ガボール パッチ 効果。 近視もスマホ老眼も改善。見るだけで目がよくなる「ガボールパッチ」を知ってる?

1日3分で視力回復!?「ガボール・アイ」ってなんだろう?

ガボール パッチ 効果

目がよくなる視力回復法「ガボール・アイ」 前回のおさらいになりますが、「ガボール・アイ」は、ガボール変換という数学的な処理を行うことで生まれる特殊な縞模様の「ガボール・パッチ」を用いた視力回復法です。 「ガボール・パッチ」は、見ることを司る脳の部分「視覚野」に強く作用し、刺激することがわかっています。 1枚の写真から同じ縞模様(ガボール・パッチ)をゲーム感覚で見つけ出すことで、目に入ったものを脳で見て、その処理能力を上げることによって、ものがよく見えるようになるのが「ガボール・アイ」のメカニズムです。 最大0. 5アップ! 「ガボール・アイ」で視力が回復しやすい人の特徴 「ガボール・アイ」を行うだけで、本当に目がよくなるの?と疑問を持っている人もいるかもしれません。 「ガボール・パッチ」は、カリフォルニア大学をはじめとする世界の研究機関でも、脳を使った視力回復法として有効であることを実証する試験結果が報告されています。 科学的にも証明された視力回復法なのです。 ですが、視力回復効果には個人差があり、視力が上がりやすい人、上がりにくい人の特徴があるのだとか。 「私の患者さんのなかでも、最大で視力が0. 5程度よくなった人がいます。 基本的には0. 2程度上がるのが一般的だと思ってください。 『ガボール・アイ』で視力が上がりやすい人は、もともと脳の処理能力を使えておらず余力がある人。 反対に、上がりにくい人は余力が少ない人といえます。 そのため、あまりにもご高齢で脳の機能が弱っている方の視力アップは厳しいです。 また視力がもともと0. 1以下の人は、効果が非常に限定的になります」(平松類先生) 得られる効果の幅は人それぞれ分かれますが、ものがゆがんで見える「乱視」、遠くも近くもぼやっとして見え、とくに近くを見るときが見づらく疲れる「遠視」。 手もとは見えるけれど遠くが見えにくい「近視」。 遠くは見えるけれど近くが見えにくい「老眼」。 「ガボール・アイ」はこれらすべてに対応します。 1日3分でOK!「ガボール・アイ」をはじめてみよう 近頃、ものの見え方に変化を感じている人、目をよくしたい人は、まずは14日間「ガボール・アイ」を毎日1回継続して行ってみましょう! <やり方> 1、好きな縞模様(ガボール・パッチ)をひとつ選ぶ。 2、選んだ縞模様と同じ縞模様をすべて見つける。 3、すべて見つけ終わったら、別の縞模様を選んで同じことをくり返す。 1~3の流れを1日1回、3分から10分を目安に行いましょう。 やり慣れてきて縞模様の場所を覚えてしまっても問題ありません。 正解することではなく、「ガボール・パッチ」を見て脳が判別しようとすることが視力アップにつながります。 また、見つける速度もとくに関係ありません。 スピードアップに力を入れ過ぎなくてよいです。 慣れて上達すれば自然と速くなりますよ。 視力が悪いことにお悩みの人は、ぜひ試してみてくださいね。 医学博士。 二本松眼科病院副院長。 さらには、昭和大学兼任講師を勤める。 NHK『あさイチ』、テレビ東京『主治医が見つかる診療所』、『読売新聞』など幅広くメディアに出演・解説を担当。 主な著書は、『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(SBクリエイティブ)、『老眼のウソ』(時事通信社)ほか多数。

次の

ガボールアイの口コミでわかる【驚異の視力回復法】噂はホント?

ガボール パッチ 効果

NHKテレビあさイチ2020年5月20日で ガボール・パッチを使って視力を、 改善する方法が紹介されました。 不思議な、ぼやけた記号を見て治す方法です。 応用として千円札のスカシを、 使う方法も紹介されました。 紹介してくれるのは ガボール・アイと言う本の 著者 平松類 眼科医です。 2)同じ記号を他の場所から探します。 3)このように次々と色んな記号を 選んで探してを繰り返します。 ガボール・パッチを見てトレーニングを、 すると 脳がぼやけた記号に ピントを合わせてハッキリと見なきゃ っと思います。 すると視力が上がるという訳です。 脳が物を見るときに 関係しているのは新しい発見ですね。 すると多くの人に視力改善効果があったそうです。 1)両手で千円札を持って顔より少し上にあげます。 ここでお札の中央部のスカシが見えますよね。 2)スカシを見ながらゆっくりと手を下げて、 スカシが見えるか、見えないか境の所で、 手を止めて10秒間見つめます。 (この間に脳がきたえられます) これを10回繰り返します。 ・倒す(傾ける=手前、向こう側) でも同じ効果が期待できますよ。

次の

近視もスマホ老眼も改善。見るだけで目がよくなる「ガボールパッチ」を知ってる?

ガボール パッチ 効果

第1回 第2回 第3回 老眼が良くなると話題の「ガボール・パッチ」とは? 調査編 1日3分、目ではなく脳を鍛える「ガボール・パッチ」 「トレーニングで裸眼視力が良くなれば」と願う人は多い。 最近、テレビなどで話題の視力トレーニングは、老眼に効くのだろうか。 「いわゆる『視力トレーニング』は巷にたくさんありますが、科学的に一定の効果が確かめられているものは、 ガボール・パッチと呼ばれる、特殊な縞模様を使ったトレーニングだけです」。 老眼についての著書もある眼科専門医の平松類さん(二本松眼科病院)は、そう話す。 で説明したように、目に入った光は水晶体というレンズで屈折し、網膜というスクリーンに像を映す。 その像が視神経を通して脳に送られ、脳が認識してはじめて「見える」ことになる。 ガボール・パッチを使った視力トレーニングは、このうち(3)に該当する。 ピントが多少ずれた画像が脳に送られてきたときに、 脳の情報の処理力を高めることで、見え方を補正するというものだ。 一種の 「脳トレ」と考えるといいだろう。 かつては「副作用の危険がなく、視力を良くすることが科学的に証明された方法は存在しない」と考えていたという平松さん。 ところが、国内外の文献を幅広く調べていくうちに、 ガボール・パッチという縞模様を使ったトレーニングが視力回復に効果があるとして米国などで話題となり、スポーツ選手やパイロットも実践していることを知った。 ガボール・パッチは、1971年にノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士が考案した、特殊な数学的処理(ガボール変換)を行うことで生まれる縞模様のこと(次ページ図1参照)。 この縞模様は、 見ることを司る脳の「視覚野」を刺激することが分かっている。 「米国で行われた研究では、ガボール・パッチを使ったトレーニングで 近視の人の平均視力が0. 4から0. 6に、 老眼の人の近見視力(手元を見る視力)の平均が0. 3から0. 6に改善したという報告もありました(*1)。 私も患者さんに実践してもらったところ、およそ8割くらいの人に効果があり、視力が平均で0. 2ほどアップしました」(平松さん)。

次の