クラロワ 現環境デッキ。 【クラロワ】枯渇デッキ*現環境テンプレ*ナイトインフェ*アウプリ*NEW枯渇【8/18】

【クラロワ】環境トップと噂のザッピー入りペッカデッキが・・・強い?

クラロワ 現環境デッキ

現環境おすすめデッキ スケルトンバレル枯渇 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 基本的にはゴブリンバレルやスケルトンバレルで削っていく。 ローリングウッドで処理されないように、プリンセスや吹き矢ゴブリンにウッドを使わせ、ゴブリンバレルやスケルトンバレルを活かす立ち回りとなる。 枯渇デッキ 吹き矢ゴブリン編成 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 吹き矢ゴブリンやプリンセスなど、ローリングウッドを使わせるユニットをデッキに何体か入れて、相手を翻弄しよう。 プリンセスと吹き矢ゴブリンの延命がカギを握る。 枯渇デッキ アイスピ編成 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 ロケットを編成した枯渇デッキ。 ロケット圏内までタワーにダメージを与えれば良いので、ジワジワとダメージを与える枯渇デッキと相性が良い。 アイスピとバレルのコンボもお手軽ながら強力だ。 枯渇デッキ 高回転 コスト平均 3. 0 デッキの特徴 回転力を重視した枯渇デッキ。 アイスピとファイボ編成にすることで、コストを抑え、回転力を上げて相手を翻弄していく。 枯渇ホグデッキ アリーナ9 コスト平均 3. 6 デッキの特徴 相手の呪文を枯渇させるユニットを多く編成したデッキ。 爆発力こそないものの、ジワジワとタワーを削ることができる。 ホグとバレルのコンボが強力。 バレルミラーデッキ アリーナ6 コスト平均 3. 0 デッキの特徴 ゴブリンバレルをミラーすることで、相手の呪文を枯渇させるデッキ。 ローリングウッドをいかに使わせるかがポイント。 ディガーをプリンセスや吹き矢ゴブリンに変えても運用可能だ。 メガナイト枯渇デッキ アリーナ10 コスト平均 3. 6 デッキの特徴 メガナイト枯渇は、基本的に通常のテンプレ枯渇デッキのナイトの所をメガナイトに変更したデッキ構成になる。 コストは高いものの、メガナイトのHPの高さと範囲攻撃で防衛力が上がる。 枯渇とは? 相手の呪文を枯渇させる 枯渇デッキは細かいユニットを中心に編成し、相手にローリングウッドやザップ、矢の雨などの呪文を使わせて枯渇させていく。 相手の呪文が尽きた段階で、バレルを使うとタワーに刺さりやすい。 長い間使われているデッキ 枯渇デッキは長期間に渡って、多くのプレイヤーに使用されているデッキだ。 ずば抜けて強力なカード1枚というよりはデッキ全体で相手を翻弄していくので、バランス調整の影響を受けづらいのが特徴。 枯渇デッキの今後 枯渇デッキは、ザップのダメージ量が調整前のものに戻った場合、エリアドを取れる呪文がローリングウッドとザップになるため、使い勝手は非常に悪くなる。 枯渇プレイヤーは呪文のバランス調整に注目しておこう。 クラロワ他の攻略記事 デッキ一覧 アリーナ別デッキ一覧 アリーナ9 カード一覧 タイプ別一覧 レア度別一覧.

次の

【クラロワ】現環境最強施設、「ゴブリンの小屋」が入ったオススメデッキ紹介!

クラロワ 現環境デッキ

現環境おすすめデッキ スケルトンバレル枯渇 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 基本的にはゴブリンバレルやスケルトンバレルで削っていく。 ローリングウッドで処理されないように、プリンセスや吹き矢ゴブリンにウッドを使わせ、ゴブリンバレルやスケルトンバレルを活かす立ち回りとなる。 枯渇デッキ 吹き矢ゴブリン編成 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 吹き矢ゴブリンやプリンセスなど、ローリングウッドを使わせるユニットをデッキに何体か入れて、相手を翻弄しよう。 プリンセスと吹き矢ゴブリンの延命がカギを握る。 枯渇デッキ アイスピ編成 コスト平均 3. 3 デッキの特徴 ロケットを編成した枯渇デッキ。 ロケット圏内までタワーにダメージを与えれば良いので、ジワジワとダメージを与える枯渇デッキと相性が良い。 アイスピとバレルのコンボもお手軽ながら強力だ。 枯渇デッキ 高回転 コスト平均 3. 0 デッキの特徴 回転力を重視した枯渇デッキ。 アイスピとファイボ編成にすることで、コストを抑え、回転力を上げて相手を翻弄していく。 枯渇ホグデッキ アリーナ9 コスト平均 3. 6 デッキの特徴 相手の呪文を枯渇させるユニットを多く編成したデッキ。 爆発力こそないものの、ジワジワとタワーを削ることができる。 ホグとバレルのコンボが強力。 バレルミラーデッキ アリーナ6 コスト平均 3. 0 デッキの特徴 ゴブリンバレルをミラーすることで、相手の呪文を枯渇させるデッキ。 ローリングウッドをいかに使わせるかがポイント。 ディガーをプリンセスや吹き矢ゴブリンに変えても運用可能だ。 メガナイト枯渇デッキ アリーナ10 コスト平均 3. 6 デッキの特徴 メガナイト枯渇は、基本的に通常のテンプレ枯渇デッキのナイトの所をメガナイトに変更したデッキ構成になる。 コストは高いものの、メガナイトのHPの高さと範囲攻撃で防衛力が上がる。 枯渇とは? 相手の呪文を枯渇させる 枯渇デッキは細かいユニットを中心に編成し、相手にローリングウッドやザップ、矢の雨などの呪文を使わせて枯渇させていく。 相手の呪文が尽きた段階で、バレルを使うとタワーに刺さりやすい。 長い間使われているデッキ 枯渇デッキは長期間に渡って、多くのプレイヤーに使用されているデッキだ。 ずば抜けて強力なカード1枚というよりはデッキ全体で相手を翻弄していくので、バランス調整の影響を受けづらいのが特徴。 枯渇デッキの今後 枯渇デッキは、ザップのダメージ量が調整前のものに戻った場合、エリアドを取れる呪文がローリングウッドとザップになるため、使い勝手は非常に悪くなる。 枯渇プレイヤーは呪文のバランス調整に注目しておこう。 クラロワ他の攻略記事 デッキ一覧 アリーナ別デッキ一覧 アリーナ9 カード一覧 タイプ別一覧 レア度別一覧.

次の

クラロワみかん坊やのバルーン最新デッキを解説!メガナイト版も!

クラロワ 現環境デッキ

まず、テンプレートのロイヤルホグデッキの構築を知るためにはロイヤルホグの特徴を知る必要があります。 スペルを枯渇させる能力が高い ロイヤルホグはホグライダーとは違い、 4匹の子豚が出撃します。 このため、範囲攻撃に弱く、高火力ユニットに強いという特徴があります。 例えば、ホグライダーはペッカ、ミニペッカで完封することが出来ますが、ロイヤルホグは完封できません。 ですが、ロイヤルホグは範囲に大きくダメージを与えるスペルに弱くなっています。 しかし、むしろこれが 強みでもあるのです。 一般的にデッキには大型スペルが1枚あるかないか、小型スペルが1、2枚入っていますが、デッキの中で限りあるスペルを 使わせることが出来た、とも捉えられます。 つまり、枯渇デッキと同じ要領で相手のスペルを枯渇させ、スペルには弱いが、対ユニットでは強力な力を発揮するユニットが活かすことがホグライダーとは違うロイヤルホグの特徴であると言えます。 呪文とシナジーを生む高火力 ロイヤルホグは1匹1匹の火力があるため、遅延効果を付与するアースクエイクとのシナジー効果もあります。 アースクエイクを採用することで、ロイヤルホグの弱点であったファイアーボールを高回転で回せるクロスボウデッキにも立ち回ることができるようになります。 そのため、ホグライダーなどと比較しても範囲攻撃ユニットに弱くなっています。 しかし、ロイヤルホグはそんなことではやられません。 攻撃対象がタワーのユニットの中でも珍しい 両サイドに分けて出撃 セパレート することが出来るユニットでもあります。 相手のデッキに範囲攻撃のユニットが入っている場合には固めて出してしまうと、簡単に処理されてしまいます。 ではそこでセパレートして出してみましょう。 そうすると、 範囲攻撃ユニット単体での処理が難しくなります。 両サイドプレッシャーをかけていき、削れているタワーを最後に詰めていく。 この立ち回りが範囲攻撃ユニット、ダークプリンスやメガナイトのあるデッキには有効打となります。 ロイヤルホグデッキのボムタワーのメタとして真っ先に挙げられるのが アースクエイクです。 ですが、ロイヤルホグとアースクエイクを組みあわせてもボムタワーの前には少しのダメージしか通りません。 つまりほとんど4エリクサーアドバンテージになってしまいます。 アースクエイクの施設系へのダメージが減少されたこともあり、よりシビアになっています。 ではどのようにしてボムタワーを突破していくのかと言うと、 ユニットを溜めましょう。 具体的には カウンターです。 ロイヤルホグのデッキにはおおよそ 長射程ユニット、マジックアーチャーやロケット砲士が入っています。 その長射程を活かし、防衛していきましょう。 そのカウンターでロイヤルホグとアースクエイクを付け加えることでボムタワーを突破し、更には残っているユニットが大きくダメージを与えていきます。 ですが、ローリングウッドやローリングバーバリアンによって処理されつつ、ロイヤルホグもダメージを受けてしまうため、相手の手札を把握しながらでないとむしろ逆効果かなと思っています。 ロイヤルホグは盾ユニット!? このタイトルを見た時に、え?そうなの?と思う人がいると思います。 似たところで言うと、ホグライダーが盾ユニットとは思えませんよね。 しかし、ロイヤルホグは盾ユニットにすらなれるポテンシャルを秘めています。 まずひとつはこのシーン。 ロイヤルホグとミニペッカによる攻めです。 この攻撃方法はかなり有効なのですが、なぜだか分かりますか? そう、この攻め一見ロイヤルホグを通しているように見えますが、 ミニペッカを通しにいっています。 既に述べたように、ロイヤルホグには範囲攻撃ユニットを出す必要があります。 その範囲攻撃ユニットに刺さるのがミニペッカです。 それならば、ミニペッカに対して強いユニットを出したろ!!と思いますよね。 そうなると、ロイヤルホグが大きくダメージを与えていきます。 なのでどっちに転んでも嬉しい展開になるわけです。 加えてこのシーン。 こちらの場合はロイヤルホグを通しているように見えて、ロイヤルホグにターゲットしたユニットを マジックアーチャーで射抜いています。 この攻めもかなり有効です。 ロイヤルホグにもユニットを割かなければならなくなりますし、マジックアーチャーにもユニットを割かなければならなくなります。 更にはマジックアーチャーを処理したユニットが先行してしまうため、カウンターにも繋がりにくいです。 2つのシーンについて見てきましたが、このようにしてロイヤルホグを盾にする戦術もかなり有効です。

次の