4 スタンス 理論 b2。 4スタンス理論のタイプチェック!間違った判別をしない方法と手順とは?

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(48)】スイングタイプとパター選び

4 スタンス 理論 b2

ワイパー軌道と直線軌道 客観的に見ればゴルフクラブのスイングは、上から見ればすべてワイパー軌道(体を軸にしてフェースを開いて閉じる)です。 パラレルタイプの4スタンス理論の A2・B1タイプでは体重移動がない分、スイング軸は1軸でパタースイング軌道はワイパーになりやすいはずです。 一方、 A1・B2ではクロスタイプで体重移動が大きくなり、2軸スイングになっています。 軌道は少なくとも インパクトの前後では直線軌道のイメージ(首の付け根を支点とした腕の振り子=ショルダーストローク)があり、「左で引いたり A1 ・右で押したり B2 」のイメージがあるはずです。 そのためパタースイングでは直線軌道でインパクトしたいイメージが出るはずです。 (フィル・ミケルソンが題材ですが、彼はB2タイプで松山英樹プロと同じクロスタイプとなるわけですが、ワイパーストロークを好んでいるようです。 ) しかし、だれもが必ずしもそうではないのは、他の多くのイメージが混在するので、練習する中で色々なスイングとなっているのでしょう。 おなじみのオデッセイで、定番のツノ型です!口コミも多いです。 他のタイプも選べるようなので、口コミを参考にしてみましょう!2019年3月現在、55%オフ!売り切れ必至! 楽天で購入 マレットは重心がフェース面より深いため、スイングではインパクト後も自然にヘッドが押し出され、 「左肩で引くA1タイプ」「右手で押し込むB2タイプ」の直線イメージに自然になじむはずです。 マレットの重心深度やFP(フェースプログレッション)の違うヘッドを試してみることをお勧めします。 私はB2ですが、ピンタイプでのショルダースイングより、 重心の浅いマレットタイプをライ角をフラットにして、よりスイングイメージでワイパー軌道で打つことを好みます。 しかし、ロングパットの時はワイパー軌道でスイングすると距離感が出るのですが、ショートパットの場合、肘をわきから離してショルダースイングで直線軌道で方向性を合わせる打ち方をします。 これはショットの時も同じで、林の中から狭い木の間を抜くショットをする場合、肘を張って、フェースのオープン・クローズを抑えて、方向性を出します。 これは個人差の問題があるので、試してみてください。 A1タイプの松山秀樹選手がパターの不調に陥ると、エースパターのピン型からマレットパターを使って感覚を取り戻して?いくのがわかるような気がします。 A2タイプのタイガーウッズ選手も、ピンパター(スコッティキャメロン ニューポート)がお気に入りです。 しかし、パラレルタイプA2・B1でも重心深度が深い大型マレットを使う選手も見られ、インパクトのイメージだけでは決まらないのでしょう。 しかし、一度、L字、ピン、マレットタイプなどを打ち比べて、どれが自然になじめるのか試してみることが最良の策でありましょう。 この機会にいかがでしょうか? クチコミも好評です!.

次の

【速攻上達】ゴルフ4スタンス理論「B2」タイプのスイングの特徴と練習方法

4 スタンス 理論 b2

スイングタイプ別に相性の良いドライバーヘッド 4スタンス理論のスイングタイプ(A1・A2・B1・B2)別に、相性の良いドライバーヘッドを検証してみましょう。 現在、 最も飛ぶスイング軌道は、30年以上前からジャンボ尾崎がやっている 「アッパー軌道」(アッパーブロー)です。 現在の女子プロの間でも常識化しているので、ヘッドスピードから考えて我々、 男子アマチュアゴルファーが実施するのにも適応していると考えられます。 そこで、アッパー軌道を作りやすいのは、 「あ・うんのゴルフ・4スタンス理論」のA1・A2・B1・B2の4つのスイングタイプの中でどれが適しているのかを考えてみましょう。 それは体重移動の幅が違っているからで、 クロスタイプ(A1・B2)は2軸スイングになり、インパクトも長くなります。 パラレル(A2・B1)は1軸スイングが向いているのでインパクトは点となり、体重移動は少なく「その場の回転」が強調されます。 すると当然に、 2軸スイングのほうが、ヘッド軌道が最下点を過ぎてから上がるときまでフェースの向きをスクエアに保つには向いていることになります。 ジャンボ尾崎がアッパーブローを採用したのは、4スタンス理論のB2で右半身打ちであり、インパクトで右手で押し込む意識があって、当然行きつく結果だったと言えます。 また、アッパーに打っていくには、同じパラレルで左半身で引き揚げるイメージのA1と比較しても、インパクトゾーンが右側に来るので、より向いていたものと考えられます。 スゴイと思うのは、後から確立された4スタンス理論がジャンボのスイングを証明できたという点です。 つまり、 アッパー軌道、アッパーブローのスイングは4スタンス理論のB2に最も合っていると思われます。 採用するには抵抗があるかもしれません。 しかし、これも練習量で左右されますので、プロにとっては飛距離が稼げるのであれば身に付けることは容易であるのかもしれません。 トップトーナメントプロは、パラレルタイプであっても、現在採用しつつあるようです。 5度を最高として、やはり現代の最新理論のヘッドを持つ 「テーラーメイドM1・M2」「キャロウエイGBB EPIC STAR」などを採用するのがベストかもしれません。 低重心で、ある程度のロフトのあるヘッドが最適です。 ヘッドスピードに合った打ち出し角度、スピン量を見て、最大飛距離が出るロフト角を選ぶのがいいでしょう。 プロが10. 5度を選ぶ時代に、まだアマチュアゴルファーの間では9. 5度が先に売れるようですが、アマチュアゴルファーは10. 5度を選ぶのが賢明です。 何故なら、打ち出し角が多いほうが得だからです。 (シャフトはFUBUKIでアベレージゴルファーに最適です。 )口コミ評価もイイです。 ーーー クロス・パラレル両タイプとも、ヘッドスピード別に考えなければなりませんが、 打ち出し角度を適正化することを優先したほうが飛距離(キャリー)が出るようです。 【カテゴリー】• 170• 120• 339• 166• 250• 156• 716• 167• 139• 【アーカイブ】• 129• 205• 224• 216• 219•

次の

ゴルフ4スタンス理論 B2タイプの特徴

4 スタンス 理論 b2

ワイパー軌道と直線軌道 客観的に見ればゴルフクラブのスイングは、上から見ればすべてワイパー軌道(体を軸にしてフェースを開いて閉じる)です。 パラレルタイプの4スタンス理論の A2・B1タイプでは体重移動がない分、スイング軸は1軸でパタースイング軌道はワイパーになりやすいはずです。 一方、 A1・B2ではクロスタイプで体重移動が大きくなり、2軸スイングになっています。 軌道は少なくとも インパクトの前後では直線軌道のイメージ(首の付け根を支点とした腕の振り子=ショルダーストローク)があり、「左で引いたり A1 ・右で押したり B2 」のイメージがあるはずです。 そのためパタースイングでは直線軌道でインパクトしたいイメージが出るはずです。 (フィル・ミケルソンが題材ですが、彼はB2タイプで松山英樹プロと同じクロスタイプとなるわけですが、ワイパーストロークを好んでいるようです。 ) しかし、だれもが必ずしもそうではないのは、他の多くのイメージが混在するので、練習する中で色々なスイングとなっているのでしょう。 おなじみのオデッセイで、定番のツノ型です!口コミも多いです。 他のタイプも選べるようなので、口コミを参考にしてみましょう!2019年3月現在、55%オフ!売り切れ必至! 楽天で購入 マレットは重心がフェース面より深いため、スイングではインパクト後も自然にヘッドが押し出され、 「左肩で引くA1タイプ」「右手で押し込むB2タイプ」の直線イメージに自然になじむはずです。 マレットの重心深度やFP(フェースプログレッション)の違うヘッドを試してみることをお勧めします。 私はB2ですが、ピンタイプでのショルダースイングより、 重心の浅いマレットタイプをライ角をフラットにして、よりスイングイメージでワイパー軌道で打つことを好みます。 しかし、ロングパットの時はワイパー軌道でスイングすると距離感が出るのですが、ショートパットの場合、肘をわきから離してショルダースイングで直線軌道で方向性を合わせる打ち方をします。 これはショットの時も同じで、林の中から狭い木の間を抜くショットをする場合、肘を張って、フェースのオープン・クローズを抑えて、方向性を出します。 これは個人差の問題があるので、試してみてください。 A1タイプの松山秀樹選手がパターの不調に陥ると、エースパターのピン型からマレットパターを使って感覚を取り戻して?いくのがわかるような気がします。 A2タイプのタイガーウッズ選手も、ピンパター(スコッティキャメロン ニューポート)がお気に入りです。 しかし、パラレルタイプA2・B1でも重心深度が深い大型マレットを使う選手も見られ、インパクトのイメージだけでは決まらないのでしょう。 しかし、一度、L字、ピン、マレットタイプなどを打ち比べて、どれが自然になじめるのか試してみることが最良の策でありましょう。 この機会にいかがでしょうか? クチコミも好評です!.

次の