マッチングアプリ 女性から誘う。 女性からPairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換はアリ?上手な聞き方とは

意外と知らない?!ペアーズで女性からデートに誘う上手な方法とは

マッチングアプリ 女性から誘う

ペアーズやタップル、tinderなどのマッチングアプリでマッチングしたものの、 「いつデートに誘っていいのかわからない」 「デートに誘ったら急に返信が来なくなった」 「どれくらいメッセージのやり取りをして誘うのが良いんだろう」 と考えたことがある人は多いはず。 実はマッチングアプリにおいて本当の意味でデートに誘う ベストタイミングというのは存在しません。 ケースバイケースだからです。 しかし 確 率の高い、効率の良いデート打診のタイミングは存在します。 本ページでは実際に事例を交えつつ、確率の高いデート打診のタイミングについて解説します。 結論から言うと、 ペアーズのような真剣度の高いアプリで1日~3日程度、タップルやtinderのようなカジュアルなアプリは1日~2日程度で誘うのがベストです。 間違っても他のサイトに書かれているように 数日~一週間程度なんてやっていてはダメ。 こう書かれてているものは確実に実際に検証したことがない人が書いています。 そして余談ですがネットに転がっているしっかりしたサイトに見えるものほど女性ライターが書いています。 注意しましょう。 デートに誘うタイミングは出来る限り早い方が良い マッチングアプリにも様々ですが、どのアプリでも言えることはデートに誘うタイミングは 出来る限り早めた方が良いということです。 ペアーズでもタップルでもtinderでもwithでもomiaiでも、特に理由がなければ その日にデートに誘うようにすべきです。 何故早く誘った方が良いのか その理由は単純明快、 メッセージのやり取りは長引けば長引くほどメッセージ段階で終了してしまうから。 一通目の返信が来て2通目の返信が来る確率よりも、10通目の返信が来る確率の方が遥かに低いですよね。 また、日数的にも1日目で返信が途切れる確率よりも3日目で返信が途切れる確率の方が遥かに高いため、返信率の高い1日目で誘うことがベストなんです。 ただそれだけのことです。 ただファーストメッセージ(最初のメッセージ)で誘うのはNGです。 ちなみに僕は5通目前後で誘うことが多いです。 誘い方はどうするべきか デートの誘い方は「とにかく会いたい」という目的であれば食事やお茶、相手の趣味に合わせた施設(カラオケ、美術館など)に誘うのが無難です。 「今度お食事に行きましょう。 」 のような誘い方でOK。 ワンナイトが目的であればこのような誘い方は上手く行かないことが多いですが、普通に会ってみるだけ、という目的であれば食事は最も警戒されにくく、また女子にもメリットがあるため断られるケースは少ないです。 実際に誘ってみた事例 「本当にそんなに早く誘って大丈夫なのか?」 と思う方も多いと思うので実際にデートに誘った様子のスクリーンショットを貼っておきます。 挨拶して相手からの質問が多くて休みなどが聞けない場合は、先にデートに誘って休みを聞くパターンもあります。 アプリでデートに誘うベストタイミングとは デートに誘うタイミングについては正直上述したところまでで十分だと思いますが、それでもやはり、 「1日目で誘うにはのはやはり早すぎなのではないか?」 「早く誘って会える確率の方が低いのでははないか?」 「多くの他のサイトに書かれているように1週間くらいメッセージで和んだ方が良いんじゃないか?」 と考える人は多いと思います。 しかし それらは完全に間違いです。 出来る限り早くデートに誘った方が会える確率は上がります。 しかし上述した通り、 一通目で誘うことはいかなるケースでもNG。 また、目安を5~10通としていますが、場合によってはそれ以内で誘った方が良い場合もあるし、それ以上掛けた方が良い場合もあります。 ではベストタイミングはいつでしょうか? それは、 「女子が急すぎると思わない最短速度」 です。 なので、 「こんにちは!今度ご飯行きましょう」 と一通目で送るのはNGだし、5通目くらいでも女子の心理状態が「急すぎる」となっていればNGを食らいます。 しかし僕は上述した通り5通くらいで誘って拒否されたことは一度もありません。 マッチングアプリを使う女子の目的は異性と出会うこと 巷のマッチングアプリ指南サイトでは、 「メッセージで仲良くなってからデートに誘うべき」 「誘うタイミングは数日~一週間程度」 「すぐにデートに誘うのはNG」 としていますが、これらは 全部間違った情報です。 何故ならペアーズやタップル、tinderのようなマッチングアプリは出会い系アプリだからです。 目的ではアプリで異性との出会うことであってメッセージで仲良くなることではありません。 プロフィールに「友達を探している」と書いていても結局は異性との出会いを目的としています。 出会うまでの希望が「メッセージを重ねてから」となっていても、本音は実際に会ってみないとわからないし、会ってみないことには恋愛対象として好きか嫌いかわからないというのが大多数の女子の考えなんです。 ただ 多くの女子は出会い系アプリで出会うことに対して抵抗があるのも事実。 すぐに「会おう」と言われてホイホイついていくほど軽い女にはなりたくないし、そう思われたくないのです。 だから一通目で、 「こんにちは!今度ご飯行きましょう」 と言ってもほぼ無視されるでしょう。 また、5通目くらいでも食い付きが悪く、遠まわしに「まだ早い」と思われていると感じることはやはりあります。 その際は以下のような手法で「急すぎる」というブレーキを緩める必要があります。 デートに誘って食い付きが悪い際の対処法 上述した通り、特に出会い系アプリにまだ抵抗がある女子はすぐに「会おう」と言ってくる男性に対して拒否感を抱くことがあります。 ただマッチングした段階でそれなりに魅力を感じているわけだから、「会ってみたい」という気持ちもあります。 そのため早すぎるデート打診には以下のような食い付き悪めの返信が来ることがあります。 この場合以下の2つの方法で女子の「よくわからない拒否感」をほどいてあげましょう。 話題を変えてメッセージを引き伸ばす 「今度夕食に行きましょう」 とデートに誘って、 「すぐには難しいけど行きましょう」 と来た場合は、 「いつなら空いてますか?」 のようなデートの日程に関するメッセージではなく、 「最近食べてこれ美味しかった~みたいなものある?」 のような やや話題を変えていって和む、という手法を俺はよく使います。 「すぐには難しいけど」 「しばらく予定が埋まっていて…」 のような返信は本当に自分が忙しくて「会えない」という可能性もあるが、それ以上に、 「よく知らない人とはすぐに会えない」 と思われている可能性の方がずっと高いです。 なのでこれらの返信が来た時は、 「デート内容にある程度関連しているが、すぐにデートに繋がるわけではない程度のメッセージ」 を送ってもう少しメッセージを続けてみましょう。 しばらくしてタイミングを見計らって日程調整の話をしてみましょう。 プロフィールを充実する(効果絶大) 早めにデート打診して、食い付きが悪い時は高い確率で、 「よく知らない人とはすぐに会えない」 と思われています。 これを解消する方法は上述した「もう少しメッセージで和む」という方法もあるが、それよりも、 「プロフィールを充実させてイメージしやすくする」 という方法の方が効果的だ。 例えば、• 好きな音楽• 好きな映画• 休日の過ごし方 などがプロフィールに書かれていればどような人なのか想像しやすいです。 どのような人か想像してもらうことができれば、「よく知らない人」というブレーキがかかりにくくなります。 また、この際単に文字で書くのではなく、サブ写真を使って更にイメージしやすくすることが重要です。 例えばダーツが趣味ならダーツの写真、スーツでする仕事しているならスーツ姿の写真を使うといった感じ。 とにかくプロフィールでどんな人なのか、女子にイメージしてもらうことが重要です。 多くの女子はイメージできない(よくわからない)人とは「会うのが怖い」という深層心理みたいなものが働くので、プロフィールでそれを取っ払ってあげましょう。 まとめ 上記をまとめると以下の通り。 デートに誘うタイミングは1日目~2、3日程度• 出来る限り早い方が良い• 目安は5通目、長くても10通程度• 誘って食い付きが悪い時は少し和む• 食い付きをよくするためにプロフィールを改善する これでマッチングから会うまでの確率がかなり向上するはず。 それでも、 「マッチングしてすぐにデートに誘うのには抵抗がある」 と感じる人はそもそもマッチング数が少なすぎるかもしれません。 その場合は下記ページを参考にマッチング数を増やそう。

次の

マッチングアプリですぐ会おうとする男の心理と対処法【男目線】

マッチングアプリ 女性から誘う

マッチングアプリでメッセージのやり取りを始めたら、次の山は初デートに誘うこと。 僕ら男って、どちらかと言えば女性の心の準備が整っていないうちに誘ってしまう失敗が多いと思います。 男性は今すぐにでも会いたい、でも女性は信用できる人か慎重に見極めてから会いたい… この 男女の意識のギャップをちゃんと理解していないと断られます。 一方で最近は断られたらどうしよう?と慎重になり過ぎてダラダラ長期でやり取りする男性も増えている模様。 こうなると女性側のテンションも下ってくるし、他の積極的なライバルに持って行かれてしまうリスクもありますよね。 マッチングアプリで知り合った女の子をデートに誘うタイミングは、 早すぎても遅すぎても良くないってことです。 デートに誘って成功する大前提 こんな風に書くと、何やら難しそうに感じるかもしれません。 でも、女性だって出会い目的でマッチングアプリに参加しているわけで、ちゃんと好感度を上げる動きをすれば、よほど大きくタイミングを外さない限り、誘いを受けてくれます。 そうです。 好感を持たれた状態なら、多少早かろうが多少遅かろうが「今度メシでもどうすか?」的なシンプルな誘い方だろうが、成功するんですよね。 これが大前提。 ですから誘うタイミングや誘い方うんぬんの前に、まずはコミュニケーションをしっかり深めて良い関係を築くことに集中するべーし! ただ、実際にはそこまで分かりやすく前のめりになってくれる女性ばかりじゃありませんよね。 むしろ 相手がどう思っているのか分からない微妙な状態の方が多いと思います。 そんな時こそ、タイミングや誘い方が鍵になってくるわけです。 初デートに誘うタイミングを計る まず、何通目のメールでデートに誘うのがいいというマニュアル的なものもありますが、正直、あまり当てになりません。 というのも、女性側の会うことへの心理的なハードルは個人差が大きいし、僕ら男側のメールのスキルも強く影響するため。 でも僕の経験上、どれぐらいの期間で誘うことが多いのか、目安として書いておくと… の場合は 当日〜1週間ぐらい、の場合なら 1週間〜2週間ぐらいという感じでしょうか。 と言ってもコレって時間ありきというよりも、次に解説する女性側の「会ってもいいかなサイン」が表れるのが、大体これぐらいという意味なんですよね。 ですから、この時間的な目安より遙かに大事なのが、 女性が発するサインをよ〜く観察して見逃さないことなんです。 見逃すな!5つのサイン サインとは女性が「もうそろそろ会ってもいいかな」と感じている兆候のこと。 無意識に発しているサインもあれば、意識的に早く誘ってよーと訴えているサインもあります。 特に注意しておきたいサインは次の5つ。 こちらからの質問に答えるだけじゃなく、女性からも頻繁に質問が来るようになった• 女性からも会話を盛り上げよう、話題を広げようという意欲を感じるようになってきた• 返信が来るペースが早くなってきた(やり取りの頻度が上がってきた)• 仕事や人間関係などの個人的な悩みや愚痴を打ち明けてくれるようになった• 要は女性のテンションが上がってきた、もしくはこちらに信頼を寄せてくれているのが分かる状態ですね。 中でも4と5はポイント高いです。 特に5の願望を書いてくるのは「連れてってー」というメッセージの可能性大。 このサインを見逃しては男が廃るってもんです。 初デートの誘い方と鉄板コース 誘い方としては「会って話してみたいです」「今度会えませんか?」のように、ただ会おうというよりも、食事する、映画を観るなど 何か別の理由付けをしてあげた方が遙かに成功率は高いです。 大前提に書いたように、もう仲良しなら、どんな誘い方でもOKしてもらえるんですが、微妙な関係の時こそ理由付けが絶対大事ですよ。 女性側の心理的なハードルは、単純に危ない思いをしたくないという 自己防衛本能だけじゃありません。 実はもう1つ「簡単に誘いに乗って軽い女に見られたくない」という プライドが入り混ざって出来ています。 自己防衛のハードルはメッセージ交換で仲良くなって信頼されると下がってきますが、後者のプライドの方はそれだけじゃ下がりません。 「それなら付き合ってあげてもいいよ」という形になることで、グッと下がるんです。 要は男性が「こんな楽しいこと(理由付け)があるから付き合ってよー」と持ちかけて、女性が「それなら仕方ないわねー」となるように僕らが演出するわけです。 加えて、その楽しいことの中身の魅力が大きければ大きいほど、女性は仕方ないと自分を納得させる気持ちより「行きたい!」という積極的な気持ちが強くなります。 この 女性に花を持たせる誘い方をできる男子って、デートに誘った時の成功率がめちゃめちゃ高いんですよね。 理由付けは食事が鉄板! 理由付けの鉄板はやっぱり食事。 僕も9割方、コレです。 そのためにメッセージをやり取りしながら、相手の食の嗜好については、かなり具体的なところまで探っておきます。 また、最近ではの「コミュニティ」の「好み」のように、相手が参加しているコミュニティを見ればどんな食べ物が好きか具体的に分かる恋活婚活アプリが多く… 人気ポイント制出会い系アプリには、食事に誘うための専用掲示板があります。 なので、プロフの情報を元にメールで相手の好みを探っていた昔に比べると、食事デートに誘いやすい環境が断然整っています。 ランチに誘う?ディナーに誘う? 食事と言っても昼間に誘うべきか、夜に誘うべきか迷うかも知れません。 とあるアンケートによれば、 女性の約6割が初デートの食事はランチ派だそう。 ただ、これって既にリアルで顔も見ながら話したことがある男性に対してのこと。 ネットで知り合った相手との初デートは、正に 初顔合わせです。 となると、ランチ派の女性比率はもっと高くなるはずですね。 やはり、 マッチングアプリからの初デートの場合、誘って成功率が高いのはランチの方。 出会い系アプリではなく、恋活婚活アプリの場合は特にその傾向が強くなります。 ランチデートには、 男性側も気軽に誘えるし、女性側も安心感が強いという心理的なメリットだけではなく、 男性側にはディナーより出費が抑えられる金銭面でのメリットもありますね。 もちろんメッセージ交換する中で、お酒が好きな女性だったり、ディナーに乗り気なのが分かる女性だったりすれば、夜デートに誘うのもOK。 断られたら、ランチに変えればいいだけですし。 でも、特にネット恋活に慣れないうちは、ランチで1〜2時間話してみて相性が良さそうなら、2回目のデートでディナーという流れがお互いに気楽で、うまく行きやすいと思います。 必ずしも、お互い相手を1人に絞っている段階じゃないケースが多いですしね。 平日に誘う?休日に誘う? ただし一方で、ランチには、お互い社会人だと平日の仕事の合間にスケジュールを合わせるのは難しいという問題があります。 要は休日デートになりやすいということですね。 中には休日は家でゆっくりしたいという女性もいて、まだ会ったことのない男性と休日に初めて会うことを重く感じる女性もいます。 これは個人個人の考え方次第なので、もうメールのやり取りの中で探るしかありません。 「休みの日は何してる?」というのも定番の話題なので、そこから平日夜の方がいいのか、休日でもいいのかを読み取って下さい。 意識していれば、相手の反応で分かるし… 僕の場合、よく分からなければ初デートに誘う時に「平日仕事終わってからでも大丈夫?」「休みの日でも大丈夫?」のようにストレートに聞くことも普通にあります。 ちなみに、僕は自分の仕事の都合もあって、初デートはランチよりも、平日の仕事後に食事というパターンの方が多いです。 これは慣れの問題もあると思います。 映画+食事コースもおすすめ もし休日がOKな相手なら、もう1つオススメなのは映画+食事コース。 映画が嫌いという女性って少ないですよね。 いや、別に映画じゃなくて、お互いに共通の趣味を楽しめるイベントなら何でもいいんですが、先に少し触れたように これが初対面である点には充分に配慮する必要があります。 マッチングアプリで知り合った相手との初デートは、リアルの知人との初デートとは性質が全く違いますから。 リアルの知人ならお互いに顔も分かっているし、話したこともあるわけで、相手の情報をある程度知っている状態です。 でも、マッチングアプリからの初デートは今回が初顔合わせ。 実際会ってみたら、メールでやり取りしていたイメージと全然違っていたなんてこともお互いに起こりうるわけ。 そんな中、例えばテーマパークのように強制的に長期時間縛られ、会話もしなければならないデートは、気が合えば最高ですが、逆だったら最悪…。 それは初デートで意気投合したら、2回目以降で行けばいいコースです。 その点、映画なら上映時間中話す必要ないし、お互い、それなりに楽しめます。 で、その後で食事しながら、映画のことも話せます。 相性がイマイチだと思えば、好きな時間に切り上げることもできるので、女性にとっても気が楽ですよね。

次の

OKがもらえる!女性からデートに誘う上手なテクニック【例文あり】

マッチングアプリ 女性から誘う

でも1週間以内にデートに持ち込むことを目標にすると、どうしてもまだ信頼されていない1日〜3日ぐらいの段階でセカセカ誘わなきゃいけなくなります。 いや、確かに中には出会い系並に速攻で会える女性もいるし、やのような出会い系色の強いカジュアルマッチングアプリなら1日〜3日目標でもOKでしょう。 ですが、withのユーザーは 真面目な交際につながる恋人探し目的が圧倒的にメイン。 女性側も出会い系サイトより遙かに真剣に男性の質を見極めます。 早過ぎると断られる確率高いですよ。 それに僕ら男側だって基本、彼女を探すためにwithに参加しているわけです。 可能性としては後者のケースの方が多いんじゃないでしょうか。 要は真面目なお付き合いにつながる確率の低い相手なんです。 それなら出会い系サイトを使うのと変わりません。 遅すぎてもよくない理由 ただし、王道モデルはあくまでも平均的なスケジュール。 当たり前ですが、本当にベストなタイミングは相手によって違うんですよね。 最初から前のめりな女性やメール頻度が高い女性なら、2日目でデートに誘って1週間以内にデートできる場合もあるし、慎重な女の子なら、1ヶ月前後でやっとデートできる場合もあります。 先程の王道モデルを頭に入れつつも、 慣れてきたら相手のテンションを図りつつデートに誘うのが理想。 そこは経験値やセンスも関係する世界ですが、僕のように空気の読みが苦手な男でも、沢山の女性とやり取りして成功失敗を重ねると、自然とつかめるようになります。 その成功したタイミングを振り返ると、結果として3日〜1週間前後が多いんです。 メッセージに表れるOKサイン5例 女性のテンションが上がってくると、主に次のような反応に表れます。 ケースバイケースで3日前に誘ってOKなこともあれば、1週間以上かかることもあるわけですね。 ただ2週間以上メッセージをやり取りしても、いまいち盛り上がりに欠けるなら、相性が良くないか、よほどテンションが低い女性かです。 たぶん前者の確率の方が高いかと…。 お互いに都合の良い日程やイベントを調整すればOK。 ここで終了するケースもあるものの、まだメッセージが続けられるなら、もう少しやり取りしてからリベンジ。 ほぼ脈ナシなのでスパッとあきらめるか、まだメッセージが続けられるなら、もう少しやり取りしてからリベンジ。 女性だって、気になっている男性に対しては可能性をバッサリ切り捨てたりしません。 後に可能性をつなぐ断り方をします。 で、1のパターンは、すぐにデート詳細の詰めに入ればいいだけです。 でも、2も3も現時点では乗り気じゃないってこと。 しつこくすればOKをもらえるなんてことはなく、余計に印象は悪くなりヘタすると返信が来なくなったり、されたりします。 この場はすんなりと引き下がり、リベンジに向けて体制を整えるべし。 特に3のように何の代替え案もなく断られた場合は、大逆転は難しいケースが多いので、僕のように別の相手に注力するのも1つ。 withには沢山の女性がいるわけで、ウジウジしていても時間がもったいないですから。 初デートに誘うタイミングまとめ.

次の