に際し、すでに亡くなっているシャープと会うことはなかったイーストウッドだが、人物像のリサーチにはほとんど時間をかけていないと話しています。 さらに「一度だけ法を犯し、それが成功してしまったらどうなるのか。 この映画のような彼を想像できた。 そして彼は1人で運転して旅するのが好きだった。 私も一人旅が好きだから、そこが共通点だ」とコメントしています。 まとめ.

次の

映画『運び屋』ネタバレあらすじキャスト評価 イーストウッドが描く哀しき実話映画

運び 屋 映画 実話

今回のおすすめ映画は『運び屋』です。 クリントイーストウッドが主演・監督を務めた映画『運び屋』は80歳代でシナロアカルテルの麻薬の運び屋となった第二次世界大戦の退役軍人であるレオシャープの実話が基になっています。 ブラッドリークーパー、アンディガルシア、そしてクリントイーストウッドの娘のアリソンイーストウッドを始めとした豪華キャストが出演しています。 哀しく切ない実話となっています。 それでは『運び屋』の映画紹介です。 映画『運び屋』は2019年に日本公開されたアメリカ映画です。 上映時間は116分。 監督は クリントイーストウッド監督。 『ハドソン川の奇跡』『グラントリノ』『Jエドガー』『ジャージーボーイズ』など監督した名作は多数の名監督です。 キャストは アールストーン・・・クリントイーストウッド コリンベイツ捜査官・・・ブラッドリークーパー 主任特別捜査官・・・ローレンスフィッシュバーン トレビノ捜査官・・・マイケルペーニャ メアリー・・・ダイアンウィースト ラトン・・・アンディガルシア フリオ・・・イグナシオセリッチオ ジニー・・・タイッサファーミガ アイリス・・・アリソンイーストウッド ほか。 映画『運び屋』あらすじ 園芸家として活躍してきたアールストーン クリントイーストウッド は家族を省みずに自分の生活を優先させて生きてきました。 家族と過ごす時間よりも外で自分が喝采を浴びることを優先させてきました。 当然家族とは大きな溝ができていました。 娘のアイリス アリソンイーストウッド の結婚式にも仕事のために欠席し、孫娘のジニー タイッサファーミガ はアールが来てくれることを期待していました。 アイリスもアールが来ないことを知って激しく落胆していました。 別れたアールの前妻のメアリー ダイアンウィースト はアールはそういう人間だとどこか諦めていました。 家族と離れて一人で暮らしていたアールでしたが、生活に困窮していました。 自宅を差し押さえられたアールはトラックに荷物を積んで別れた家族の元を訪ねました。 訪れるとちょうど孫娘のジニーの誕生日のお祝いが催されていました。 アールが来てくれたと思ったジニーは喜びアールを歓迎しますが、そこへアイリスやメアリーが現れ、自分勝手なアールに嫌悪感を示します。 そしてアールのトラックに多くの荷物が積まれているのを見て、ジニーの誕生日だから来たのではなく単に行く場所がなくて来ただけということを見透かされさらに呆れられてしましました。 アールはその場に居続けることができなくなりジニーに別れを告げ停めてあるトラックへと一人向かいました。 そんなアールに一人の男性が話しかけてきました。 男は誕生パーティーに参加していた若い男で、アールに対してもしお金に困っているならいい話があると仕事を紹介しました。 アールはこれまでに車の運転で違反切符を切られたことがなく、そんな安定した運転をしている男を探していると言われたアールはその仕事の連絡先をもらい電話をして、「車で指定の場所にものを運ぶだけ」の仕事を引き受けます。 アールが指定された場所に行くと見るからに悪そうで屈強な男たちが待ち構えていました。 アールは荷物は絶対に見ないようにと釘を刺され、トラックの積み荷に荷物を積まれ指定された場所に運ぶように指示をされます。 鳴ったら必ず出ろという命令の元携帯電話も渡されました。 本当はメールで指示を出したかったようですがアールがメールのやり方をわからないため電話でのみの連絡となりました。 言われた場所に荷物を届けたアールは報酬として大金を手にします。 一回だけと思っていた仕事でしたが、アールは雇い主に気に入られ仕事を続けることになります。 アールは手に入れた大金で差し押さえられていた自宅を取り戻し、さらにかなり古くなっていたトラックを黒いスタイリッシュなトラックに買い換えました。 一方その頃麻薬取締局では新たに捜査官が加わっていました。 コリンベイツ捜査官 ブラッドリークーパー をメンバーに加えて組織に逮捕を狙う取締局。 大掛かりな捜査がスタートしていました。 アールは二回目の荷物の受け渡しも無事に成功し大金を得て、再び仕事をしようとします。 しかし積み込まれる荷物があまりに大きな荷物だったため気になり、運転の途中で約束を破りバッグの中身を見てしまいます。 バッグの中身が麻薬だと知ったアールは激しく動揺します。 さらにそこに警察が警察犬を連れて現れました。 アールは落ち着けと自分に言い聞かせ、機転を利かせ警察犬に自分の痛み止めクリームの匂いを嗅がせ、警察官に荷物を調べられることなく事なきを得ます。 アールが80歳を過ぎている老人でまさか麻薬の運び屋だと思われなかったことも大きな要因でした。 記録破りの重量の麻薬を運んだアールは麻薬組織のカルテルのボスであるラトン アンディガルシア に気に入られ、エルタタという名称を与えられて大豪邸にも招かれ歓迎されました。 大金を稼ぐようになっていたアールはジニーが学費の支払いに困っていて卒業が危ういと知るとその学費を負担しました。 そして無事に卒業式を迎えたジニーの卒業式にも出席しました。 娘のアイリスはアールに対して壁を作り続けていたものの、元妻のメアリーは少しずつアールの行いに改心しようとしている思いを感じていました。 アールはエルタタとして麻薬取締局にも存在を知られるようになります。 麻薬取締局は一人の売人を証人保護プログラムを餌に味方に引き入れていて、情報を入手していました。 しかし通常では考えられない量の麻薬を運ぶエルタタという男の手掛かりは『黒い車』ということだけでした。 アールがいつものように運び屋の仕事をしている最中にカフェに立ち寄って休憩していると偶然にもエルタタを追っているベイツ捜査官と会います。 2人はお互いの素性を知らないまま話し、ベイツ捜査官は自分が仕事が多忙なため妻との記念日をすっかり忘れてしまったという失敗談を話すと、アールは自分の人生を省みて、家族との時間をないがしろにしないようにアドバイスを送ったのでした。 アールは優秀な運び屋ではあったものの、指示通りに動かないことを問題視されていました。 勝手に休憩したりどっかに立ち寄ったりするので指示された時間に送れることもありました。 しかしボスであるラトンは問題なく届けているからとアールの行いを不問にしていました。 しかし組織の中で反乱が起こり、ラトンは暗殺されてしまいます。 これによりアールを取り巻く環境も変わります。 ラトンの庇護がなくなったアールは指示通りに動かなければ抹殺されると脅され、死体を見せられて脅されます。 アールはもう後戻りのできない状態になっていました。 緊張感を持って運び屋としての仕事を再開したアールでしたが、メアリーが倒れて病院に運ばれた知らせをジニーから受けます。 来てくれと頼むジニーに対してアールはどうしても今は行くことはできないと告げます。 ジニーは家族が仲良くできるようにとアールと母親と祖母の間を取り持つことに尽力していましたが、このアールの返事に幻滅します。 メアリーはもう手の施しようがなく自宅へと戻り死を待つ状態になります。 そこへアールが現れます。 アールは運び屋としての仕事を中断しメアリーの元へやってきたのでした。 アールは失われた時間を取り戻すようにメアリーとの時間を看病をしながら過ごします。 アールの電話にはおびただしい回数の組織からの着信が入っていました。 アールがその時運んでいた麻薬は1200万ドルの金額分だったため組織は姿を消したアールに激怒していました。 メアリーは亡くなり葬儀に出席したアールは運び屋の仕事に戻ります。 そこで組織の人間に見つかり、宣言通りに殺されそうになります。 アールは命令に背いたことを認め殺されても恨まないと言い、妻が亡くなったために姿を消していたことを話しました。 これを聞いた組織の人間は新しいボスに連絡をして事情を話し、アールを今回は許してほしいと頼みます。 なんとかボスの許しが出てアールは荷物を運び届けるべく出発しました。 しかし麻薬取締局はもうそこまで迫っていました。 アールは警察車両やヘリコプターに包囲され、逮捕されます。 ベイツ捜査官はアールと対面し「あんただったのか」とアールに語りかけます。 アールはベイツ捜査官の加速との時間を大切にするように話し、自分はどうしようもない人生を送ってきしまったと話しました。 裁判が始まりアールの弁護人はアールが国のために戦った軍人であったことやお金は家族のために稼いだものなど弁護をしようとしますが、アールは突然口を開き「自分は有罪だ」と言葉を発し、裁判はアールの有罪で閉廷しました。 アールは娘のアイリスやジニーと別れる時に、どんなにお金があっても時間だけは買えなかった。 時間を大切にするんだと話しました。 アールは刑務所に入り、刑務所の庭で園芸を行っていました。 映画『運び屋』感想・評価 切なく悲しい物語といった感想が率直な感想です。 これが実話なのかと思うとなおさら切なくなります。 クリントイーストウッドが演じたアールはもちろん馬鹿です。 法に背くことに手を染めたわけですから馬鹿なのは間違いないのですが、それでもなんだか切なく悲しいのです。 仕方なくやったという部分もあったと思います。 最初は何を運んでいるかはわかっていなかったわけですし。 しかしいい大人が「何か」を車で運ぶだけで大金を受け取るという事はそれ相応のものだということはわかりそうなものです。 しかも雇い主は見るからに悪そうな人間たちですし。 一回きりの仕事と思っていたものの結局二回目以降も運び屋として仕事をしてしまうわけですが、人間の弱さも表現している気がしてなりませんでした。 そしてその弱さは段々と抜け出せない道へと導いてしまうわけで、観ていて胸が締め付けられる思いでした。 そして印象的なセリフは裁判の後にアールが家族に言った「お金を手にしても時間だけは買えなかった」というセリフです。 現在をしっかりと何が大切かを感じながら生きろというメッセージが込められていました。 後で後悔しても一切取り返しがつかないことを教えてくれているような気がしました。 そして何気に感動したシーンが、アールを始末しようとする組織の人間がアールが姿を消していた事情を知って、ボスに「妻が死んだのだから仕方ない」と許してやってくれと頼むシーンでした。 結果的にアールは運び屋の仕事を再開したために逮捕されたわけで、責任はお前が取れと言われていたアールを庇った組織の人間はきっとまずいことになってしまったと思うのですが、まさかアールを庇う行動に出るとは思わなかったので予想外の出来事に感動してしまいました。 主人公をクリントイーストウッドが演じたこともこの作品が素晴らしい作品になった大きな要因だと思います。 調子に乗っている演技や困り果てた演技、そして自分を曲げられない頑固な様子を見せながらも憎めないキャラクターが非常に魅力的でした。 アールを観ていて愛することができるのはクリントイーストウッドが演じてくれたおかげだと思います。 そしてアンディガルシアのカッコよさにとっても痺れました。 悪い組織のボス役がめちゃくちゃ似合いますし、アンディガルシアが演じると下品じゃなくて上品な感じがするんですよね。 佇まいには本当に憧れてしまいます。 アールとベイツ捜査官の間に生まれている関係性もとても良いです。 おすすめ映画です。 映画『運び屋』 前代未聞の実話.

次の

運び屋 (映画)

運び 屋 映画 実話

運び屋の原作は? 映画「運び屋」の原作はあるのでしょうか。 原作ではなく、 原案となった記事があります。 この記事は、2014年6月15日のニューヨーク・タイムズに載りました。 記事には、なんと87歳で、麻薬の運び屋をするレオ・シャープのことが紹介されました。 インペラティブ・エンターテイメントが、この記事の権利を買い取り、映画化に着手。 脚本は、 ニック・シェンクが書いています。 映画では、レオ・シャープがアール・ストーンとなり、 この役をクリント・イーストウッドが演じています。 スポンサーリンク レオ・シャープはどんな人? レオ・シャープはどんな人なのでしょう。 レオ・シャープは、1924年、インディアナ州ミシガン・シティに生まれ、ミシガン州デトロイトで育ちました。 高校を卒業してからは、アメリカの軍隊に入隊し、第88歩兵師団に所属。 イタリア戦線では活躍をして、ブロンズスターメダルを授与しました。 その後、レオ・シャープは、世界で最も尊敬される園芸家の一人となります。 彼は、デイリリーの栽培を専門とし、 新種の栽培をするやり手の農場経営者となりました。 彼の花はホワイトハウスでさえ成長したとのこと。 ジョージHWブッシュ大統領に、バラ園で彼のデイリリーを植えるために招待されたこともあったそうです。 しかし、フラワー事業は、新しいビジネススタイルに変わっていきました。 ネット時代となり、顧客がネット経由で種子を購入するようになったのです。 シャープは、その時代の変化に適応することはできませんでした。 ついに、シャープは、シナロア・カルテルの運び屋に就きます。 シナロア・カルテルは、メキシコの犯罪組織で、麻薬カルテル メキシコ国内最大の犯罪組織です。 シャープは、シナロア・カルテルからとても信頼されていたようです。 合法な身分証を持っており、年配であり、犯罪歴もありませんでしたので、 運び屋によかったのかもしれませんね。 シャープ2011年まで麻薬の運び屋を務め、合計1,400ポンド以上の麻薬を運んだそうです。 2011年10月、200ポンドのコカインを所持していた87歳のシャープは、ミシガン州警察によってDEAが率いる協調逮捕作戦で逮捕されました。 2016年12月12日、シャープは92歳で死去。 彼の遺体は国立太平洋記念墓地に埋葬されました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 2019年3月8日から公開される映画「運び屋」。 この映画には、モデルがいて、それがレオ・シャープという人物。 世界で最も尊敬される園芸家の一人となりながらも、 麻薬の運び屋となり、87歳で捕まった人物です。 映画では、レオ・シャープをアール・ストーンという名前にして、 今年、89歳となるクリント・イーストウッドが演じます。 レオ・シャープの人生もびっくりしますが、 この年で映画の監督をして、主演までしてしまうクリント・イーストウッドも凄いですね。

次の