辛いのを食べると下痢。 なぜ?香辛料で下痢になる原因と対策

辛いものを食べて下痢や腹痛が!素早く回復させるコツと予防法

辛いのを食べると下痢

辛い食べ物って美味しいですよね。 飲食店やコンビニなどでも「激辛」「辛くて美味しい」など、辛さを売りにした料理もたくさんあります。 でも、唐辛子がたくさん使われた料理など「辛いもの」を食べた後、すぐに腹痛に襲われトイレに駆け込むということ経験したことがある方も多いのではないでしょうか。 かなりお腹が痛くなり、痛みが治まったと思ってもまた激痛がやってくる …。 痛みは 1時間位すると落ち着いて来ますが、体調によっては腹痛と下痢が長時間続くこともあります。 辛いもの(カプサイシン)を食べると腹痛を起こしたり下痢になってしまうけれど、それでもやっぱり辛いものが好き!食べたい!という方もたくさんいますよね。 そこでここでは、 「辛いもので下痢になる原因」「辛いものを食べる時の下痢の予防」「腹痛や下痢が起きてしまった時の対処方法」などをまとめてみました。 食欲増進• 発汗や血行の促進• 疲労回復 などの効果があると言われてきました。 カプサイシンの辛みが舌や胃腸を刺激するため、食欲が増すということを知っている方も多いですよね。 さらに、カプサイシンは交感神経を刺激する働きも持っているため、エネルギーの代謝も促すため太りにくいともいわれています。 食べた後に体が温まり汗を大量にかきますよね。 これも唐辛子が保つ「カプサイシン」の辛味成分によるものになっています。 では、なぜ唐辛子に含まれる「カプサイシン」で下痢を引き起こしてしまうのでしょうか。 そのためカプサイシンを大量に摂取すると、消化されない食物が多く大腸に運ばれ、大腸で消化不良を起こし、下痢という症状が現れます。 また、胃が弱っている時などは、辛いものによって胃が刺激され腹痛となり、下痢になるという場合もあります。 「鷹の爪」として乾燥させた唐辛子を料理に使うことはありますが、一度に大量に使用することはほとんどないですよね。 つまり、日本人は遺伝的にカプサイシンを消化しづらい肉体を持っているためとも考えられます。 中国人や韓国人の中で、唐辛子を食べて下痢がヒドイという話を聞いたことがあまりありません。 中国や韓国は、麻坊豆腐やキムチなどに代表されるように、昔から唐辛子を摂取する文化が根づいています、そのため胃や腸がカプサイシンへ適応しやすいのかもしれません。 つまり、 カプサイシンへの慣れ、耐性の問題とも言えるかもしれません。 辛いもので下痢になることを予防するには? 辛いもので下痢になるのはイヤだけれども、辛いものが好きという方は意外とたくさんいます。 体調不良で胃が弱っている時は、唐辛子に限らず多少の刺激のあるたべものでも下痢を起こしやすくなっています。 お腹の調子が悪い時などは潔く辛いものは避け、体調が良くなってから食べるようにしましょう。 理由は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、カゼインというタンパク質が含まれており、その物質がカプサイシンからの刺激を中和してくれる可能性があるためです。 辛いもので腹痛になった時の対処法は? 下痢を起こしたしまった場合は、食べ物は取らず、ゆっくりすることが一番良いです。 また、下痢の時は多くの水分を排出する場合が多いので、脱水症状を起こしやすくなっています。 水分補給はこまめに行うようにしましょう。 経口補水液やスポーツドリンクなどは、体液に近いバランスで作られ、失われた水分をスムーズに吸収しやすくなっています。 【注意点】冷たい水は、胃や腸を刺激するため飲まないようにしましょう。 【注意点】緑茶など利尿作用のある飲み物は更に水分が失われてしまうので避けるようにします。 まとめ 唐辛子などの辛いものを食べて下痢になる一番の原因は、唐辛子を大量に食べる習慣が昔から日本にはなかったという食文化が大きいような気がしています。 最近は、唐辛子を使った食べ物も昔に比べて多くなり、特に韓国料理などは大人気ですよね。 唐辛子も食べすぎなければ下痢にならない人も多いようなので、食べ過ぎには注意し、また乳製品と一緒に食べるなどの工夫をして、好きな辛いものを食べて下さいね!.

次の

辛いモノを食べると下痢するんです・・

辛いのを食べると下痢

Contents• 辛い食べ物を食べ過ぎると下痢になる理由 辛いものってついつい食べたくなってしまうのですが、私のように食べ過ぎた後に必ず下痢になってしまう人はいると思います。 では、 辛いものでなぜ下痢になってしまうのでしょうか。 それは辛い食べ物に含まれる 「カプサイシン」という辛み成分にありました。 このカプサイシンが胃腸を傷つけてしまい、傷ついた胃腸は 水分をうまく吸収できず、食べ物の消化吸収の動きが弱まり下痢になってしまのです。 さらに辛いものを食べると自律神経の一つである 「交感神経」が刺激されることで、胃腸の働きが活発になります。 そのため水分が 十分に体内に吸収される前に肛門へと送り出されてしまい、それが下痢として排出されてしまうんですね。 辛い食べ物で下痢をしないために出来ること 私もそうですが辛いものが好きなので下痢をしてしまったとしても、辛いものはいずれまた食べたくなってしまいます。 そんな時に水ではなく、 牛乳などの乳製品と一緒に食べるのがよいのです。 というのも、辛み成分である「カプサイシン」は 水に溶けにくい性質をもっているので、水を飲んでも辛みが軽減されることがありません。 しかし乳製品に含まれる「タンパク質」は、カプサイシンの 胃腸への刺激をやわらかくしてくれる効果があるため、辛いものを食べる時には一緒に摂取するのがオススメです。 辛い料理の前に牛乳を飲んだり、食べてる途中でチーズやヨーグルトを食べたりしてみてはいかがでしょうか。 緑茶やコーヒーも胃腸の刺激を抑制 先ほどの牛乳だけでなく、 緑茶やコーヒーなどに含まれる「タンニン」という成分も、 整腸作用があるため辛いものに合わせる飲み物ではオススメです。 私がその例ですが普段から少し下痢や便秘が多いのであれば、腸内環境があまりよくないのかもしれません。 そこで私が飲んでいるのが 乳酸菌サプリである「乳酸菌革命」です。 そんなあなたにいくつか対処法をお伝えします。 ホットミルクを少しずつ飲む 牛乳でお腹を壊してしまう人にはオススメできませんが、下痢になってしまった時は、冷たい牛乳ではなく「ホットミルク」を飲むのがよいとされています。 ホットミルクを少しずつ飲むことは、 胃腸の粘膜を助ける働きがあるため、下痢が改善されるといわれています。 もし家に牛乳があれば温めて、 リラックスのできる寝る前なんかに飲んでみるのがよいでしょう。 ノンカフェインの飲み物を飲む こちらもあくまでも「ホット」に限りますが、下痢に効果のある飲み物としては「 カモミールティー」や「 グァバ茶」などです。 カモミールには胃腸の調子を整える効果があり、グァバには腸壁などの細胞が修復されることから下痢止めに効果があると言われています。 胃腸に優しい食事をとる 辛い食べ物で下痢になってしまったときは、私の経験上では下痢はなかなか治らないですし、何を食べても下痢します。 なのでせめて下痢している時の食べ物は 胃腸に優しい食べ物にしましょう。 オススメとしては おかゆ、豆腐、白身魚、煮込みうどんなどですね。

次の

辛いものを食べるとお腹を壊す理由は?実際に効果のある2つの対処法

辛いのを食べると下痢

辛いものが大好きな人って結構いますよね。 辛いものは、適度な量ならば肉や魚の臭さを消してくれる 薬味としての役割がありますし、 食欲増進、脂肪分解などの健康効果も期待できます。 しかし、適量を超えた辛いものというのは 下痢や腹痛を引き起こすことがあります。 激辛料理を食べた次の日、下痢を起こしてしまったばかりか、肛門が刺激されて痛いという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。 そして辛いものに大抵使われているのが皆さんご存知の「 唐辛子」ですね。 ということで、こちらでは唐辛子などの 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛を起こしてしまうのか?その原因や対処法などをお伝えしたいと思います。 「辛い」は味覚ではなく痛覚と温覚 まず、辛いものを食べた時に感じる 「辛味」というのは味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」によってもたらされるものと言えます。 辛いものの代表とも言える 唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が含まれていますが、唐辛子を食べた時のその舌は「痛い」と同時に「 熱い」という感覚を覚えているはずです。 これは口の中にあるカプサイシン受容体に作用したことで引き起こされる反応で、生理学上の味覚として分類される「甘味・塩味・酸味・苦味・旨味」の5つが味覚受容体細胞に作用することで引き起こされる機構とは明らかに異なります。 さらに言うと ワサビに含まれる辛み成分であるアリルイソチオシアネートは「ワサビ受容体(冷刺激受容体TRPA1)」に作用されることで辛みを引き起こし、カプサイシンとは反対に 清涼感を伴うツーンとした辛味が特徴です。 このようにして、 痛覚と温覚の双方に働きかけるのが「辛い」という感覚なのです。 さらに言えば、辛いものの痛覚刺激というのは口の中に限らず全身で味わうことが出来ますね。 唐辛子が目に入ると激痛ですしね。 このように辛みが痛覚を伴う物理刺激であることを考えると、辛い物を食べ過ぎて下痢になってしまうのもなんとなく理解が出来ますね。 唐辛子のような辛いもので下痢・腹痛になる原因はカプサイシン 恐らく「辛い物を食べて下痢を起こす」という場合はほとんどが唐辛子に含まれる カプサイシンが原因になります。 それは、「自分の体の許容範囲を超えた量を食べる」ということが最も多いのが唐辛子だからです。 唐辛子をふんだんに使った料理というのは、激辛ラーメンや中華料理に結構多くありますからね。 辛い物は唐辛子の他にもワサビ、生姜、山椒などもありますが、これらの辛いものは大抵「薬味」として使われているものを食べる程度だけで、そこまで大量摂取をすることはないはずですからね。 適量のカプサイシンを取っている分には 腸内細菌を活発にしたり、大腸のカプサイシン受容体に作用して 大腸がんが抑制されることが分かっていますが、やはり取りすぎは禁物ということです。 体の中の暴れん坊・カプサイシン 唐辛子に含まれるカプサイシンってのは暴れん坊で、体の至る所に刺激を与えていくんですよね。 口の中で痛覚と温覚を刺激し、飲み込んだ後は食道を刺激して 胸焼けを起こし、胃に運ばれれば胃酸の分泌を促して粘膜を傷つけて 胃痛を引き起こし・・・といった具合に、 食べ物の通り道全てを刺激していきます。 さらに厄介なことに、 カプサイシンというのは人間の体では消化ができません。 消化されないということは 小腸で吸収できないということであり、小腸を通り過ぎて大腸へと運ばれていきます。 こういった消化されない物質が大量に腸にとどまると、 消化不良を起こして下痢・腹痛になってしまいます。 また、カプサイシンには 交感神経を刺激する作用があります。 これにより腸の蠕動運動が活発になるため、食べたものを腸へと送るスピードが早くなります。 すると、食べたものの水分を吸収しながら大腸へと送るという本来の体の働きが行われず、水分の多い便が出来てって下痢・腹痛になるということも考えられます。 さらに間接的な原因を考えるならば、辛いものを食べた時、口の中の辛さを和らげようとして 大量の水を飲むことも下痢の原因にもなります。 大量の水を摂取すると胃液が薄まり消化不良をも引き起こしますしね。 しかも カプサイシンは水には溶けないので胃腸の中ではカプサイシンの刺激は弱まるどころかあまり意味がないのです。 唐辛子の下痢・腹痛の対処はどうしたら良い? 唐辛子のような辛いものを食べた時の下痢・腹痛はどのように対処をしたら良いのか? これには 牛乳を飲むことが効果があります。 牛乳などの乳製品には カゼインというタンパク質が含まれています。 筋トレに詳しい人ならカゼインを使ったプロテインというのはご存知だと思いますが、 カゼインにはカプサイシンと結びついて刺激を和らげてくれる機能があります。 これは、単に下痢・腹痛を抑えるための対策というだけでなく、舌の上で繰り広げられる辛味そのものを中和してくれる効果も期待できます。 ちなみに、 あらかじめ牛乳を飲むことで胃腸の粘膜を保護してから辛いものを食べる 、という予防対策も考えられますが、 牛乳を飲んでも粘膜に残らず洗い流されてしまうのであまり意味が無いです。 あるいは牛乳が苦手という方なら、 お茶や コーヒーなどを飲むと良いでしょう。 これらに含まれているタンニンに整腸作用があるためです。 一番いい対処方法は「唐辛子を食べないこと」に尽きるのですが・・・好きでどうしても食べたいという方は自らを守る対処法を持っておきましょうね。 長期的には腸内環境を整えて強い腸を作ることがベスト 牛乳、コーヒー、お茶を飲むというのはあくまでも対処療法であり、もっと根本的なことを言うなら 腸内環境を整えて強い腸を作ることが一番のケアになると思います。 過敏性腸症候群(IBS)患者は健常者に比べて唐辛子の刺激に弱いという実験結果も得られているように、腸内環境の良し悪しがそのまま下痢の引き起こしやすさにも直結します。 そして、何よりも腸内環境を整えることは下痢体質の改善だけでなく美肌、ダイエット、不妊症、骨の強さ、などあらゆる健康効果をもたらします。 それは、脳を含めた全ての臓器のルーツが腸だからです。 もし、腸内環境のことをもっと詳しく知りたい!という方は、「 腸内環境の全て」を伝える無料講座を是非ご覧いただければと思います。 まとめ:唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は? 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法をお話してきましたが、まとめると ・「辛い」という感覚は味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」 ・唐辛子に含まれるカプサイシンが腸を刺激したり消化不良を起こして下痢・腹痛になる ・唐辛子による下痢や腹痛の対処法には牛乳が効果的 ということですね。 なんだかこうしてみると、腸にとっては唐辛子などの辛いものはあまり良い効果がなさそうです。 それでも好きだからと辛いものを食べた際には、なるべく腸のケアなどをしてあげましょう。 長期的には、腸内環境を整えることがカプサイシンによる下痢を体調面からの根本的なケアとなるでしょう。

次の