スベクヒャン。 「帝王の娘 スベクヒャン」のあらすじ|韓流No.1 チャンネル

百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69

スベクヒャン

「 帝王の娘スベクヒャン 守百香 -概要-BS朝日で放送中!あらすじや全話・相関図を最終回までお届けいたします。 一緒にいられる喜びをかみしめています。 そしてソルヒはというとチンムといる時間が増えていった。 ユン王は二人のことが気になって仕方がない… とうとうユンは、チンムに対してスペクヒャンとの関係を 指摘してしまうのだった。 ユン王の目を盗んでスペクヒャンに会いに行くチンム。 ミョンノンとソルランは気持ちは通じた物の、 ミョンノンは王室の物でソルランは仕えている立場。 よってソルランには任務がかせられることも… ユン王はソルランが危険な任務に出向く事になるのをとても心配している。 トリムはスペクヒャンの事を不審に思うようになる。 そもそもヘ・ネスクがソルヒに違和感を覚えたのが始まりだった。 しかしスペクヒャンについて聞いても、ナウンは何も言おうとはしなかった。 今日の感想 チンムはスペクヒャンの事が好きなのかな!? ユン王は、自分の娘だと思っているソルヒと、 実は本当の自分の息子であるチンムが交際に至る事になればと 心配に思っているんですよね… ユン王もまだ何も知らないけど、本当に心配すべき二人は ソルランとミョンノンだったりするのですが。 この四人の恋愛模様と、隠された真実が今後気になる所ですね。 ドラマ一覧•

次の

韓ドラ☆ 帝王の娘 スベクヒャン(BSテレ東)の番組情報ページ

スベクヒャン

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-全話一覧 下 -あらすじ-動画-キャスト-日本語-人気-ネタバレ-画像-BS-OST-最終回まで 「帝王の娘スベクヒャン」の 全話一覧 下 となっております。 ー 帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の 運命が交錯するー 〜三国時代を舞台に繰り広げられる切ない 愛の結末は・・・。 「善徳女王」「トンイ」に続く、 絢爛豪華な大型ロマンス時代劇!〜 時は6世紀の百歳(ペクチェ)。 第24代王・東城(トンソン)王の治世末期ー。 加林(カリム)城の主ペク・カの娘・チェファは、 王の従兄弟のユンと密かに情を通じ子を身籠っていた。 その頃、ペク・カは東城王に屈辱を受け怒りを募らせる。 そして娘とユンの関係を知り、これを利用できないか考えていた。 ユンの側近であるヘ・ネスクから「ユンも東城王を憎んでいる」と聞いた ペク・カは密かに王を討つ計画を実行する。 これに激怒したユンはペク・カを自裁に追い込む。 ネスクはチェファがユンの子を宿していると知るが、彼を王にするため秘密にする。 そしてユンにはチェファが命を落としたと伝える。 ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側から離れないチェファを家臣のクチョンが助け、 伽耶(カヤ)へ逃げる。 そこで女児を出産し「ソルラン」と名付ける。 一方、ユンは第25代王・武寧(ムリョン)王に即位する。 そして「息子を守ってほしい」という東城王の遺言にしたがい、 自分の息子と彼の息子を入れ替え側に置き、王位につけようと企む。 時は流れ、チェファとクチョンの間に生まれた「ソルヒ」は、 異父姉ソルランが武寧王の娘だと知り彼女に成り済まそうと考える。

次の

TVh テレビ北海道

スベクヒャン

第25代東城王の時代。 加林城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄・ユンと密かに恋仲となり、彼の子を身ごもっていた。 しかし、度々戦地に赴いていたユンはそのことを知らなかった。 そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクにそそのかされたチェファの父ペク・カは、東城王の暗殺を実行する。 激怒したユンはペク・カを自害に追い込む。 そして、ユンはチェファも死んだと思い込み、第25代王に即位したのであった。 ところが、ペク・カの家来クチョンに助けられたチェファは生きていた。 彼女はユンの娘ソルランを産み、その後、クチョンとの間に娘ソルヒをもうける。 時がたち、異父姉ソルランが武寧王(=ユン)の娘だと知ったソルヒは、姉になりすまして王女になる野望を抱く。 一方、自分の身分を知らないソルランはいなくなった妹を探すが・・・。 『帝王の娘 スベクヒャン』 C 2013-4 MBC 『テワンセジョン』 C KBS Media. All rights reserved. C 2008 KBS Media All rights reserved 『薯童謠 ソドンヨ』 C SBS Productions Inc. 『大祚榮 テジョヨン』 C KBS 『Dr.

次の