ハイキュー 夢 小説 ランキング。 ハイキューの小説・夢小説のおすすめランキング【HQ】

ランキング|ハイキュ

ハイキュー 夢 小説 ランキング

バレーボールに青春をかける高校生たちを描く『ハイキュー!! 今回ピックアップするのは、日向や影山の同期で、のちに烏野のブロックの要として活躍することになる月島蛍だ。 烏野でチームイチの身長を誇るミドルブロッカー。 しかし、その態度はどこか冷めたもので、日向にも「月島はバレーやりたいのかわかんねーもん」とさえ言われている。 しかし、最終章ではVリーガーとしての道を選んだことが明らかにされた。 月島がバレー選手となるとことを選ぶまでにはどのような道程があったのだろうか。 屈折したバレーへの想い 「小さな巨人」を擁し、バレー強豪校だったかつての烏野高校でエースとして活躍する7歳年上の兄・明光に憧れていた月島は、その影響でバレーを始めた。 しかし、こっそり試合を見に行った月島は、実は兄がエースどころか控えの選手でもなかったということを知ってしまう。 毎日のようにバレーの話をして、「たかが部活」のことなのに、それが兄のすべてのように思い、結果的に兄を追い詰め、嘘をつかせた。 それが小学生だった月島の心に影を落とすことになる。 絶対に1番になれない。 がんばってもいつかは必ず負ける。 それでも、月島はバレーを辞めなかった。 「たかが部活」と思いながらも、バレーへの気持ちを捨てきれずにいた月島は兄と同じ烏野高校に進学。 そこで月島の人生を変える、バレーのことしか考えられないバレー馬鹿たちに出会うこととなる。 バレーが楽しくないのはへたくそだからじゃない? 日向と影山に触発されるようにして、烏野のチームメイトたちはぐんぐんと成長していく。 インターハイ予選で及川率いる青葉城西高校に負けてからは、それが顕著だ。 夏に実施された、関東の強豪校との合宿で、烏野のメンバーは「自分たちはこの中で一番弱い」と自覚し、相手から吸収すべきことはたくさんあるとひたむきに練習試合に取り組んだ。 しかし、その中で月島だけは変わらぬままだ。 他校のコーチも、キャプテン陣も月島に「変化がない」ことに気付いていた。 そんなとき、音駒高校のキャプテンであり、月島と同じミドルブロッカーである黒尾が自主練に誘う。 「君、MBならも少しブロック練習した方が良いんじゃない?」 月島も相手を挑発して煽るタイプだが、黒尾も煽り上手である。 冷めているように見えて、根が負けず嫌いな月島は、まんまと術中にはまり黒尾の自主練に付き合うことに。 そして全国で5本指に入ると言われている梟谷学園のエース・木兎のスパイクを受けることになる。 しかし実際にブロックせんと飛んだのは数本だけ。 黒尾に日向と比べられ挑発されると、「日向と僕じゃ元の才能が違いますからね」と自分を卑下する。 月島はそれまでにも何度か自分より日向のほうがセンスがあると認めるようなセリフを吐いたことがある(もちろん、ストレートには褒めないのだが……)。 そんなふうに言う月島に黒尾は疑問を持つ。 「身長も頭脳も持ち合わせてるメガネ君が チビちゃんを対等どころか敵わない存在として見てるなんてさ」 月島はバレーに対する熱い気持ちと裏腹に、一生懸命になってもどうにもならないとその気持ちにストッパーかけてしまい、心がバラバラだったのかもしれない。 月島は、黒尾たちに聞く「どうしてそんなに必死にやるんですか? たかが部活に」。 それに対して木兎は投げかける。 「バレーボール楽しい?」「(楽しくないのは)へたくそだからじゃない?」 この一言が、月島が成長するきっかけのひとつなる。 この時点でコミックが10巻まで進んでいることを考えると、月島の成長をいかに丁寧に描いているのかが分かる。

次の

オトナな恋しませんか?【ハイキュー】

ハイキュー 夢 小説 ランキング

バレーボールに青春をかける高校生たちを描く『ハイキュー!! 今回ピックアップするのは、日向や影山の同期で、のちに烏野のブロックの要として活躍することになる月島蛍だ。 烏野でチームイチの身長を誇るミドルブロッカー。 しかし、その態度はどこか冷めたもので、日向にも「月島はバレーやりたいのかわかんねーもん」とさえ言われている。 しかし、最終章ではVリーガーとしての道を選んだことが明らかにされた。 月島がバレー選手となるとことを選ぶまでにはどのような道程があったのだろうか。 屈折したバレーへの想い 「小さな巨人」を擁し、バレー強豪校だったかつての烏野高校でエースとして活躍する7歳年上の兄・明光に憧れていた月島は、その影響でバレーを始めた。 しかし、こっそり試合を見に行った月島は、実は兄がエースどころか控えの選手でもなかったということを知ってしまう。 毎日のようにバレーの話をして、「たかが部活」のことなのに、それが兄のすべてのように思い、結果的に兄を追い詰め、嘘をつかせた。 それが小学生だった月島の心に影を落とすことになる。 絶対に1番になれない。 がんばってもいつかは必ず負ける。 それでも、月島はバレーを辞めなかった。 「たかが部活」と思いながらも、バレーへの気持ちを捨てきれずにいた月島は兄と同じ烏野高校に進学。 そこで月島の人生を変える、バレーのことしか考えられないバレー馬鹿たちに出会うこととなる。 バレーが楽しくないのはへたくそだからじゃない? 日向と影山に触発されるようにして、烏野のチームメイトたちはぐんぐんと成長していく。 インターハイ予選で及川率いる青葉城西高校に負けてからは、それが顕著だ。 夏に実施された、関東の強豪校との合宿で、烏野のメンバーは「自分たちはこの中で一番弱い」と自覚し、相手から吸収すべきことはたくさんあるとひたむきに練習試合に取り組んだ。 しかし、その中で月島だけは変わらぬままだ。 他校のコーチも、キャプテン陣も月島に「変化がない」ことに気付いていた。 そんなとき、音駒高校のキャプテンであり、月島と同じミドルブロッカーである黒尾が自主練に誘う。 「君、MBならも少しブロック練習した方が良いんじゃない?」 月島も相手を挑発して煽るタイプだが、黒尾も煽り上手である。 冷めているように見えて、根が負けず嫌いな月島は、まんまと術中にはまり黒尾の自主練に付き合うことに。 そして全国で5本指に入ると言われている梟谷学園のエース・木兎のスパイクを受けることになる。 しかし実際にブロックせんと飛んだのは数本だけ。 黒尾に日向と比べられ挑発されると、「日向と僕じゃ元の才能が違いますからね」と自分を卑下する。 月島はそれまでにも何度か自分より日向のほうがセンスがあると認めるようなセリフを吐いたことがある(もちろん、ストレートには褒めないのだが……)。 そんなふうに言う月島に黒尾は疑問を持つ。 「身長も頭脳も持ち合わせてるメガネ君が チビちゃんを対等どころか敵わない存在として見てるなんてさ」 月島はバレーに対する熱い気持ちと裏腹に、一生懸命になってもどうにもならないとその気持ちにストッパーかけてしまい、心がバラバラだったのかもしれない。 月島は、黒尾たちに聞く「どうしてそんなに必死にやるんですか? たかが部活に」。 それに対して木兎は投げかける。 「バレーボール楽しい?」「(楽しくないのは)へたくそだからじゃない?」 この一言が、月島が成長するきっかけのひとつなる。 この時点でコミックが10巻まで進んでいることを考えると、月島の成長をいかに丁寧に描いているのかが分かる。

次の

ハイキューの小説・夢小説のおすすめランキング【HQ】

ハイキュー 夢 小説 ランキング

ハイキューは『週間少年ジャンプ』で毎週読んでいるから知っているけど、夢小説ってなーに? 夢小説というのは…… 創作小説の一種。 ドリーム小説・ドリー夢小説・名前変換小説などともいう。 略称は夢・ドリーム・ドリー夢・ドリなど。 心理描写が重要なことから、女性向けのものを指すことが多く、男性向けのそれはあることにはあるが数が少ない。 このジャンルを楽しむ人を夢見乙女・夢女子・ドリーマーなどと呼ぶ。 多くの場合は、版権キャラクターとオリジナルキャラクター(夢主人公の略称・夢主と呼ばれる)の交流が書かれる二次創作の一種である(一次創作・完全オリジナルは後述)。 cookieやJavaScriptによって夢主の名前を読者が自由に変換することができるシステムが出来たことにより急激に普及した。 内容としては恋愛が多いが、友情など恋愛以外を題材にした作品もある。 というわけで、ふか子(妻など)が読んだ ハイキューのおすすめ小説・夢小説をまとめて紹介していきます! 目次• 【ハイキュー】俺の傍にお前はいない。 【男主】 タイトル 話数 33話 ジャンル 男主 オリジナル主人公 こんな人にオススメ 影山推し かきくトリオ こんなおはなし 男主は影山くんと幼なじみ設定です。 影山くんとの才能の差に気づいて違う高校を選んだり、どんどん成長していく影山くんに焦りを感じたり…たしかにあれだけ格好良くて才能がある人が隣にいるとそうなりますよね 笑 男主は白鳥沢に行くので、烏野推しだったら物足りないかも。 現在更新中なのでこれからキャラクターがたくさん出てくるかもしれません。 お話的に かきくトリオの活躍が見ものです! 【ハイキュー!! 】烏、鳴き方がわからない【男主】 タイトル 【ハイキュー!! 】烏、鳴き方がわからない【男主】 話数 40話 ジャンル 男主 オリジナル主人公 こんな人にオススメ 烏野高校が好き こんなおはなし 夢小説となめてかかったらいけません。 あっという間に涙腺が崩壊します。 挿し絵もとても素敵で、魅せられます。 特に、研磨の可愛さが見所!この作者さんが書く研磨は最高です。 彼の良さが引き出されていて、是非ともこの可愛さに悶えさせられてほしいです。 HQ好きであれば、読んで損することはないと自信を持っていえます!作者さんの別作品もいくつかあるので、そちらもオススメです。 スガさんからいいねとフォローがきた【菅原孝支】 タイトル 話数 46話 ジャンル オリジナル主人公 恋愛 こんな人にオススメ 菅原 推し こんなおはなし ハイキューの菅原孝支くんと恋愛をするおはなし。 現在SNSが流行っていますが、この作品もSNSの要素を入れたものになっています。 タイトルのとおり、「いいね!」と菅原くんからフォローがきたところから物語は始まります。 菅原くんと疑似恋愛をしているかのような感覚になり、読んでいてとてもドキドキさせられます。 本作は完結しており、別のキャラクターバージョンも作成されているので、そちらも見てみるとより楽しめると思います。 過ぎ去った青春のときめきをもう一度。 結婚生活 タイトル 話数 全6編 ジャンル 結婚生活 こんな人にオススメ 城西 音駒 推し こんなおはなし 城西と音駒が好きな人におすすめの作品。 物語はシリーズものとなっており、パパになったみんなが息子や娘と主人公を取り合う話もあれば、結婚の報告のだったり、赤ちゃんができましたみたいな話もあり、とてもほのぼのさせられます。 及川さんシリーズが個人的にはとてもおすすめです。 レグルスの光跡 タイトル 話数 18話 ジャンル オリジナル主人公 恋愛 こんな人にオススメ 影山 推し こんなおはなし 大学生主人公と高校1年生の影山君という年の差がイイ。 最初は全く面識がない二人。 いつも目標に突き進んで行く影山くんと夢も目標もなく大学とバイトの日々を過ごしている主人公のやりとりは、とても心に残りました。 「自分なんかが……」といつも弱気でいる主人公とそれを否定し、自信に満ち溢れている影山くんとの会話は、読んでいるこっちまで元気にさせてくれます。 主人公が等身大の普通な女の子なところも読んでいてとても感情移入できる要因だったと思います。 文章はどちらかと言うと会話文で構成されており、小説とは言いづらいですが、 会話文だけでも十分キャラクターの良さが伝わってくるので、意外とすんなりと読むことができます。 たくさんのキャラクターの反応について書かれているので、色んなパターンが想像できて楽しいです。 月島くんが辛辣 笑 空飛ぶパンダ HQ!【サイト名】 サイト名 ジャンル 性転換トリップ こんな人にオススメ 及川 推し こんなおはなし 王道な及川さんではあるのですが、内容は性転換トリップという少し珍しいものになっています。 とても展開が上手で、キャラクターがかわいく魅力的に描かれています。 他の夢小説も性転換ものなので、王道ではないですが、ちょっと変わった作品を読んでみたい方には、とてもおすすめです。 旭さんの甥っ子というちょっとした逆ハーレム作品でもあるので、ぜひ。 【ハイキュー!! 】天使すぎる君と タイトル 話数 8話 ジャンル オリジナル主人公 恋愛 こんな人にオススメ 菅原 推し こんなおはなし ハイキューの菅原孝支くんと恋愛をするおはなし。 菅原くんのファンにはぜひ読んでほしい作品です。 菅原くんに片想いをしていた主人公 夢主 が菅原くんに気づいてもらおうと一生懸命アピールします。 読んでいるだけなのに、菅原くんと疑似恋愛しているかのような感覚になります。 まだ途中の作品ですが、作者の描写が面白く、菅原くんにドキドキさせられるためとても続きが気になります。 菅原くんファンのみなさん、いっしょにドキドキしましょう。 デンドロビウム・ファレノプシス タイトル 話数 複数あり ジャンル 百合あり 恋愛 こんな人にオススメ 西谷 推し こんなおはなし 主人公を好きなのに、それを言わずに見守るクロがイイです。 主人公は美人だけど、表面には出さずに心に抱えるモノがあるのに気づいた西谷、 見かけによらずに男らしい西谷に惚れるまでの過程が丁寧に描かれています。 女どうしの友情秘話も見られます。 主人公のことを考えながら強引ではなく、程よく距離を詰めつつ心に入り込む西谷が大好きです。 告白宣言 タイトル 話数 11話 ジャンル 恋愛 烏野高校 こんな人にオススメ 日向 影山 菅原 推し こんなおはなし まだ未完ですが、素直でストレートな言葉と態度で主人公に好意を示す影山君がいじらしくて胸キュンさせられます。 主人公や部活仲間は影山の好意に気づいているので、影山君が日向君にからかわれる瞬間も 笑 主人公の恋の矢印は菅原先輩にありますが、ストレートな影山に顔を赤くすることもあるので、影山君頑張れと言いたくなる作品です。 花巻君の好きな人は私ではない。 【花巻貴大】 タイトル 花巻君の好きな人は私ではない。 【花巻貴大】 話数 40話 ジャンル 三角関係 こんな人にオススメ 花巻 及川 推し こんなおはなし 数少ないマッキーの夢小説です。 ヒロインの気持ちに気付かない鈍感なマッキーと、マッキーを好きだけど親友ポジションを壊してしまうのが怖いヒロイン。 そんなヒロインをずっと応援し続ける及川さん。 この三角関係がどう動くのか……及川さんが良いヤツすぎる……!そしてマッキーは鈍感すぎる 笑 ヒロインが友情と恋愛感情の間で気持ちが揺れ動く、少女マンガでよくあるストーリーですが、とても面白いです。 美人マネに宣戦布告【菅原孝支】 タイトル 話数 32話 ジャンル こんな人にオススメ 菅原・赤葦 推し こんなおはなし 菅さん推しにおすすめ。 いつも潔子さんのとなりで、 存在感のあまりない主人公。 潔子さんと比べたら美人でもないけど、菅さんになんとか振り向いてもらおうと奮闘します。 完璧じゃないヒロインだからこそ親近感がわきました。 ヒロインの頑張りに気付いて、好意を寄せてくれる相手も現れて……何度も読み返してもキュンキュンします! 白は黒に恋をする タイトル 話数 102話 ジャンル オリジナル主人公 恋愛 こんな人にオススメ 牛若・澤村・月島 推し こんなおはなし 牛若の幼馴染・烏野のマネージャーという立場で、牛若と澤村と月島に好意をもたれる逆ハーレム作品。 主人公は天然な行動で澤村を翻弄し、澤村はそれに狼狽えながらもアピールし、主人公に好意を持つメンバーに嫉妬し、そんな澤村にグッときます。 おとなになるには タイトル 話数 25話 ジャンル 転生トリップ こんな人にオススメ 岩泉・及川 推し こんなおはなし 転生トリップ主は及川くんの助言もあって岩泉くんの好意にどことなく気づいているけれど、トリップ主なためどこか消極的。 それに対して、好きだと気付いたら一途に好意全開に迫る岩泉くんが男らしくてイイです。 まだ未完結ですが、今後の展開が気になります。 【HQ】黒尾鉄朗【夢小説】 タイトル 話数 短編 ジャンル 木兎君の従妹設定 こんな人にオススメ 黒尾・木兎 推し こんなおはなし Pixivなので、しっかり名前を変えられるわけではないのですが、眼鏡を外すと美少女という設定もいいですし、ぼくとくんと幼馴染設定も美味しいです。 黒尾くんが意外と控えめにスマートにアピールしてくるのも良かったです。 まとめ キャラクターへの愛の数=作品数 キャラクターへの愛の数だけ作品は存在し、読み手それぞれによって最高の作品は違うと思います。 この記事が好きな作品を探す手助けになってくれたら、とても嬉しいです。

次の