葬式 電報。 葬儀に送る電報の例文とは?送り方や金額相場・お礼状の例文も解説!|終活ねっと

葬儀に送る電報の例文とは?送り方や金額相場・お礼状の例文も解説!|終活ねっと

葬式 電報

1 弔電(ちょうでん)とは? 弔電は、お通夜やお葬式に参列できない場合に、遺族の方へその弔意を伝えるための電報のことをさします。 なので、弔問に行ける場合は、必要ありません。 申し込みには2種類あります。 「115」の電話申し込みする方法と、ネットでの申し込みです。 通常弔電は、様々な文例が用意されているので、その中から選ぶものとされています。 価格は、文字数と台紙代で決まりますが、そのほかにオプションを付ければその料金も加算されます。 弔電は参列できない場合の電報と言いましたが、有名人や企業などでコマーシャル的に弔電を打つ場合もあるようです。 【弔電を準備する前に必ず確認すること】 1.電報を送る先の、時間と場所(通夜もしくは葬儀) 2.喪主と故人の名前 3.宗教(その宗教に不適当な用語などを避けるためです) 2 実際の送り方 1.電話で申し込む場合 固定電話、au、ドコモから電話番号「115」に掛けると、NTTの電報サービスにつながります(ソフトバンクの場合は、ソフトバンク独自の「ほっと電報」というサービスにつながるようです)。 受付時間は、午前8時~午後8時までです(午後7時までであれば、全国当日発送可能)。 24時間受付ではないので、注意しましょう。 また、もっとも注意するポイントは料金の請求のされ方です。 電報の料金は、電話での申し込みの場合、掛けた番号に請求されます。 もし、クレジット払いなどにしたい場合はフリーダイヤルから掛けるようにしましょう。 電話が便利なのは、特に初めての場合オペレーターと相談しながらできるので、安心です。 電話でオペレーターに聞かれるメインの内容は以下のようなことでしょう。 電話をかけているあなたの名前(弔電の送り主が違う場合はその旨を伝えましょう)• 電報の種類(お祝いもしくはお悔やみか、ということです)• かな電報か漢字電報(「漢字電報」を送りましょう)• 配達希望日時(日付のほか、午前か午後かも指定可能です。 式が始まる時間なども伝えておきましょう)• 送り先電話番号(これは答えられなくても問題ないようです)• 届け先住所(会場名まであるとなお良しです)• 受取人の名前(一般的には、喪主か遺族のお名前です。 故人の名前はダメです)• メッセージの内容(自作でもOKですが、文例から選ぶと失敗がないです) NTTの文例• 差出人の名前(電報の送り主を誰にするかです。 会社名などでも可能です)• 台紙の種類(ピンからキリまであります) NTTの台紙• 明朝体の横書きor毛筆縦書き(毛筆縦書きの場合、オプション料金100円が発生します) 2.ネットからの申し込み(D-MAIL)の場合 ネットで申し込みするのが便利という人や、ネットの扱いになれている人はこちらもおすすめです。 なんといっても、24時間受付なのは便利です(ただし、当日発送は午後7時まで)。 クレジット払いが可能な点、画面や文章を実際見ながら選べるのも、非常に利便性が高いでしょう。 一点注意点としては、西日本と東日本では、アカウントが別になっている点です。 3 料金 1.文字数による料金 電話申し込みと、ネット申し込みで料金が多少変わります。 オペレーターを挟んでいるだけあって、電話申し込みの方が40円高い設定となっています。 また、早めの申し込みはお得な料金になります。 お届け希望日3日前までの申し込みをすると、150円安くなります。 早めに準備するのが吉ですね 2.台紙による料金 前述したとおり、台紙の料金はピンキリです。 様々な種類があるので、故人との関係性を鑑みながら選びましょう。 【参考例】 ベーシックタイプ:0円~500円 刺繍や押し花があしらわれているタイプ:500円~3000円 線香付き:4000円~6000円 うるしの漆器盆やちりめんの袱紗など、高級感があるフォーマルなもの:3000円~5500円 ブリザーブドフラワー付き:3000円~12500円 これのほかに、オプションサービスを選択することができます。 文字数、台紙、オプションの3つの要素で弔電の料金は決まるのです。

次の

弔電文例|例文からそのまま送れるお悔やみ電報メッセージ集

葬式 電報

お葬式で貰った電報! お礼はするべき? まず一番重要なのは そもそも、お礼はしなければいけないの? ということかと思います! その答えは、 どちらでも良い! ただ、貰ってそのまま放置。 お礼にをする際は品物だけでいいの? お礼は別にしなくても いいみたいだけど、折角だし…。 とお礼の品を送る場合は、 品物だけを送るのはあまり 良くはありません! 相手はお礼を貰えるなんて 思ってもいない場合、 急に品物だけが送られて来たら、 それが何の品なのか? どういう意図なのか分からない! と困らせてしまう場合があります。 そのため、 これは弔電のお礼であることを ちゃんとお手紙にして 一緒に送るようにして下さいね! 全文でもお話ししましたが、 弔電を頂いたお礼に最も必要なのは お手紙です。 自分の気持ちやお礼を 伝えることが前提なので、 こう! というものはないのですが、 何と書けば分からない! 形式をちゃんとしたい! お陰さまで 滞りなく葬儀が済みましたこと ご報告申し上げます。 本来ならば お伺いし御礼申し上げるべき でございますが、 忌中につき略式ながら 書中をもってご挨拶申し上げます。 平成〇年〇月〇日 住所 名前 ポイントとしては、 故人の書き方は ・父親 母親 …亡き父 母 ・祖父 祖母 …亡き祖父 祖母 ・名前…故〇〇 というように書きます。 お礼の品を添える際は 文書内に 『心ばかりの品でございますが お納め下さい』と言うように 品物がどういった意味の物なのかを 記載しておきましょう! 送る期間としては いつまでというのはありませんが、 極力早く目安としては1週間以内に 送るのがベストではあります。 しかし、まだ悲しくてそんな気にならない…。 疲れが出てしまった。 そんなことも有り得ます。 そういった際は無理をしない程度に お礼をしていくことをオススメします! 弔電は前文にも書きました が 値段のこともあり、 あまりお礼の品を送る。 ということはあまり無いのですが、 お礼の気持ちを品で送りたい! そういった場合は 1000円~1500円 位の品物を贈るのがベストと言えます。 香典返しや供花のお礼でも、 お礼なのだからいい物を! と高い物を送る方もいますが、 それでは、逆に相手に気を使わせてしまいますし イヤミと取る方も居ます。 そのため、 相場を参考に選ぶことをオススメします。 お礼はどういうものが喜ばれる? お 礼の品は気持ちなので、 これは良いダメというものは あまりありません。 しかし、折角ならば 喜んで欲しいですよね? 一般的には、 海苔や石鹸、お茶、コーヒー、 乾物系、タオルなど 賞味期限が長いもの。 はとても重宝します。 あまり、お礼として適さない物は 肉や魚などの生もの。 お酒などです! こういった物は お 葬式のお礼としても 殺生を連想させますし、 早く食べなければいけないので 相手も困ってしまいます。 何を選べば良いか分からない…。 まとめ 以上、弔電を頂いた際の お礼についてご紹介致しましたが いかがでしたでしょうか? 確かにお礼を考える、 文書を丁寧に! というのは大切ですが、 何より大切なのは いち早く 弔電がちゃんと届いたよ! ということを教えてあげることです。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

お葬式で電報のお返し!お礼の際に必要な5つの心遣いとは?

葬式 電報

弔電は、故人のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の悲しみに静かに寄り添うためのメッセージです。 もちろん弔電を打つ方にとってもやりきれない、気の重いもの。 残された家族のことを考えながら、適切な言葉づかいで、できるだけ早く、哀悼の意を電報に託しましょう。 【ほっと電報】では、豊富な文例を用意しているため、あなたに合った弔電文をお選びいただけます。 ただ、定型文だけでは気持ちが伝わりにくいので、文例を参考にしながらも、あなたの言葉で、お悔やみの気持ちを届けて下さい。 言葉を選ぶ際には、忌み言葉や、死を生々しく表す言い回し、大げさな表現などを使わないよう気をつけましょう。 例えば、不幸が重なることを連想させたり、ご逝去された方の不幸を連想させたりする表現は、故人を悼み、残された人たちがその後も生きてゆく節目としての葬儀の場にふさわしくありません。 また、喪主と故人との続柄を敬称を使って表すのも重要なマナーですし、喪家の宗教やしきたりにも気を遣うべきです。 【ほっと電報】は、こうした弔電における心配りの負担を、少しでも減らせるよう、お手伝いをさせていただきます。 弔電の台紙の選び方も、電報に不慣れな方には悩ましい問題でしょう。 【ほっと電報】ではお悔やみのための台紙を豊富に取り揃えております。 シンプルなものから、袱紗(ふくさ)、漆芸(しつげい)、押し花などの台紙のほか、プリザーブドフラワーや生け花がついているものなどがあります。 弔電文の装いとしての台紙は、葬儀に出られないあなたに代わって、言葉とはまた違う形で、ご逝去された方を悼み、ご遺族を思いやる気持ちを表すことができます。 文例とあわせて、心のこもった台紙選びで、あなたらしい弔電を届けましょう。 ご利用の方法も簡単です。 【ほっと電報】のWebサービスでは、「電話での電報お申し込みよりも料金が割安に」、そしてインターネットなので24時間のお申し込みが可能です。 また、Web会員登録(無料)をしていただくともっと便利にサービスをご利用いただけます。 宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能でお申し込みも簡単です。 法人会員様は電報の代金をソフトバンクの電話料金(おとくライン・クイックライン)といっしょにお支払いいただく事も可能です。 充実した商品ラインナップと、サポート体制を持つソフトバンクグループのほっと電報を、ぜひご利用下さい。

次の