ザイフ 取引 所。 Zaif(ザイフ)の評判やメリット・デメリットは?2つ目の仮想通貨取引所におすすめ!

結局、Zaif(ザイフ)は危険だった!?今回のハッキング事件を徹底解明して、安全な取引所を選ぼう!

ザイフ 取引 所

Zaif(ザイフ)でハッキング事件が発生 約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが流出 2018年9月20日に行われたによると、同年9月14日の17-19時頃、顧客資産管理用のホットウォレットがハッキング被害を受け、約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが外部に不正に送金されました。 今回流出した約67億円相当の資産の内、顧客の資産は約45億円ほどです。 被害額で言うとコインチェックハッキング事件の10分の1ですが、国内最大級の取引所でこのような事態が起こったということが問題なので、 額の問題ではありません。 ハッキング被害への保証 Zaifは失われた顧客の資産約45億円を保証するために、株式会社フィスコのグループ企業株式会社フィスコデジタルアセットグループから50億円の提供を受けることを検討する内容の基本契約を締結しました。 失われた顧客の資産の確保は保証されるようです! Zaifの今後の動き 株式会社フィスコからの50億円の提供に加えて、以下の動きを取ります。 株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。 Source: 株式会社フィスコがZaifの株式の過半数を保有する方向で話が進んでいるようです。 また他にも、• セキュリティのチェック及び強化• サーバーの再構築 等を行うことで業務の再開・改善を目指す方針です。 Zaifはもともと危険との評判だった Zaifの悪評を紹介 zaifのメールと近畿財務局の表現の温度差が凄まじい。 俺らが知りたいのは注文通らないクソサーバーより、不正出金、不正取引についてなんだが?w — ニイやん😇 btcscalper225 一番の原因はサーバーの弱さ 今回のハッキング事件の一番原因は サーバーの弱さにあります。 暗号資産 仮想通貨 取引所開設の時点からシステム能力が貧弱という指摘がありました。 さらにユーザーからは サーバーがよく落ちたり、アクセスが集まると 注文が通りにくいという状態に頻繁になるという報告も多くありました。 今回の事件でもハッキングが発覚する前にサーバーが落ちていました。 実際にユーザーからの評判を見てみましょう。 zaifまたサーバー落ちた? 都合の悪いは変動しそうになったらサーバー落とすとか取引所不味くない? トークンの時もそうやって価格操作してたよね。 これ近畿財務局に、連絡した方が良くない?調査必要でしょ。 このようなサーバーの弱さを嘆くような不満が他にも多数有り、 ユ ーザーの声からもZaifのサーバーの弱さを伺うことが出来ました。 こんなにも多くサーバーへの指摘があったにもかかわらず、対策をちゃんとしなかったZaifにはとても問題があったと言えます。 じゃあ代わりにどの取引所を使えばいいの? いままでZaifを使っていたアナタに、代わりにおすすめしたいのがです! GMOコインは、暗号資産 仮想通貨 取引が初めての人でも安心して取引できるように リアルタイムのサポート体制が整っています。 また、 顧客の資産を守る管理体制やハッキング対策やサイバー攻撃対策の精度は、GMOインターネットグループが培ったノウハウで 国内トップレベルの高さです。 取引所を危険なく使うためにできること これからも暗号資産 仮想通貨 取引をつづけるためには自分の資産を守ることが大切です。 最低限自分で出来ることをやって資産を守っていきましょう。 セキュリティーの判断基準を知る セキュリティーが高いかどうかの基準なんてわからない!って方がほとんどだと思いますので、大きく判断基準を5つに分けて紹介します。 取引所のセキュリティーを計る判断基準• 会社の信頼性• 二段階認証• マルチシグ• コールドウォレット• SSL 以上の点を簡単に説明してきます。 会社の信頼性とは、 運営がどれだけしっかりとしているかということです。 公式サイトの運営者情報などを参考にするとわかります。 二段階認証とは、 ログインの際に携帯端末などを使い本人確認するものです。 結論から言うと、 二段階認証がついていない取引所は使わない方が良いです。 マルチシグとは、トランザクション署名に 複数の秘密鍵を使う技術です。 判断基準としては 取引所のウォレットにマルチシグが実装されていれば、安全性が高いと言えます。 コールドウォレットとは、 オフラインで管理されている状態のウォレットです。 このウォレットが採用されていると外部からのアクセスを受けることがないので、 ハッキングのリスクがありません。 SSLとは、 通信を暗号化するセキュリティーテクノロジーで、個人情報など暗号化することが出来ます。 またこれを導入している取引所はSSLの評価サイトによって評価がつけられており、 A+が最高の評価となっています。 判断基準とセキュリティーの高い取引所について詳しく書いた記事は以下から! 自分の口座の安全性を高める 二段階認証を設定する 先ほど判断基準のところでも紹介しましたが、二段階認証を設定することはとても大切です。 もしパスワードが流出してもこれによって口座を守ることが出来ます。 Google Authenticator(、)やSMS認証、電話認証などの種類の二段階認証の方法があります。 二段階認証は絶対に設定しましょう! パスワードを工夫する パスワードを工夫するとは、「 他で使っているパスワードを使わない」「パスワードは長く複雑にする」などということです。 パスワードは思わぬ所から漏洩することがありますので、絶対に気をつけるべきポイントです。 おすすめは パスワード生成アプリを使って、パスワードを設定することです。 アプリのなかにはパスワードの文字数を決められたり、強度を決められたり、二度と同じ文字列は生成されないなど便利な機能が多くあります。 是非使ってみてください。 自分でコールドウォレットを持つ 一番安全なのが、 自分のウォレットで資産を管理することです。 先ほどご紹介したコールドウォレットを持つことをおすすめしています。 ハッキングのリスクがなく安心して資産を保有することが出来ますし、 デザインもスタイリッシュでかっこいいのもおすすめのポイントです。 コインパートナーでおすすめしているコールドウォレットは Ledger Nano Sがおすすめです!人気通貨リップルを初めとする27通貨に対応しています。 価格は10,000円程度しますが、これで自分の資産が守れると考えるととても安いです! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はZaifのハッキング事件の概要から原因を解説した後、安全に取引するための取引所や知識についてご紹介しました。 自分の資産を大切に守るためにも正しい知識と必要な知識を学んでおくことが大事です。 安心できる暗号資産 仮想通貨 取引所で安全な取引をしていきましょう!.

次の

仮想通貨取引所・販売所のZaif(ザイフ)が仮想通貨大根引換所に転身し大人気【デジタル野菜直売所】

ザイフ 取引 所

(画面上のメニューにあるアカウントからでも可能です) 取引画面が表示されるので、画面右上の「アカウント」をクリックします。 アカウント画面が表示されます。 アカウント画面の下にある「取引履歴CSV」をクリックします。 取引履歴CSVダウンロード画面が表示されるので、ファイル名をクリックしてファイルをダウンロードして下さい。 ファイル名の横にはZIPファイルのパスワードが記載されています。 パスワードはZIPファイルを解凍する際に使用します。 他の年の取引履歴をダウンロードしたい場合は、画面の「他の年を選択」から、対象の年をクリックします。 例として2017年を選択すると、2017年の取引履歴がダウンロードできます。 ZIPファイルの解凍方法 ZIPファイルをダウンロード後、ファイルを解凍します。 今回はWindows10でZIPファイルを解凍する方法を例に説明します。 対象ファイルを選択して右クリックでメニューを開き、「すべて展開」をクリックします。 パスワードが聞かれるので、取引履歴ダウンロードが面に記載のパスワードを入力してファイルを解凍します。 ZIPファイルが解凍されると、対象のCSVファイルを開くことができます。 お得に買うのにおすすめの取引所!• そこで、今回は例としてExcel2010で取引履歴のCSVファイルを開く方法を解説します。 まずはExcelを開き、セルの位置がA1になっていることを確認して下さい。 そして、画面上のメニューにある「データ」をクリックします。 次にデータタブのメニューにある外部データ取り込みの「テキストファイル」をクリックします。 ファイルのインポート画面が表示されるので、対象のファイルを選択して「開く」をクリックします。 テキストファイルウィザードが表示されるので、「次へ」をクリックします。 次にCSVファイルはカンマ区切りのため、区切り文字のカンマにチェックを付けます。 カンマにチェック後、「次へ」をクリックします。 次にデータ形式を文字列でインポートするため、キーボードの「Shift」を押しながら、データプレビュー画面の右端(今回は図の赤枠のコメント部分)をクリックして範囲を選択します。 プレビュー画面で選択された範囲が黒色に表示されるのを確認し、列のデータ形式の文字列をチェックします。 列のデータ形式に文字列をチェック後、「完了」をクリックします。 データ取り込みのポップアップが表示されるので、「OK」をクリックします。 図のように、取引履歴をExcelで確認できます。 必要に応じて罫線を引いたり、ヘッダーに色をつければ見やすく加工できます。 各通貨の取引価格一覧のダウンロード方法 Zaifでは、各通貨の取引価格一覧をダウンロードすることもできます。 取引履歴CSVダウンロード画面の下にある「各通貨の取引価格一覧」をクリックします。 各通貨の取引価格一覧画面が表示され、各通貨ペアの日足CSVデータをダウンロードできます。 ダウンロードしてExcelで確認すると、図のようになります。 最後に 今回はZaifの取引履歴のダウンロードと確認方法を解説しました。 CSVファイルのダウンロードまではできたけど、 ファイルを開いたら文字化けしてしまったという方も多いんじゃないでしょうか。 そんな方は、今回ご紹介した方法で確認して見て下さい! 尚、仮想通貨取引所は用途別に以下がおすすめです。 気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

次の

【2019年最新】ザイフ(zaif)の評判とメリット・デメリット【仮想通貨

ザイフ 取引 所

コイン積立ができる取引所「ザイフ(Zaif)」とは? 仮想通貨の取引所といえば「ビットフライヤー」や「コインチェック」など、国内取引所の名前をSNSやメディアでよく見かけるようになりました。 皆さまは仮想通貨の取引所というものはどのようなものかご存知でしょうか? 仮想通貨の取引所とは、主に ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨を売買したり、銀行にお金を預けるのと同じように仮想通貨の預け入れをするというコンテンツを提供している登録制のウェブサービスです。 そんな仮想通貨には欠かせない取引所ですが、そんな中でも 「コイン積立」ができるということでツイッターなどでも評判を見かける「ザイフ(Zaif)」という取引所があります。 こちらの「ザイフ」はそれ以外にも、 「ビットコイン」「ネム」に加え、国内初の仮想通貨、2chを発祥とするキャラクター「モナー」をモチーフにした「モナコイン」を取り扱っていたり、数多くの「トークン」も取り扱っている取引所です。 ) その他にも様々なコンテンツを展開し、 汎用性の高い取引所となっています。 今回はそんな 「ザイフ(Zaif)」の概要や特徴、安全性や信頼性、評判などについてご紹介してみたいと思います。 取引所「ザイフ(Zaif)」ってどんな取引所?運営している会社は? 「ザイフ(Zaif)」は、2015年3月4日に設立された仮想通貨取引所です。 現在、 「ザイフ」を運営しているのは、日本の「テックビューロ 株式会社」です。 余談ではありますが、ザイフは2014年4月より運営されていた「Etwings」という取引所をテックビューロ株式会社が買収し、「ザイフ」としてリブランドされた取引所です。 そんなザイフですが、 「コイン積立」や国内初の仮想通貨「モナコイン」、そして数多くの「トークン(個人や企業が独自に生み出した仮想通貨)」を取り扱う事が特徴としてあげられますが、ザイフの特徴はそれだけではありません。 後ほど詳しくご紹介しますが 「手数料がボーナスとして返ってくるシステム」や 「低リスクな投資」が可能であったりと、何よりも 「仮想通貨を始めやすい環境づくり」をしてくれる取引所というのも数多の魅力のひとつです。 これらの他にも、 仮想通貨支払いを店舗側には日本円に換金して受け渡しが可能となる決済サービスの提供や、FX、プリペイドカードやATMとの提携など、様々なサービス展開を行っている為、ビットコインを様々な面で活用したいという方には、選択肢の多さからも登録しておいて損はない取引所といえるでしょう。 「ザイフ(Zaif)」に登録する前に…… ビットコインやモナコイン、ネム、トークンなどで取引や決済をする前にはまずウォレットを作成する必要があります。 ウォレットの作成には取引所を利用するのがオススメとなっていますが、実際にどの取引所に登録すればよいのかは最初の迷いどころです。 ということで、こちらではザイフについて、取り扱い通貨や手数料手数料、アプリ情報やその他の注目サービスについてご紹介したいと思います。 その為、以下は公式サイトの分類に従い3つのカテゴリに分けて掲載しております。 (2017年6月1日時点での情報です。 ) ・ビットガールズ ・majinの勾魂 「ザイフ(Zaif)」手数料一覧 (こちらは、2017年6月1日時点での「ザイフ」の公式サイト掲載情報を参考に作成しています。 01% taker:-0. 0005BTC (手数料は任意で設定でき(0. 0001BTC以上)、急ぎの場合は0. 0006以上を設定する。 ) 「ネム(XEM)出金・手数料」 ・出金:15XEM~ (手数料は出金額及びメッセージの長さなどで自動計算される。 ) 「モナコイン(MONA)出金・手数料」 ・出金:0. 「Counterpartyトークン出金手数料」 ・出金:0. 0 以上 2017年3月7日時点での最新アップデート(1. 4)では、定期メンテナンスと不具合の修正が実施されています。 03 以上 2017年3月6日時点での最新アップデート(バージョン表記なし)では、定期メンテナンスと不具合の修正が実施されています。 推奨環境に達していない機器でアプリを起動すると不具合の原因となりますので、推奨環境を十分に満たした上でインストールをオススメいたします。 アップデートも日々行われている為、古いバージョンに比べ、使いやすくなってきているようです。 「Zaif Payment」 こちらは、 ビットコイン(BTC)・モナコイン(MONA)の決済サービスです。 こちらのサービスでは、「日本円で代金を受け取りたい店舗」でお買い物の際にもビットコイン・モナコイン支払いが可能になるサービスです。 ) また、 「低リスク・低コスト」なサービスなので、 ビットコイン・モナコインの価格変動による為替リスクの負担がなく、チャージバックのリスクもないという利点から、クレジットカード決済よりも気軽な決済が可能となっています。 決済手数料は無料。 指定した金額はそのまま日本円で2営業日後に入金されるシステムになっております。 更に、モナコインの特長を活かした独自の販売ツールとして個人利用(出店など)も可能です。 「Zaifコイン積立」 冒頭でお示ししたように、コイン積立ができる取引所は限られており、Zaifはその中の一つです。 このコイン積立は、 「ビットコインに興味はあるけど、取引でのやり取りや売買のタイミングを見極めるのは難しい」 「仮想通貨(暗号通貨)に将来性を感じる為、金やプラチナのように積み立てをしたい」 という方にマッチしたサービスとなっています。 ザイフの積立の仕組みは、 ユーザーの銀行口座から毎月固定額を自動引き落としし、希望の金額分で購入できる分だけビットコインを入手し積み立てるというようになっています。 詳しい説明は省きますが、 一定金額を買い続ける「ドル・コスト平均法」という手法をとった投資となります。 こちらの方式での投資の利点は何よりも「低リスク」という点です。 相場が下がった場合には大量に取得できるという形になりますので、ハイリターンを常に狙えるわけではないですが、 長期的な投資により安定的な収益を得たい方にはオススメのサービスとなります。 ただし、 ハイリスクハイリターンでの投資をお考えの方にはニーズにあわないものとなりますので、もしも積立サービスを検討される際は、システムや収益についてをしっかりと把握してから行うとよいでしょう。 ) 日本でも海外でもご利用いただけ、年会費は無料。 クレジットカードでもキャッシュカードでもないので、与信審査がなく、「日本にお住いの15歳以上の方であれば原則どなたでも」申し込みが可能となっています。 そんなマネパカードとザイフが提携し、 ザイフのアカウントから日本円での出金やチャージが可能となりました。 使用金額に制限はありますが、1日に数十万の買い物を複数回行ったり、1日に100万円以上のお買い物をされない限りは問題なくご利用可能です。 ですので、 マネパカードをすでにご利用の方やカードを利用したお買い物をなさりたいという方で使いすぎなどを防ぎたい、という方はこちらのサービスについてご覧になってみてください。 「スマートATM」 こちらは、 「取引する相手を選び、手渡しや直接連絡を取り合い取引する」という形式での取引を行う際に利用する、コンビニなど各所に設置されているATMの事です。 また、こちらのスマートATMが設置されている場所は公式ページや検索をかけると近隣のATMを検索することが可能です。 更に、取引を求めているユーザーが近場にいるかどうかも検索する事ができるので、直接取引相手と仮想通貨のやりとりをしたいという方はこちらのサービスを利用されると良いでしょう。 ただし その際に起こったトラブルなどは自身で解決しなければならない点や、個人情報を開示して行う事になりますので、相手の信頼度を見極める事ができる方のみのご利用をおすすめいたします。 まだ 仮想通貨をはじめたばかり、という方には少々リスクの高い取引となりますので、どうしてもなさりたい場合は十分に知識をつけてから取引を行いましょう。 「Counterpartyトークン」 こちらは、システムから詳しくご説明してしまうとややこしくなるので、ここではかみ砕いて簡単にご説明します。 まず、 「Counterparty(カウンターバーティー)」とは、ビットコインを管理するためのシステム(ブロックチェーン)の中に作られたプラットフォームの名前です。 「システムの中に」というのはつまり、ビットコインを管理する「ブロックチェーンシステム」という大きな広場の一部を借りて小さな交流スペース(プラットフォーム)が作られているとお考え下さい。 この小さな交流スペースの名前が 「Counterparty」と言われています。 そして、 その「Counterparty」の中で、参加中のユーザーは「独自(オリジナル)の仮想通貨」を作ることが可能となっています。 この ユーザーそれぞれが作ったオリジナルの仮想通貨の事を「トークン」と総称します。 もしビットコインがまだ普及されておらず、この小さなコミュニティの中でしか使われていない場合はビットコインも「トークン」の仲間となります。 現在は全世界で流通しており、「トークン」というには規模が大きい為、ビットコインは「トークン」とは呼ばれません。 「トークン」を無事卒業した、というような感覚でとらえて頂ければと思います。 因みに、 ユーザーが作成したオリジナルの仮想通貨の事を「独自トークン」とも呼びますが、基本的に仮想通貨の取引所や話題の中に登場する「トークン」はこの「独自トークン」のことと捉えて良いでしょう。 そして、主に 「Counterpartyトークン」と言われているものは、「Counterparty」というプラットフォームの中で、基軸通貨として使用されている、「Counterparty」で「独自トークン」を作成する為に必要になる仮想通貨です。 この「Counterpartyトークン」は主に 「XCP」という単位で示されます。 この 「XCP」を購入することができる取引所というのもまた限られており、その中の一つがザイフとなっています。 その為 国内の取引所で「XCP」を購入し、「Counterparty」で活動をし、ご自身の「オリジナルの仮想通貨を流通させてみたい」という方はザイフの登録をおすすめ致します。 【口コミ】 ザイフ(Zaif)の評判はどうなの? ザイフは「ビットコイン」以外でも「コイン積立」や「トークン」、「モナコイン」といった点でよく話題にあがる取引所です。 そんなザイフですが、実際に利用しているユーザーからはどのような評価をされているのかは気になるところです。 ということでザイフの評判について、簡単にどのような評判があるのかについてをざっくりとまとめてみました。 「ザイフ(Zaif)の評判・プラスポイント」 ・ザイフのサポート対応が迅速で嬉しい。 ・コイン積み立てのおかげで難しい計算や予測を立てずに低リスクな投資ができていい! ・ザイフの信用取引が便利。 ・手数料がボーナスとして返ってくるから嬉しい。 どんどん使いたくなる。 ・ザイフでしか扱っていない通貨(MONA)やトークンが豊富 「ザイフ(Zaif)の評判・マイナスポイント」 ・アプリが使いづらい ・クレジットカードの手数料が高い というような点がザイフへの評判として見受けられるものでした。 今回はプラスとマイナスポイントの数に大きく差が出てしまったのですが、実はマイナスポイントがこれ以外になかなか見当たらなかったのです。 また、 クレジットカードの手数料というのは実はどの取引所でも大体高めなのです。 更にはそのクレジットカード手数料の点でも、「ザイフは比較的安い」というような声もありました。 その為、実質マイナスポイントは「アプリが使いづらい」という点に限定してもよさそうな結果となりました。 ここからまとめると 「サポートの迅速さを重視する。 低リスクな投資を長期的に行いたい。 」 「手数料ボーナスなどを利用して、お得な取引を行いたい。 」 「モナコインやトークンなど、ほかの取引所では扱っていない通貨を取り扱いたい。 」 という方にはザイフはオススメです。 ですが、 「とにかくアプリが使いやすい取引所がいい」 「クレジットカードをメインに使うため手数料が格安な方がいい」 というような方には不向きな取引所となります。 ということで、ザイフ(Zaif)は、アプリの仕様についてはまだ他の取引所に劣る点が多いようですが、 低リスクな投資、そしてモナコインやトークンの取り扱いなど、他の取引所にはない通貨やサービスが多く、サポートの対応の満足度もある取引所となっております。 また 独自トークンに興味がある方にはよりオススメな取引所となります。 このように 「他にはない」要素が多い取引所ですので、仮想通貨をある程度扱った為に次の展開をしたい方や、現在利用している取引所とは別の取引所に登録し併用して仮想通貨を扱いたいという方は、このザイフ(Zaif)を一度ご検討してみてはいかがでしょうか。 「ザイフ(Zaif)」口座開設方法 こちらでは、 「ザイフ(Zaif)」の口座開設(アカウント登録)方法についてご紹介します。 ザイフ(Zaif)の公式ページトップにアクセスする 2. トップページの「無料登録はコチラ」をクリックする 3. 表示された「メールアドレス欄」にアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「登録」をクリックする 4. 入力したメールアドレスに送信されたメールに記載されているURLをクリック 5. ログインできたら登録は完了 このような流れでアカウントを作成することができます。 また、 「Zaif」の口座開設と本人確認のやり方については、以下の記事更に詳しくご紹介しています! 最後に 今回は 「ザイフ(Zaif)」における概要や、特徴、評判、そしてアカウント登録についてをご紹介させていただきました。 ザイフは、「ビットコイン」や「ネム」だけでなく、国内初の仮想通貨「モナコイン」も取り扱う取引所として有名です。 また、その他にも 「Counterparty(XCP)」をはじめとする数種類のトークンや、便利な決済サービス「 Zaif Payment」、更には「コイン積立」が可能であるなど、多機能な取引所となっております。 また何よりも 低リスクでの投資が可能という事からも、何事にも「はじめやすい環境」が整った取引所ですので、 はじめて仮想通貨を利用するという初心者から、ステップアップや投資の幅を広げたいという上級者まで、それぞれのニーズに合わせた利用ができるでしょう。 またやはり 「手数料ボーナス(マイナス手数料)」という点も魅力のひとつですので、手数料を削減し、なるべくおトクさを求めて仮想通貨を扱ってみたいという方は、「ザイフ(Zaif)」をご検討なさってみてはいかがでしょうか。

次の