ご多忙の折。 ご自愛 の例文10パターン(意味と類語)

「~の折」の意味と例文と書き方

ご多忙の折

ビジネス上、先方にメールや電話などで用件を伝える時、「お忙しいと存じますが」と使用することがあります。 一見、丁寧な敬語として感じる「お忙しいとは存じますが」という言葉ですが、はたして正しい敬語として使用できているのでしょうか。 答えは、「お忙しいとは存じますが」という言葉は、敬語として間違いではありません。 しかし、一方でもう少し丁寧な言い方をすることができます。 「お忙しいとは存じますが」という言葉を「ご多忙のところ、お手数をおかけいたしますが」または「ご多忙中、恐縮ですが」、「ご多忙の折、誠に恐縮ですが」などということがあります。 目上の人や取引先、知人などに使用する場合、「お忙しいとは存じますが」よりは「ご多忙のところ」「ご多忙の折、」などとすることで、相手からの印象も変わってきます。 「お忙しいは存じますが」という言葉は、ビジネスマナーとして多く使われており、先方の状況に左右されることなく、相手を敬った礼儀として使用されることが多いでしょう。 それでは「お忙しいとは存じますが」を英語で簡単な使い方をご紹介いたします。 日本語の類似語として、「お忙しいところ恐縮です」や「お忙しいと思いますが」などがあるが、英語ではこれらすべてまとめて同じような使い方をします。 I know you are very busy. (あなたが忙しいことを、私は知っていますよ) 英語の場合、文頭に使用することが多いです。 「あなたが忙しいことを知っているよ。 それで私の要件は~・・・。 」というような使い方です。 例文としては、 I know you are very busy, but I would appreciate hearing from you. また、よく使用される例としてもう一つあります。 I understand you are very busy. (私はあなたが忙しいところを知っています) 「I know~」と表現する部分を「I understand~」としても同じような意味になってくるので、こちらも使用されることが多い英語の表現です。 日本語は、相手より自分が目下の使用をするが、英語の場合は対等であることがわかってきます。 これは、それぞれ日本人の恐縮しているところや欧米人のおおらかなところなどの国民性をあらわしているのかもしれません。 「お忙しいとは存じますが」という言葉を使う時、上司や目上の人などは、謙譲語や尊敬語などに気をつけて使用しなければいけません。 仕事中、使用する例としては、下記のようになります。 「お忙しいとは存じますが、こちらの資料の確認をお願いいたします」これは、上司の日頃の仕事をたてる意味も含まれていますが、ビジネスマナーの一つとして常識的に使用することが多いです。 また、特別な例としては、下記のように使用することもあります。 これは、部下が結婚式を挙げるにあたって、上司へ乾杯の挨拶をお願いした一文です。 「この度、わたくし事で大変恐縮ですが、結婚の運びとなりました。 」 このように、上司への使用としては簡単にいうと、主にお願い事などをするときに使用することが多いでしょう。 年賀状の文末に「お忙しいとは存じますが、どうぞご自愛下さい」 それでは改めて、ビジネスにおいての通信手段についてもう一度おさらいしていきましょう。 ビジネスにおいて使用する通信手段は大まかに分けて、 ・電話 ・Eメール ・FAX ・手紙(ビジネス文書) などが代表的な通信手段としてあげられます。 ではその中でも、使用頻度が高く相手に記録として残りやすいEメールについてみていきましょう。 また、Eメールについてのメリットやデメリットなどについてまとめた簡単な動画がありましたので、下記にご紹介いたします。 この中で、言葉や敬語などについて説明があります。 間違った言葉や敬語を使用すると相手に不快感を与えてその後の関係に支障をきたしてしまう、なんてこともあり得ますので、参考にしてみて下さい。

次の

「お忙しいとは存じますが」の意味と例文|上司やメールでの使い方

ご多忙の折

「多忙」に丁寧の「御(お)」をつけた形。 何かと忙しくしている様子などを意味する表現。 「ご多忙」を使った例文• ご多忙極める日々と存じます。 ご多忙極める日々と存じますが、• ご多忙極める日々とは存じますが、• ご多忙極める日々と拝察致しております。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々とは拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々と拝察致します。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙の折とは存じますが、• ご多忙の折ではございますが、• ご多忙の日々と存じます。 ご多忙の日々とは存じますが、• ご多忙と拝察致しております。 ご多忙と拝察致しておりますが、 「ご多忙」の類語・関連類語• あまた• あくせく• 足元から鳥が立つ• あたふた• あっぷあっぷ• あれこれ• 慌ただしい• 慌ただしく• 慌てて(逃げ出す)• 慌てふためいて(言う)• 息が抜けない• 息切れ状態• 息せき切って(駆けつける)• 息せき切る• 息つく暇もない• 息つく間もない• 急いで• 忙しい• 忙しげな(姿)• 忙しさ• 居たたまれず(に家を出る)• いち早く(逃げ出す)• 一目散に(逃げる)• いっぱいいっぱい• 受け入れられない• うじゃうじゃ• うなるほど• うようよ• エネルギーを持て余す• (早く早くと)追い立てられる• (仕事に)追いまくられる• 追い回される• 応接にいとまがない• 黄金時代• 大慌て(で)• 大忙し• 大急ぎ• 大台に乗る• (準備に)大わらわ• 遅れ取り戻す• (難題が)(次々と)押し寄せる• おちおち(食事も)(していられない)• 落ち着かない• おっとり刀• 面白ずくめ• オンシーズン• (いっときも)解放されない• 書き入れ時• 駆け足(で説明する)• 駆け足で見て回る• 駆けずり回る• 駆け回る• 駆け巡る• かさが張る• 重なる• 風を食らう• 風を食らって(逃げる)• 活発に• 過密スケジュール• 刈り入れ時• 完全に• 気が急く• (かたときも)気が抜けない• 気が早い• 気が短い• 気が休まらない• 企業戦士の毎日• 気ぜわしい• 気ぜわしく• (ひとときの)気の緩みも許されない• 気早い• 急進的• きりきり舞い• ギリギリの状態• くるくる(変わる)• 具だくさん無尽多分わんさと膨大• 激職をこなす• 元気がある• 高密度の労働• 効率至上主義• 倒けつ転びつ(逃げ去る)• 心急く• こせこせ• ご繁忙• ごまんと• 最盛期• 栄える• 先に行く• 先を急ぐ• さっさ(と用事を済ませる)• 殺人的(忙しさ)• さなか• (山のような仕事を一人で)さばく• シーズン中• 時間が足りない• 時間がない• 時間に急かされる• しこたま• 仕事が押せ押せになる• 思春期• じたばた• じっとしていられない• 櫛風沐雨• 占められた• 修羅場のような(職場)• 情緒を欠く• 神経をすりへらす• 身辺多忙• 捨てるほど• すぐに(取りかかる)• すたこら(逃げる)• すたこらさっさ(と)• (知らせを聞いて)すっ飛んで(行く)• することが多い• 性急な心• 世界を飛び回る繁雑な日々を送る• せかす• せかせか(と)(支度をする)• 急き込む(ような)(テンポ)• 急き込んで(聞く)• 急き立てられる• 急き立てる• 席の暖まる暇もない• 席をあたためる暇もない• (気持ちが)急く• せせこましい• せっかち• 拙速(に事を運ぶ)• 絶頂期• 切迫している• せわしい(忙しさが)• せわしない• 全盛期• 全速力• 千変万化• 騒々しく(階段を降りる)• そこそこ(に)(出かける)• そそくさ• たくさん(の予定)• 多事多端• 多事多忙• ただ中• 立ち尽くす• 立ち続ける• 立ち詰め• 立ち通す• 立ち働く• 立ち回る• 立ちん坊• たっぷり• 立て込む• 楽しさいっぱい• 多忙を極める• 誰でも手伝いにほしい• たんと• 超多忙• ちょこまか• 使い走り• 次から次へと(仕事が舞い込む)• 次々と• 突っ立つ• (予定が)詰まっている• 手足を擂り粉木にする• 手が足りない過密日程大車輪で働く• てきぱき• (諸問題が)手ぐすね引く• 転手古舞• てんてこ舞い• てんやわんや• 東奔西走する• 東奔西走• 独占された• どたばた• どっさり過多十二分• 怒濤(の日々)• 飛び回る• 取り急ぎ(処理する)• 取り紛れる• 取る物も取りあえず(駆けつける)• 泥縄(式)(の受験勉強)(~に)• (おっとり刀で)飛んでいく• なかば• 南船北馬• 何だかんだ(することがある)• 逃げるように(去る)• にわか(の出発)• 猫の手も借りたい• 猫の目のように変わる• 寝る間もない• ハーフウェー• 這う這うの体(で退散する)• 走り使い• 走り回る• (家臣が)馳せ集まる• 馳せ回る• ばたばた(する)• ばたばたする• (忙しく)跳ね回る• 早足(で進める)• 早い者勝ち• 早く(仕上げなければ)• 早回し(の毎日)• ピーク• (これ以上)引き受け切れない• ビジー天手古舞多ぼう半ば• 必死(の毎日)• びっしり• 暇がない• 悲鳴を上げる• 火を吹くような(忙しさ)• プレッシャーをかけられる• フルスピード• 分刻み• 分刻みのスケジュール• 忙殺される• 棒立ち• (あれこれの取り組みが)待ち構える• 間に合わせる• 身の置き所もない(有り様)• 無限大• 無尽蔵• 目が回る• 目まぐるしい• 目を回す• モーレツ• 盛りだくさん• 休みなく(~しなければならない)• (瞬時も)休めない• (雑事が)山ほど(ある)• やることが多い• 湯気が立ちかねない• ゆっくりしていられない• ゆとりがない• 予定が集中する• 予定がびっしり• 余裕がない• 余力がない• ラジカル• 悪あがき• 風邪など引かれませぬようご自愛ください。 風邪など引かれませぬようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛ください。 風邪など引かれませんようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛ください。 風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛ください。 風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛ください。 くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいませ。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 くれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。 重々ご自愛ください。 重々ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいませ。 重々ご自愛専一にお過ごしください。 重々ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 重々ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛の上お過ごしください。 重々ご自愛の上お過ごしくださいませ。 重々ご自愛のほどお祈り申し上げます。 重々ご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛ください。 体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛ください。 体調を崩されませんようご自愛くださいませ。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛ください。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛ください。 どうかご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいませ。 どうかご自愛専一にお過ごしください。 どうかご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛の上お過ごしください。 どうかご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうかご自愛のほどお願い申し上げます。 どうぞご自愛ください。 どうぞご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいませ。 どうぞご自愛専一にお過ごしください。 どうぞご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうぞご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛の上お過ごしください。 どうぞご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうぞご自愛のほどお願い申し上げます。 何卒ご自愛ください。 何卒ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいませ。 何卒ご自愛専一にお過ごしください。 何卒ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 何卒ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛の上お過ごしください。 何卒ご自愛の上お過ごしくださいませ。 何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛ください。 ~などなさいませぬようご自愛くださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛ください。 ~などなさいませんようご自愛くださいませ。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛のほどお願い申し上げます。

次の

「ご多用の折」の意味を詳しく紹介。使い方の違いを具体例で学ぼう!

ご多忙の折

ビジネス文書や手紙など、書面で相手と連絡をとるときには、日常会話ではあまり使わないような語句や言い回しをすることがあります。 会話というのは相手の相槌などもあり、コミュニケーションがしやすい方法ですが、ビジネス文書や手紙などは一方的に相手にこちらの意図を伝えることしかできませんので、相手の様子を見ながら対応を変えるということができません。 そのため、ビジネス文書や目上の人に対する手紙のように、失礼や失敗が許されない文書を作成するときには、相手が内容を受け取りやすい簡潔な文章を作成すると共に、相手に対して悪い印象を与えないように、正しい日本語を使用する必要があります。 書面でしか 使われないような言葉もたくさんありますが、それらの意味を調べることはもちろん、どういった相手には使うことができて、どういった相手には使えないのかといった使い分けも知っておく必要がありますし、語句の場合には文中での言い回しのテクニックも知っておく必要があります。 そういう意味では、文書を作成するようになってから最初の内は、語句や文章を調べたり、例文をたくさん見て、自分なりの使い方を身につけていくという作業がほとんどになります。 しかし、こういった基礎をきちんと積み重ねておくと、いざ自分で文書を作成するときに適切な言葉選びができるようになりますし、例文を引用する場合でも、誤ったシチュエーションで使ってしまう心配がありません。 ビジネス文書でも手紙であっても おおよその構成は似ているところがあります。 頭語、時候の挨拶や安否の挨拶、感謝の挨拶、主文、結語といった構成になっており、このうち主文以外は例文を引用することも少なくありません。 中でも時候の挨拶や安否の挨拶、感謝の挨拶などは定型文がたくさんありますので、季節などに気をつけておけば比較的バリエーションを増やしやすくなっていて、それほど悩まずに書くことができます。 時候の挨拶などで良く目にする例文としては、「新春の候、時下ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます」や「暑さ厳しき折、皆様にはお元気にてお過ごしでしょうか」などの言い回しがあります。 この「~の折」という言葉は時間を指し示す表現で、季節や時節を指している場合と、ある一つの時点や何らかの機会を指している場合の2種類の使い方があります。 一般的に良く使われるのは、季節や時節を指している使い方で、時候の挨拶などで良く目にする人も多いのではないでしょうか。 なお、この場合の「~の折」という言い回しには、送り仮名の「り」は必要ありません。 送り仮名がつくと意味が異なってしまいますので、特にパソコンなどで文書を作成する場合には注意してください。 「~の折」という言い回しをするときには、大体後半に伝えたい内容が続きます。 時候の挨拶などでもそうですが、主文で用いられている場合でも、「新型インフルエンザが流行の折、皆様にはマスクの着用や健康管理に気をつけられて、どうぞお健やかにお過ごしください」や「お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください」のように、相手に何らかの行動を期待する言葉が使われることが多いです。 ちなみに、この例文では二つ目の文章の場合には 時期ではなく何らかの機会(この場合は近くに出向く機会)を指した言い方になっています。 また、ある一時期を指している使い方としては、「先日は大変お世話になりました。 ご多忙の折、ご面倒なお願いを致しまして誠に申し訳ありません」や「先だって御社の近くを通りかかった折、新たに建築された事務所を拝見いたしました」などのような文章で用いられています。 このように、「~の折」という言葉は、定型文である時候の挨拶でも主文でも、まとめの文章としても良く用いられています。 「~のとき」よりも改まった言い方になっていますので、ビジネス文書や目上の人に対する手紙でも使いやすいですし、それほど使い方が難しい言葉でもありませんので、比較的応用しやすくなっています。 また、相手と自分の立場がどういったバランスになっている場合でも使うことができますし、相手が企業や団体であっても、個人であっても使うことができますので、悩むこともありません。 一方で、改まった言い回しになっていますので、親しい友人や知人との手紙やメールで使用すると、違和感を感じることもあります。 改まった文書に良く使われる言葉ですので、ビジネス文書や目上の人への手紙では便利ですが、気軽にやり取りをしている人との個人的な手紙であれば、やはり「~の時期」や「~のとき」などの言葉を使用したほうが、しっくり馴染むでしょう。 どのような文書でも、必ず使える語句というのはかなり少なくなっており、ビジネス文書のように改まったものと身内同士でのやり取りとでは、言葉を使い分けた方がコミュニケーションがしやすくなります。 上手に使い分けましょう。

次の