ノーサイドゲーム あらすじ ネタバレ。 『ノーサイド・ゲーム』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

「ノーサイドゲーム」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|池井戸潤

ノーサイドゲーム あらすじ ネタバレ

カザマ商事の買収金額は 1,000億円! 「いくらなんでも高すぎる!」と君嶋が反発し、買収計画がとん挫したことで、2人は対立関係になっていました。 なぜか歴代の総務部長は、 ラグビー部(アストロズ)の ゼネラルマネジャー(GM)も兼任するのが通例でした。 もちろん君嶋はラグビーなんて未経験のド素人です…。 廃部にならない理由は、トキワ自動車の 社長 島本博(西郷輝彦)が、心底ラグビーを愛しているから。 まずは地域の人々にラグビーに興味を持ってもらい、試合の観客動員数を増やさなくてはなりません。 地元密着型のチームを作るために、選手たちは休日返上でボランティア活動に励む! ジュニアチームを作り、未来のラグビー選手を育てる! 顧客データを収集分析し、新たなマーケティングに繋げて黒字化する! これらの地道な努力が、やがて功を奏することになります。 アストロズには関係なさそうだけど、サラリーマン君嶋にとっては、会社の存続に関わる 超重要な問題です! 君嶋は本社にいた頃の直属の上司 脇坂賢治(石川禅)から連絡があり、 「経営戦略室に戻ってこないか?」と誘われます。 本社に戻れるなんて思ってもみなかった大チャンス! しかし、君嶋のアストロズにかける想いは強く、脇坂の誘いを断ってしまいます。 買収に向けて話が進む中、君嶋は聞き捨てならないウワサを耳にします…。 ウワサの出所は、トキワ自動車研究所の 星野信輝(入江勘儀)という男。 星野は横浜工科大学の 森下章市という教授から頼まれて、カザマ商事のバンカーオイルを分析したところ、 船舶エンジンのトラブルを引き起こす可能性が認められたのです。 この 白水船舶にバンカーオイルを納品していたのが、カザマ商事だったのです! 事故の原因がカザマ商事のバンカーオイルだと認められれば、損害賠償が請求されるのは確実。 こんな爆弾を抱えた商社を買収しては、トキワ自動車も損害を被ることになりかねません。 君嶋はこの事実を突き止めるために立ち上がります! 直接、森下教授のもとを訪れた君嶋は、森下から 「事故との因果関係はなし!買収を進めても大丈夫!」と伝えられます。 森下と星野の分析では クロだと判明したはずが、森下は白水船舶側にも シロだと回答していました。 君嶋の手柄を横取りした脇坂は、 常務取締役へ昇格。 社内で勢力をつけた脇坂は、赤字の温床アストロズを本気で潰しにかかります! アストロズに対して厳しくも正論で諭してきた滝川とは違い、脇坂はガチで廃部に追い込む 真の天敵となります。 新生アストロズの快進撃! 本日発表になりました新キャストの さん。 トキワ自動車本社海外事業部所属の帰国子女・七尾圭太を演じます。 リーグに参加するためには、協会に毎年 1,500万円を支払わなければならず、チケットの売り上げも協会のものとなります。 もちろん君嶋は、このふざけた組織も改善すべく、たった1人で立ち向かって行きます! 君嶋の戦略が功を奏し、アストロズの試合は満員御礼の大盛況に。 ファンクラブの会員数は 25,000人! SNSのフォロワーは 10万人以上! ホームページを開設し、協会から安く仕入れたチケットを販売することで収益化。 君嶋の地道な努力によって、日本ラグビー界全体が少しずつよい方向へと向かって行くのでした。 滝川との和解 君嶋はアストロズの試合を見にきた滝川と久々に再会します。 カザマ商事の隠ぺい工作の件で、君嶋が風間の 銀行口座の明細まで調べたのは感服した。 君嶋を工場へ飛ばしたのは自分ではない。 君嶋は経営戦略室に必要な人材だ。 銀行口座の明細(通帳のコピー)なんぞ、提出した覚えはありません。 しかも君嶋を左遷したのは滝川ではないという衝撃の新事実が…!? 【ノーサイド・ゲーム】最終回の結末ネタバレ 脇坂が本気でアストロズを潰しにかかるなら、どんな手を使ってでもアストロズを守る! 君嶋は徹底的に戦うことを選手たちに誓いました。 脇坂と風間は高校時代の同級生で、 滝川と風間は大学時代の同級生。 大学時代に 貧乏学生だった滝川は、金持ちの風間に見下され、散々悔しい思いをしてきました…。 買収計画の裏側には 「風間を見返してやりたい!」という、滝川の私情が絡んでいたのです。 風間は父親が作った会社をそのまま引き継ぎ、経営なんてまったくやる気ゼロ…。 さっさと売却して隠居生活を送りたいと考えていました。 高校の同窓会で脇坂と再会した風間は、酔った勢いで脇坂に 「会社を売却したい」と話したところ、 「それなら滝川に持ちかけてみろ!」という展開になったワケです。 森下教授に3億円の賄賂を渡したのも、買収価格を800億円に値下げしたのも、ぜーーんぶ脇坂が風間に指示したこと。 風間を利用して滝川をおとしいれ、自身が出世するためのシナリオ。 邪魔な君嶋を工場へ飛ばしたのも脇坂です! いよいよ取締役会では、脇坂からアストロズの予算半減と、プラチナリーグ離脱が提案されました。 絶体絶命のピンチという場面で、君嶋は必死にアストロズの存在意義を訴えかけた結果、またも島本社長が味方となり、来期もどうにかチームが存続することに決定。 もう言い逃れはできません。 脇坂 完敗…orz 脇坂が滝川にやった仕打ちを、そっくりそのまま脇坂にやり返す君嶋。 木戸は君嶋の改革案をもとに、今後の方針を提案。 そして 会長の解任を要求、 賛成多数で承認され、めでたく老害は葬り去られましたw ここから協会は木戸の指揮のもと、一気に改革を進めていきます! アストロズは優勝できるのか!? プラチナリーグ決勝戦! カンファレンス全勝同士の アストロズ VS サイクロンズの戦い。 アストロズの控室では、君嶋のサプライズで、地元のファンからビデオメッセージを用意していました。 選手たちがボランティアで訪れた小学校や、病院、老人ホーム、商店街の人々、そしてジュニアアストロズの子供たちも。 熱い応援メッセージに心打たれ、涙する選手たち。 『アストロズ 絶対優勝するぞ!』 試合はまさに息の詰まる攻防戦。 サイクロンズ優勢で進み、アストロズは窮地に追い込まれます…。 しかし、後半の土壇場から巻き返し、まさかの逆転トライ! 七尾が冷静にコンバージョンキックを決め試合終了。 アストロズの部長職を引き継ぐ。 日本蹴球協会の理事に就任! 新GMには、昨シーズンで引退を表明した 浜畑譲(廣瀬俊朗)が就任しました。 アナリストとしてチームを支え続けた 佐倉多英(笹本玲奈)は係長に昇格。 金融子会社の社長として活躍している滝川は、いずれ本社に戻り、 島本社長の後任になるだろうと、君嶋は予想していました。 悪事に手を染めた風間社長と森下教授は 刑事罰を問われるだろう。 脇坂は役職を解かれ、 特別背任罪で告訴されるかも!?という状況に追い込まれていました。 スポンサーリンク 【ノーサイド・ゲーム】最終回の結末 まとめと感想 君嶋の2年数ヵ月にわたるGMとしての仕事も無事に終了。 ラグビーなんてまるで興味のなかったサラリーマンが、たったの2年でおどろくべき快進撃を繰り広げました! アストロズを優勝に導く 横浜工場の総務部長(アストロズGM)から、本社の経営戦略室長に返り咲く 日本蹴球協会の理事に就任し、プラチナリーグ運営の改善に取り組む 滝川は天敵ではなく、脇坂こそ真の極悪人だと暴く 例えラグビーはド素人でも、経営のプロである君嶋だからこそ成しえた偉業です! 君嶋はいつだってサラリーマンとして、会社のために 誠心誠意尽くしてきました。 脇坂や風間の悪事を暴いたのも、決して誰かをおとしいれたり、自身が出世するための手段ではなく、すべては会社を守るためです。 そしてGMとして、愛するアストロズを守るため。 欲にまみれたあくどい連中は無残な末路を迎え、君嶋の正義が正しかったことが証明されました。 アストロズも激闘の末、どうにか優勝を勝ち取り、なんとも 清々しく感動的なラストとなりました。 わたしは今年からラグビーファンになった初心者ですが、ラグビーにまったく興味のない人でも楽しめる作品であることは間違いないです。 この作品で描かれている企業ラグビーの実態が真実ならば、絶対に改善すべき大問題です! 日本のラグビーが、野球やサッカーのように愛され、発展していくことを願っています。

次の

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』

ノーサイドゲーム あらすじ ネタバレ

始まりは左遷!? 今日も朝から絶賛撮影中です📹 本日、 さんの出演が発表になりました😄 さん演じる君嶋が務める大手自動車メーカー『トキワ自動車』社長・島本博。 そんな君嶋の天敵である滝川桂一郎は営業部の長で常務取締役として出世街道驀進中の男です。 今回もその滝川とカザマ商事の買収の案件で揉めていた。 君嶋は 納得のいかないものとは徹底的に戦うことを信条としており常務取締役であろうと会社の不利益になることは断固として反対する姿勢を崩さなかった。 その熱意は社長にも伝わりカザマ商事の買収は否決に終わります。 しかしその報復としてラグビー部GM兼工場勤務というポストに左遷されてしまいます。 アストロズは毎年14億円の負債を垂れ流すお荷物のような存在で、会社内では煙たがられていた。 唯一の理解者である社長の一存で存続するアストロズだが、社長の退任も囁かれ滝川派閥が大きくなることで規模縮小の真っただ中にいた。 しかし どん底に沈む自分とひたむきに頑張るアストロズのメンバーの思いを重ね 一緒に戦うことを誓う。 まずは結果を!! 優勝してみせろ まずは優勝を目指すために優秀な監督を探す君嶋は経営戦略室時代のやり方でアストロズを導いていく。 柴門は名門大学を3連覇に導く手腕を持っていたが、新しいものを次々に取り入れ悪しき伝統を壊していく姿勢が、OBには良く映らず津田から 更迭される形で辞任していた。 そんな柴門は実は君嶋の大学時代の大学時代の同級生だった。 しかし光と影のような存在で交わりあうことがなかったが、今回2人の思いが合致し力を合わせることになった。 「アストロズは任せた。 だから、グラウンド外の戦いは俺に任せろ。 」 柴門の影響でチームはドンドン進化しプラチナリーグの公式戦も連勝を重ねていく。 しかし チームの弱点である選手層の薄さが徐々に見え始めていた。 そしてライバルの津田が指揮する優勝候補のサイクロンズとの大一番迎えることに... ファンを作るため、ラグビー教室を開催したり、ボランティアに協力したり地元密着を打ち出していたアストロズ。 その効果もあり開幕戦は会場が満員になる賑わいを見せていた。 しかしそれとは裏腹にアウェイの地方選にまで足を運んでくれるファンは少なく空席が目立っていた。 アストロズの改革は徐々に成功を収めているものの、プラチナリーグ全体に効果を及ぼすまでには至っていないのだ。 君嶋はそのプラチナリーグを運営する蹴球協会にもアストロズをモデルとした意見書を提出しラグビー界全体を変えようと動くが、 ラグビーは伝統を重んじる高貴なスポーツであり興行の道具ではないと拒絶される。 しかし柴門はこの君嶋の動きを評価している。 素人のお前だからこそ変えられるかも 優勝決定戦に敗北... アストロズの柴門監督と、サイクロンズの津田監督。 最終戦がサイクロンズとアストロズの優勝決定戦となったのだ。 今年の プラチナリーグは1強15弱と言われサイクロンズは化け物のような存在だった。 そんなサイクロンズとの一戦に向けて「リロード」の強化と飛び道具の七尾圭太 眞栄田郷敦 の加入を準備していた。 七尾は間に合わない。 そしてこの大一番を前に柴門はサイクロンズの監督である津田に宣戦布告する。 大先輩である、津田さんに失礼のないよう、全力で徹底的に叩き潰します。 ・・・ 私は私のやり方でアストロズを導いてきました。 ラグビーは常に進化しています。 伝統にとらわれていては強くはなりません。 私が目指すのは理論に基づいた攻撃的なラグビーです。 そのラグビーでねじ伏せ、サイクロンズを叩きのめします。 ・・・ 津田監督には大変お世話になりました。 勝つことが最上の礼儀だと思っています。 答えは全てグラウンドで出します。 サイクロンズ対アストロズは序盤にまさかのトライを許し独走を許すが、その後は一進一退の試合展開が続く。 しかし力の差は歴然だった・・・ そして後半開始に日本代表の里村に代えて佐々を出場させる。 佐々の出場で息を吹き返したアストロズは後半に猛攻を仕掛け17ー21の4点差まで詰め寄る。 ラストプレーでトライを決めるも... 足が先に出ていたと判断されノートライに終わる。 アストロズは負けを味わうことになる。 1シーズン目はプラチナリーグ第2位で終える... 後半戦開幕!! 2年目のシーズンに君嶋はいない? アストロズが優勝を逃したものの予算案では社長の一声で存続が決定される。 しかし 君嶋は脇坂の計らいで本社に戻ることができるようになる。 それでも君嶋はアストロズで何かを成し遂げるまでは本社に戻れないと断りを入れる。 アストロズと共に戦い、勝ったうえで本社に戻ります。 サイクロンズの罠が... 昨シーズンあと一歩のところまで追いつめられたアストロズの津田 渡辺裕之 と鍵原 松尾諭 はアストロズに罠を仕掛けていた。 それはなんと アストロズの中心選手である浜畑と里村の引き抜きだった。 それでも浜畑は誘いを断る。 「今の俺の夢はアストロズで優勝することなんです。 おれはあいつらと一緒に戦います。 アストロズ日本代表になりますわ。 」 しかし 里村はサイクロンズに行くことを決断する。 君嶋は移籍承諾書を出さないことで里村を1年間プレミアリーグに出場させないと言うカードを持っていた。 しかし徹を中心としたアストロズメンバーは移籍承諾書の発行を君嶋に申し出る。 熱い思いに動かされた君嶋は移籍承諾書を餞別に送る。 別れがあったが、柴門は佐々に大きな期待を寄せていた。 スタメンを勝ち取れ - 2019年 8月月25日午前4時55分PDT 救世主として現れた七尾だったが、スタミナ不足を露呈していた。 しかしそれは怪我していた右ひざをかばってのことだった。 その問題にいち早く気が付いた浜畑は七尾にアドバイスを送る。 ハリ治療の効果もあり本来の調子を取り戻した七尾は部内試合でもハツラツとしたプレーを見せる。 正々堂々と戦う姿は見るものを夢中にさせ観客は言葉を失う。 スタメンの10番に選ばれたんは浜畑ではなく 七尾だった。 前回の1,000億円から200億円下がった800億円での買収になると言う。 君嶋も800億円なら問題はクリアしていると考えるが、カザマ商事の風間と滝川が大学の同期だということに気が付く。 ただならぬ関係の裏に何かしらの企みがあると考えた君嶋は調査に動く。 それでも デューデリジェンスが問題なく進み、買収が大詰めを迎え社長の座が射程圏内に入る。 カザマ商事の買収のポイント - 2019年 7月月7日午前2時59分PDT 6話で岸和田の同僚で研究職の星野からカザマ商事のM&Aに待ったの声が... その理由はバンガーオイルと呼ばれる船舶のガソリンのようなものだった。 白水商船のタンカーがイギリス沖で座礁し大量の原油流出を起こし深刻な環境問題を招いたことから巨額の損害賠償を求められている訴訟が発生していた。 なんとその 原因 とカザマ商事から仕入れたバンガーオイルに 因果関係があるという。 白水商船は半年前からエンジントラブルが発生しその原因を調べるために横浜工科大学の森下教授に調査依頼をしたと言う。 その森下ゼミの卒業生である星野は調査を一部手伝っていたそうだ... このバンガーオイルについて君嶋は調査することになる。 トキワ自動車研究所の星野が調べたのは、やはりカザマ商事が仕入れて取り扱っていたバンガーオイルだった。 そのお金の使い道は 娘の手術費用だった。 その取引を実行したのは熱い男である青野だった。 怪我で途方に暮れていた時に風間社長の先代に拾ってもらいその恩を返していたのだ。 しかしアストロズの試合を見た青野は自供する。 「私も彼らに恥じない自分でありたい。 私の知っている全てをお話しします。 」 詳しくはこちらの記事で解説しています。 これでいいのか!? 滝川を追い込む一手 カザマ商事の買収が役員会議で最終決定が下りる最後の最後で君嶋が現れる。 脇坂のはからいで君嶋はこれまでの経緯を説明し、風間社長の悪行を暴いていく。 滝川は悪行を暴けなかった責任を問われ子会社へ出向することになり、脇坂は会社の救世主として常務取締役に就任する。 総務部のトップになった脇坂は立役者である君嶋に ラグビー部の予算縮小 半分 を提言する。 「あんなお荷物集団... これは負け試合だ。 ラグビーなんて馬鹿げた遊びに付き合っているほど暇じゃない少なくても私はね。 」 天敵滝川がいなくなって、真の敵である脇坂が現れる... 2年目のプラチナリーグはアストロズか?サイクロンズか? 全勝のアストロズとサイクロンズを1敗でブレイブスを追う展開となった。 それでも脇坂は「だから何?ただのマイナーのスポーツ大会だろ」と切り捨てる。 優勝しても予算縮小は避けられないという 絶望的な状況に追い込まれることに... アストロズのメンバーに打ち明けるも心配するなと逆に君嶋が励まされる。 最終戦の前に当たった宿敵ブレイブスから勝利を収めたアストロズ。 そのスタンドで滝川を発見する。 滝川は買収騒動の一件で左遷されたにもかかわらず、君嶋の調査力を誉める。 君嶋も滝川にはラグビー部に対して愛情があり フェアだったと認める。 そんな話の中で君嶋が用意していなかったはずの風間の口座明細についての話になる。 君を府中工場に飛ばしたのは私じゃない。 君はいつも論敵だったが君のような人材こそ経営戦略室に必要だと常々思っていた。 それは今も変わらない。 全て脇坂の筋書き通りに・・・ 一番信じていた直属の上司である脇坂が敵だったのだ。 脇坂はこの買収を出世ゲームの駒として使っていたのだ。 風間の買収を使って滝川を失脚させることで常務取締役にまで上り詰めたのだ。 この買収問題には何かが隠されていると知った感君嶋は調査することにした。 不審に思い調査したところ 風間社長と脇坂は高校の同級生であることが分かる。 同窓会の際に風間から会社を売りたいという話を聞いて脇坂は滝川に相談してみては?ともちかけたのだ。 つまり 脇坂は最初から風間を使って滝沢を陥れようとしたのだ。 だから最初の段階でも滝沢に手を差し伸べるように意見書を通したのだ。 そして買収に反対していた君嶋は左遷された、 直属の上司である脇坂の手によって・・・ 君嶋のラストゲーム 脇坂が常務に就任してからラグビー部アストロズの 廃部・縮小ムードが強くなっていた。 弱小チームとして低迷していたチームが日々の努力を重ね、遂に優勝争いをしているチームを間近で見ていた君嶋は チームの存続のために戦うと宣言する。 「ラグビーと違って、俺の戦いにルールはない。 結果が全てだと思っている。 お前らのラグビー人生がかかっているんだ。 そのためにオレは、命を懸ける。 お前らひとりひとりのために、応援してくれるファン全員のために、オレも絶対にー勝つ。 」 そして来季の予算会議に挑む・・・ 脇坂の根回しで予算縮小が既定路線の会議ではまたしても社長の一声で満額の予算を得ることになる。 これは君嶋が 脇坂の陰謀を暴き根回ししたからだった。 更迭が確定している役員の意見に同調する役員など一人もいないのだ。 脇坂が仕組んだ事実をコンプライアンス問題として役員会にかけ、隠ぺい問題として処分させる。 脇坂が滝川にしたように、君嶋は脇坂にしっぺ返しを食らわせたのだ。 改革に必要なのは力か?志か? 君嶋は蹴球協会の改革に動いていた。 門前払いをしていたはずの木戸は会長の富永に打診していた。 しかし富永に頭が上がらない木戸はそれ以上動くことが出来なかったのだ。 それでも君嶋や他のGMの熱い思いに動き 富永解任を決定させる。 柴門はここで浜畑を投入するが七尾を残しダブルスタンドオフという 超攻撃的オーダーで勝負に出る。 ドロップキックから点差を縮め、20-26まで詰め寄る。 最後は浜畑から七尾への執念のトライで 勝負を決め後半に大逆転し 優勝を果たす。 フルタイムを迎えたグラウンドは歓喜の雄たけびを上げている勝者の背後には地面に崩れ落ちた力尽きた敗者の姿があるはずだった。 しかし、この試合ではグラウンドに膝をついたサイクロンズの選手を立ち上がらせ握手をし、お互いに肩をたたいて言葉をかけあう姿があった。 これが ノーサイドの精神なのだ。 ラグビーなのだ。 終わってしまえば勝者も敗者もない代わり、終わるまでは徹底的に勝利にこだわって技術と体力、知略の全てを尽くすー その相反する現実を許容するだけの精神性こそ、ここに証明されているものだ。 『アストロズ』の姿を見た日本蹴球教会の専務は悪の根源であった会長を更迭し、君嶋に理事就任を打診する。 経営のプロとして改定案を提出し、ラグビー界の伝統を壊し発展させていくことを近うのだった。 柴門にもまたサイクロンズの監督で因縁の相手だった津田から練習試合の申し込みがあった。 その試合をスタンドから見ていた君嶋の隣には 元天敵の滝川の姿があった。 「中身のない奴が一時の栄華を誇ったとしても、所詮、泡沫 うたかた の夢だ。 君も私も、このチームも、そしてトキワ自動車という会社も、さらにいえばこの日本という国も、あるいは世界の全てがそうだ。 最後には道を過たず、理に適ったものだけが残る。 逆に言えば、道理を外れれば、いつかはしっぺ返しを食らう。 自浄作用がなくなったとき、そのシステムは終わる。 だが、もっと大きなところで、どんどん理不尽がまかり通る世界になっている。 だからこそ、ラグビーというスポーツが必要なんだろう。 『ノーサイド』の精神は日本ラグビーのおとぎ話かもしれないが、 いまのこの世界にこそ、それが必要だと思わないか。 」 もっと細かいネタバレ記事はこちら ノーサイドゲーム名言 このまま終わるのはいやだ。 このまま何の役にもたたず、ただのお荷物になって終るのは嫌だ。 本気でぶつかり続けてくれる君たちと戦いたいと思った。 私と同じくどん底であえぐ君たちと戦いたいと思ったんだ。 上手くいかないことを会社や組織のせいにすることは簡単だ。 でも大事なことはそこから今自分たちに何ができるかなんだよな。 一つ一つなんだよ。 チケット1枚1枚ワンプレーワンプレー、それをひたむきに積み重ねることできっと逆転の目はあるはずだ。 仲間のためにタックルをして、パスを繋いで、チーム全員で結果を出そう。 その時は我々ラグビー部が必要ないなんて誰にも言わせない。 言わせてたまるか。 家族が困ってたら助けるが当然やろ、どこ行っても頑張れよ里村、応援してるで。 人が良すぎる、勝つための戦略として間違っている。 だが、私も賛成だ。 これがアストロズの戦い方だな。 俺は勝つ。 逃げて負けるのが死ぬより嫌や。 分かったら黙ってみとけ 今度は俺の番だ。 彼らはいつも全力で戦ってきてる。 俺も彼らをアストロズを全力で守る。 会長の意見を聞いてるんじゃない。 あなたに聞いてるんです。 基本情報 初回放送:2019年7月7日 放送時間:毎週日曜夜9時~ 主要キャスト:大泉洋、松たか子、上川隆也、中村芝翫.

次の

【感想/あらすじ】ノーサイド・ゲーム/池井戸潤:原作ネタバレ、結末は?

ノーサイドゲーム あらすじ ネタバレ

ノーサイドゲーム2話のあらすじとネタバレ 2話あらすじ トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。 新監督人事が進まないのだ。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。 ない知恵を絞っても始まらない。 君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。 チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。 しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。 そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。 柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。 君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。 それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。 監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。 この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。 君嶋はどうなってしまうのか・・・。 引用:ノーサイドゲーム公式 HP 2話ネタバレ アストロズのGMとなった君嶋は、新監督が決まらず悩んでいた。 ラグビーの経験も知識もない君嶋には、どんな人物がふさわしいのか分からず、家でも溜息ばかりで、真希からやると決めたならしっかりやるように言われるのだった。 君嶋は、これまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練ることにした。 チームを優勝させるには、優勝経験を持つ者を監督にしたいと考えたが、前GMの吉原が残していった候補者では物足りないと感じていた。 そんな時、多英が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門の名を出した。 柴門は大学を三連覇に導いた男で、君嶋とは大学の同期だったが、柴門の性格の悪さを知っているだけに、気が進まなかった。 検討を重ねた結果、君嶋は柴門に監督就任を打診するが、柴門からは、取り付くしまもなく断られてしまった。 それには、2年前の出来事が関係していた。 当時の広報部長の滝川が柴門にオファーしておきながら断るという失礼なことをしていたのだった。 柴門は君嶋のことを覚えていて、どうしても柴門が必要だという言葉で、柴門はアストロズを見てから決めることにした。 柴門は妻となっていたシオリに送られて、府中工場にやって来た。 アストロズの練習を見た柴門は、鍛え方次第で可能性はあると言うが、選手に一人でも反対する者がいれば、引き受けないと言う。 君嶋は選手たちに、一人でも反対する者がいれば、身を引くと言っていることを話し、一人一人に柴門からの手紙を渡した。 選手たちはその的確な考察に驚き、君嶋の凄さを思い知ったが、浜畑だけは柴門に弱点を見抜かれたことにショックを受けていた。 選手たちは、全員柴門と戦いたいという結論を出し、柴門は「今日から俺たちは家族だ、優勝目指して勝つぞ」と挨拶をした。 そんな中、ニュージーランドから七尾圭太が職探しをしていた。 君嶋は、柴門のプランでは余計に一億円はかかると抗議したが、柴門に口だけかと言われて何も言い返せなかった。 そんな中、君嶋は元上司の脇坂から滝川によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞き、成功して滝川が次期社長になれば、君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づくことになり、柴門のわがままを聞いていたら、役員に目をつけられるだけだと言われるのだった。 君嶋は、柴門に予算が確保できなかったことを告げ、駄目なら監督を変えるしかないと話した。 君嶋は、練習を見に来ていた社長に予算のことを話したが、社長から柴門が城南大学を追い出された理由を聞き、更に思い悩むのだった。 そんな中、博人はいじめられなくなったからラグビーはもう必要ないと言うが、代わりに他の子がいじめられていて悩んでいた。 君嶋は、何度倒されても、最後にボールを掴めば博人の勝ちだと教えた。 君嶋は予算案の提出がせまり、悩んでいたが、あるアイデアを思い付いた。 君嶋は、役員たちに予算の内容を説明し、外国人選手の報酬をゼロにすると言うが、滝川はここぞばかりに潰しにかかってきた。 しかし君嶋は、柴門に相談してコーチ費用を削り、合宿費用を確保することができ、優勝すると話した。 次に現れるのはアストロズと君島が共に成長していく為のライバルが登場してくるのではないでしょうか。 なにやら君島の過去に関わりのある人物が登場するようです。 それが、アストロズと敵対していく仲間なのか敵なのかわかりませんが、君島とアストロズが共に成長していくのに必要な人物や団体だと思います。 ライバルの存在はその時は非常に辛い思いをしますが、後から考えると自分を成長させてくれている存在だと思います。 あと、ニュージーランドからくる一人の人物が気になります。 多分、アストロズに加わって活躍してくれる新たなラグビーの有能な選手なのではないでしょうか。 その人物の登場も楽しみです。 君島は、どちらかというと体格が華奢で実戦には向きませんがその毅然とした精神はアストロズを率いていくのに向いていると思います。 <50~60代女性. あの人が監督になるのだろうとは思いますが、大学時代の回想シーンの女性も登場するのであればより一層簡単には決定できなさそうです。 個人的に楽しみな点は息子さんがどういう風にラグビーと向き合っていくのかです。 もうすぐワールドカップが始まる中でまだまだ競技人口が多くない日本のラグビー会ですが、この熱い話を観て一人でも多くラグビーに興味を持って欲しいと思います。 来週の一番の見所は大学時代の三角関係?がどの様な形でオチをつけるのか、監督が決まるとしてどの様な条件で二人が手を組むのかです。 おそらく大泉にとって不利な約束になると予想しますが、そこの内容が来週の一番の肝になるのでは無いかと予想します。 <30~40代男性. 君嶋GMもなんだかんだ悩みながらもアストロズにきちんと向き合ったうえで予算を真剣に考えているのが良かったです。 浜畑役の廣瀬さん、役者じゃないことを疑ってしまうほどには違和感がなく、柴門監督からの手紙を君嶋GMに渡すところはぎこちなさがありましたが、それがリアルな感じがして好きでした。 カザマ商事のくだりはなんだかあまりピンときていない部分が多いので、伏線だとしてもカザマ商事の風間氏をあんなにズームアップしてうつした意図がよくわかりませんでした。 また、柴門監督が大学の監督を切られるところ、いくら批判の声が多いとはいえ満場一致にも等しい結果になるものか?という印象でした。 おそらく津田OB会長も根回しをしてきていた結果のあの挙手数だったのかなと思いますが、それにしても5年で王者に仕立て上げた人を追い出すことについてあそこまで手が挙がらないのではないかとなんとなくモヤモヤいました。 <10~20代女性. また、柴門氏が城南大学で予算面、戦略面で見えない苦労をしていたことを知り、これまた胸が熱くなりました。 加えて、君嶋GMが始めは本社に戻ることを最優先に采配していたが、柴門氏に指摘され、徐々にチームのためにできることを考えるようになった心の動きを感じました。 また、予算案の策定に苦慮する所、非常に面白かったです。 経営戦略のプロ君嶋GMが会社経営とチーム運営を対比し、その妥当性を見出していく様は、次はどんな策を切り出すのか?という期待へと変わっていきました。 第2話は全て君嶋GMの思う通りに話は進んでいったものの、どうやってチーム戦力を高め、実績を作っていくのか非常に楽しみです。 先述の通り、第2話には大逆点というようなものがなく、視聴者は皆、安堵して見ていたのではないかと思います。 後味は良い上、第3話の予告も地域の子供達にラグビーを教えるなど、順風満帆の筋書きに少し残念さがあります。 視聴者は自身の生活と比較し、共感し、感動する所に、ドラマが社会の代弁者たる役回りを持っていると思います。 もっと視聴者にとって身近で、「そうそう」「よく言った」と思えるシーン、セリフを期待したいです。 <30~40代男性. SM>.

次の