教授 課題 提出 メール。 教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説|#タウンワークマガジン

大学教授へのメールの書き方と例文。返信する時のマナー

教授 課題 提出 メール

大学生になって教授にメールをする機会がでてきました。 失礼のないように教授にメールを送る時の書き方を教えてください。 (大学1年生・男性) 大学生活おいて必ず、資料の提出や報告などで教授とメールする機会はあります。 そこできちんとしたメールを書けないと教授からあなたの印象が悪くなってしまいますね。 教授に失礼のないメールを書くのは必須のスキルです。 また、教授の元へは毎日膨大な量のメールを方々から送られてきます。 普段のメールの感覚で件名なしで送ってしまったり、 脈絡のない文章や要点のわからない文章で送ってしまうと見過ごされる危険もあります。 そこで今回は、教授に出すメールの書き方をご紹介します。 com メールの全体の流れ まずは、全体の流れを見てみましょう。 一般的に、教授にメールする際に時候の挨拶は省いていいと思います。 久しぶりにメールをして、ちょっと大きな頼みごとなどをする際は、時候の挨拶を書いた後で「いかがお過ごしでしょうか」などと続ける方が無難です。 教授に自分を知られていない時は、 簡単な自己紹介をしましょう。 例 「お手数をお掛けして申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます」 また、返信が必要な場合、 「お手すきの時にご返信いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします」 などと書くのが無難です。

次の

大学生必見!大学教授へのメールの書き方まとめ

教授 課題 提出 メール

教授の住所や電話番号が大学の教職員名簿に記載されていたこともありましたが、現在ではそれは個人情報として、一般には公開されていません。 そのかわりに、オフィスアワーというものが設定されていて、週に1度その時間に教授の研究室に行くと教授に会って話ができることになっています。 しかし今すぐに教授と連絡をとりたいという場合、オフィスアワーまで待っていられません。 またその時間に他の学生も来るので、順番が回ってくるまで待たなくてはならないこともあります。 それに会って話すほどのことではないということもあります。 そんなとき手持ちのスマホから教授にメールができたらいいのですが、教授にメールをしていいのでしょうか。 教授に電話をかけてもいい? 以前は履修要項などに教授の住所や電話番号も掲載されていました。 現在では個人情報保護の考えが一般的ですので、そのような名簿は公開されていません。 しかし、電話帳などで教授の自宅の電話番号を調べることは可能です。 スマホが身近なものになった現代でも、電話は手近な連絡手段であることにかわりはありません。 しかし、電話をかけるということは、相手を電話口に呼び出すということですから、場合によっては失礼になってしまいます。 相手が教授の場合は、自宅で研究をされていることもありますので、たとえ電話番号がわかったとしても電話をかけてはいけません。 メールならば、教授の都合で見ることができますので、教授への連絡にメールを使うのが最適です。 事務室に教授への伝言をお願いする 個人情報保護の観点から、事務室で教授の住所や電話番号を聞いても教えてくれません。 ただし、事務室はあなたが教授に伝えたいことを伝言してくれます。 しかし「私に連絡をください」などというような伝言はダメです。 書面に書くということは、それなりにきちんとしたものでなくてはなりませんから、気軽に教授と連絡がとれるというものではありません。 それに、その書面がいつ教授の手元に届くのかわかりませんし、ほかの書類と紛れてしまうこともあります。 書面でこちらの意向を享受に伝えるよりは、教授へのメールのほうが簡単です。 教授に手紙かメール、どっちがいい? メールには必ず「件名」を記入する部分があります。 これに何も書かないでメールを送ると「(件名なし)」という表示でメールが送られてしまいます。 いろいろな迷惑メールが飛びかっている現在、教授へのメールでこれは避けてください。 教授に対して失礼になるだけではなく、読まれることなく削除されてしまうこともあります。 では、ここに何を書けばいいのでしょうか。 たった1行ですから、そんなに多くのことは書けません。 最初のメールのときには、学籍番号と名前をきちんと書いて、誰からのメールなのかをはっきりさせる必要があります。 また教授は、他の大学でも教えておられることでしょうから、所属大学・学部・学科・学年などの情報も添えておくといいでしょう。 教授に用件を伝えるためのメールのマナーを学びましょう 体調をこわしたために授業を休んでしまうこともあります。 大学の授業では、教授の講義を聞くだけのこともありますが、学生に分担が回ってきて発表することもあります。 自分が発表をする番だったのに欠席したらとても迷惑になります。 そのことを謝罪するとともに、「ずる休み」ではなかったことをきちんと伝えておきましょう。 当日高熱が出てしまい、どうしても出席することができませんでした。 」 質問 大学での勉強は、教授の話を聞いてそれを丸暗記すればいいというものではありません。 そこから何か啓発されて、自分でいろいろ調べてみる必要があります。 そうすると、いろいろな疑問点とぶつかることがあります。 そんなとき、教授にメールで質問をすれば、あなたに対する教授の評価もあがります。 先生にひとつ質問したいことがありまして、失礼とは存じながらメールをいたしました。 先生が授業でおっしゃったことについていろいろ調べてみたいと思うのですが、どの文献から読みはじめたらいいのか、お教えください。 」 挨拶 大学でいろいろ学んでみてさらに勉強を続けたいと思ったら、大学院で学ぶのがいいでしょう。 大学院では学部より学生数も少ないので教授とより親密になってより深く学問を学ぶことができます。 しかしそのためには、大学院で指導を受ける教授とのコンタクトが大切になりますので、大学院受験を考えたら指導教授にしたい教授にメールでその意志を早めに伝えておきましょう。 少し以前から、大学院に入学して先生のご指導をさらに受けたいという気になってきました。 」 留学 留学にはいろいろな方法がありますが、あなたが指導を受けている教授にうかがって、留学先の先生を紹介してもらうのが一番です。 ただしその際は、自分が留学先で何を学びたいのかをはっきりさせておく必要があります。 まずはメールで教授にあなたの意志を伝えてみてください。 先生のもとでいろいろ勉強していて、外国の大学でこのことについてさらに別の角度から学ぶことができないかと考えるようになりました。 」 あなたのメールが失礼なものだったり、返事する価値もないようなものだったりしたら、教授は返信してくださらないでしょう。 しかし、研究と教育が大学教授の重要な仕事ですから、学生からの真面目なメールに対しては、教授から返信があります。 教授からの返信を受けとったら、かならずあなたのメールに答えてくださったことに対するお礼のメールを出してください。 ご丁寧にお答えくださり、感謝しております。 またこれからもなにかと先生にはメールでいろいろなことをお伺いしたく存じます。

次の

大学教授へのメールの書き方と例文。返信する時のマナー

教授 課題 提出 メール

教授へのメールは携帯メールでは送らない メールはちゃんとしたプロバイダのアドレスで出すべきです。 大学からOOO@OO. OOO. jpというアドレスをもらっているはずですので、そこから出しましょう。 それが出来ない場合でもせめてGメールやyahooメールにして下さい。 もしどうしてもやむを得ない事情があって携帯電話からメールする場合は、出来ればその事情を説明して失礼をお詫びするようにして下さい。 そしてかならず忘れてはいけないのが、PCから返信されてくるメールをきちんと受信出来るようにしておくことです。 迷惑メールが来ないように受信設定をしている人は多いと思いますが、その設定を変えないままにしていて、教授からの返信を拒否したら非常に失礼に当たりますし、重要な連絡が取れないなんてことにもなってしまいます。 たくさんの迷惑メールを受信することになって煩雑になると思います。 その中から教授の返信を探すのも大変ですし、時間も取られます。 ですから携帯からメールを出すのはトラブルの元になります。 教授へメールを送る際はまずメールソフトの名前を設定する メールソフトで自分の名前は必ず設定しておいて下さい。 アドレスだけでは誰からのメールか分かりません。 携帯メールの場合は自動的にアドレスから電話帳の名前に変えてくれますが、パソコンの場合はそうではないので、パソコンでやりとりする場合はちゃんと設定しておいて下さい。 教員は学生からメールをもらっても、アドレスを見ても誰なのか分かりません。 またアドレスにも気をつけて下さい。 例えばegurin-love-love example. comなんてアドレスは友達同士でやりとりするメールなら構わないでしょうが、教授に宛てたメールを出すにはどう考えても不適当です。 アドレスに自分の名前を使っている人は多いと思いますが、中には何らかの事情で使いたくない人もいると思います。 またdocomoは名前を設定出来ないようになっています。 ですから教授との連絡用など、専用のアカウントを取得しておくのがいいと思います。 Gメールやyahooメールのアカウントを取得しておけばいいでしょう。 教授へ送るメールの流れ まず内容を簡単に要約した件名をつけて下さい。 「期末試験についての質問」とか、「来週のゼミの予定について」とかどんな要件か分かるようにして下さい。 そして本文はいきなり要件に入るのは失礼ですから、最初にきちんと挨拶文を書いて下さい。 会ったことのない先生なら、「初めてメールを差し上げます」などと書きます。 知っている先生なら、「いつもお世話になっています」などとあまり形式張らなくてもいいですので書いて下さい。 内容は余計なことは言わずに出来るだけ簡潔にして下さい。 また適当に改行や空行を入れて読みやすいように工夫して下さい。 何か頼み事をする場合は、自分の都合を一方的に押しつけるのではなく、相手の都合にも必ず配慮しましょう。 最後には締めの文を入れますが、「なにとぞよろしくお願い申し上げます」「誠に恐縮ですが、ご返信をお願いいたします」など、丁寧な文言にして相手にいい印象を持ってもらいましょう。 メールの良くない例と正しい例 よいメールと悪いメールの例を挙げてみましょう。 悪い例: subject 文学部人文学科 99232099 田中孝 signed-by yahoo. jp 文学部人文学科 99232099 田中孝です。 大西先生のゼミ室に31日に集合とのことでしたが、当日は企業の説明会が入ってしまい、ゼミ室にいけなくなりました。 どうすればいいですか? 良い例: subject ゼミ室集合について 大西先生 お世話になっております。 文学部人文学科3年の田中孝です。 大西先生のゼミ室に31日集合とのことでしたが、当日に企業説明会が入ってしまい、ゼミ室に行けなくなりました。 大変申し訳ありませんが、別な日に伺いたいと思います。 いつお伺いすればいいか改めてご指示をいただければ有り難いです。 どうかよろしくお願いいたします。 ——— 早稲田大学 文学部 人文学科 3年生 田中孝 悪い例ではまず件名が意味不明ですね。 そして「お世話になっております」といった挨拶文が抜けています。 そして自分の都合だけで相手の都合について配慮がありません。 そして締めの文がなく、自分が誰なのかちゃんと名乗っていません。 教授に英語のメールを送る際の注意事項 大学教授をの敬称は「Professor」です。 普段から「Mr. 」と呼んでいる場合など例外はありますが、「Professor」を「Mr. 」と呼ぶのは基本的に失礼に当たります。 で構わないと分かっている場合以外は必ず「Prefessor」とつけて下さい。 称号として使う場合文の途中であっても先頭のPは大文字にします。 「Professor Richardson」のようにです。 また称号として使う場合は「Prof. 」と略すことはしません。 英語のメールでは書き出しの一行を頭語と言いますが、そこに相手の名前を入れます。 「Dear Professor Woodruff」とか「Hello Professor Woodruff」「Hi Professor Woodruff」というようにします。 「Dear」を使うのがフォーマルな書き方で、「Hello」や「Hi」などはややくだけた言い方になります。 締めくくりの文は結語と言います。 学生が教授に宛てたメールで使う場合は、「Sincerely」「Regards」「Best wishes」「Yours」などを使えばいいと思います。 検索: 今日の人気記事• 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 紫外線の影響を防いで健康的に肌を焼くための日焼けオイル。 市販の日焼けオイルしかその効果はないと思ってい... ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... 心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 親としては子供が「心臓が痛い」と言われるとびっく... がんの検査として使われている物の中に腫瘍マーカーというものがあります。 この腫瘍マーカーの数値が高ければ... 喉の奥に違和感を感じたこと、誰にでもありますよね。 よくあるのは、風邪をひいてしまった時や食べ物が喉に詰... 医療と福祉にはどんな違いがあって私たちの社会とどうかかわっているのでしょうか?今回は医療と福祉の違いと... 何の前触れもなく突然身体に現れて、時間がたつと跡形もなく消えてしまう蕁麻疹。 今回はそんな蕁麻疹の原因と対処法を... 必死に受験勉強をして入った念願の大学。 でも、いざ入ってみたら今までと全然違って勉強の仕方が全然わからな... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の