コロナ つくば 市。 特別定額給付金について|つくば市公式ウェブサイト

つくば市+近隣 テイクアウト店 紹介【2020年4月27日 更新】

コロナ つくば 市

ページ番号1011769 更新日 2020年5月13日 特別定額給付金の概要 給付対象者及び受給権者 ・つくば市における給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、つくば市の住民基本台帳に記録されている方 ・給付金の申請・受給権者は、その方が属する世帯の世帯主 給付額 給付対象者1人につき10万円 給付金の申請及び給付の方法 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は「郵送による申請」と「オンラインの申請」の2通りを基本とし、給付は原則として、申請・受給権者 世帯主等 の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。 申請期限は、郵送による申請受付を開始した日から3カ月以内となります。 郵送による申請• 市から申請・受給権者(世帯主等)宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市へ郵送してください。 オンラインによる申請• 申請・受給権者 世帯主等 のマイナンバーカードと電子署名可能なスマートフォン又はパソコンを所有している方がご利用できます。 マイナポータルから申請・受給権者及び世帯員の情報、振込先口座を入力します。 振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要となります。 )を行ってください。 また、マイナンバーカードを利用した申請の際には、以下の事項も必要となります。 マイナンバーカードに署名用電子証明書の機能がついていること• 暗証番号を覚えていること 暗証番号を間違えてカードがロックされていないこと 詳細について 給付金の詳細については、以下の総務省ホームページを御覧ください。 よくある質問 質問 回答 郵送による申請の場合、申請書はいつ頃発送されますか。 5月16日(土曜日)から発送を開始する予定です。 郵送による申請の場合、いつ頃振込が行われますか。 5月25日(月曜日)から順次振込を開始する予定です。 マイナンバーカードを利用したオンライン申請の場合、いつ頃振込が行われますか。 5月12日(火曜日)から振込を開始しました。 オンライン申請は、申請・受給権者 世帯主 以外の者も代理で申請できますか。 オンライン申請は、代理で申請することができません。 申請・受給権者がマイナンバーカードをお持ちでない場合は、郵送により申請してください。 マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまい申請ができない。 市役所で再設定を承っていますが、大変混雑しています。 新型コロナウイルス感染防止のため、暗証番号を忘れた場合は市役所へお越しにならず、郵送による申請を行ってください。 特別定額給付金コールセンター 特別定額給付金に関するお問い合わせや相談に対応するため、総務省にコールセンターが設置されています。 つながらない場合は、時間をおいておかけ直しください。

次の

ミルモネット、つくば市でコロナ禍における地域資源情報の見える化と事業所間の情報共有に活用|株式会社ウェルモのプレスリリース

コロナ つくば 市

【鈴木宏子】新型コロナウイルス感染拡大による第2弾の緊急経済対策などとして、つくば市は21日、計9億2430万円の支援策を実施すると発表した。 同日、市議会全員協議会を開いて説明した。 28日、臨時議会を開き、補正予算案を提案する。 総額1億6400万円の第1弾に続く支援策となる=。 財源として市の一般財源約5億8200万円と国の地方創生臨時交付金3億4230万円を充てる。 中小企業への支援として、現在検討されている国の家賃補助の対象とならない、売り上げ15~30%減の店舗や事務所などの家賃を最大で月額20万円、3カ月分の補助するテナント賃料助成事業を実施する。 420件を想定し事業費2億3340万円を計上する。 景気が減速していることから、新型コロナウイルスの影響で失業したり、休業している市民を新規に雇用する市内の事業者に最大20万円を助成する。 200人分を想定し、事業費2100万円を盛り込む。 市民生活を応援し、併せて物産事業者を支援することを目的に、実家に帰省せず市内にとどまっている県外出身の大学生と、つくば市出身で都内など県外にとどまっている大学生、さらに経済的に厳しく就学支援を受けている子育て世帯の先着計5000世帯に、地元の食料品3000円分を詰め合わせたセットを贈る(事業費2400万円)。 詰め合わせする食料品の中身は今後、検討するという。 ほかに第1弾の支援策である、食事のテイクアウトを実施している飲食店に一律10万円を交付する事業の申し込み飲食店が当初予定の500件を超えたことから、290店分を増やし、事業費3000万円を追加計上する。 感染収束後、市内の宿泊施設に泊まった人に1人2000円の食事券を交付する事業については1万人分の計2000万円を予算化する。 文化芸術の支援策として、文化施設などでの発表の機会を失ったアーティストに、オンライン上での活動の場を支援し、ポータルサイトを整備してアーティストが企画したワークショップの動画を掲載する文化芸術プラットフォーム創造事業(950万円)を実施する。 高齢者にマスク1人3枚配布も 高齢者や子育て世帯の支援事業は、70歳以上の高齢者約3万7000人と18歳以下の約4万6000人に、市内で使用できる5000円分の商品券(総額5億700万円、28日の臨時議会ではなく6月議会に提案)を配る。 高齢者にはさらに、敬老大会中止の通知に同封して、不織布マスクを1人3枚郵送する(400万円)。 景気が悪化し、ひとり親世帯などから生活困窮の相談が寄せられているなどから、児童扶養手当や就学援助を受けている約1780世帯に、市独自に1世帯3万円を支給する。 18歳以下の子供がいる子育て世帯の6%ほどが対象になるという。 学校が臨時休校になりオンラインによる学習動画配信などが各校で始まっている一方、市の4月の調査で、家庭にインターネット環境がない小中学生が約700人(約3%)いることが分かったことから、700人全員にインターネットが利用できるパソコンを1人1台、9カ月間貸し出す(2200万円)などの支援策にも取り組む。

次の

つくば市の高齢者施設職員が感染 新型コロナ

コロナ つくば 市

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が3月2日から全国すべての小中高校などを臨時休校するよう要請したのに対し、つくば市は28日、準備期間として3月5日まで通常登校とすることを決めた。 6日以降は臨時休校とするが希望者は登校できるようにし、さらに希望者には給食を出す。 一方土浦市は3日まで通常登校とし、4日から臨時休校とする。 つくば市 6日以降も登校可能、希望者に給食用意 つくば市教育局教育指導課によると、仕事を休めない保護者の対応を考慮して準備期間を設け、公立小中学校は3月5日まで通常登校とする。 この間、学校では、こまめな手洗いなど感染防止対策を十分に講じる。 出席に不安がある児童・生徒は登校しなくても欠席扱いにはしない。 給食は通常通り提供する。 その後の6日から春休み前の24日までは臨時休校とするが登校可能とする。 登校時間は午前8時から午後3時まで。 授業は実施せず自主学習をしてもらう。 どのような形式で自主学習をするかや、教員の出勤体制については2日に希望をとってから決める。 さらに6日以降の給食は、2日に希望を調査し希望者に用意する。 中学校の部活動は6日以降は実施しない。 5日までの部活動をどうするかは現在、検討中という。 卒業式は日程は変更しないが、時間を短縮したり、出席者を減らすなど規模縮小の対応を検討している。 一方、市立保育所、児童館、幼稚園、学童保育については通常通り行うとしている。 「とりあえずほっとした」 つくば市の対応について、子どもが市内の小学校と中学校に通う40代の母親は「とりあえず月曜から休校にならずにほっとしているが、仕事とどう折り合いをつけようか悩む。 学校に行かなければ子ども2人は感染から守れるかもしれないが、親がウイルスを持ち帰るかもしれない」と複雑な思いを話す。 土浦市 4日以降は自宅学習 一方土浦市の公立小中学校は、3月3日まで通常登校とし、給食も提供する。 4日からは臨時休校とし、児童・生徒には、不要不急の外出を控えて自宅で学習するよう求める。 保護者が仕事を休めず子供だけで自宅に置いておけない家庭への対応については現在、検討中という。 教員は臨時休校中も通常通り出勤するが、子供の面倒を見なくてはならない教員がいる場合は家庭の事情を考慮する。 中学校の部活動は、3日までは自粛をお願いし4日からは実施しない。 卒業式は予定通りの日程で実施するが出席者を減らすなどの対応を検討中としている。

次の