為替 チャート ドル。 アメリカ ドル / 日本 円【USDJPY】:外国為替

外国為替チャート

為替 チャート ドル

それでは最初にドル円レートの長期推移です。 ドル円為替レートの長期チャート(1971年3月~) 【変動相場制以前の解説 (上記チャートより以前)】• 1816年~1914年は金本位制で英ポンドが基軸通貨となっていた• 第一次世界大戦開戦(1914年~)から第二次世界大戦終戦(~1945年)までは世界恐慌(1929年)などもあり、世界経済が混乱する中で英ポンドの地位が徐々に低下し、米ドルが基軸通貨として台頭してきた。 1944年~1971年まではいわゆる「ブレトンウッズ体制」が続いた。 ブレトンウッズホテルに連合国の代表が集まって決定した国際通貨制度で、米ドルだけが金と交換比率を固定し、他の通貨は米ドルとの交換比率を固定するもの。 金本位制とほぼ同じに見えるが、米ドル以外は直接金との交換ができず、国際的な通貨決済は米ドルを中心に行われる点が金本位制と大きく異なる。 「金・ドル本位制」と呼ばれることもある。 この時点で米ドルが完全に基軸通貨の地位を確立した。 1971年8月のニクソンショックによりアメリカは米ドルと金の交換を停止し、ブレトンウッズ体制が終了した。 その後、主要通貨は変動相場制へ移行していくことになる 【変動相場制移行後の解説 (上記チャート部分)】• ドル円レートは1971年まで続いた1ドル=360円の固定相場から2011年10月31日にはドル円の過去最高値となる1ドル=75円32銭まで円高トレンドとなった• 長期的に円高ドル安トレンドとなっている要因として日米のインフレ率の差があげられる(多くの期間で米国は日本より高いインフレ率)• また、インフレ率が高いと 実質金利の低下を招き、これも通貨安の要因となる• 大きな円高トレンドは日本が低インフレ下での高い経済成長を続けたことが要因と考えられる• インフレ率と為替レートの関係はこちらをご覧ください: チャートを10年ごとに区切った詳細な説明は下記を参照。 ドル円為替チャートと変動要因(1970年代)• 1971年8月、ニクソン米大統領は8月に米ドルの金交換停止等を発表(ニクソンショック)• 変動幅は上下2. 93円~301. 70円• 1973年2月から変動相場制に移行• 変動相場制移行は1ドル=260円台まで円が急伸したが、1973年10月に発生した第一次石油ショックをきっかけに1ドル=300円前後まで円安ドル高が進んだ• 1980年~1984年までは1ドル=200円~280円の円安ドル高水準で推移した。 この間、米国は双子の赤字(財政赤字、貿易赤字)で苦しむ中、日本は大幅な貿易黒字を計上しており、一般的な経済理論から考えると円高ドル安にシフトしやすい環境であった。 しかし、この間の米国は高インフレの時代で、一時期10%を超えるなど高止まりしていたインフレ率抑制のため政策金利を大幅に引き上げていた。 1980年代前半のFFレートは概ね10%~20%で推移しており、高金利が資金シフトを呼び、円安ドル高になったと考えられる• 1985年9月22日、ニューヨークのプラザホテルで、主要国の財務大臣・中央銀行総裁が集まり、ドル高是正についての会合 G5 が開催され、プラザ合意が成立した(これは円安ドル高による国際競争力の低下を恐れた米国が要請し各国が承認した形であった)• ドル円為替チャートと変動要因(1990年代)• 1990年代のドル円レートは非常に特徴的な動きとなった。 1995年までの大幅な円高、1997年のアジア通貨危機による円安、1998年のロシア危機による円高と短期間でトレンドが大きく変化した• 75円をつけた(上記チャートは月次ベースデータのため80円を下回っていないが、日次ベースでは80円割れとなった)• 1990年代前半は日本の大幅な貿易黒字による日米の貿易不均衡が問題視されており、長期的な円高の最も大きな要因と考えられる• 66円まで大幅に円安となった• この間、日本の景気低迷に加えて、1995年4月のG7で円高が行き過ぎとの声明を発表、さらに1997年7月にタイから始まった アジア通貨危機が発生し同じアジア圈の日本の通貨である円も売られたことで大きく円安が進んだ• 更に1997年11月北海道拓殖銀行、山一證券の経営破たんも円売りの材料となった• ロシア危機直前の1998年8月には1ドル=147. 66円まで円安が進んだ• 1998年8月のロシア危機によるロシア国債デフォルトは大手ヘッジファンドLTCMの破たんを引き起こした。 ( 以前は有事のドル買いと言われたが、このロシア危機以降、リスクオフ時の円買いが意識されるようになった)• ここまで円高が進んだ要因として、米国の金利水準が当時としては過去最低水準で推移(FFレートで5%前後、10年国債で5%~6%前後)していたことに加え、日本の景気回復期待から10年国債利回りが一時期2. (有事のドル買い?)テロの前は120円前後で推移していたが、テロ以降一気に円安ドル高が進み130円を超える円安ドル高となった• 2007年8月のパリバショックを皮切りにサブプライムローンの問題が表面化、2008年3月米大手証券ベアスターンズの実質破たん、2008年9月米大手証券リーマンブラザーズの破たんが発生し、世界的に景気後退に陥り、金融マーケットは大混乱となった。 FRBは2007年9月から利下げを開始し、2008年12月までに5. 同時に2008年11月以降は大規模な量的金融緩和(QE)を行ったことが円高ドル安の大きな要因となった。 第2次安倍政権が誕生する2012年後半まではリーマンショック以降の円高トレンドが継続していた• この円高ドル安局面において、米国はインフレ率が2%~3%あるにも関わらず、ゼロ金利政策を行ったことで実質金利が大幅なマイナス圏で推移していた。 日本もゼロ金利政策を導入していたがデフレ(マイナスのインフレ率)であった為、相対的に実質金利が高止まりした。 これが超円高の大きな原因となった。 【日米実質金利差はこちらを参照:】• 2012年12月に第2次安倍政権 アベノミクス が発足したことと、2013年4月に日銀総裁に黒田氏が就任(黒田バズーカー)したことで日本も大規模な量的金融緩和を開始し円安ドル高トレンドとなった(日銀は2%のインフレ目標も導入:)• 2016年の前半は急激な円高が進んだが、これは米国の利上げが予想より進まないとの思惑が要因であったと考えられる(インフレ率はある程度上昇しているにもかかわらず利上げが遅れると実質金利が大きくマイナスとなり通貨安要因となる)• 2016年11月のトランプ大統領就任により米国長期金利上昇をきっかけとして円安ドル高が進んだ。 1ドル=100円前後から1ドル117円前後まで円安が進んだ。 2017年~2019年は概ね1ドル=110円を挟んだ動きとなり、3年連続で低いボラティリティ(変動率)となった• 2020年2月以降、新型コロナウイルスの影響によりマーケットがリスクオフとなる中、FRBは2度の緊急利下げを行った。 2020年3月3日に0. 5%、2020年3月15日に1%の緊急利下げを行い、FF金利の誘導目標は0%~0. 25%とゼロ金利政策が復活した。 この間、米国10年国債利回りは一時、0. 3%まで低下した。 ドル円レートは日時ベースでは2020年2月20日の1ドル=112円台から2020年3月10日には1ドル=101円前後まで円高が進んだ。 しかし、直ぐにリバウンドし月次ベースでは横ばいとなった。 関連ページ ドル円レートの予想・分析はこちらを参照してください! 米国の政策金利とインフレ率の推移はこちらを参照してください! 米国の貿易赤字についてはこちらをご覧ください! 先進国の経常収支の推移についてはこちら! 先進国のソブリン格付けについてはこちら!.

次の

為替チャート・FXチャート

為替 チャート ドル

本チャートは期間により30分毎もしくは1日毎にデータが更新されております。 なお、土・日・祝日、システムメンテナンスおよびシステム障害などで、データが更新されない時間帯がございますので、あらかじめご了承ください。 資料における数値・グラフ等はあくまでも過去のデータであり、将来を保証するものではありません。 この資料の目的はあくまで情報の提供であり、投資の勧誘を目的としたものではありません。 また、内容の正確性・完全性に対する責任は負いかねますのでご了承ください。 投資の最終決定はご自身でご判断願います。 実際に外貨のお取り引きをされる場合には、取引画面で表示される為替レートを必ずご確認ください。 移動平均 一定期間の終値の平均値で、下記3つの期間について表示しています。 営業日を基準に移動平均を求めています。 始値 1日の最初の為替レート (通常0時の為替レートです。 前日が休日の場合は7時の為替レートです。 ) 高値 1日の為替レートの最高値 安値 1日の為替レートの最安値 終値 1日の最後の為替レート (通常23時30分の為替レートです。 翌日が休日の場合は20時30分の為替レートになります。

次の

外国為替チャート

為替 チャート ドル

日付 始値 高値 安値 終値 2020年6月26日 107. 220000 107. 350000 106. 780000 107. 210000 2020年6月25日 107. 040000 107. 450000 106. 970000 107. 190000 2020年6月24日 106. 510000 107. 070000 106. 360000 107. 020000 2020年6月23日 106. 900000 107. 210000 106. 060000 106. 510000 2020年6月22日 106. 890000 107. 000000 106. 740000 106. 870000 2020年6月19日 106. 960000 107. 050000 106. 750000 106. 870000 2020年6月18日 106. 990000 107. 120000 106. 650000 106. 960000 2020年6月17日 107. 330000 107. 440000 106. 940000 107. 000000 2020年6月16日 107. 320000 107. 630000 107. 200000 107. 320000 2020年6月15日 107. 320000 107. 570000 106. 980000 107. 310000 2020年6月12日 106. 860000 107. 540000 106. 570000 107. 340000 2020年6月11日 107. 120000 107. 230000 106. 560000 106. 850000 2020年6月10日 107. 710000 107. 870000 106. 970000 107. 090000 2020年6月9日 108. 420000 108. 540000 107. 600000 107. 720000 2020年6月8日 109. 670000 109. 690000 108. 220000 108. 420000 2020年6月5日 109. 120000 109. 840000 109. 030000 109. 580000 2020年6月4日 108. 870000 109. 190000 108. 600000 109. 130000 2020年6月3日 108. 670000 108. 980000 108. 400000 108. 890000 2020年6月2日 107. 580000 108. 760000 107. 490000 108. 660000 2020年6月1日 107. 720000 107. 850000 107. 360000 107. 580000• ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の