デュエマ モルト ネクスト。 【デュエマ】モルトNEXTデッキのおすすめドラグハート!【ドラグハートの詳しい解説付き】

デュエルマスターズ

デュエマ モルト ネクスト

コピーして デッキを作成する• 【モルトNEXT】とは 【モルトNEXT】は、強力なブースト呪文でマナをため、切り札級のドラゴンを次々とプレイする攻撃的なデッキです。 その豪快さ、主人公らしさからファンも多く、まさにデュエマの花形といえる存在です。 かつては《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を利用したタイプが主流でしたが、今回は現在の主流である【不死鳥モルネク】型について解説していきます。 しかしそれらのカードは総じてコストが高く、普通にプレイするためにはマナ加速が必要不可欠です。 その中から、《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 ドラゴンということで 《メンデルスゾーン》でマナに置け、 《爆銀王剣 バトガイ刃斗》の効果でめくれても場に出すことができ、 《ボルシャック・ドギラゴン》の成功率を下げることもありません。 《爆流忍法 不死鳥の術》で早期に 《超戦龍覇 モルトNEXT》を出した際、このカードがマナにあってもマナ武装、龍マナ武装の邪魔をしないのは他のブースト呪文にはない利点です。 その効果で次のターンに打つための《決闘者・チャージャー》だけでなく、防御カード 《ボルシャック・ドギラゴン》、ひいては 《ボルシャックライシス・NEX》も手札に加えられるのも魅力です。 これら2種8枚のマナ加速カードで、まずは5マナを目指します。 その中に強力なドラゴンがあれば大チャンスです!中でも 《超戦龍覇 モルトNEXT》 《王・龍覇 グレンモルト「刃」》 《ボルシャックライシス・NEX》があれば、さらなる大量展開が可能です。 それ以外のドラゴンであっても5マナというコストで(しかも封印を2枚剥がしながら!)それらを出せたことになるため、決して損はしていません( 《ボルシャック・ドラゴン》一枚だけ、とかだとさすがにちょっと寂しいですが…)。 このデッキでのいわゆる「ハズレ」カードは、今使った 《爆流忍法 不死鳥の術》を除いて11枚。 口火を切るのに最適なのが、切札級では最軽量の7マナで出せる 《超戦龍覇 モルトNEXT》です。 【 ドラグハート・ウエポン 】 【文明】火 【コスト】5 これを装備したクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。 これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。 それが進化ではないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。 それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。 龍解:自分のターン中に自分のドラゴンがバトルゾーンに出た時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。 その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。 その後、相手の禁断クリーチャーを1体破壊する。

次の

【モルトNEXT デッキ】モルネクデッキの2020年優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|モルネクデッキ

デュエマ モルト ネクスト

デュエキングパック」に収録されている超人気クリーチャー、 《超戦龍覇 モルトNEXT》。 《モルトNEXT》、通称《モルネク》ではこのドラグハートを呼び出して戦うんだけど、これにも色々な種類があって初めてモルネクデッキを作る人には「どれを入れたらいいんだろう?」となってしまうかもしれない! だからこの記事ではそのモルネクデッキに採用したい超次元カード、ドラグハートを紹介するよ! 「絶対王者!! 知っている人は下の方まで進んでね! ドラグハートって言うのは通常の山札ではなく特殊なゾーン「超次元ゾーン」から使うカード! 「超次元ゾーン用のカード」はドラグハートやサイキック・クリーチャーなどいくつかのタイプがあるんだけど、最大8枚までのカードをデッキの一部として用意することが出来るよ。 この8枚は、メインデッキ40枚とは別で用意する。 (だから合計48枚のデッキになったりもするね!) GRゾーンと違って、8枚以下であれば何枚でもOK。 1枚も使わなくてもいいし、4枚でも5枚でも、とにかく「8枚以下」であればオッケー! なお「超次元ゾーン」は同じ名前のカードを最大4枚まで採用することが出来る。 ドラグハート• サイキック・クリーチャー この2つ。 サイキック・クリーチャーは今回のモルネクには関係ないからちょっと置いておくとしてドラグハート、じつはこれにさらにタイプが3種類存在する。 以下の3つ。 ドラグハート・ウェポン クリーチャーが装備し対(つい)となる• ドラグハート・フォートレス バトルゾーンに出てるだけで効果発揮 これはドラグナーに装備せず独立して存在する• これらには種族に必ず「ドラグナー」が付いており、またカードの枠の部分に電撃の鎖?のような装飾が施されているので見た目にも非常に目立ってわかりやすい!(そしてかっこいい) そして肝心の呼び出し方は主に2種類。 (それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す) バトルゾーンに出たらコスト2以下のドラグハートを超次元ゾーンから出そう! 変わって《次元龍覇 グレンモルト「覇」》。 こちらは「攻撃時能力」でドラグハートを出すタイプだ。 マナ武装7: このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、次のうちいずれかひとつを選ぶ。 (それをこのクリーチャーに装備して出す) まずはこのドラグナー《王・龍覇 グレンモルト「刃」》の 「ドラグハートの呼び出し対象」を見て欲しい。 (それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す) このクリーチャーのテキストの中に「ドラグハート・フォートレス」と「ドラグハート」という2種類の「ドラグハートに関する指定方法」が見つかるね。 この箇所はとても重要。 これにより呼び出すことが出来るカードの種類が大きく変わってくるんだ。 前者「ドラグハート・フォートレス」であれば、超次元ゾーンから呼び出せるカードは「ドラグハート・フォートレス」のみ。 けど後者のように「ドラグハート」とだけ指定されている場合、出せる対象は「ドラグハート」と付いているもの全て!• ドラグハート・ウェポン• ドラグハート・フォートレス• ドラグハート・クリーチャー この3種類全てを出す対象として選ぶことが出来るぞ! ドラグナーとウェポンはセット ドラグナー・クリーチャーからドラグハート・ウェポンを出した場合、呼び出したクリーチャーにそれを装備するんだけど、置き方はまぁ上みたいな感じ。 横に置いてあればオッケー! これで装備したクリーチャーはウェポンの力も使うことが出来るようになる。 で、大事なのはここ。 ドラグナーとウェポンはセットの様に扱われて、これを装備した ドラグナーがバトルゾーンを離れてしまうと、ウェポンは単独ではバトルゾーンに維持できず、 ダイレクトに超次元ゾーンに戻ってしまう。 (オーラみたいにクリーチャーにくっついて行かない点が違うよね) ちなみにウェポンがカード指定の除去でバトルゾーン以外に飛ばされると、そのゾーンを経由して超次元ゾーンに戻るよ!(まぁこれはあんまりないから気にしなくていいよ!) 付け替え禁止! 一度装備したウェポンは、基本的に移動させる事はできない。 既にウェポンを装備しているクリーチャーの上に進化クリーチャーで進化した場合は、そのままそのウェポンは進化先に引き継がれるんだけど、クロスギアのようにコストを支払って他のクリーチャーに移し替えるなんて事は出来ないんだ! あと引き継げる効果を持つものとしては《ライドン》。 これは例外中の例外。 1枚のカードで複数の機能を表現している。 (コチラの面はドラグハート・ウェポン、反対の面はドラグハート・クリーチャーといった感じ) 感覚的にはコストが小さい方が表で、大きいほうが裏って感じなんだけど実はこれ、 表も裏もない。 13(2019年03月15日)において、超次元コストは消滅しました。 とにかく強い! いわゆる「連ドラ」マシーン。 龍解後《爆熱王DX バトガイ銀河》もスピードアタッカー+連ドラクリーチャーで、しかもこっちの連ドラは1ドロー後に手札から出せるようになる。 凶悪そのもの。 それが進化ではないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。 それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。 《モルネク》で連ドラして《モルネク》が出てきたらこれを装備させたらいい感じ。 その場合、次の攻撃でこれは龍解し、龍解時能力で相手のパワー7000以下を1体破壊する。 そして一気にそのままダイレクトアタックを目指す場合、これを最後の打点としておいておくと、相手はS・トリガーの能力でこれを(実質)除去できなくなるという拷問を課す。 相手はこのクリーチャーを選んだら最後、こちらが「追加ターン」を得てしまうためだ。 これを装備すると攻撃中に限り「破壊」の耐性を得るためだ。 (パワーダウンはダメだよ、攻撃が終わった瞬間に破壊されちゃう) そして龍解の条件は「ターン2度目のドラゴンの攻撃」。 龍マナ武装を達成すれば2回攻撃になる《モルネク》であれば、単体で達成可能な条件となっている! ここでちょっとしたテクニック。 そのクリーチャーはそのターン、「スピードアタッカー」を得る。 T・ブレイカーを持っているものとしてプレイしてください。 龍解条件が1つのターンでバトルに2回勝つこと。 しかしそれも《モルネク》から《モルキン》が出れば達成出来る可能性もかなり高い。 各ターン、初めてのプレイヤーへの攻撃の際に、その攻撃クリーチャーと《ガイラオウ》をバトルさせることが出来るのだ! ちなみにこの効果、自分も相手も、よく忘れる。 そのクリーチャーとこれを装備したクリーチャーとバトルさせる。 ドラグハート・フォートレス。 実はスピードアタッカーではない《モルネク》を即座に攻撃出来るようにし、最初の攻撃で《ネク》がアンタップした際に即座に龍解する。 そうすると自軍を全てスピードアタッカーにする《超戦覇龍 ガイNEXT》に変身し、モル《モルネク》2枚、《ガイネク》3枚と2回の攻撃で全てのシールドを粉砕し、最後はアンタップした《モルネク》でダイレクトアタック、とこのコンビだけでゲームが終わってしまう威力を持つ。 ブロッカー、S・トリガー含め、返す何かがなければ確実に、即座に、ゲームが終わる。 このカードはあまり枚数が要らない上に、一昨年のゴールデンベストで大放出されたので比較的値段が安い部類。 (500円もしないと思うよ) デュエキングからぽろんちょした《超戦龍覇 モルトNEXT》1枚と、シングルで買った《超戦覇龍 ガイNEXT》1枚。 そのクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップされない。 それだけでもう採用理由に足りる1枚である!!(採用すると言ってない) 効果は非常にわかりやすい。 ドラグハート・ウェポン時 装備しているクリーチャーの攻撃時に、相手のパワー2000以下を1体破壊。 ドラグハート・ドラグハート時 自分の火のクリーチャーの攻撃時に、相手のパワー3000以下を1体破壊。 ドラグハート・クリーチャー時 自分のクリーチャーの攻撃時に、相手のパワー4000以下を1体破壊。 と攻撃時の破壊効果が龍解し変形していくごとにどんどん威力が上昇していく!! モルネクデッキより、ドラグナーデッキに適した1枚。 そのカードが進化でないドラゴンか進化でないヒューマノイドであれば、バトルゾーンに出す。 それ以外なら山札の一番下に置く。 それが進化でないドラゴンまたは進化でないヒューマノイドであれば、バトルゾーンに出す。 それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。 その中の進化ではないドラゴンと進化ではないヒューマノイドをすべてバトルゾーンに出す。 こうして見せたカードが3枚ともドラゴンであれば、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。 その後、残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に戻す。

次の

《超戦龍覇 モルト NEXT》

デュエマ モルト ネクスト

闘将銀河城 ハートバーン WVC 火文明 5 ドラグハート・フォートレス バトルゾーンにある自分のドラゴンはすべて「スピードアタッカー」を得る。 龍解:自分のドラゴンがアンタップされた時、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 2つのを達成してしまえば1枚でフィニッシュまで持って行ける、という奇襲性・突破力の高さを強みとする。 少しずつ制圧していく相手には一気に切り崩すことが可能。 に対してはを無理なく多く積めるのでその点では強いが、によるリソース消費でがカツカツになりやすいという意味では弱いともいえる。 ただ少なくとも、ありきで構築されるなので、それを引っこ抜かれると脆いというのは確実に言えることである。 終盤に登場して以降、辺りまで常に争いに加わっていた強力なである。 略称は「モルネク」「ネクスト」など。 基本的な構成 [ ] 基本的にはと同じく、をベースにのを加えたで構成され、そこにやがされる場合もある。 はの条件は緩いが、それとは別にも狙うためのようにがかなり多く投入される。 構成が似るなどと比べて、あらゆる手段を用いて速度を重視した型が多い。 バトルに勝つと発動 とを持つの。 バトルに勝つと発動 対策。 相手クリーチャーをさせて自分クリーチャーは全員に。 火自然のかつ持ち。 対策 から繋がるマナブースト 7を持つ。 でややをかからに出せる。 を行う。 でを与えれば実質的なに。 以外のクリーチャーを。 及び対策 を行う を行う。 自分のマナゾーンに火のドラゴン3体以上で3000以下の火力を放つ 付与 を採用できた時期にはとので相手のを気にせずフィニッシュできた。 で登場する付きの でとプレイヤー1人の墓地を行う 疑似《バトライ閣》 及びバトルゾーンを際にし勝てれば踏み倒しまたは 自分のドラゴンに付与、攻撃時にデッキトップからを踏み倒し 候補呪文 [ ] 相手のマナをタップインさせる。 なのでによってに。 自分の他のクリーチャーは自身の文明の数だけ1000。 このデッキタイプの変遷 [ ] ドラゴン・サーガ期 [ ] 終盤にが登場したことで成立。 その後、と共に新たなとして、すぐに環境に上がってきた。 《爆熱天守 バトライ閣》によってドラゴンを大量展開して数で攻めれば、相手はを持ってしても反撃が難しくなり、とにかく登場当初から爆発的な攻撃力が売りであった。 当時の弱点としては守りが薄いことが挙げられる。 龍マナ武装の対象になり実用性の高いは、とのたった2枚のみであった。 よってに対して弱くなりがちで、環境においてはに滅法弱かった。 革命編期 [ ] が登場したことで多色に対してより強く出られるように。 また、ここにおいてを持つ及びを獲得したことにより守りの問題がほぼ解決し、同時にカウンター性能が大幅に向上した。 デッキを優秀なで固めたの構築がメインとなった。 ただその一方で、より守りをに依存するようになり、の登場には苦しめられた。 総じてとしての完成度が高まり、静かながらもシェアを集めていった時期である。 革命ファイナル期 [ ] の登場により、最速3ターン目にバトルゾーンをドラゴンで埋め尽くすことが可能となった。 通常の速攻にはない爆発力を発揮しながら、速攻と変わらない速度で攻めることができるようになり凶悪化。 さらにこの終期にはを獲得。 これ以降は、その効果でを与えることで、などのコマンドを持つドラゴンを実質的に、相手ターン中に出てくる確定除去、として運用することが可能となった。 ここまでの強化を経てついにこの年に行われた「デュエル・マスターズグランプリ- 4th」では優勝を果たしている。 同大会の入賞デッキ中の使用率は1位(そのシェアは4分の1を越えていた)、ベスト8進出者の内5人が使用と、極めて高い実績を出した。 2016年9月15日をもってが。 2017年2月16日をもってが。 この流れを受けてをに宛がうようにして、とで制圧する構築が確立された。 新章デュエル・マスターズ期 [ ] この期では前期と比べて、の中に早期に過剰打点を生成するデッキが少なくなっており、ギリギリの打点でを仕掛ける相手に対して打点計算を狂わせるためにを搭載するケースも見られるように。 また逆転要素としてを取り入れるケースも増えた。 2017年7月8日をもってが。 これによってを主軸とした構築に特化させざるを得なくなり、大きく弱体化した上に、ではなくなってしまった。 ただ新殿堂レギュレーション発表と同時期にを獲得しており、と合わせることでさらに速度を上昇させるタイプも現れた。 これ以降はを実質搭載できなくなったため、空いた超次元ゾーンの1枠にからのへの革命チェンジと相性が良いを搭載するケースが見られるようになった。 その後、など、を含むパワーカードや革命チェンジ獣を搭載したカラーがよく見られるように。 期になるとこの型が優勝をポツポツと果たすなど一定の成功を果たした。 だが、それ以降は優勝報告も絶え、さらなるの高速化と《バトライ閣》の喪失が響き、ついに争いの座から陥落した。 このまま環境から完全に去るかと思われたが、その後もを投入した【モルト NEXT】の入賞が報告されるなど、としてのポテンシャルはまだ残している。 コンセプトでもあるの《モルト NEXT》と《ハートバーン》自体には規制がかかっていないのは不幸中の幸いと言えるだろう。 で登場したを疑似《バトライ閣》として投入した形も登場している。 同じ頃、革命チェンジを主軸とし、封印を積極的に外す戦略が流行り、登場前のように型に回帰する傾向が生まれた。 そして2019年3月1日をもってが。 これはただでさえ弱体化していたこのにとって非常に厳しい追い討ちとなった。 超天篇期 [ ] しかし、期になると、とが殿堂入りしたことにより環境が低速化して極端な速度のが減ったこと、にが刺さることなど、追い風が吹き始め、4位以内入賞が目立つようになった。 この頃になるとそれ以前はしばらく採用を見送られていたやなどの大型も投入されるようになった。 重量級寄りの構築に変わったことで型から型に変遷した。 ドラゴンがそれほど重視されないこの頃の環境においてはによる全体除去が多くの対面で刺さり、によるが少しずつを並べては潰し合うにマッチしているのである。 【ドルマゲドンX】系統が環境に多く、メタとなるは馬鹿にできない面がある。 甚だしくはを4枚投入した型までもが上位入賞を果たしており、それだけ環境が遅くなり、が防御札として刺さりやすくなったことの表れである。 型も依然として強力であり、や相手のでが増えることによってをかき集めれば6枚の状態からすることも現実的に起こりうる。 そして、にてが登場。 タイプの【モルトNEXT】が復活し、大幅な強化を受けた。 直後のチャンピオンシップで続々4位以内入賞が報告されるなど大活躍したが、・期にが成立すると立場が一変。 そちらに需要を奪われ、2番手の地位も速度で勝てる、、カウンターで勝ちに行けるに譲ることとなった。 『』においては決勝ラウンド進出者128人中8人が使用にとどまり、使用率5位と低迷したことからその失速ぶりが分かるだろう。 とはいえデッキに何の変化もなかったわけではなく、DMBD-09・DMBD-10期になるとのようなのを採用した型がで結果を残し、からにして時間稼ぎを図る型、さらにはと《轟牙忍 ハヤブサリュウ》を組み合わせた構築まで見られた。 期にはやがへの対策になると一部で注目されたが、《永遠のリュウセイ・カイザー》はバトルゾーンまでの着地がほとんど間に合わず、《メガ・マグマ・ドラゴン》も2ターン目にを成功させなければ厳しいため、「出せれば強い」止まりであり、贔屓目に見ても五分対面にしかならないのが痛い。 一方で各種の使用率が下がったことで早期のと《ボルシャック・ドギラゴン》からのカウンターに重きを置いた採用型の構築が多く見られるようになった。 十王篇期 [ ] 依然として除去を受け付けない高速デッキが多いため立場は厳しいが、を始めとして少しずつ並べながら刻むデッキタイプがそれなりに存在するため、などで封印を外しての禁断解放の刺さりが良くなり、若干救済された。 も禁断解放による全体封印で何とかなるので、手札に抱えたの枚数次第といったところ。 その他 [ ]• このに関連して数多くのがとなった。 具体的には、、、、の計5枚。 のとを始め、既に販売を終了しているの収録、のといった、高・されていない入手困難なをふんだんに使用するため構築難易度が極めて高かった。 ピーク時には構築費用が10万を超えかねず、ある意味の権化とも言えるであった。 現在はを始めとした高額な主要カードがにて軒並みされたことで幾分かは構築が楽になった。 そのように大体のパーツがポツポツと再録される一方で必須パーツであったは再録の気配は全くなかった。 ビクトリーカードで、かつ再録の厳しそうな3D龍解カードであるため、シングル価格は上がる一方で、このデッキを組む上での重大なネックとなっていた。 しかし前述したように、後にとのが発表され、この問題は間接的ながら解消された。 で登場して以降、強化と弱体化を繰り返しているデッキであり、環境落ちしても使い続けるプレイヤーが多いこと、デュエル・マスターズの花であるを主軸にしたデッキであることから、主人公デッキと呼ばれることもある。 参考 [ ]•

次の