ご 教授 いただき たく 存じ ます。 「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

ご 教授 いただき たく 存じ ます

「ご教示」のビジネスでの使い方と注意点 「ご教示」は敬語のため上司など目上の相手に使える 「ご教示」は、先程も述べたように「教示」という言葉に、接頭語の「ご」をつけた言葉である為、 上司など目上の相手にも使用することができます。 上司など目上の人に使用する場合は「ご教示のほどよろしくお願いいたします」などと謙譲語にして使います。 「ご教示」は主に文書やメールなどで使う 「ご教示」は、 主に文章やメールなどで使用する言葉です。 口頭で使用するにはやや堅苦しい印象を与えてしまいます。 「ご教授」と違い、短時間で教えてもらえるような内容に関することである場合に使用する言葉でもあるので、直接口頭でお願いするのであれば、 「お教えください」などカジュアルな言い回しを使用することも可能です。 「ご教示ください」「ご教示願います」は少し強引な印象がある 「ご教授」をお願いする場面で使用される 「ご教示ください」「ご教授願います」は少し強引な印象がある言い回しなので注意が必要です。 それぞれ強引な印象になってしまう理由としては、 「ご教示ください」は、 「ください」が「くれ」の尊敬語である為に強引な印象になってしまう言い回しであること。 「ご教示願います」は、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 したがって、「ご教示ください」「ご教示願います」よりおも丁寧な言い回しをしたほうが好ましいといえます。 丁寧な「ご教示」をお願いする言い回しは、後述しますので参考にしてください。 「ご教示」のビジネスメールでも使える例文 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」は、 柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教示のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教示してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「ぜひとも今後の改善点についてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「今後の売り上げ向上にむけてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「もし証拠となる目撃情報があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示いただきたく存じます」 「ご教示いただきたく存じます」は、「 教えてもらいたいと思います」という意味の柔らかい丁寧な言い回しの頼み方です。 例えば「〜についてご教示いただきたく存じます」は、「〜について教えてもらいたい思います」をいうような意味合いになります。 例文 「報告書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「他にも何かご意見があればぜひご教示いただきたく存じます」 「何か参考になるオススメの作品があればご教示いただきたく存じます」 「ご教示いただけますと幸いです」 「ご教示いただけますと幸いです」は、丁寧なお願いの言い回しになります。 「いただけます」という言葉は「〜することができます」という意味があり、「〜する」という動詞を「いただけます」と丁寧にした言葉です。 この場合「ご教示いただけますと」は、「ご教示してもらえると」という意味になります」 「幸いです」は、「 嬉しいです・幸せです」という意味の言葉です。 つまり、「ご教授いただけますと幸いです」は「 ご教示してもらえると嬉しいです」という意味の言い回しということです。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、新企画の内容についてご教示いただけますと幸いです」 「今回の件について何か知っていることがあればご教示いただけますと幸いです」 「資料の送付先がわからないにで、お手数ですがご教示いただけますと幸いです」 「ご教示いただけますでしょうか」 「ご教示いただけますでしょうか」は、 「〜をしてもらう」という謙譲語である「お〜いただく」というを使用した敬語表現です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 「ますでしょうか」は、丁寧語の「ます」に「〜だろうか?」という意味の丁寧語で、「〜ですか?」というように問いかけている表現となります。 つまり、「ご教示いただけますでしょうか?」は、「 教えていただけるだろうか?」という意味であるということがわかります。 例文 「この件に関しまして何かお気づきの点があればご教示いただけますでしょうか」 「お忙しいところ恐縮ですが、入力方法をご教示いただけますでしょうか」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」 「知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」は、「ご教示」を使用したお願いの仕方として丁寧すぎるほど丁寧な言い回しです。 「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」は、「見て知っていることという意味」の「知見」「もらう」の謙譲語である「賜る」に「幸甚の至に存じます」と続いている言葉です。 「幸甚の至に存じます」は、「私にとって幸せなことです」つまり「嬉しいです」というニュアンスのある言葉です。 つまり、「知見をご教示賜われれば、幸甚の至にぞんじます」は「 見て知っていることを教えてもらえれば嬉しいです」という意味になります。 「ご教示」という言葉を使用するのも堅苦しいと言えるほど丁寧な言葉であるため、「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」という言い回しは、 日頃のビジネスシーンには不適切だといえます。 例文 「この事件のことでなにか知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」 「新商品に関するご知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」 「ご教示」以外に教えてもらいたい時に使える敬語フレーズ 教えていただけると幸いです 「教えていただけると幸いです」は、「 教えてもらえうと嬉しいです」といったニュアンスの言い回しです。 「ご教示」に比べると、口頭でも堅苦しすぎない丁寧な言い回しが「教えていただけると幸いです」となります。 「教える」という言葉を使用した言い回として「お教えいただけると幸いです」などもあります。 例文 「些細なことでも気づいたことがあれば教えていただけると幸いです」 「領収書の提出の仕方を教えていただけると幸いです」 「接待に向けて、社長の趣味嗜好を教えていただけると幸いです」 ご指導いただけませんか 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「指導」は、「 ある方向に教え導くこと」という意味のある言葉で、「いただけませんか」は、「 もらえませんか?」という言葉に謙譲語です。 つまり、「ご指導いただけませんか」は「 教え導いてもらえませんか?」というニュアンスの言い回しです。 「ご指導いただけませんか」は、「〜のやり方をご指導いただけませんか」というように使用する言葉です。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用です。 また、大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではないため、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があります。 したがって、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 一方「ご教示」は、「 長期間に渡って教えてもらう」ことを表す「ご教授」よりも、「 短い時間でさっと教えてもらえるような事柄」に使用することができるため、使用頻度も「ご教示」のほうが高いといえるでしょう。 「ご教示」はメールで使用することも可能です。 例文 「是非とも、その道のプロに専門的知識をご教授いただきたい」 「本格的にプロを目指したいのであれば、ご教授願うべきでしょう」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」 「幼いころから先生にご教授いただいたお陰で音楽の道に進むことができました。 今後とも変わらずご教授願います」 「時に厳しく、時に優しくご教授いただいたおかげここまで頑張ることができました」 「ご教示」の類語 ご指導 「ご指導」は、「 ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉です。 「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、 目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 「息子が無事にここまで成長してこれましたのも先生方のご指導の賜物です」 「何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます」 「これまで多くのご指導とご配慮をありがとうございました」 ご鞭撻 「ご鞭撻」は、「 ごべんたつ」と読みます。 「ご鞭撻」は、「鞭撻」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「鞭撻」の意味は「 むちで打ってこらしめること」です。 「 努力をするように励ますこと」を「鞭撻」といいます。 「指導」という言葉と合わせて「ご指導ご鞭撻」という「 相手から自分に対する教育や指導を敬った表現」として使用されることが多い言葉です。 例文 「怠け癖があるので厳しくご鞭撻願いたい」 「先生方のご鞭撻のおかげで身を引き締めて受験勉強に励むことができました」 「やる気のない子どもをご鞭撻いただきたく存じます」 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」です。 「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味していて、「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 「指南」は武術や芸能についての教えを表しているので、ビジネスシーンで使うことは少ないです。 例文 「是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか」 「お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました」 「先生にご指南いただいたおかげで最優秀作品賞をいただくことになりました」 お教え 「お教え」は「 おおしえ」と読みます。 「お教え」は、「教え」という言葉に接頭語の「お」をつけた言葉です。 「教え」は、「 教えること・教育」を意味しています。 「お教え」は、 相手に何かを「教えてもらう」というような場面で使用する言葉で、「もらう」謙譲語である「いただく」使用した「お教えいただく」や、「お教えください」というような使い方をします。 例文 「是非とも私に料理の極意をお教えいただけないでしょうか」 「良ければ会場への行き方をお教えいたしましょうか?」 「上手く使いこなせないので詳しい使用方法をお教え願いたい」.

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

ご 教授 いただき たく 存じ ます

「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示ください」は 「教示」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語 「がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というような アドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 例文 「この道を極めたいならプロのご教授を願うべきたど考えました」 「一人暮らしを始めるので私に料理の基礎をご教授いただけませんか?」 「これからも末永くご教授願いたく存じます」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」.

次の

「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

ご 教授 いただき たく 存じ ます

まず「ご教授」の意味ですが、学問や技芸を教えることを丁寧に表しています。 大学教授という言葉はよく聞きますが、ビジネスにおいてはあまり使わない言葉です。 次に「賜る」の意味ですが、これは「もらう」の謙譲語です。 目上の人から物などをもらうときに、この表現を使います。 そして、「与える」の尊敬語でもあります。 主語が誰かによって、謙譲語と尊敬語どちらでも使うことができるので便利です。 ビジネスにおいても、よく使われます。 「日頃よりご愛顧賜り、ありがとうございます」は愛顧 ひいきという意味 をもらう自分側が主体なので、この場合の賜るは謙譲語です。 「ご教授賜る」は専門知識を教えてもらいたい時に使う 「ご教授賜る」は、長期間にわたり専門知識を教えてもらいたいときに使える、あらたまった表現です。 たとえば、歌舞伎の先生に弟子入りして学びを請うときなどに使うと適しているといえます。 政治家の先生の秘書として長きにわたって勤めたいと考えるのであれば、「尊敬する先生の元で、ご教授賜りたく存じます」という表現も適しているといえます。 政治家が「先生」と崇められる場面が多いことから、この場合には「ご教授」でも問題ないと考えられます。 ビジネスの場においては、特殊な場合を除いては、あまり使われることはありません。 ビジネスの場において教えを請う表現は「ご教示」 「ご教授賜る」はビジネスの場においては適切でないことが多いと説明しました。 それでは、ビジネスにおいてはどのような表現が適しているのでしょうか。 「ご教示賜る」であれば、幅広くビジネスの場で使うことができます。 「教示」とは、知識や方法などを教え示すことをいいます。 「ご教授賜る」と似ていますが、読みが異なります。 ご教示 きょうじ いただけますと幸いです、という文はビジネスメールの末尾によく見られますが、業務上の指示内容を得たいときには、これは正しい使い方です。 ビジネスの場においても「ご教授賜る」ではなく簡単な言い回しで構わない 「教えてください」という言い方ではさすがに不躾ですが、「教えていただけますか」と丁寧語にすればビジネスシーンにおいても問題なく使えます。 社会人になりたててで気負ってしまっていたり、逆に30代を過ぎて簡単な言葉では恥ずかしいという思いが知らず知らずにプレッシャーになって慣れない表現を誤用してしまう人がよくいます。 シンプルな表現はわかりやすく、むしろ好まれることが多いのです。 誤解なく理解してもらえることが、ビジネスにおいては一番大切だからです。 普段使わない言葉を正しく使いこなすには 新聞を読むことがおすすめ 「ご教授賜る」「ご教示いただきたい」といった表現は日常の会話においてはあまり使われません。 普段使い慣れない言葉だからこそ、いざというときに何となく使ってしまい、誤用してしまいがちです。 では、どうすればこうした誤用を避け、かつ洗練された表現を自分のものにできるのでしょうか。 活字を読んで語彙を増やすことが一番ですが、インターネット上では正しくない日本語も飛び交っていますので注意が必要です。 教養のためにも、新聞を読むことが一番でしょう。 そして意味がわからない言葉、曖昧に覚えている言葉は辞書で調べましょう。 電子辞書は軽くて便利ですので、いつでも持ち歩くことができます。 言葉を使う上で最も大切なこと相手にわかりやすく伝える 最も大切なことは、間違いをしないことではないのです。 言葉というものは、相手と良い関係を築くためのコミュニケーションのツールに過ぎません。 相手の言葉の間違いにも寛容であった方がよいでしょう。 大切なことは言葉の裏にある相手の気持ちです。 そして、その真意を相手に誤解なく届けるために、よりわかりやすい表現を使うことが思いやりでもあります。 学ぶのに遅すぎるということはありません。 便利な表現を多く学び、自信を持って使えるようにしましょう。 「ご教授賜る」という言葉はビジネスの場で「ご教示賜る」と多く誤用されている ビジネスの場においては「ご教授賜る」が、「ご教示賜わる」という意味で多く誤用されていることがわかりました。 ご教授賜る、という表現そのものは間違いではなく、正しい場面においてはもちろん使うことができます。 ビジネスの場における「ご教授賜る」の誤用から見えることは、多くの人たちが「教えてください」という表現をより丁寧に相手に失礼のないように言おうとしている姿勢です。 これまで誤用をしてしまっていたとしても、相手への敬意を払った丁寧な言い方をしようという気持ちは、人間関係を築く上で何より大切なことです。 コミュニケーションツールである言葉を巧みに操ることで、より円滑に物事を進められるようになるでしょう。

次の