ファマス。 ファマス スーパーバージョン

東京マルイ「ファマス5.56

ファマス

《主な特徴》• 独特なスタイルを再現:独特なバレル形状や大きくえぐれ、さらにホールドしやすくなったハンドガード、グリップ底部からトリガーをかこむように追加された大きなトリガーガード、オープンサイトを配したキャリングハンドルなど、ファマスSVのフォルムを忠実に再現。 スパイク付きバットプレートにはラバーコーティングを施し、発射時の安定感も抜群です。 本物を感じさせる実射性能:ブルパップタイプのフォルムに合わせ、専用のメカBOXをストック内にレイアウト。 本物と同じサイズの銃身長と連射速度を実現し、ファマスらしい実射性能が体感できます。 各種オープンサイトを装備:左右調整可能なフロントサイトと、上下に調整できるリアサイトをキャリングハンドルに搭載。 また、ギミックとして夜間用サイトとグレネードランチャーサイトも再現しています。 ホップ調整も簡単:マガジン上部のポートカバーは、利き腕にあわせて左右の付け替えが可能。 ポートカバーを取り外してダイヤルを回すだけで、ホップのかかり具合を調整することができます。 プレス仕上げのリアルなマガジン:装弾数60発、本物同様のスチールプレス製のアウターケースを採用したマガジンが付属します。 1979年にフランス軍が制式採用したFA-MAS(ファマス)は、機関部をグリップより後ろに配置したブルパップタイプのアサルトライフルです。 フレーム上部にアーチをえがく大きなキャリングハンドルをもち、そのユニークなルックスから「トランペット」とも呼ばれています。 多くのアサルトライフルはバレルをカットして小型化をはかりますが、ブルパップタイプのアサルトライフルはバレルごと機関部を後ろに引っ込ませているため、バレルの長さ(命中精度)に影響をあたえることなく小型化することができます。 また、射手に近い位置に重心があるため重量バランスに優れ、発射時のコントロールも容易です。 取り回しやすさを考慮した理想的な設計と言えるでしょう。 性能の高さのわりにコンパクトであつかいやすいファマスは、機動力を必要とするパラシュート部隊や特殊部隊への採用にはじまり、まもなくフランス軍の第一線で活動するほとんどの部隊に支給されました。 特に湾岸戦争で平和回復のために活躍し、ファマスはアサルトライフルとしての優秀さを実戦で証明したのです。

次の

サイバーガン製 FAMASハイサイ33カスタム!!

ファマス

今回はファマスのシム調整についてです。 以前からセミ撃ちでトリガーロックが頻繁にかかると言う症状に悩まされていて、シム調整をしようと思っていたのですが、ファマスのver. 1メカボはモーターがメカボの中に入っていて、モーターを入れてからコードをハンダ付けされており、ハンダを取らないとモーターを外すことが出来ないのです。 さすがにハンダは取りたくない・・・ モーターを外せないためギアの空回しが出来ないので、ギアの抵抗を調べることが出来ません。 抵抗が調べられないと、適正枚数か分かりません。。 で、ネットを探してもファマスのシム調整について説明している人はいないし・・・ と言う事で今日は時間をかけてじっくり立ち向かいました。 メカボをじっくり見ていると攻略法を発見。 メカボにコードを固定しているプレートを外して モーター後ろの穴からコードごとモーターをメカボの外に出します。 (分かりにくいけどドライバーで指しているところ) そうすればモーターを出してメカボを締め付ける事が出来ます。 ギアの空回しもこれで出来そう。 入れるシムはこれ。 無駄に銅?だったり六角形だったりしますが、近くのホビーショップではこれしか売っていませんでした。 普通ので良かったんですが。 しかもどれが何ミリとか書いていない。 銅色が厚め、六角形が薄めのよう。 フィーリングで入れていきます。 あとはセオリーどおりに真ん中のセクターギアから調整していきます。 ラッチレバー(うち終わった時にピストンのテンションをリリースするやつ)はつけずに、セクターギアだけを入れてシムの枚数調整。 メカボを閉めて2本ネジでメカボを固定してから、本来ラッチレバーがあるところの穴から綿棒を突っ込んで、セクターギアが抵抗なく回って、かつカタカタしないようシムの枚数を探り出します。 セクターギアが決まったら次はスパーギアもつけます。 セクターとスパーの二つだけ入れます。 同様にラッチレバー穴から綿棒を使ってセクターギアを回して、抵抗なくカタカタしないシムの枚数を調整します。 最後にベベルギア調整です。 ベベルギアはラッチレバーのところから普通に手で回せます。 こちらもシムを入れて回りにくければシムを薄く、隙間が出れば厚く、何度もメカボを開けてチェックします。 写真のギアの上に置いているのが上側、下に置いているのが下側に入れた分です。 先程も書いた通り厚みは分かりません。 役に立たなくてすみません。 ベベルギアの下側も2枚ですが、一枚ギアに張り付いてどうしても外れなかったのでそのまま撮影しました。 最後にモーターを戻せば完了です。 ピストンをつけずにモーターとギアを回して慣らしをする方もいますね。 自分も少ししました。 すべて組み付けて使ってみると明らかにサイクルが早くなっていて笑いました。 セミ撃ちも極めて快調です。 トリガーロックは完全に治りました。 どうもシムが厚すぎたのか抵抗になっていた模様。 2時間かけた甲斐があった・・・ 最後に。 自分は初心者です。 記載の内容は正しくないかも知れません。 シム調整について調べていると「シム調整のゴールに正解はあるけど、やり方に正解はない」と書いてある人がいて、自分は悪戦苦闘してなんとか正解にたどりついたものの、他にもっと良い方法があるかもしれません。 丸二時間かかりましたし。。 ただファマスのシム調整について解説している人が全然いなかったので誰かの役に立てばと記しておきます。 sakurakaru.

次の

FA

ファマス

トランペットの異名をもつ、フランスを代表するアサルトライフル ファマス 5. 56-F1は、フランス軍制式採用アサルトライフルとして知られるファマスを、スタイルや機能性、そして実用性までリアルに再現したモデルです。 エアソフトガンの機関部・メカBOXを本物同様にストック内に配置し、バレルの長さ、そして重量バランスにもリアリティを追求。 セレクタースイッチやセフティレバーの操作、そしてブルパップタイプ特有のマガジンチェンジなど、ファマスらしい使用感をたっぷりと楽しむことができます。 《主な特徴》• 独特なスタイルを再現:独特なバレル形状や大きくえぐれてホールドしやすいハンドガード、オープンサイトを配したキャリングハンドルなど、ファマスのフォルムを忠実に再現。 スパイク付きバットプレートにはラバーコーティングを施し、発射時の安定感も抜群です。 本物を感じさせる実射性能:ブルパップタイプのフォルムに合わせ、専用のメカBOXをストック内にレイアウト。 本物と同じサイズの銃身長と連射速度を実現し、ファマスらしい実射性能が体感できます。 バイポッド標準装備:キャリングハンドル前方に金属製のバイポッドを設置。 剛性が高く、未使用時には本体側面に折りたたむことができます。 各種オープンサイトを装備:左右調整可能なフロントサイトと、上下に調整できるリアサイトをキャリングハンドルに搭載。 また、ギミックとして夜間用サイトとグレネードランチャーサイトも再現しています。 ホップ調整も簡単:マガジン上部のポートカバーは、利き腕にあわせて左右の付け替えが可能。 ポートカバーを取り外してダイヤルを回すだけで、ホップのかかり具合を調整することができます。 プレス仕上げのリアルなマガジン:装弾数60発、本物同様のスチールプレス製のアウターケースを採用したマガジンが付属します。 2〜0. 28g) 動力源 8. 56-F1 種類 アサルトライフル• 4Vニッケル水素バッテリー専用の充電器をご使用ください。 (別途、変換コネクターセットが必要です。 1979年にフランス軍が制式採用したFA-MAS(ファマス)は、機関部をグリップより後ろに配置したブルパップタイプのアサルトライフルです。 フレーム上部にアーチをえがく大きなキャリングハンドルをもち、そのユニークなルックスから「トランペット」とも呼ばれています。 多くのアサルトライフルはバレルをカットして小型化をはかりますが、ブルパップタイプのアサルトライフルはバレルごと機関部を後ろに引っ込ませているため、バレルの長さ(命中精度)に影響をあたえることなく小型化することができます。 また、射手に近い位置に重心があるため重量バランスに優れ、発射時のコントロールも容易です。 取り回しやすさを考慮した理想的な設計と言えるでしょう。 性能の高さのわりにコンパクトであつかいやすいファマスは、機動力を必要とするパラシュート部隊や特殊部隊への採用にはじまり、まもなくフランス軍の第一線で活動するほとんどの部隊に支給されました。 特に湾岸戦争で平和回復のために活躍し、ファマスはアサルトライフルとしての優秀さを実戦で証明したのです。

次の