みる タイツ wiki。 日笠陽子

日笠陽子

みる タイツ wiki

みるタイツ ジャンル アニメ 原作 監督 小川優樹 シリーズ構成 丸戸史明 脚本 丸戸史明 キャラクターデザイン 日比野ゆかり 音楽 アニメーション制作 横浜アニメーションラボ 製作 TRUSS 配信サイト 配信期間 - - プロジェクト ポータル 『 みるタイツ』は、横浜アニメーションラボ制作によるの。 2019年5月11日から、、にて土曜22時に配信。 を着用した女子高生や教師の描写に注力した作風が特徴。 また、タイツの着用した質感にも注力している。 がインターネット上で公開したタイツをテーマにしたイラストを原作としており、2017年から同人誌『 よむタイツ』を発行、それが話題となりアニメ化へつながった。 また、アニメの配信に際し、Twitter上でのタイツに関するつぶやきをニコニコ生放送でイラスト付きで紹介する「放課後のみるタイツ」が実施されている。 登場人物 [ ] 藍川 レン(あいかわ レン) 声 - 高2。 ショートヘア。 身長162cm。 クールに見えるけど押しに弱い。 カフェでアルバイトをしている。 中紅 ユア(なかべに ユア) 声 - 高2。 ロングヘア。 身長168cm。 成績優秀かつスポーツ万能の優等生。 にセクシーな自画撮りコスプレ写真を投稿して人気を得ている。 レンをからかう癖がある。 雨の日は赤いで登校。 萌黄 ホミ(もえぎ ホミ) 声 - 高2。 ボブカット。 身長158cm。 天真爛漫なお嬢様で、車で通学している。 水泳部員。 奥墨 ユイコ(おくずみ ユイコ) 声 - 高校教師。 レン達の担任教師。 身長169cm。 熱心さで人気者だが、その熱心さが加熱しすぎる事がある。 スタッフ [ ]• 原作・ストーリー原案 -• 監督 - 小川優樹• シリーズ構成・脚本 -• キャラクターデザイン - 日比野ゆかり• 美術監督 -• 色彩設計 - 中尾総子• タイツヴィジュアルエフェクター - 喜多隆宏• プロップデザイン - 村山章子• 撮影監督 - 佐藤光洋• 編集 - 吉武将人• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 鈴木哲史、津田泰現、安藤誠規• アニメーションプロデューサー - 大上裕真• 制作 - 横浜アニメーションラボ•

次の

タイツやストッキングが下がる・ズレる原因は?対処法ってある?

みる タイツ wiki

みるタイツとは、のための作品である。 概要 みるタイツは、から配信開始されたである。 の発売決定記念として第2~6話が時間限定開されることになった。 日時は、から日まで :00から期間限定の配信開始! 第2話~第10話 :00 ~ 9: の期間限定配信 第11話 ~ 9: まで配信延長 イントロダクション。 散り始めたがに打たれ、たまりに浮かんでいる。 たちが色とりどりのがの校門をくぐり抜けていく。 「おはよ、」。 の前で、濡れたのにユアが話しかける。 憂そうに振り向くに、そこにいっそうびしょ濡れのホミが、跳ねるようにやってきて話にを咲かせる。 他い3人のの会話が、新学期の訪れをに告げる。 たちのかけがえのない時間が駆け抜けて、季節が移り変わっていく…… 登場人物 : 2年生になるの。 中ユア : 勉強ももこなす。 ホミ : 明るく活発な。 部所属。 コ : 3人のの担任。 : の先のの。 部部員 : : :香 ホミが所属する部部員。 5話に登場。 : 小の時に内を見回るに見とれてる。 : :原志 5話に登場。 小の時にを落としたと下校時、の前で会話している。 ルイ : 10話に登場。 ホミの。 3年生。 スタッフ• ・原案:よむ• ・脚本:• 設計:総子• 美術:栫ツグ• 編集:吉武将人• :ラボ•

次の

「みるタイツ」ユアの趣味は自撮り写真をSNSに上げることだが…第2話先行カット

みる タイツ wiki

キャラクター ピエール タイツの色は黄色。 ユニットのリーダーではあるものの、励行カードを見る限りでは、お調子者で好色家なイメージであるが、「ときに妻を愛でる。 」(励行No. 77)という励行カードにみられるように、愛妻家の一面も覗かせている。 ジョナサン タイツの色はオレンジ色。 眼鏡を着用。 ピエールにくらべ思慮深く、几帳面な性格。 「イマジン…」とつぶやくのが趣味。 イザベル 国籍は不明だが、「ラテン系な女」らしい。 「一緒にいられるシアワセ。 」(励行No. 27)、「バリバリでもなくキャピキャピでもなくフツーの働く女でいいや。 」(励行No. 46)、「譲ってあげなよ。 」(励行No. 213)、「歌い継ごう。 」(励行No. 267)、「カラダで脳トレ。 」(励行No. 277)などに登場している。 シモン バイオリンが得意な少年。 イザベルとよく一緒に登場している。 通称「チビタイツ」。 「2km離れて親を愛す。 」(励行No. 49)、「背負わせすぎ。 」(励行No. 86)、「天才は遠くからやってくる。 」(励行No. 119)、「無駄だから気晴らしになる。 」(励行No. 171)、「寝床クリエイティブ。 」(励行No. 183)、「譲ってあげなよ。 」(励行No. 213)、「背中で教える。 」(励行No. 227)、「ケンカする前に別れよ。 」(励行No. 256)などに登場している。 ブチョー 中堅企業のサラリーマン。 具体的な仕事内容は不明。 励行カードでは、おちゃめさんな部分も多々覗かせている。 最優秀作は5000円、優秀作は3000円、佳作は1000円分の図書券が贈られる。 2006年7月11日号より同連載内にて「今月の美人秘書」がスタート。 月替わりの美人秘書が、読者投稿の中から「秘書セレクト」を選出する。 (2004年8月10・17日号〜2008年6月3日号) 週刊「真実のコースター」() 2008年6月10日号より連載中。 とあるバーを舞台に、タイツくんが日常に潜む心理を暴くコミック形式。 「女の分岐点」() 2006年10月5日号にてタイツくん「幸せになるマナー」の連載開始。 女性の恋愛におけるマナーをタイツくんが回答するというもの。 「幸せになるマナー」は連載3回目で終了(2006年12月5日号)し、FRaUの月刊化にともない、「女の分岐点」としてリニューアル連載開始(2007年3月号〜2009年2月号)。 女性の恋愛相談に、6名の専門家キャラクターが回答。 タイツくんのイラストが結論を示している。 6名の専門家は「サッシー皆川(新宿2丁目ママ)」、「滑川いく代(女医)」、「我妻守一(弁護士)」、「チョン・ヨンス(探偵)」、「高山昇(中学教師)」、「玉中ミハル(占い師)」。 「新熟三丁め」() 2004年8月3日号より連載開始。 政治・経済・芸能・季節などの時事を四文字熟語で表す。 タイツくんが4パターンの時事を表現し、熟語に当てはめる。 「やりなおしの仕事論」() 転職や就職の心がまえを、タイツくんの仕事観でつづる。

次の