雑談 類語。 「のたまう」の意味と使い方・漢字・類語・敬語・現代語|ほざく

「折衝力」の意味と使い方・鍛える方法・読み方・類語|顧客

雑談 類語

「気の置けない」の意味と使い方 「気の置けない仲間」とは「気を使わない友人」 自分が気を使わず、遠慮しない様子は「気の置けない」という言葉で表すことができます。 「気の置けない仲間」とは「気を使わなくて済む気心の知れた友人」のことです。 「気の置けない」は人以外にも「気の置けない会話をする仲」「気の置けない雑談ができる相手」などと使うこともでき、いずれにしても「気遣いが不要」「遠慮が要らない」という意味です。 「置けない」の語源は「使わない」 「気の置けない」の「置けない」という部分が「気の置けない」の理解を難しくしますが、この場合の「置けない」は「使わない」という意味を持っています。 「気を置く」とは「気を使う」の慣用句です。 そのため「気を使わない様子」は「気の置けない」という言葉で表します。 「置く」を「置かない」ではなく「置けない」とするのは「気を置きたくても(使いたくても)、それができないほどのざぅくばらんな様子」を表すためです。 「気が置けない」とも言う 「気の置けない友達」「気の置けない会話」などに使われる「気の置けない」は一般的に広く使われている言葉です。 「気の置けない」という言葉は、人によって「気が置けない」と言われることもあります。 「気の置けない」「気が置けない」はどちらも意味は同じで、どちらも間違いではありません。 「気の置けない友達」は誤用に注意 「気の置けない友達」という言葉を耳にしたときに「仲が良くない友達」と理解する人は大変多いようです。 しかしこの場合の「置けない」は「気を使わない」なので、意味は真逆の「仲が良い友達」ということになります。 「~ない」という打ち消しの言葉が入っていることで、なんとなく否定的なイメージを持ちやすくはなりますが「仲が良い」は「気の置けない」ですので、誤用に注意しましょう。 「気の置けない」の類語 慣用句なら「肩のこらない」 「気の置けない」という言葉は、その意味から「気を使わない」「遠慮の要らない」「気遣いが不要な」など、他の言葉に言い換えやすい意味を持っています。 この「気の置けない」を慣用句で言い換えるのであれば「肩のこらない」などが良いでしょう。 「肩のこらない」というのは「緊張しない」という意味です。 「気のおけない」と同様に人との関係や、その場の状況や雰囲気を表すときに使います。 「緊張すると肩がこる」という一般的な様子から「肩のこらない友人」「肩のこらない会話」などと使って、その人との関係ややその場の雰囲気がいかに気楽なものであるかがわかる言葉です。 ビジネスで使うなら「懇意・昵懇」 「気の置けない」「肩のこらない」という慣用句は、会話の中で比較的フランクに使われます。 これらの言葉をビジネスの場面で使うこともできますが、その場合の多くは目上の方が部下に対して用いることが多いでしょう。 「気の置けない同僚はいるの?」「肩のこらない会合にしたいと思ってる」などです。 しかし自分が目上の方へ、第三者との気の置けない関係を伝える場合にはもう少しビジネス感のある言葉が良いかもしれません。 たとえば「懇意(こんい)」「昵懇(じっこん)」などです。 ただし「懇意」「昵懇」は人との関係にしか使うことができません。 「気の置けない会話」「気の置けない付き合い」などのように、状況を表す場合には使えないので注意しましょう。 「気の置けない」の反対語 「気の置ける」は気を使うこと 「気の置けない」という言葉の反対の意味と言えば「気を使う」「遠慮する」という意味です。 その様子は「気の置ける」という言葉で表すことができます。 しかし自分が「気の置ける」という言葉を「気を使う」という意味で使っても、相手が「気の置けない」「気の置ける」という言葉を正しく理解していなければ通じません。 相手の言葉に対する認識を判断できない場合は「気を使う」「遠慮する」「気兼ねする」など一般的な言葉を使った方が間違いがないでしょう。 「気の置けない」の例文 「気の置けない」を人に使う• 「彼と私は学生時代からの付き合いで、気の置けない仲だ」• 「課長と部長は同じ趣味を持っていることもあって、お互いに気の置けない友人なんだそうだ」• 「気の置けない友人がひとりでもいればと思うことがあるよ」• 「彼女には気の置けない友達がいないらしい」 「気の置けない」を会話や雑談に使う• 「同期と一緒に昼休みは、気の置けない雑談に花が咲くもんだ」• 「気の置けない会話ができるようになればいいのに」• 「今日の会議は気の置けない雑談が多くて楽しかったな」• 「家族と気の置けない時間を過ごしてリフレッシュした」 まとめ 「気の置けない」という言葉は意味を勘違いしやすく、自信を持って使えないという人も多いようです。 しかし一度「気の置けない」の意味がわかってしまえば「とても仲良し」「何でも話せる」などといくつもの言葉を重ねなくても、一言で相手との関係を的確に表すことができます。 この機会に自分にとっての「気の置けない」を探してみるのも良いですね。

次の

「下世話」の意味は?誤用に注意!正しい使い方の例文や類語を解説

雑談 類語

早速ですがの意味とは? 挨拶や雑談からはじまり、いよいよ話の本題に入る際「早速ですが…」という言葉を使います。 話を切り替えるスイッチのような役割を持ちますが、『早速』にはどのような意味があるのでしょうか? すぐに・ただちに はやい(早・速)という漢字が二つ組み合わさった『早速(さっそく)』には、すぐさま・ただちにという意味があります。 文頭で「早速ですが」「早速だが」「早速」と使われるときは、本題に入る際の『切り替え』としての役割があると考えましょう。 挨拶後すぐに会議の内容を話すのは唐突な印象を受けますが「早速ですが…」とワンクッション置けば、参加者はこれからの会議に向けて気持ちを引き締めることができます。 起こし言葉の一つ 早速ですがは『起こし言葉』の一つです。 起こし言葉とは、用件に入るときの起辞のことで「この後が本文です」という合図になります。 たとえば、手紙は頭語からはじまり、時候の挨拶や日頃の感謝などを述べる『前文』がきます。 次に手紙の核心となる『主文』が続きますが、主文に入る前に、起こし言葉でワンクッション置くと文章の流れがより自然になるのです。 起こし言葉は、早速ですがのほかに、さて・ところで・実は・このたび・突然ですが・かねて申しましたようになどが挙げられるでしょう。 手紙やメールなどの書面はもちろん、話の流れをよりスムーズにするために会話の中でも頻繁に使われています。 早速ですがを使う場面 家族や親しい友達との会話で「早速ですが」が登場するケースは稀でしょう。 時間や手間を省略するための言葉なので、主にビジネスシーンや手紙の中で使われます。 プレゼンなどに 早速ですがは、ただち・すぐの意味を表す『早速』と逆説を表す『ですが』から成り立っています。 直訳すれば「すぐにやらせてもらいますが」となり「(説明や挨拶を省き)すぐに話を進めることをお許しください」という相手の了承を得るニュアンスが含まれています。 プレゼンテーションや会議は、時間配分が決まっているため、挨拶や前置きで長々と時間を費やすことは許されません。 自己紹介や挨拶を簡単に済ませた後に「早速ですが…」と本題に入るのが好ましいでしょう。 早速ですが、今月の受注状況につきご報告いたします。 ・本日はお忙しい中お集まりいただき誠にありがとうございます。 早速ですが、本日は弊社の〇〇という新商品を紹介したいと思います。 商談や依頼に 商談では、最初に軽い自己紹介と挨拶をしてから本題に入るのがマナーです。 しかし、「時は金なり」のビジネスの世界では、相手への世辞はそこそこにすぐに商談に入らなければなりません。 早速ですがは長々とした話を省く目的があり、相手に交渉開始を知らせる合図ともいえます。 また、相手に何か依頼を受けている場合は「早速ですが、前回ご依頼いただいた…」と話をはじめるとスムーズです。 早速ですが、交流会の案内状を拝読いたしました。 ・長らくご連絡を怠り深くお詫び申し上げます。 早速ですが、本日は大学の同窓会の件でお便りを差し上げました。 早速ですがの使い方 時間や手間を省き、交渉開始の合図にもなる言葉ですが、シチュエーションによっては相応しくない場合もあります。 注意点を確認し、相手に失礼のない使い方を心がけましょう。 目上の人にも使える 早速ですがは、目上の人にも違和感なく使えるクッション言葉の一つです。 敬語ではありませんが、逆説の「ですが」が「失礼ですがお許しください」の意味を添えるため、相手に配慮した言葉ともいえます。 会議や報告など、上司や目上の人がいるシチュエーションでも頻繁に使われており、すぐに本題に入るよりも話の流れが自然になるでしょう。 なお、社長や重役が参加する重要な会議や商談では「早速ではございますが」「早速で恐縮ですが」など、より丁寧な表現が望ましいです。 メールへの使用は避ける 書面における早速ですがは、前置きと本題が明確に分かれている場合に使うのが通常です。 社内の業務メールや取引先とのビジネスメールには「貴社ますますご繁栄のこと…」などのわずらわしい挨拶や前置きがなく、本題のみを簡潔に述べるのが一般的なので、前置きから本題への転換を促す起こし言葉は必要ないといえるでしょう。 逆に、早速ですがからはじまるメールは相手に切羽詰まった印象を与えるため、使用は避けたほうが無難です。 早速ですがの例文 早速ですがが多用されるのは主にビジネスシーンです。 具体的な例文を交えながら使い方を確認しましょう。 早速ですが表題の件について ビジネスメールでは早速ですかの使用は控えたほうが賢明ですが、例外もあります。 「〇〇の件」というメールのタイトル(表題)を受け、そのまま本題に入るときは、話の冒頭に「早速ですが表題の件について…」と一言添えることができます。 早速ですが本題へ入らせていただきます。 早速ですがの類語 日本語の中には、前置きと本題の間のクッションになる類語がたくさんあります。 早速ですががあまり相応しくないと感じるシチュエーションでは、別の類語に置き換えて表現してみましょう。 さて 『さて』は、一つの話が終わり、先の文脈と関係のない話をするときに用いる言葉です。 「さて、話は変わって」と、話題を転換する働きをしています。 早速ですがは、挨拶の後にすぐに使うことができるのに対し、さては前文にある程度のボリュームが必要です。 挨拶の後にすぐ「早速ですが、先日お話したA商品の仕様書を送信いたします」と述べるのはOKですが、「さて、先日お話した…」と続ければ話の流れとして不自然と言わざるを得ないでしょう。 さては、能率重視のビジネスメールよりも、手紙の中で挨拶や前文を述べた後の『切り替え』として使われるケースが多いです。 つきましては、今後のご健勝と益々のご活躍を祈念する気持ちを込めまして、下記の通り送別会を行います。 ・この度の台風により、製造設備の一部に損傷が発生しました。 つきましては、本日から当面の間、受注を停止させていただきます。 ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 ところで 『ところで』は、『さて』と同様に、話題を転換するときに使う表現です。 さてやところでの前にはボリュームのある前置きの文章や話が必要で、早速ですがのように、本題を急に切り出す場面ではあまり使用されません。 また、さては前の話に関係ない別の話題を提案する場合に使われますが、ところでは、前述した話題の流れに従う形で話が転換されるときに使われます。

次の

「のたまう」の意味と使い方・漢字・類語・敬語・現代語|ほざく

雑談 類語

雑談(ざつだん)とは、特にを定めないで気楽にすること。 なお雑談のとして (せけんばなし)ともいうが、こちらは元々形式で伝えられてきたの一形態で、雑談を指していうのは転用である。 また、以降に、の同好の士が寄合で交わした芸談を「雑談( ぞうたん)」という。 雑談のなかで語られた芸の秘訣や苦労話など、有用な談話を書き留めてまとめたものをという。 概要 [ ] 雑談は、特にテーマを定めず、気楽に会話することを指し、でもあまり重要ではない事柄をやり取りする様式のものである。 専ら相互の親睦を深める行為に位置付けられ、元々親しくない間柄では当り障りの無い内容を、親しい間柄では忌憚の無い話題が出ることはあっても、やなどのフィルターを介することで、感情的しこりを残さないよう配慮された内容となる。 一般的に、とりとめのない話である事が多い。 主に雑談は、的な話題を中心に自分や相手に関する身近なテーマが選ばれる。 こういった過程を通して相互の親密度を高め、さらに高次の人間関係を築くための社会的ツールであるとも解される。 また、重要な問題について話す目的がある場合も、その前段階としてまずをし、それから雑談をするところからはいることがままある。 これは人間関係を確認し、互いの気分や立場を探るとともに、それらを落ち着かせる役割が期待される。 なお、やといった曖昧模糊とした「特に明確にされていない集団内における共通認識」が、実際にはこういった雑談の中に織り込まれた様々な会話内にその片鱗を覗かせることもあり、その一方で極小なレベルにおいては、こういった雑談の中でやの並列化が図られていく傾向も見出せる。 脚注 [ ].

次の