株主優待 換金率。 【2020/5/2更新】すかいらーくの株主優待券、買取相場は? 今売るのは損?

株主優待の利回り率ランキング(2/8ページ)

株主優待 換金率

株主になると受け取れる株主優待。 株主優待でも最も多いのが、お買い物券や食事券、QUOカードなどの金券です。 しかし優待を受け取った株主の中には、 近くに株主優待券を使えるお店がなかったり、 株主優待の魅力にひかれて投資したわけではなかったりして、 株主優待が無駄になってしまった人もいらっしゃるでしょう。 QUOカードなどを除き、 優待券の70%くらいが期限内に使われずに紙切れになっているのではないかと、語る人もいます。 株主優待は株主本人が使用すべきものですが、無駄にしないために家族や友人にあげるのも一つの方法でしょう。 ですがそれ以外にも、 株主優待券を 金券ショップで換金したり、 オークションに出したりするという方法もあります。 投資をしている人の中には、株主優待券を使わず換金する 「優待券の売り」も投資の一手段としている人もいるそうです。 金券ショップやネット上の売買ショップ、オークションで、株主優待券を高く上手に売れるコツをまとめました! 目次• 株主優待券の買取価格の相場を知ろう 株主優待券を上手に売るには、まず 買取価格をネットで調べてみましょう。 あなたの持っている株主優待券が、金券ショップでどの程度の値段で買取されているか、下調べをするのです。 この時、 複数の金券ショップで検索するようにしましょう。 お店によって取り扱う優待券に違いがありますし、同じ優待券であっても買取価格に差があるためです。 買取金額の比較で使われているネット金券ショップは以下の4つです。 ネット金券ショップは実店舗よりも買取価格を高く提示していることが多いです。 だからサイトに掲載されている買取価格を鵜呑みにして、駅前にある金券ショップなどに持っていくと、金額が違うことにびっくりした、なんて話も。 そもそも ネット金券ショップに買い取ってもらう場合は、 優待券を送る 送料や、 買取のお金を振り込む際の 手数料がかかるため、 少量しか売らない場合はかえって 割高になる可能性があります。 あくまでも価格は参考程度。 大体の相場がわかればOKです。 株主優待券を売るタイミングを見定めよう 使用期限のある株主優待券の場合、使用期限が近づくと買取価格が極端に下がります。 期限ギリギリだと値段が下がるどころか 買い取ってくれない場合すらあります。 使用期限が切れる3カ月前が目安。 これより期限が短くなると、規約で買取を拒否している金券ショップもあります。 使わない、使い切れないと前もってわかっているなら、できるだけ早く売ることをおすすめします。 ただし 交通・レジャー系株主優待は、買取価格が大きく変動する 休暇直前が狙い目と言われています。 ゴールデンウィークやお盆、正月など、 大型連休の前に買取額が高値になるためです。 また、 スポーツクラブの優待券は 「オリンピックイヤーに特に人気が高まる」と言われています。 需要が増えるタイミングを見計らって売却すると、さらに高値で買取してくれるかもしれません。 QUOカードはオリジナルデザインより市販デザインのものを売ろう 保有している株によっては、手元に似たような株主優待が集まることもあるでしょう。 例えば QUOカードが何枚も手元にある場合、 券面のデザインによって換金率は異なります。 企業ロゴやキャラクターなど、企業のオリジナルデザインだと買取価格が2%程度下がるのです。 一般に市販されている券面のほうが、金券ショップでは高く買い取ってくれるそうです。 ですから、使いきれないQUOカードが何枚かある場合、 換金率の低い企業の オリジナルデザインの方は 自分で使い、 換金率の高い 市販デザインの方を 金券ショップに持っていくと良いでしょう。 同じ金券ショップのチェーンでも店舗によって価格が異なる 株主優待券を売買する際に注意していただきたいのは、 同じ金券ショップのチェーンであっても、 店舗によって買取価格や販売価格が違うことがあります。 金券ショップでの株主優待券の買取価格は、そのお店で価格を自由に決められます。 ですから、 その金券ショップの近くに利用できるところがない株主優待券などは、買取価格も安く設定されてしまいがちになるのです。 近くに映画館がある金券ショップでは映画の優待券の買取価格が高い。 これは映画の優待券の需要があるためです。 飲食店でも宿泊施設でもレジャー施設でも、同じような傾向があります。 同じ金券ショップのチェーンであっても、立地条件に違いがあり優待券の需要にも差があるため、 優待券を売買する時は 複数の店舗を確認することをお勧めします。 金券ショップで売れなくてもオークションなら売れるかも! 金券ショップのウェブサイトに 買取価格が載っていない株主優待券があります。 買い取ってくれても 二束三文の値段にしかならない株主優待券もあります。 例えば、 使える地域が限定されている優待券 ホテルの宿泊割引券 ニーズが少ない優待券 残り期限が少ない優待券 このような使い勝手の悪い優待券は、やはり値段がつきにくいです。 ですが 金券ショップでは取り扱いがない株主優待も、 インターネットのオークションやフリマアプリなら売れるかもしれません。 オークションには様々なものが出品されており、誰でも気軽に商品を出品し、落札することができます。 その中には株主優待も出品されています。 オークションを利用すれば全国各地の人にアプローチできるので、換金できるチャンスが広がるのです。 オークションを使うなら、ユーザー数の多い 「 ヤフオク」を使うのが良いでしょう。 人の目に触れる機会が多いほうが、より高値で売却できる可能性が期待できるからです。 株主優待券の ヤフオクでの落札価格が知りたい方はに会員登録をしておくと便利です。 また、ヤフオクの 「 落札相場を調べる」から過去の落札価格を見ることができます。 ヤフオクの検索窓に欲しい商品を打ち込み、検索をかけた後に「落札相場を調べる」をクリックすると その商品の過去の落札された金額が一覧で表示されます。 落札価格は、購入時期や優待券の有効期限などによって変わりますので、あくまで参考程度にしてください。 ネットオークションだと、株主優待券を欲しいと思っている人が直接購入するので、 金券ショップでは買い取ってくれない優待券も売れるメリットがあります。 一方、特にヤフオクの場合はかなり 安く買い叩かれる傾向があり、加えて出品者が 落札金額の 5. 4%が手数料として徴収されます。 さらに 優待券の出品や落札者との連絡、発送といった手間もかかります。 これらもデメリットも踏まえた上で、オークションを利用するのか検討してみてください。 そして 優待券を高く売る方法があるなら、 株主優待を安く手に入れる方法もあるということです。 ほしい優待があるけれど、株価が上がっていて買うことができなかった 売却益を確保するため、権利付き最終日の前に株を売ってしまった そんな方も、 金券ショップやオークションを利用すれば株主優待を安く手に入れられます。 不要な株主優待はコツを使ってできるだけ高く売り、 手に入らなかった株主優待は高く売るコツを逆手にとって安く手に入れる。 上手に立ち回って生活を豊かにしていきましょう! 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次の

【2020/5/2更新】すかいらーくの株主優待券、買取相場は? 今売るのは損?

株主優待 換金率

株主優待の中で人気があるのが食事券などの株主優待だ。 こう聞くと、誰もが株主優待券を使ってランチなどを楽しいんでいると想像してしまうが、中にはこうした株主優待券を金券ショップに持ち込んで現金化している人もいるのだ。 では、現金化するときの効率がいいのは、どの企業の株主優待券なのか。 使用しなくても現金化で高利回りが狙える株主優待券がもらえる株とは? 使用期限が迫ると安値になる! 換金率をチェックして計画的に 使わない株主優待券を金券ショップに売れば、満額とまではいかないまでもお金に換えることができるので、上手に利用しよう。 買取業者はインターネットで検索可能で、ウェブのほうが実店舗より高い買取額を提示していることが多いが、手数料や送料がかかる点には要注意。 買取額は日々変動するのでこまめに確認を! 大手金券ショップ「アクセスチケット」の2016年1月16日現在の主な株主優待券の買取額は表のとおり。 買取額は日々変動するうえ、使用期限が近づくと下がる点も覚えておこう。 使用期限が切れる3カ月前くらいまでの換金がオススメだ。 換金率が高いのは、やの株主優待券。 どちらも500円の株主優待券を460円で買い取ってくれるため、換金率90%を超える水準だ。 NISA口座は別にして、一般口座の場合だと、配当金には約20%超の税金がかかることを考えれば、税金を取られない優待券で90%超の換金率があるなら、かなりオトクと言えるだろう。 こうした点にも頭に入れて、よく使う株主優待券であっても使い切れないようなときには金券ショップを最大限利用して高効率をゲットしよう。 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• ザイ・オンライン編集部(2019.

次の

株主優待券を金券ショップで現金化したら?換金率90%超のケンタッキー(日本KFC)やすかいらーくなど「高現金化率の株主優待」を発表!|株主優待情報[2020年]|ザイ・オンライン

株主優待 換金率

・JR東海の株主優待券について 以前まで紹介していた鉄道系の株主優待券については、 全線片道乗車無料券というような形式の株主優待券が主であった。 また、それと同様に株式の保有数が特に多い株主に対しては定期券タイプで 有効期限以内であれば全線何度でも利用できる株主優待券も存在した。 けれども今回紹介するJR東海の株主優待券についてはあくまでも 片道運賃に対して何割かの割引を設けているようなものだ。 JR東海の株主優待券の内容としては、片道乗車運賃に対して 10%の割引が受けられるというものである。 発行についてはこの10%割引券が1枚ずつであるのだが、 最大では2枚まで使用することができるので20%の割引を受けることも可能である。 また発行枚数としては、 999株までの間であれば100株保有するごとに1枚の発行である。 その次の1000〜20000株あたりまでは200枚か300枚ごとに1枚ずつの発行となる。 そして20000株を超えると100枚発行される。 100000株以上の保有数となると株主優待券の発行枚数は500枚数となり、 これ以上は発行されることはない。 また、JR東海の株価としても高額で現在のレートでは1株あたり 18000円で取り引きされている。 なので、ひとまず100株分保有して株主優待券をもらう場合は最低でも 1800000円かかるという計算となる。 かなり高額であるので、株取引をしている人でもこの株主優待券を持っている人は少ないのではないだろうか。 ちなみにこの株主優待券をもらう条件としては 決算月の3月末に一定数保有していることが条件となっている。 また、JR東海の株主優待券の有効期限としては 6月1日から翌年の5月31日までである。 基本的にいつでも利用できるがゴールデンウィークなどの繁忙期に使用したい場合は1年近く大切に保管する必要がある。 有効期限が大型連休で見てみると微妙な時期に切れるので、有効期限が3カ月を切っていてもチケットショップで買い取ってもらえる可能性も高くなるだろう。 この株主優待券の利用時の注意事項としては、 定期券や回数券、そしてTOICAには利用できないという点である。 ・JR東海株主優待券の買い取り相場や換金率について JR東海の株主優待券買い取り金額の 相場、 換金率について紹介していく。 買い取り金額の相場としては 740円となっている。 高く買い取ってくれるチケットショップでは 820円であり、また最安値のところでは 500円である。 買い取り金額にはチケットショップによってこれだけ差が付くようだ。 チケットショップごとの買い取り金額も確認していく。 アクセスチケットでは1枚 820円での買い取りとなっている。 ちなみに2017年5月31日で切れるものに関しては、2016年6月1日からとのみ書かれているようだ。 よく見てみると、 有効期限については90日以上とは書かれている。 調べている数十分の間に価格が変動していたのでチケットショップに持ち込む場合 査定金額が時価となる可能性がある。 格安チケットコムではアクセスチケットと同様の条件でも、1枚 750円の買い取り価格となっている。 甲南チケットではネットでの買い取り価格は 800円となっている。 また、チケッティでは 600円と安値である。 他のJRの株主優待券と買い取り価格を比較してみると安めのようだ。 内容としても割引率が 10%となっているのでしょうがないのかもしれない。 また、JRで近場の移動であれば利用するメリットがないので 長距離利用の人が少しでも安くしたい場合に利用するイメージがある。 ちなみにオークションであれば 1000円前後という結果になっている。 ・チケットショップの紹介 買い取り実施しているチケットショップを紹介する。 郵送の買い取り連絡をしてみるといいだろう。 ・高く買い取ってもらうためのポイント 名古屋駅を利用する人にとっては割と利用する機会が多いので、有効期限が3カ月を切っていても買い手は見つかりそうである。 ただ、株主優待券はどこのものであっても 綺麗な状態で保管していることが条件となるので、保管方法には十分に気を付けておくことだ。 JR東海のように 有効期限が 1年と長いものであると利用する機会がない人にとっては持っていることも忘れてしまうかもしれない。 クリアファイルなど重要書類を入れているファイルに一緒に入れておくことをおすすめする。 鉄道を利用する頻度が高いので株主優待券に対する需要も高まってきている。 価格変動が数時間の間だけでも大きいので、 1週間くらいは変動価格を確認してからチケットショップに持ち込むことが最適かもしれない。 タイミングが重要となってくる。 なので、できれば郵送での買い取り査定よりも チケットショップへの持ち込みが 安全かもしれない。 また、株主優待券を大量に持っている人は まとめて売る方が1枚あたりの買い取り金額が高くなるので、なるべくまとめて売るようにしよう。 ・JR東海を安く利用するために 新幹線を利用する人にとってはおすすめの株主優待券とも言えるだろう。 例えば、片道で15000円であった場合は 10%の割引で 13500円となる。 チケットショップで仮に今回のJR東海の株主優待券を使用する場合はチケット料金を800円として差し引くと、おおよそ 700円は 得をする。 サラリーマンであればチケットを買い求める労力が700円程度であればあきらめるかもしれない。 けれども、時期が3〜5月は就職活動時期、転勤移動時期、また、ゴールデンウィークなどの大型連休がある時期だ。 そして年末年始などイベントや連休が重なっている場合はこのような株主優待券は良く売れそうな雰囲気だ。 JRの繁忙期にチケットショップの優待券の在庫も減るのであれば、 繁忙期に持ち込みに行くのがいいのかもしれない。

次の